2022年10月16日更新会社・事業を売る

法人の正しい節税対策をわかりやすく解説【中小企業必見】

会社を運営する上で税金の支払いは避けられません。どの経営者も対策を立てて節税を図っています。しかし最大限の節税効果を得るためには、多種多様な方法の中から最適なものを探し出す必要があります。今回は、法人が活用できる節税方法を紹介していきます。

目次
  1. 法人が節税する際に把握しておくべき基本事項
  2. 法人が利用可能な節税対策
  3. 法人の節税につながるオススメの税制
  4. 法人の正しい節税対策まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

法人が節税する際に把握しておくべき基本事項

法人として会社を運営している以上、税金の支払いは避けて通れません。経営者は会社の財務や利益を考慮し、少しでも節税したいと考えているでしょう。どの経営者も何らかの対策を立てて節税を図っています。

法人が節税を実施する際、いくつか考慮しておきたい事柄があります。税務上の失敗やトラブルを避けるためにも、これからご紹介するポイントを押さえておきましょう。

法人税の概要・申告期限

法人税は、所得の種類に関係なく法人の事業活動によって得られた全ての所得に対して課せられる税金です。

法人の所得に課せられる税金は、国税である法人税、地方税である法人住民税、法人事業税があり、これら全てまとめて「法人税等」といいます。

法人税は、定款(ていかん)で定めた事業年度ごとに算出し、事業年度終了の日の翌日から2か月以内に税務署へ申告・納付を行います。支払方法は以下の3種類です。

  • 現金で納付
  • 電子納税
  • クレジットカードで納付

長期的な対策と短期的な対策がある

法人が節税する方法は種類が非常に多く、「長期的な対策」と「短期的な対策」の2つに大別されます。

「長期的な対策」とは、節税効果が非常に長く続き、支払うべき税金そのものを削減する方法です。そのため、法人の税金負担を軽減することができ、法人の利益を守ることができます。ただし、「長期的な対策」では、準備に時間がかかるケースも多く、細かい管理が必要となります。

一方「短期的な対策」は、あくまでもその年の税金を何らかの形で先延ばしにしたり、支払いを回避したりする効果を発揮します。あまり手間もかからないことが多いため、いざという時にすぐに実行できます。

ただし、「短期的な対策」の節税効果は一時的なものであるため、いずれ税金を支払わなければなりません。つまり、税金の負担自体が減るわけではなく、ただ先延ばしにするだけということになります。先延ばしにしてその事業年度の税金は回避できても、根本的な節税対策にはなりません。

法人の節税を本格的に実践したいならば、短期的な対策は補助的に用いて、長期的な対策をメインに実施しましょう。またM&Aのような経営手法が節税につながることもあります。

M&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがご相談からクロージングまでフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

税理士の協力を仰ぐ

節税を実施する際には、税理士の協力が必要不可欠です。なぜなら、法人の税務には、専門的な知識や経営全体を把握する視野が必要になるからです。また、たとえ税務の知識に長けていたとしても、節税対策には多大な作業量が必要になります。そのため、節税を経営者の独力で実行するのは非常に困難です。

さらに、優秀な税理士は節税で法人の負担を減らすだけでなく、事業全体の改善や利益の向上に対してもアドバイスをくれます。つまり、経営者にとって最適な税理士を見つけておくことは、節税のみならず法人全体の利益につながります。

法人が利用可能な節税対策

ここでは、法人が利用できる節税対策についてご紹介します。

①未計上の経費を計上

法人が実施する節税の中で最もスタンダートな方法が「未計上の経費計上」です。従業員への給料や通信費、光熱費、広告費などの費用を経費として計上します。その結果、利益を減らし、税金の負担を軽減することができるのです。

決算時期に向けて各事業年度に経費の支払いを調整しておけば、長期的な対策にもなり得ます。節税効果が高い費用(人件費など)を優先的に計上しておけば、より法人の負担を軽減することができるでしょう。

②役員報酬の調整

役員報酬を調整することで節税につなげることができます。役員報酬は法人の利益から出されます。よって役員報酬を調整すれば、利益にかかる法人税を節税することができるのです。ただし、法人税対策のために役員報酬を増やした場合、報酬を受け取る社長や役員にかかる所得税や住民税の負担が増えます。

したがって、法人税を節税できたとしても、個人単位でかかる税金が増加するため、注意が必要です。法人税と所得税がそれぞれどの程度発生するのかを把握し、負担が片寄らないように注意しましょう。

③福利厚生費の活用

法人内で行われるさまざまなイベントを福利厚生費として計上することで節税につながります。

たとえば、社員旅行や忘年会・新年会、クラブ・サークル活動などは福利厚生として扱われるため、福利厚生費として計上できます。ただし、福利厚生は「社員全員が平等に享受できるもの」である必要があります。特定の社員にのみ与えられるものは、福利厚生として認められないので注意しましょう。

また、社員旅行や慰安旅行などについても注意が必要です。長期的に外出する場合や、多額の費用がかかるものだと福利厚生と認められない可能性があります。社員旅行や慰安旅行は、期間は4泊5日、費用は1人10万円以内などの条件が設けられており、福利厚生に該当するかどうかを確認する必要があります。

ちなみに福利厚生として扱われるものの中には、健康診断や人間ドックなども含まれます。その際には、「従業員全員に受診させる」「費用は法人が支払う」「社会通念上必要な回数を受けている」などの要件を満たす必要があります。

➃赤字会社の買収

M&Aで赤字の会社を買収することも節税につながるケースがあります。赤字の会社は常に損金が発生している状態であり、利益を圧縮することで法人税の節税につながるのです。

もちろん経営再建に成功すれば利益にもつながりますし、事業の多角化を推進できます。ただし、M&Aの主な目的は、「合併して事業を改善すること」であるため、節税のためだけにM&Aを行うことは決してオススメできません。

また、よりよいM&Aを実現するには、しっかりした検討をせずに赤字会社を選ぶのは得策とはいえません。将来的なシナジー効果が高い確率で期待できる売り手を選ぶようにしましょう。

⑤保険の利用

「保険の活用」も法人が節税する際にはよく用いられる方法です。経営者保険や総合福祉団体保険などの保険にはさまざまなメリットがあり、税負担を考えながら退職金を効率よく積み立てる、格安の保険料で福利厚生を従業員に提供するなどが該当します。

加えて、保険料は全額損金算入できるため、法人の節税にもつながります。しかし、全額損金加入になっている場合は、その額を超えるだけの営業利益を出しておく必要があります。

また、解約返戻金があるタイプの保険の場合は、返戻を受けるタイミングを誤ると税金が発生します。保険の種類によって運用方法が異なるため、保険の内容をしっかり把握してから検討しましょう。

⑥経営者・従業員の家を社宅にする

会社が第三者から借りている物件を経営者や社員に社宅として貸した場合、会社が支払った家賃と経営者・社員が支払った賃貸料相当額の差額分を会社経費にできるため節税につながります。

例えば、賃料が月10万円のマンションへ社員が住む場合、会社85,000円、社員15,000円としましょう。この場合、会社は年間「85,000円×12ヵ月=102万円」を経費として落とすことが可能です。

社宅とするには、名義を会社名にして賃貸物件を借りたうえで、入居する経営者や社員から一定の賃料を受け取る必要があります。ただし、経営者や社員の賃料が無料あるいはあまりに低く設定されている場合は、現物支給として課税される場合がありますので注意が必要です。

⑦経営者に旅費日当を支給する

旅費日当とは、出張中の宿泊費や交通費以外に要した食費や少額の諸雑費に充当する費用です。法人の場合、経営者・社員が出張した際の旅費日当を経費として計上できるため、法人税の節税につながるでしょう。なお、旅費日当の支給は会社の旅費規程にもとづいて支払います。

⑧赤字を繰り越す

赤字を繰り越すことも法人税の節税対策の一つです。青色申告をしている個人事業主の場合は、赤字を3年間繰り越せます。法人であれば最大10年まで繰り越せます。赤字分を繰り越し、翌年度以降の黒字額と相殺することで、将来の法人税の節税につながるでしょう。

また、一定の要件を満たせば、「欠損金の繰り戻しによる還付」を受けられます。ただし、法人住民税は赤字であっても均等割の部分は定額となり支払う必要があるので注意が必要です。

⑨不要な在庫を処分する

在庫の廃棄期末時点で残っている在庫のうち、売れる見込みがない不要な商品を実際に処分することで処分費用を損金とできるため、節税につながるでしょう。原価より安く売却した場合は売却損、廃棄処分した場合は廃棄損が損金として計上できます。

ただし、処分した費用を損金計上する際は、確定申告に廃棄証明書などの証明書類の添付が必要となるでしょう。

⑩取引先との飲食費・交際費を経費にする

取引先の接待時に要した飲食費・交際費を経費として計上するのも節税につながるでしょう。ただし、内容によっては経費と認められないケースもあるので注意が必要です。

⑪経営者の自家用車を社用車にする

経営者が所有する自家用車を社用車にすると、自家用車として使用していた減価償却費相当額を取得金額から差し引いた分を、減価償却費で経費に計上できます。ほかにも自動車保険料やガソリン代、高速代、車検費用も経費にすることが可能です。

ただし、社用車をプライベートでも使用する場合は、会社で利用規程を作成し、ルールを定めておく必要があります。

⑫中小企業倒産防止共済制度に加入する

中小企業倒産防止共済制度の掛金は損金として計上できます。1年以上事業を行っている中小企業であれば加入できるため、入っておくと全額必要経費にできるため節税につながるでしょう。毎月最低5,000円から最高8万円までの5,000円刻みで、自由に掛金の額を決めて積み立てられます。

中小企業倒産防止共済制度は、得意先が倒産して受取手形や売掛金の回収が不能になったときに融資を受けられる制度でもあるため、いざというときのために備えておきましょう。

⑬本社家賃を年払いにする

本社家賃を年払い契約にすることで、その分を経費として計上することが可能です。これを短期前払費用といい、年払いした家賃分の経費にできるので、法人税の節税にもつながるでしょう。ただし、利益操作だと指摘される可能性があるため、家賃の年払いを継続して行うのがポイントです。

⑭30万円未満の消耗品の購入費用を損金計上する

青色申告をしている中小企業は、30万円未満の什器、備品などを購入した場合には、その全額を損金として計上できます。これを「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」といい、制度を利用するためには一定要件を満たす必要があります。

⑮節税に活かせる税制の利用

税制の中には法人の節税に活かせる項目が多数存在します。それらを活用すれば、節税効果だけでなく、法人全体の利益向上にもつながります。また、計画的に税制を活用することで、長期的な節税効果が期待できます。従業員のモチベーションにもつながり、業績も向上する可能性があるのです。

しかし、いずれの税制であっても一定以上の出費を伴った上で活用できるものです。そのため、法人の財務状況が悪化した場合には、活用できない節税対策であるといえます。

中小企業の節税とは?小規模企業共済の節税効果や中小企業の節税方法を解説| M&A・事業承継の理解を深める
節税スキームを有効活用!消費税・法人税・相続税に活用できる節税スキーム| M&A・事業承継の理解を深める

法人の節税につながるオススメの税制

法人の節税につながるオススメ税制は下記のとおりです。

雇用促進税制とは?

「雇用促進税制」とは、適用する年度中に5人以上(中小企業は2人以上)かつ10%以上雇用者数を増加させるなどの一定の要件をクリアすることで、法人税の税額控除が受けられます。つまり、従業員を全体の10%以上の増やした際に法人税控除を受けられる制度が「雇用促進税制」です。

賃上げ促進税制とは?

賃上げ促進税制は、中小企業が、 前年度より給与などを増加させた場合に、その増加額の一部を法人税から税額控除できる制度です。適用期間は、令和4年度税制改正により、令和4年4月1日〜令和6年3月31日までの期間内に開始する事業が対象となります。

賃上げ促進税制は、政府が企業の賃上げを促進する目的で設置されました。中小企業の場合、必須要件を満たすと最大で30%の税額控除が受けられるでしょう。

エンジェル税制とは?

「エンジェル税制」とは、ベンチャー企業への投資を促すため、ベンチャー企業に投資を行った投資家に対して税制上の優遇措置を実施するという制度です。

ベンチャー企業に対して投資を実施した場合、投資時点と売却時点とで税制上の優遇措置を受けることができます。つまり、ベンチャー企業に投資をすると控除を受けられる制度が「エンジェル税制」です。

法人の正しい節税対策まとめ

今回は法人の節税方法についてご紹介しました。従業員にとってもメリットがある節税対策には、出費を伴う節税対策もあります。自社に合った節税対策を見極めて実施することが重要です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違います。この記事では、会社売却にかかる税金に関して計算方法を解説するととも...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性があります。この記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)