2020年10月12日更新会社・事業を売る

相対取引とは?メリット・デメリットや市場取引の違いを解説

株式やFX取引で用いられる「相対取引」には、自由に取引価格を決定できるなどのメリットがあります。ただし、通常の市場取引とは異なる点がいくつかあるため注意が必要です。本記事では、相対取引について、メリット・デメリットや市場取引との相違点などを中心に紹介します。

目次
  1. 相対取引とは?
  2. 相対取引と市場取引の違い
  3. 相対取引のメリットとデメリット
  4. 株式の相対取引を行う方法
  5. 株式の相対取引における価格
  6. 株式の相対取引における税金
  7. 相対取引とFX
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

相対取引とは?

相対取引とは?

相対取引とは?

株式・外貨・仮想通貨などの取引シーンでは、相対取引という用語が用いられています。上場株式を取引する場合には、取引所を通じて売買を行うのが基本的です。その一方で、非上場の株式を売買する場合には、取引所をとおさずに取引を行います。

上記のように、市場を介さずに当事者同士で売買する方法を「相対取引(あいたいとりひき)」と呼びます。人によっては「相対売買」や「OTC(Over The Counter)」と呼ぶこともある手法です。相対取引は取引相手と1対1で取引する点が特徴的で、以下のような取引内容を当事者同士で決定します。

  • 価格
  • 数量
  • 決算方法

例えば、銀行と顧客との間の取引や不動産業者と顧客との間の取引などが、相対取引に該当します。一見すると取引所を介する取引形態が主流に思えますが、実際の売買取引シーンではむしろ相対取引が基本的な手法です。

【関連】インサイダー取引とは?事例や違反した際の罰則をわかりやすく解説
【関連】株式交換と株価の関係

相対取引と市場取引の違い

相対取引と市場取引の違い

相対取引と市場取引の違い

相対取引と対になる概念に、市場取引があります。ここでは、相対取引と市場取引の違いを見ていきましょう。

市場取引とは

市場取引とは、市場において不特定多数で取引する方法です。例えば、株式であれば、証券取引所を介して買いたい人と売りたい人が多数集まったうえで、市場取引が実行されます。

一般の投資家は証券取引所には参加できないため、証券会社に「売り」や「買い」の注文を行うことで、証券会社が代わりに取引を実行しています。

相対取引と市場取引の違い

相対取引と市場取引の間には、いくつかの違いがあります。主な相違点は以下の2つです。

  1. 価格決定の仕組み
  2. 各取引方法が取り扱う資産

それでは具体的にどのように違うのか、順番に見ていきましょう。

違い①価格決定の仕組み

最も大きな違いは、「価格決定の仕組み」です。具体的には、以下のような相違点が見られます。

  • 相対取引:当事者同士で価格を決定する
  • 市場取引:需要と供給のバランスにより価格が自動的に決定される

市場取引では、買いたい人が多くなるほど価格が上昇し、売りたい人が多いほど価格は下落するという仕組みです。株式市場においても、基本的にはこの仕組みによって価格が決定されます。

違い②各取引方法が取り扱う資産

価格決定の仕組みだけでなく、「各取引方法が取り扱う資産」にも違いが見られます。具体的な相違点は、以下の2つです。

  • 市場取引:「同種の商品が数多く存在する」ケースに適した取引
  • 相対取引:「同種の商品数が少ない」、「稀少性の高い資産を売買する」ケースに適した取引

もともと上場株式や通貨などは、同種の資産が数多く存在するため、市場取引が適しています。その一方で、土地や不動産には、まったく同じ姿・形をしている資産はないため、相対取引が適しているのです。

M&Aと相対取引

株式公開買い付け(TOB)以外でM&Aを行う場合には、相対取引に該当します。そのため、中小企業間のM&Aにおいて、相対取引は非常にメジャーな手法です。とはいえ、M&Aを成功させるには、高度の専門知識や実務能力が求められます。

相対取引によるM&Aをスムーズに進めたいという経営者の方は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに関する豊富な知識と経験を持つアドバイザーによるフルサポートを提供しております。

国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&Aの実施を検討している場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】
【関連】TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

相対取引のメリットとデメリット

相対取引のメリットとデメリット

相対取引のメリットとデメリット

取引できる市場が存在するにも関わらず、相対取引のメリットを生かすためにあえて相対取引を選ぶケースもあります。ここでは、相対取引のメリットとデメリットをまとめました。

相対取引のメリット

相対取引には、主に2つのメリットがあります。

  1. 価格や決済方法を自由に決定できる
  2. 取引額が市場による価格変動の影響を受けない

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

①価格や決済方法を自由に決定できる

相対取引にある最大のメリットは、当事者同士が価格や決済方法などを自由に決定できる点です。これは、特に株式譲渡によるM&Aにおいて大きなメリットとなります。M&Aの取引価格を決める主な評価対象は、以下のとおりです。

  • 現時点の業績や資産価値
  • 将来性や株価に含まれていない無形固定資産の価値

上記を踏まえると、相対取引を用いれば、売り手ごとに変動する「将来性や無形固定資産の価値」を買収価格に反映させることが可能です。とはいえ、買い手の理想とする金額で買収するには、買い手の条件と売り手の条件がマッチしている必要があります。

そこで条件の合う売り手を見つけたいという場合には、M&A総合研究所のM&Aプラットフォームをご活用ください。独自のAIが駆使されているM&A総合研究所のM&Aプラットフォームを利用すると、買収ニーズを登録するだけで条件の合う売り手とのマッチングを図れます。

買収ニーズ登録 | M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所

②取引額が市場による価格変動の影響を受けない

市場価格の影響を受けずに取引できる点も、相対取引の持つ大きなメリットです。

例えば、市場を通じて大量の株式を買い集めようとする場合、買い集める過程で株価が上昇してしまいます。株価の上昇に伴い、当初の予算では買い集めることができなくなるおそれがあるのです。その一方、市場外で相対取引を行うと、一定価格により欲しい量のみを売買できます。

【関連】事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

相対取引のデメリット

相対取引には、以下2つのデメリットもあります。

  1. 不公正な取引が成立するリスクがある
  2. 取引に時間がかかる

それぞれを詳しく見ていきましょう。

①不公正な取引が成立するリスクがある

市場取引では、需要供給のバランスにもとづき合理的な価格で取引できます。その一方、相対取引では当事者の合意価格によって売買されるのです。そのため、相対取引において売り手と買い手の間に情報の非対称性がある場合、不当に高い(あるいは安い)価格で取引が成立するおそれがあります。

また、相対取引では取引の形式も自由に決定できるため、例えば「売り手側が現物を先に渡し、後日買い手側が現金を支払う」といった契約も可能です。つまり、契約の内容次第では、対価を受け取れないなど詐欺に遭うリスクもあります。

②取引に時間がかかる

相対取引では、当事者同士が交渉を積み重ねたうえで取引を行います。そのため、市場取引よりも時間がかかりやすいというデメリットもあるのです。基本的に市場取引では1回のクリックで取引が完了しますが、相対取引では数ヶ月もの時間がかかる場合もあります。

【関連】事業譲渡の手続きとは?全体のスケジュールや手続きの注意点を解説
【関連】会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

株式の相対取引を行う方法

株式の相対取引を行う方法

株式の相対取引を行う方法

株式の相対取引を行うには、主に2種類の方法があります。

  1. 純粋な相対取引
  2. OTC取引

ここでは、株式の相対取引を実行する方法を解説します。

①純粋な相対取引

これは、当事者同士が場所・時間を自由に設定したうえで、仲介業者を一切関与させずに実施する相対取引です。取引に必要な手続きは、すべて売り手と買い手が行います。

  • 現物の引き渡し
  • 代金の振り込み
  • 契約の締結

仲介会社への手数料がまったくかからないメリットがある一方で、思わぬトラブルを招くリスクもある手法です。一般的に相対取引といった場合には、この形式をさします。

②OTC取引

OTC(Over The Counter)取引とは、証券市場外で実施する取引ではあるものの、証券会社を介入させたうえで行う相対取引です。取引自体は当事者同士で行うため、価格などは自由に決定できます。

とはいえ、証券会社を介入させるため、一定の手数料が発生します。OTC取引は、市場取引と相対取引の中間的な方法という位置づけです。

【関連】M&Aのスキームを解説!特徴やメリット・デメリット、事例も紹介します

株式の相対取引における価格

株式の相対取引における価格

株式の相対取引における価格

ここでは、株式の相対取引における価格について、以下2点に分けて解説します。

  • 相対取引における価格とは?
  • 相対取引における株式価格の決定方法

それぞれの項目について、順番に見ていきましょう。

相対取引における価格とは?

株式の相対取引では、当事者同士で自由に価格を決定できます。とはいえ、根拠なく価格を決定すれば、当事者のどちらかが損をするおそれがあるのです。そのため、相対取引における価格は、根拠を持って決定することが非常に重要です。

なお、M&Aシーンでは、ファイナンスの理論にもとづく方法を用いて株価を決定します。取引目的や企業の性質などの要因によって、相対取引における株式価格の決定方法は異なる仕組みです。

【関連】合併と株価
【関連】株式交換と株価の関係

相対取引における株式価格の決定方法

相対取引における価格決定方法にはさまざまありますが、今回は代表的な3つの価格算定方法を紹介します。

  1. 市場株価法
  2. DCF法
  3. 簿価純資産法

それぞれの方法について、詳しく解説します。

①市場株価法

市場株価法とは、直近1ヶ月〜3ヶ月ほどの平均株価を取引価格とする方法です。市場株価法には、以下2つのメリットがあります。

  • 需給のバランスを考慮した、客観性の高い価格を算定できる
  • 数ヶ月分の平均を取るため、短期的な市場変動の影響を抑えられる

このようにメリットの多い価格算定方法ですが、上場企業の株式のみが採用できる方法です。つまり、非上場企業の株式には市場株価法を採用できないため注意しましょう。

②DCF法

DCF(Discounted Cash Flow)法とは、将来的に生み出すフリーキャッシュフロー(FCF)を基準に、株式の価格を算出する方法です。具体的にいうと、フリーキャッシュフローをWACC(Weighted Average Cost of Capital)と呼ばれる割引率を用いて現在価値に割り引いたうえで、株価を算出します。

WACCとは、企業の加重平均資金調達コストのことです。DCF法を用いるには、ファイナンスの専門知識が必要となるため、純粋な株式売買ではほとんど用いられません。とはいえ、M&Aや事業投資の場面では、非常に役立つ方法です。

③簿価純資産法

簿価純資産法とは、貸借対照表の純資産を用いて株式の価格を算出する方法です。簿価純資産法には、以下のメリットとデメリットがあります。

  • メリット:純資産を発行済株式総数で割れば簡単に価格を算出できる
  • デメリット:将来性を考慮できない

そのため、将来性の高い企業には適さない価格算定方法といえます。

【関連】株価算定方法を解説します
【関連】DCF法による企業価値の算定

株式の相対取引における税金

株式の相対取引における税金

株式の相対取引における税金

ここでは、株式の相対取引で生じる税金について、2つのポイントを解説します。

相対取引により株式を売買した場合、通常どおり税金が発生します。たとえ「市場を介さないから税金の不払いは発覚しない」と思ったとしても、いずれ必ずこの事実が税務署にわたって脱税として扱われるのです。

脱税が発覚すれば、非常に重いペナルティが課されるうえに、逮捕される可能性もあります。相対取引において利益が発生したら、必ず税金を納税しましょう。

株式の相対取引では、売り手側の譲渡所得に対して20.315%の所得税などが発生します。譲渡所得は、以下の式で算出可能です。

  • 譲渡所得=取引価格ー(取得費用+譲渡費用)

上記の取得費用とは、購入費や購入手数料など株式の取得に要した費用のことです。また、譲渡費用は、株式の売却に要した費用であり、M&Aの場合にはアドバイザリー手数料などが該当します。以上を踏まえると、株式の相対取引で発生する税金は、下記の計算式で算出可能です。

  • 税金の合計=譲渡所得×20.315%
  • 内訳①)所得税=譲渡所得×15.315%
  • 内訳②)住民税=譲渡所得×5%

なお、所得税と住民税の納税タイミングは異なるため、納税資金を十分に確保しておく必要があります。

【関連】株式取得による税金
【関連】会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

相対取引とFX

相対取引とFX

相対取引とFX

基本的に、FXも相対取引に該当します。FXとは「Foreign Exchange」の略称であり、本来は「外国為替取引」の意味を持つ言葉です。とはいえ最近では、「外国為替証拠金取引」をさす言葉として一般的に用いられています。

FXでは、店頭のFX業者を相手に取引を行います。このとき、相手とする店頭FX業者によってスプレッド・取引手数料・スワップポイントの金利などの有無・金額が異なっているのは、相対取引であることが理由となっているのです。

スプレッドとは、FX取引を行う際の買値と売値の差(取引にかかるコスト)のことです。また、スワップポイントとは、2つの通貨国の国債の間で生じる金利差をさします。

現在は店頭FX会社との取引が主流となっており、相対取引はFXを行ううえで必要不可欠の取引形態です。相対取引ではスプレッドの幅・スワップポイント・取引通貨単位などの諸条件が業者によって異なっているため、利益を得るには取引条件を十分に吟味して自身にとって最適な業者を選択しましょう。

まとめ

今回は、相対取引について解説しました。株式やFX取引で用いられる相対取引には、自由に価格を決定できるといったメリットがあります。自由度の高い相対取引を有効活用すれば、市場取引よりも大きな利益の獲得を期待可能です。本記事の要点をまとめると、下記になります。

・相対取引とは?
→市場を介さずに当事者同士で売買する取引方法

・相対取引と市場取引の違い
→価格決定の仕組み、各取引方法が取り扱う資産

・相対取引のメリット
→価格や決済方法を自由に決定できる、取引額が市場による価格変動の影響を受けない

・相対取引のデメリット
→不公正な取引が成立するリスクがある、取引に時間がかかる

・株式の相対取引を行う方法
→純粋な相対取引、OTC取引

・相対取引における株式価格の決定方法
→市場株価法、DCF法、簿価純資産法

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)