2021年6月8日更新会社・事業を売る

M&Aの仲介着手金が無料のM&A総合研究所とは?報酬体系や相場を紹介

M&A総合研究所は、着手金を無料にすることで、成約しなかった場合のリスクを仲介会社側が負うシステムを採用しています。本記事では、M&A総合研究所の着手金無料の報酬体系を紹介するとともに、着手金の相場や各種報酬について解説します。

目次
  1. M&Aとは
  2. M&Aの仲介着手金が無料のM&A総合研究所とは?
  3. M&A総合研究所の報酬体系
  4. 仲介着手金の相場
  5. 各種費用の支払うタイミング
  6. M&Aの際に仲介会社を選ぶポイント
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aとは

M&Aとは

M&Aとは、会社や事業を売買する取引や2つ以上の法人格を1つにする合併の総称です。合併を英語で「Merger」買収を「Acquisition」というので、それぞれの頭文字をとってM&Aと呼ばれています。

会社を売買するというのは、対象会社の株式を取得して経営権を得ることを指します。会社を売買する最も一般的なM&A手法は株式譲渡ですが、合併や株式交換などの組織再編手法でも株式の売買が行われます。

また、会社そのものは売却せず営んでいる事業だけを売却したい場合や、株式のない個人事業を売却したい場合は、事業資産を直接売買する事業譲渡というM&A手法が使われます。

M&Aの仲介着手金が無料のM&A総合研究所とは?

M&Aの仲介着手金が無料のM&A総合研究所とは?

M&Aを行う際はM&A仲介会社に依頼するのが一般的ですが、多くのM&A仲介会社のなかから依頼先を決めるのは難しい部分もあります。

M&A仲介会社によって着手金が設定されているかどうかが変わりますが、急成長中のM&A仲介会社、M&A総合研究所は着手金が無料の料金体系を採用しています。

まずは、M&A総合研究所とはどのような仲介会社で、なぜ着手金を無料にしているのかを紹介します。

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所は、主に中堅・中小企業のM&A仲介業務を手がけている仲介会社です。2018年設立の新しい会社ですが業績を順調に伸ばしており、2022年の株式上場に向けてさらなる事業拡大を目指しています。

M&A総合研究所は、代表者自身がかつて経営者としてM&Aにたずさわった際に感じた仲介業務に対する不満や不安がきっかけとなり設立に至りました。そのため、経営者の視点に立った親身なサービスを行う風土が浸透しています。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&Aにおいて仲介着手金の持つ意味

M&Aにおける着手金には、M&A仲介業務を行うための実費をまかなう意味合いがあります。

M&A仲介業務を行うためにはさまざまな費用がかかるので、着手金が無料の場合はその費用を全てM&A仲介会社が負担することになります。

着手金が無料で成功報酬のみを請求する場合、もしM&A仲介がうまくいかず成約しなければ、M&A仲介会社はそれまでにかけた費用が無駄になってしまいます。

そうなれば、M&A仲介会社は損をしないために無理して成約率を高めようとし、経営者が望まない条件でもM&Aを押し進めようとする可能性もでてきます。

着手金を設定していればM&A仲介会社は無理な成約にこだわる必要がなくなるので、経営者にとって最善の手段を模索しやすくなります。

着手金が無料な理由

M&A総合研究所では、着手金無料の料金体系を採用しています。着手金を設定すればM&A仲介会社にとってはメリットがありますが、M&Aを依頼する経営者にとっては成約しなくても料金がかかることになります。

そうなれば成約しなかった場合のリスクを経営者側が負うことになり、M&A仲介会社に依頼するハードルが高くなってしまいます。

M&A総合研究所が着手金を無料にしているのは、成約しなかった場合のリスクをM&A仲介会社側が負うことで、経営者に安心して仲介業務を依頼してもらうためです。

着手金が無料の場合、無理な成約を押し進められるのではないかと心配になるかもしれませんが、M&A総合研究所では成約の可能性を正直に話すことで無理な成約を押し付けない方針を徹底しています。

【関連】M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所の報酬体系

M&A総合研究所の報酬体系

M&A総合研究所の報酬体系は、下の表に示したとおりです。この章では、各報酬の詳細や請求されるタイミングなどを解説します。

【M&A総合研究所の報酬体系】

相談料 無料
着手金 無料
月額報酬 無料
中間報酬 売り手のみ無料
企業価値算定費 無料
成功報酬 レーマン方式

相談料

M&A仲介会社と仲介契約を結ぶ前の段階で行った初期相談の費用として、相談料が請求されることがあります。

相談料を有料にしているM&A仲介会社はあまり多くなく、M&A総合研究所でも相談料はいただいておりません

着手金

着手金とは、M&A仲介会社と仲介業務の委託契約を結んだ際に請求される費用のことです。着手金無料のM&A仲介会社のほうが比較的多いですが、有料としている仲介会社もあります。

M&A総合研究所は着手金無料となっており、仲介業務をご依頼いただくハードルを下げるとともに、成約しなかった場合のリスクを仲介会社側が負うシステムとなっています。

【関連】M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

月額報酬

月額報酬とは、M&A仲介業務に必要な実費をまかなうために、月ごとに発生する料金のことです。

月額報酬も着手金と同様、成約しなかった場合でも返金されないので、依頼する経営者側としてはデメリットになります。

しかし、近年はM&A仲介会社はほとんどが月額報酬無料で、無料でない仲介会社は非常に少ないのが現状です。

M&A総合研究所も月額報酬は無料となっており、成約が長引いても無駄に費用がかかることはありません。

【関連】リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

中間報酬

中間報酬または中間金とは、買い手と売り手の経営者が基本合意書を締結した時点で発生する手数料です。

着手金や月額報酬と同様、成約しなくても返金はされません。M&A総合研究所では、買い手のみ中間報酬が発生します。

M&A仲介会社には中間報酬が無料のところと有料のところがあり、M&A仲介会社を選ぶ際の判断材料の一つともなっています。

ただし、中間報酬は成功報酬の一部(5%から10%程度)の前払いの形をとることが多いため、中間報酬無料のM&A仲介会社を選んだからといって、必ずしも手数料コストを抑えられるとは限らないのが注意点です。

【関連】M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

企業価値算定費

M&Aでは、売却価格を決める基準とするために企業価値算定を行う必要がありますが、M&A仲介会社のなかには企業価値算定にかかった費用を別途請求するところもあります。

M&A総合研究所では、企業価値算定費は無料となっています。企業価値算定費について詳細を開示しているM&A仲介会社は少ないですが、一般には着手金などに含めることが多いといわれています。

成功報酬

成功報酬とは、M&Aが成立した後で支払う手数料です。成功報酬以外の手数料は、成約しなかった場合でも仲介会社がある程度利益を得る、業務でかかった実費をまかなうといった意味合いがありますが、成功報酬は純粋にM&Aの成約に対して支払われる報酬です。

成功報酬の金額を決める手法として、「レーマン方式」という計算方法が使われます。M&A総合研究所でも、レーマン方式による成功報酬が発生します。

レーマン方式とは

レーマン方式とは、M&Aの成功報酬を決める際に使われる手数料の計算方法であり、大規模なM&Aほど手数料率が低くなるシステムです。

手数料率は部分ごとに適用されるのが注意点であり、例えば譲渡価格が7億円の場合は、5億円の部分に5%、残りの2億円の部分に4%が課されます。

レーマン方式の料率と課される金額の部分については、M&A仲介会社によって違うことがあるので注意が必要です。

また、手数料の対象となるのが譲渡価格なのか、負債も含めた移動総資産なのかにも注意する必要があります。同じ手数料率でも、負債を含まない譲渡価格ベースのほうが手数料が安くなります。

さらに、最低手数料の設定にも注意する必要があります。例えば最低手数料が500万円の場合、レーマン方式による手数料が100万円や200万円だったとしても、500万円の成功報酬が請求されます。

【一般的なレーマン方式の料率】

譲渡価格等 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超から10億円以下の部分 4%
10億円超から50億円以下部分 3%
50億円超から100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

【レーマン方式の注意点】
  1. 総移動資産を使う場合と譲渡価格を使う場合がある
  2. 料率がM&A仲介会社によって違うことがある
  3. 最低手数料が設定されていることがある

【関連】レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

仲介着手金の相場

仲介着手金の相場

M&A仲介会社の着手金の相場は、一般には少ない場合で数十万円~、大規模なM&Aであれば数百万円程度といわれています。

しかし、M&A仲介会社は着手金の詳細を公開していないことも多いので、実際にかかる着手金の額は各仲介会社に問い合わせて確認する必要があります。

下表は、主なM&A仲介会社の着手金をまとめたものです。仲介会社全体としては着手金無料のところが多くなっています。

【主なM&A仲介会社の着手金】

会社名 着手金
M&A総合研究所 無料
M&Aキャピタルパートナーズ 無料
日本M&Aセンター 有料(金額は要問合せ)
ストライク 非公開

各種費用の支払うタイミング

各種費用の支払うタイミング

初めてM&Aを行う経営者にとって、費用を支払うタイミングが分かりづらいというのも、M&A仲介会社を利用するのを躊躇する要因になっています。この章では、着手金を始めとする各種手数料が、どのタイミングで発生するのかを解説します。

相談料を支払うタイミング

相談料はM&A仲介契約を結ぶ前の初期相談にかかる費用であり、相談が終わった後にその都度請求されます。一般的に、相談料は数千円から一万円程度のことが多いとされています。

着手金を支払うタイミング

着手金は、M&A仲介会社と仲介業務委託契約を締結した時点で発生します。順番としては相談料の次に支払う手数料になります。

月額報酬を支払うタイミング

月額報酬は毎月請求されますが、具体的な支払期日はM&A仲介会社によって違うので、利用する仲介会社に問い合わせておく必要があります。

中間報酬を支払うタイミング

中間報酬を支払うタイミングは、基本合意書を締結した時点が一般的です。まず初期相談で相談料を支払い、次に着手金を支払ってM&A仲介業務が始まり、その後トップ面談で基本合意書を締結して中間報酬を支払う流れになります。

中間報酬を支払うタイミングは、M&A仲介会社によってやや違うこともあり、基本合意書の前に締結される意向表明書の提出時や、基本合意書締結後のデューデリジェンス開始時に支払うケースがあります。

企業価値算定費を支払うタイミング

企業価値算定費を支払うタイミングについて詳細を公開しているM&A仲介会社は少ないため、各M&A仲介会社に問い合わせておく必要があります。

成功報酬を支払うタイミング

成功報酬を支払うタイミングは、最終契約書を締結してM&A契約に法的効力が発生した時点となります。

M&Aの際に仲介会社を選ぶポイント

M&Aの際に仲介会社を選ぶポイント

M&A仲介会社を選ぶ時は、どのような点を確認しておけばよいのでしょうか。この章では、M&Aの際に仲介会社を選ぶポイントを紹介します。

【M&Aの際に仲介会社を選ぶポイント】

  1. 複数の仲介会社に相談する
  2. 手数料の見積もりを確認する
  3. 担当者との相性を見る

1.複数の仲介会社に相談する

M&A仲介会社への相談は最初から一社に絞る必要はなく、複数の仲介会社と同時進行することもできるので、とりあえず数社と相談して最終的に一社に絞るのもよい方法です。

ただし、あまり多くのM&A仲介会社と相談しすぎると、着手金などの手数料が無駄にかかることになり、情報漏洩のリスクも高まります。複数といっても2~3社程度にしたほうがトラブルが起こりにくいでしょう。

2.手数料の見積もりを確認する

M&A仲介会社の手数料は、初めてM&Aを行う経営者にとって分かりにくい部分も多く、後で思わぬ料金を請求されてトラブルになるケースもあります。

M&A仲介会社を選ぶ際は、着手金は無料かどうか、成功報酬の料率はいくらかなどを理解したうえで、最終的な手数料がどれくらいになりそうか、見積もりを確認しておくことが大切です。

3.担当者との相性を見る

M&A仲介業務は、専任の担当者が就いて行われることが多いです。よって、担当者との相性の良し悪しも、M&Aの成否を左右する大きな要素になります。

M&Aの知識と経験が豊富かどうかだけでなく、性格や人柄が自分と合うかといった精神面の相性も重要になります。

もし担当者が合わないと感じたら、遠慮せず担当者を変えてもらったり、場合によってはほかのM&A仲介会社に変える決断も必要です。

まとめ

まとめ

M&A総合研究所では、成約しなかった場合のリスクを経営者様が負わなくてよう、着手金を無料にしております。

着手金無料ですが、むやみに成約を目指すのではなく、成約の可能性を正直に話して手続きを進めていくのも、M&A総合研究所の強みです。

【M&A総合研究所の報酬体系】

相談料 無料
着手金 無料
月額報酬 無料
中間報酬 売り手のみ無料
企業価値算定費 無料
成功報酬 レーマン方式

【一般的なレーマン方式の料率】
譲渡価格等 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超から10億円以下の部分 4%
10億円超から50億円以下部分 3%
50億円超から100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

【レーマン方式の注意点】
  1. 総移動資産を使う場合と譲渡価格を使う場合がある
  2. 料率がM&A仲介会社によって違うことがある
  3. 最低手数料が設定されていることがある
【主なM&A仲介会社の着手金】
会社名 着手金
M&A総合研究所 無料
M&Aキャピタルパートナーズ 無料
日本M&Aセンター 有料(金額は要問合せ)
ストライク 非公開

【M&Aの際に仲介会社を選ぶポイント】
  1. 複数の仲介会社に相談する
  2. 手数料の見積もりを確認する
  3. 担当者との相性を見る

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

近年、中国企業が日本の大手企業や中小企業を買収する事例が増えており、日本における中国企業の買収・M&A動向を押さえておくことが重要になっています。本記事では、中国企業の買収・M&...

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

2016年に税制が改正されてから、役員への報酬としてストックオプションに代わり、譲渡制限付株式を採用する上場企業が増えています。本記事では、譲渡制限付株式について、その仕組みやメリット・デメリッ...

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

M&Aは複数の買い手候補と交渉できますが、基本合意締結後は優先交渉権や独占交渉権を付して、買い手を絞っていくことになります。本記事ではM&Aの優先交渉権について、その特性や適切な...

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

2021年度はM&Aの各種補助金に制度変更や、新しい補助金が創設されているので、制度を正しく理解して活用することが大切です。本記事では、2021年度のM&Aの補助金について、事業...

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

従業員への残業代が未払いになっている中小企業は多いといわれていますが、これはM&Aの際に買い手のリスクとなります。本記事では、M&Aで未払い残業代がどうなるか解説するとともに、2...

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

近年、中食業界のM&Aが活性化しています。市場は拡大傾向にあり、消費税増税に伴う軽減税率の導入やコロナ禍の外出自粛などで需要をさらに高めています。本記事では、中食業界のM&A動向...

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは、事業方針を決定する機関が他の会社の支配下に置かれている会社のことです。決定機関は主に株主総会を指しており、決算承認や配当金額などの決議が行われます。本記事では、子会社を設立するメリッ...

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aは専門家任せにするのではなく、経営者自身も基礎知識やノウハウを知っておくことが大切です。本記事では、M&Aを成功させるために知っておきたいノウハウや、戦略策定の手順などを解...

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

近年、会社を売りたい経営者が増えつつあります。経営者の悩みは、後継者問題や個人保証・担保などのさまざまなものがあり、会社売却で解決できるのが多いためです。今回は、会社を売りたい人が絶対に読むべき...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)