2020年6月15日公開業種別M&A

英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A動向と相場!【事例あり】

英会話教室・英会話スクールなどの語学ビジネス市場は今後の需要は高いものの学ぶ手段などの多様化によりM&Aが積極的に行われると予測されます。今回は英会話教室・英会話スクールなどの語学ビジネス市場の現状とM&A動向を事例とともに解説します。

目次
  1. 英会話教室・語学学校・プリスクールとは
  2. 英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A動向
  3. 英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A相場
  4. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリット
  5. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A事例
  6. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aは仲介会社選びが大切
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
学校法人 専門学校のM&A・事業承継

英会話教室・語学学校・プリスクールとは

英会話教室・語学学校・プリスクールとは

英会話教室・語学学校・プリスクールとは

出典:https://pixabay.com/ja/

ここでは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの違いについて解説します。

現在は英語を学習するための方法としてさまざまな方法がありますが、その中でも以下の3つの方法が主な方法となっています。

  1. 英会話教室
  2. 語学学校
  3. プリスクール
英会話教室とは英会話スクールとも呼ばれており週1回で40〜60分が一般的となっており少人数によるレッスン、マンツーマンなどさまざまな方法で行われる教室のことをいい、語学学校とは海外で英語などの語学を学ぶための学校のことを語学学校といいます。

最後にプリスクールですが、プリスクールとは未就学の子供を対象に英語で保育を行う施設のことをいいます。アメリカでは「Preschool」には3~5歳が通っていますが、日本では0歳から入ることができる施設もあります。

英会話教室・語学学校・プリスクールの現状

ここでは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの現状について異業種からの参入と学ぶ手段の多様化について解説します。

近年はグローバル化の進展、インバウンドの増加、外国語教育の見直しなどさまざまな理由により英語の重要性は増してきており、それに伴い英会話教室・英会話スクールに対してM&Aにて異業種からの参入が多くみられています。

また、パソコンやスマートフォンなどで勉強することができる「e-learning」、ゲームの機械やパソコンのソフトウェアで行われる「ソフトウェア市場」など以前までは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールは全て通う必要性があったものの通う必要性がなく、自宅にて行うことができる分野も向上してきています。

英会話教室・語学学校・プリスクールの市場規模

ここでは2018年度の英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの市場規模についてとそれに伴って予測される2019年度の英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの市場規模について解説します。

2018年度の英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場規模は、株式会社矢野経済研究所によると、8,868億円となっており、2017年度に比べると2.3%の増加となっています。

さらに2019年度に関しては2018年度と比較して2.6%増加し9,093億円になると予測されています。英会話教室・英会話スクール・プリスクールなどの語学学校に着目してみてみると全体の規模は3,530億円となっています。

その内訳に関しては成人向けの英会話教室・英会話スクールが2,100億円、幼児・子供向けの英会話教室・英会話スクールが1,035億円、プリスクール市場が395億円となっています。

また今後に関してはオリンピックに向けて各会社がビジネスチャンスを拡大するために、外国語の需要が高まる予測がされます。そのため、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場規模も更なる増加が予測されます。

英会話教室・語学学校・プリスクールがかかえる課題

ここでは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールがかかえる課題について現在かかえている課題と英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールが今後かかえると予測される課題について解説します。

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場は以前までの語学の学習は実際に教室などに通うこという方法しかありませんでしたが、近年は英語の勉強方法が多様化しており、e-learningなど自宅で手軽に行える方法が増えています。

今後はインターネットやスマートフォンがより発展するため今まで以上に外国語を学ぶ方法は多様化していきます。また、2020年に実施される「学習指導要領見直しによる英語教育改革」により学習塾も外国語の教育に力を入れてきます。

上記のことから英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場は学ぶ方法の多様化と学習塾の影響により今まで以上に競争が激化すると予測されます。

【関連】日本語学校業界のM&A動向!M&Aで教員不足を解消しよう!

英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A動向

英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A動向

英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A動向

出典:https://pixabay.com/ja/

ここでは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールにおいて今度予測されるM&A動向について解説します。

今までの内容から英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場の競争は激化していくことが分かります。

競争が激化するに伴って今まで以上にM&Aが実施される頻度が多くなってきます。今回は今後の英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の中で下記の4点について解説します。

  1. 大手グループの事業基盤の拡大が進む
  2. 講師やノウハウ獲得を目的としてM&Aが増加
  3. 今後の需要拡大を視野に入れたM&Aが展開
  4. 後継者問題に悩む経営者も多い

1.大手グループの事業基盤の拡大が進む

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の1つ目は大手グループの事業基盤の拡大が進むことです。

2018年にベネッセHDが2017年にはKDDIが英会話教室・英会話スクール業界に新規参入してきました。大手グループに関しては豊富な資金を持っているためe-learningなどの外国語を学ぶ方法の多様化や積極的にM&Aを行うことができます。

今後は多くの大手グループが英会話教室・英会話スクール業界などに参入し、M&Aを行うなどして事業基盤の拡大を行っていくと予想されます。

2.講師やノウハウ獲得を目的としてM&Aが増加

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の2つ目は講師やノウハウ獲得を目的としてM&Aが増加することです。

外国語の講師に関しては誰でも行えることではありません。また、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場に新規から参入しようとすればそれまでのノウハウなども全くないため多額の費用と時間がかかってしまいます。

しかし、事業譲渡や株式譲渡などのM&Aを行うことにより現役で活躍している講師やその会社の語学ビジネスのノウハウを獲得することができます。そのため、今後は大手グループが中心に自社にて新規から始めるのではなくM&Aによる人材とノウハウの獲得が増加していくと推測されます。

3.今後の需要拡大を視野に入れたM&Aが展開

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の3つ目は今後の需要拡大を視野に入れたM&Aが展開されることです。

今後の語学ビジネスに関して、競争は激化していくもののグローバル化の発展、2020年度の語教育改革、語学を学ぶ方法の多様化など需要に関しては今まで以上に拡大していきます。

需要が拡大してから動き出してもすでに市場から取り残されてしまう可能性があるため、需要の拡大以前に視野に入れておき、動き出しておく必要があります。その際に関しては新規からの参入ではなくM&Aの方法にて時間をあまりかけずに市場に入る必要性があります。

4.後継者問題に悩む経営者も多い

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の4つ目は後継者問題に悩む経営者も多いことです。

後継者問題に関しては語学ビジネス市場だけでなく多くの中小企業が抱えている問題となっており、半数以上の会社が後継者問題に悩まされています。

特に語学ビジネス市場に関しては外国語を流暢に行える必要があるため、他の中小企業の業種よりも後継できるだけのスキルを持つことに対する難易度は高くなるため後継者に悩まされる会社も多く存在します。

【関連】印刷会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介

英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A相場

英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A相場

英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A相場

出典:https://pixabay.com/ja/

ここでは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールにおけるM&A相場について解説します。

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A相場は500万円程度~1億円以上と幅広く取り扱われていますが概ねは3,000万円程度が相場となっています。

M&A相場の低いものに関しては英会話教室などの小規模なものが多くなっており、一方1億円以上のものに関しては言語学校などが売却されています。

【関連】会社売却の手数料の相場やかかる費用を徹底解説!

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリット

学校法人 専門学校のM&A・事業承継
学校法人 専門学校のM&A・事業承継
英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリット

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリット

出典:https://pixabay.com/ja/

ここでは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリットについて解説します。

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場に対してM&Aを行うということはメリットとデメリットがそれぞれ存在します。ここでは売り手・買い手から考えられるメリットとデメリットを解説します。

売り手のメリット・デメリット

下記が英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを売る際のメリットとデメリットになります。

【売り手のメリット】

  • 後継者に対する問題を解説することができる
  • 従業員の雇用を維持することができる
  • 会社を売却することで売却益を得ることができる
【売り手のデメリット】
  • 従業員のやる気が低下して最悪離職してしまう可能性がある
  • 良好な取引相手が見つからない可能性がある

メリット

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを売る際のメリットについて解説します。

売り手のメリットとしてはまず後継者の問題を解決することができます。会社というのは親族内が承継するという流れでは最近無くなりつつあります。また、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場に関してはしっかりとした知識が必要なため、承継することがより難しくなります。

従業員から考えてもM&Aによるメリットはあります。もしM&Aではなく廃業を選択してしまうと職を失くしてしまうことになります。しかし、M&Aを行うことにより従業員は職を失うことはなく、場合によっては以前より待遇が良くなる場合もあります。

お金の面でもM&Aを行うメリットがあります。会社を売却することにより、多額の現金を得ることができ、その現金で新規事業を行ったり、もし借金があった場合に関しては返済にあてることができるなどのメリットがあります。

デメリット

続いて英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを売る際のデメリットについて解説します。

売り手のデメリットとしては従業員のやる気が低下して最悪離職する可能性があることです。M&Aを行うことにより従業員は職を失くすことがなくなるメリットがある反面で会社の評価システムの変化や環境の変化があることを不満に感じてしまう可能性があります。

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場は豊富な語学の知識が必要となるため退職してしまうと会社にとっても大きな痛手となってしまいます。

また、せっかくM&Aを決意しても希望する相手先が見つからず苦労する可能性があります。相手が見つからなければ計画した予定も上手く進めることができなくなってしまいます。

買い手のメリット・デメリット

下記が英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを買う際のメリットとデメリットになります。

【買い手のメリット】

  • 経営戦略を迅速に行うことができる
  • 弱い部分を補強することができる
【買い手のデメリット】
  • 簿外債務を引き継いでしまう
  • 最適な売り手会社がみつからない場合がある

メリット

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを買う際のメリットについて解説します。

買い手にとって最も大きなメリットは経営戦略を迅速に行うことができます。経営を行うためにはさまざまな状況に対して素早く対応できることが重要になります。新規で事業を行うためには多くの時間と費用が必要になりますが、M&Aにて買収することにより、短期間で新規の事業に参入することができるようになります。

また、M&Aを行うことにより買収する会社の弱い部分を補強することが可能になります。どのような会社でも強みと弱みがあります。その中で弱みの部分に関してはすぐに補強することは難しい場合が多くなりますが、M&Aによって自社にとっては弱い部分を強みとしている会社を買収することにより自社の弱い部分を迅速に補強することができます。

デメリット

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを買う際のデメリットについて解説します。

M&Aを行うことにより貸借対照表には記載されていない債務である簿外債務を引き継ぐ必要がある場合が多くみられます。

過度な簿外債務でなければ大きな問題とはなりませんが、M&A後に大きな問題となる簿外債務は避けなければいけません。このような危険性を避けるためにはデューデリジェンスをしっかり行いリスクを避ける必要があります。

また、こちらは売り手側と同じですが、良い相手先が見つからない場合があります。さまざまな今後の計画を立てても相手先が見つからなければ進めることができません。

そのような場合はM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所はM&Aの経験・実績ともに豊富な会計士・弁護士・アドバイザーの3名体制でサポートしており、気になる料金体制に関しても完全報酬制となっているため、契約が成立するまで一切かかることはありません。

相談に関しても無料相談を年中無休でお受けしておりますので、お気軽にお問合せください。

【関連】M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A事例

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A事例

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A事例

出典:https://pixabay.com/ja/

ここでは英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場のM&A事例として下記の事例について解説します。

  1. ダイナミック・ビジネス・カレッジが京進に対して株式譲渡
  2.  ベネッセがミネルヴァを子会社化
  3. KDDIが英会話のイーオンを買収

1.ダイナミック・ビジネス・カレッジが京進に対して株式譲渡

ダイナミック・ビジネス・カレッジが京進に対して株式譲渡

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の1つ目はダイナミック・ビジネス・カレッジが京進に対して株式譲渡した事例になります。

2018年12月にダイナミック・ビジネス・カレッジは京進に対して全ての株式を譲渡して連結子会社となりました。

ダイナミック・ビジネス・カレッジは東京都で日本語学校を運営しており、日本の大学や専門学校などに対して進学希望する留学生を対象に日本語教育を行っていました。一方、京進は関西を中心に学習塾を運営していました。

今回のM&Aにより京進は新規事業として日本語教育事業を展開することができるとともに、その他の語学事業にも相互にシナジー効果を生む期待がされました。

2.ベネッセがミネルヴァを子会社化

ベネッセがミネルヴァを子会社化

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の2つ目はベネッセがミネルヴァを子会社化した事例になります。

2014年11月にベネッセホールディングスは幼児・子供向けの英会話教室である「こども英会話のミネルヴァ」を運営していたミネルヴァインテリジェンスを買収して100%子会社化としました。

ミネルヴァは東京都・関西圏を中心に400教室を展開していました。教室の内容としては3割の講師は外国人となっており、英語を話しながら算数を教えるなどのサービスを行っていました。

ベネッセグループは幼児~中学生に向けて英語教室を1400教室を運営していました。また、幼児向けの英語学習の通信教育を提供するとともに、ビジネスマンをターゲットとした語学教室である「ベルリッツ」を61教室運営しています。

今回の買収により英語教育に対するノウハウや教材などの共通化や発展を期待して行われました。

3.KDDIが英会話のイーオンを買収

KDDIが英会話のイーオンを買収

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の3つ目はKDDIが英会話のイーオンを買収した事例になります。

2018年1月にKDDIはイーオンホールディングスの全ての株式を取得して子会社化としました。

KDDIは2020年以降の英語教育改革やインバウンドに対する対応など外国語学習の需要が高まる予測がされているため、日本国内のおける外国語教育市場への参入を目的に今回の買収を行いました。

一方イーオンホールディングスは全国に250の英会話教室を展開するイーオンや子供向けに対しての英会話教室運営のアミティーを運営しており、349校の語学学校でグループ全体の顧客数は約11万となっていました。

今回の買収でKDDIのICTに対する技術とイーオンの蓄積してきたサービスという各会社の強みを組み合わせて、AI技術やVR技術など顧客に合った学習内容を助言して、新たなサービスの提供を目指します。

【関連】通訳・翻訳会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aは仲介会社選びが大切

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aは仲介会社選びが大切

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aは仲介会社選びが大切

出典:https://pixabay.com/ja/

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場の需要に関しては今まで以上に高くなり、学ぶ方法としても多様化するため今まで以上の競争が激化しM&Aも積極的に行われるようになってきます。

そのため、語学ビジネス市場の動向などに関しては常にチェックするとともにM&Aの専門家のサポートを受けることが必要とされます。

M&A総合研究所は、M&Aの経験と実績が豊富な会計士・弁護士・アドバイザーの3名体制で、クロージングまでしっかりサポートします。

気になる費用に関しても完全報酬制のため契約が成立するまで一切かかることはありません。相談に関しても無料相談を年中無休でお受けしておりますので、お気軽にお問合せください。

学習塾のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

今後の英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場は競争が激化してくるため今まで以上にM&Aが積極的に行われるようになると予測されます。

【英会話教室・語学学校・プリスクールにおけるM&A動向】

  • 大手グループの事業基盤の拡大が進む
  • 講師やノウハウ獲得を目的としてM&Aが増加
  • 今後の需要拡大を視野に入れたM&Aが展開
  • 後継者問題に悩む経営者も多い

【英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリット】
  メリット デメリット
売り手 ・後継者に対する問題を解説することができる
・従業員の雇用を維持することができる
・会社を売却することで売却益を得ることができる
・従業員のやる気が低下して最悪離職してしまう可能性がある
・良好な取引相手が見つからない可能性がある
買い手 ・経営戦略を迅速に行うことができる
・弱い部分を補強することができる
・簿外債務を引き継いでしまう
・最適な売り手会社がみつからない場合がある

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場の激しい競争に対して更なる事業の発達や新規事業への変更するためにM&Aを行うという選択をするのも非常に大事になってくるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

近年は、後継者不足の影響で事業承継が進められず、廃業・閉鎖するケース会計事務所が増えています。次の世代に事業を引き継ぐためには、計画を立てて準備をしておく必要があります。今回は、会計事務所の事業...

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

バブル崩壊以降は縮小が続いていた家具業界ですが、近年はニトリや良品計画等の台頭などによって、再拡大の局面に入っています。また、M&Aによる他業界からの新規参入も増えています。本記事では、喫緊の家...

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

現在、塗装工事会社の多くは慢性的な人手不足に陥っており、廃業やM&A・事業承継が増加しているのが現状です。本記事では、塗装工事会社のM&A・事業承継について、塗装工事会社の業界動向や相場、気を付...

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

現在物流業界は、ユーザーのニーズが変化していることや働き方改革などによって業界再編期にあり、M&A・事業承継も増える方向にあります。当記事では、物流業界のM&A・事業承継動向やメリット、注意点、...

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護は近年国が推し進めている地域包括ケアシステム実現のための重要な業種で、M&Aも今後活発になると予想されます。本記事では、訪問介護のM&A・事業承継について、業界動向やM&A手続きの流れ、...

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
学校法人 専門学校のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)