2022年6月6日更新業種別M&A

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A動向と相場!手法、案件の探し方も解説【事例あり】

英会話教室・英会話スクールなどの語学ビジネス市場は、今後の需要は高いものの学ぶ手段などの多様化によりM&Aが積極的に行われると予測されます。今回は、英会話教室・英会話スクールなどの語学ビジネス市場の現状とM&A動向を事例とともに解説します。

目次
  1. 英会話教室・語学学校・プリスクールとは
  2. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A動向
  3. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A相場
  4. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリット
  5. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A事例
  6. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aを成功させるコツ
  7. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aは仲介会社選びが大切
  8. 英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

学校法人 専門学校のM&A・事業承継

英会話教室・語学学校・プリスクールとは

ここでは、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの違いを解説します。現在は英語を学習するための方法としてさまざまありますが、その中でも以下の3つの方法が代表的です。

  1. 英会話教室
  2. 語学学校
  3. プリスクール

英会話教室とは、英会話スクールとも呼ばれています。週1回で40〜60分が一般的となっており、少人数によるレッスンやマンツーマンなどさまざまな方法で行われる教室のことです。語学学校とは、海外で英語などの語学を学ぶための学校のことです。

最後にプリスクールですが、未就学の子供を対象に英語で保育を行う施設のことです。アメリカでは、一般的に3~5歳の子どもが通っていますが、日本では0歳から入学できる施設もあります。

英会話教室・語学学校・プリスクールの現状

ここでは、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの現状を、異業種からの参入と学ぶ手段の多様化という視点から解説します。

近年、グローバル化の進展・インバウンドの増加・外国語教育の見直しなどさまざまな理由で英語の重要性が高まっており、これに伴い英会話教室・英会話スクールに対してM&Aにより異業種から参入する事例が多く見られます。

また、パソコンやスマートフォンなどで勉強できる「e-learning」、ゲームやパソコンのソフトウェアで行われる「ソフトウェア市場」など、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールに通わずとも学習できるツールが登場しています。

英会話教室・語学学校・プリスクールの市場規模

矢野経済研究所の調査によると、2020年度における語学ビジネス市場は7,817億円で、前年度比で10.8%減少しました。

今後とも、日本の各企業がビジネスチャンスを拡大するために、積極的に外国語を導入する動きが強まると予想されています。そのため、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場規模も、さらなる拡大が見込まれています。

参考:矢野経済研究所「語学ビジネス市場に関する調査を実施(2021年)」

英会話教室・語学学校・プリスクールがかかえる課題

ここでは、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの課題について、現在抱えているものと、今後抱えると予測されるものを解説します。

もともと語学を学習するには、実際に教室などに通う方法しかありませんでしたが、近年は英語の学習方法が多様化しており、e-learningなど自宅で手軽に行える方法が増えています。

今後はインターネット・スマートフォンの発展に伴い、これまで以上に外国語を学ぶ方法が多様化する見込みです。また、2020年に実施された「学習指導要領見直しによる英語教育改革」を受けて、学習塾でも外国語の教育にさらに注力するものと推測されています。

上記のことから、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場は、学ぶ方法の多様化と学習塾の影響によって、これまで以上に競争が激化すると予測されます。

【関連】日本語学校業界のM&A動向!M&Aで教員不足を解消しよう!| M&A・事業承継の理解を深める

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A動向

ここでは、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールで今度予測されるM&A動向を解説します。

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの業界では、競争が激化するに伴ってこれまで以上にM&Aが実施される頻度が多くなる見込みです。今後の英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の中から、代表的な以下4項目を解説します。

  1. 大手グループの事業基盤の拡大が進む
  2. 講師やノウハウ獲得を目的としてM&Aが増加
  3. 今後の需要拡大を視野に入れたM&Aが展開
  4. 後継者問題に悩む経営者も多い

①大手グループの事業基盤の拡大が進む

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の1つ目は、大手グループの事業基盤の拡大が進むことです。

2018年にはベネッセHDが、2017年にはKDDIが、英会話教室・英会話スクール業界に新規参入しました。大手グループは豊富な資金を持っているため、e-learningなどの外国語を学ぶ方法の多様化や積極的なM&Aにスピーディに着手できます。

今後は多くの大手グループが英会話教室・英会話スクール業界などに参入し、M&Aを行うなどして事業基盤の拡大を行っていくと予想されます。

②講師やノウハウ獲得を目的としてM&Aが増加

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の2つ目は、講師やノウハウ獲得を目的としてM&Aが増加することです。

もともと外国語の講師は、誰でも行えるわけではありません。また、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場に新規から参入する場合、ノウハウがない状態からスタートするため、多額の費用と時間がかかります。

しかし、事業譲渡株式譲渡などのM&Aを行うことで、現役で活躍している講師やその企業の語学ビジネスのノウハウを獲得できます。そのため、今後は大手グループを中心に、自社で新規から始めるのではなくM&Aにより人材とノウハウを獲得し、新規参入を図る事例が増加していくと推測されます。

③今後の需要拡大を視野に入れたM&Aが展開

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の3つ目は、今後の需要拡大を視野に入れたM&Aが展開されることです。

今後の語学ビジネスでは競争が激化していくものの、グローバル化の発展・2020年度の語教育改革・語学を学ぶ方法の多様化などを受けて、需要に関してはこれまで以上に拡大していくものと見られます。

しかし、需要が拡大してから動き出しても、すでに市場から取り残されてしまう可能性があるため、需要の拡大以前に視野に入れておき、動き出しておく必要があります。このときには、新規からの参入ではなくM&Aを用いて、時間をかけずに市場に参入することが有効策です。

④後継者問題に悩む経営者も多い

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A動向の4つ目は、後継者問題に悩む経営者も多いことです。後継者問題は、語学ビジネス市場だけでなく多くの中小企業が抱えている問題であり、実に半数以上の企業が後継者問題に悩まされています。

特に語学ビジネス市場では、外国語を流暢に行える必要があるため、他の中小企業の業種よりも後継者に求められるスキルが専門的であるため、後継者に悩まされる企業が多く存在します。

【関連】印刷会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介| M&A・事業承継の理解を深める

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A相場

ここでは、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールにおけるM&A相場を解説します。英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場におけるM&A取引金額は500万円程度~1億円以上と幅広く見られますが、3,000万円程度が大まかな相場です。

M&A相場が低い事例では英会話教室などの小規模な施設が取引対象とされており、一方で1億円以上の事例は言語学校などが取引対象とされている傾向があります。

【関連】会社売却の手数料の相場やかかる費用を徹底解説!| M&A・事業承継の理解を深める

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aによるメリット・デメリット

学校法人 専門学校のM&A・事業承継
学校法人 専門学校のM&A・事業承継

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場を対象とするM&Aには、メリットとデメリットがそれぞれ存在します。ここでは、売り手・買い手それぞれに期待されるメリットとデメリットを解説します。

売り手のメリット・デメリット

下記が英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを売る際のメリットは以下のとおりです。

  • 後継者に対する問題を解決できる
  • 従業員の雇用を維持できる
  • 会社を売却することで売却益を獲得できる

これに対して、売り手の主なデメリットは、以下のとおりです。

  • 従業員のやる気が低下し、離職してしまう可能性がある
  • 良好な取引相手が見つからない可能性がある

メリット

まず、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを売る際のメリットを解説します。売り手のメリットとしてはまず、後継者の問題を解決できる点が挙げられます。また、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場では専門的な知識が必要であるため、承継が難しいです。

従業員から考えてもM&Aによるメリットはあります。もしもM&Aではなく廃業を選択してしまうと、職を失くしてしまう可能性があります。しかし、M&Aを行うことで、従業員は職を失うことなく、かえって以前より待遇が良くなる場合もあります。

金銭面でもM&Aを行うメリットはあります。会社を売却することで、多額の現金を得られます。譲渡益で、新規事業を行ったり、借金の返済に充てたりすることが可能です。

デメリット

売り手のデメリットとしては、従業員のやる気が低下して最悪離職する可能性がある点が挙げられます。M&Aを行うことで、従業員は職を失くさずに済むメリットがある反面、会社の評価システムの変化や環境の変化があることに不満を感じてしまう可能性があります。

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場では豊富な語学の知識が必要となるため、退職してしまうと会社にとって大きな痛手です。

また、せっかくM&Aを決意しても希望する相手先が見つからずに苦労する可能性もあります。相手が見つからなければ、M&Aを計画しても、予定がスムーズに進みません。

買い手のメリット・デメリット

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを買う際のメリットは、以下のとおりです。

  • 経営戦略を迅速に行える
  • 弱い部分を補強できる

これに対して、デメリットは以下のとおりです。

  • 簿外債務を引き継いでしまう
  • 最適な売り手会社が見つからない場合がある

メリット

買い手にとって最も大きなメリットは、経営戦略を迅速に行える点です。経営を行うにはさまざまな状況に対して素早く対応できることが重要です。新規で事業を行うには多くの時間と費用が必要になりますが、M&Aで買収することで、短期間で新規事業に参入できるようになります。

また、M&Aを行うことで、自社の弱い部分を補強できます。どのような会社でも強みと弱みがあります。その中で弱みの部分はすぐに補強することは難しい場合が多いですが、M&Aによって自社にとって弱い部分を強みとしている会社を買収することで、自社の弱い部分を迅速に補強できます。

デメリット

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールを買う際のデメリットを解説します。M&Aを行うことにより、貸借対照表には記載されていない債務「簿外債務」を引き継ぐおそれがあります。

過度な簿外債務でなければ大きな問題とはなりませんが、M&A後に大きな問題となる簿外債務が発覚することは避けなければなりません。そのためには、デューデリジェンスを徹底して行い、リスクを避ける必要があります。

また、これ売り手側も同様ですが、良い相手先が見つからない場合もあります。そのため、今後の計画を立てていても、相手先が見つからなければM&Aを進められません。

M&Aをご検討の場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所にはM&Aの経験・実績ともに豊富なM&Aアドバイザーが多数在籍しており、培ったノウハウを生かしてM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を年中無休でお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説| M&A・事業承継の理解を深める

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&A事例

ここでは、英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場のM&A事例として、以下の事例ピックアップし解説します。

  1. ダイナミック・ビジネス・カレッジが京進に対して株式譲渡
  2. 城南進学研究社がアイベックを買収
  3. KDDIが英会話のイーオンを買収
  4. 京進がコペル・インターナショナルを買収
  5. ベネッセがミネルヴァを子会社化

①ダイナミック・ビジネス・カレッジが京進に対して株式譲渡

京進

京進

出典:https://www.kyoshin.co.jp/

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の1つ目は、ダイナミック・ビジネス・カレッジが京進に対して株式譲渡した事例です。

2018年12月、ダイナミック・ビジネス・カレッジは、京進に対して全ての株式を譲渡して連結子会社となりました。

ダイナミック・ビジネス・カレッジは、東京都で日本語学校を運営しており、日本の大学や専門学校などに対して進学希望する留学生を対象に日本語教育を行っていました。一方、京進は、関西を中心に学習塾を運営していました。

本件M&Aにより、京進では、新規事業として日本語教育事業を展開できるとともに、その他の語学事業でも相互的なシナジー効果の獲得を見込んでいます。

②城南進学研究社がアイベックを買収

城南進学研究社

城南進学研究社

出典:https://www.johnan.co.jp/

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の2つ目は、城南進学研究社がアイベックを買収した事例です。2018年8月に行われた城南進学研究社は、アイベックの株式70%を取得し、子会社化すると発表しました。本件M&Aの取得価額は非公開です。

買収側の城南進学研究社は、城南予備校を運営していた企業です(城南予備校、1961年度に川崎に設置された大学受験予備校で、2019年度末に全校舎閉校しています)。

売却側のアイベックは、企業向けビジネス英語研修・ビジネス英語やTOEIC講座などの英会話スクールの運営を行っています。

本件M&Aにより、城南進学研究社は、社会人教育への本格的な進出および、教育事業とのシナジー効果による幅広い年齢層をカバーする企業としての発展を見込んでいます。

③KDDIが英会話のイーオンを買収

KDDI

KDDI

出典:https://www.kddi.com/

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の3つ目は、KDDIが英会話のイーオンを買収した事例です。2018年1月、KDDIは、イーオンホールディングスのすべての株式を取得して子会社化しました。

KDDIは、2020年以降の英語教育改革やインバウンドに対する対応など外国語学習の需要が高まる予測を受けて、日本国内のおける外国語教育市場への参入を目的に今回の買収を行いました。

一方、イーオンホールディングスは、全国に250の英会話教室を展開するイーオンや子供向けに対して英会話教室運営のアミティーを運営しており、349校の語学学校でグループ全体の顧客数は約11万です。

今回の買収で、KDDIのICTに対する技術とイーオンの蓄積してきたサービスの強みを組み合わせ、AI技術やVR技術など顧客に合った学習内容により、新たなサービスの提供を目指しています。

④京進がコペル・インターナショナルを買収

京進

京進

出典:https://www.kyoshin.co.jp/

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の4つ目は、京進がコペル・インターナショナルを買収した事例です。

2017年4月、京進は、コペル・インターナショナルの株式すべてを取得し完全子会社化しました。本件M&Aの取得価額は非公開です。

買収側は、京都市を拠点に、学習塾等を運営する総合教育企業です。対する売却側は、首都圏を拠点に、主に大人向けにサービスを提供するコペル英会話教室を運営しています。

本件M&Aにより、買収側では、首都圏における英会話事業の基盤強化を図っています。加えて、両社の強みを融合し、顧客基盤の拡充を目指しています。

⑤ベネッセがミネルヴァを子会社化

ベネッセグループ

ベネッセグループ

出典:https://www.benesse.co.jp/

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールの事例の5つ目は、ベネッセがミネルヴァを子会社化した事例です。2014年11月、ベネッセホールディングスは、幼児・子供向けの英会話教室「こども英会話のミネルヴァ」を運営していたミネルヴァインテリジェンスを買収し100%子会社化としました。

ミネルヴァは、東京都・関西圏を中心に400教室を展開していました。3割の講師は外国人となっており、英語を話しながら算数を教えるなどのサービスを行っていました。

ベネッセグループは、幼児~中学生に向けて英語教室を1400教室運営していました。また、幼児向けの英語学習の通信教育を提供するとともに、ビジネスマンをターゲットとした語学教室「ベルリッツ」を61教室運営しています。

今回の買収は、英語教育に対するノウハウや教材などの共通化や発展を期待して行われました。

【関連】通訳・翻訳会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介| M&A・事業承継の理解を深める

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aを成功させるコツ

本章では、英会話教室・語学学校・プリスクールを対象とするM&Aを成功させるためのコツとして、代表的な5つを解説します。
 

  • 入念な準備
  • 経営状態の把握と黒字化
  • 人材流出の防止
  • 簿外債務などの確認
  • 相性の良いM&A仲介会社探し

入念な準備

M&Aの失敗要因の1つに、準備不足が挙げられます。英会話教室・語学学校・プリスクールを対象とするM&Aでは、本格的なプロセスに移る前に、戦略を入念に準備しておくことが重要です。

まずM&Aを行う目的を明確にし、そのうえで戦略をたてていきますが、M&Aのタイミングを逃さないよう出来るだけ早めに準備しておくようにしましょう。

経営状態の把握と黒字化

M&Aにおける買収側企業は、なるべく黒字経営の企業を買収したいと考えるのが自然です。そのため、売却側企業では、M&Aプロセスに移る前に、自社の経営状態を把握したうえで、なるべく黒字化しておくことが望ましいです。

人材流出の防止

M&Aは社員・スタッフの勤務環境を大きく変える可能性のある行為であり、不満を感じた社員が離職するケースも珍しくありません。そのため、優秀な講師の人材流出などが起こらないよう慎重に進めることが大切です。
 

簿外債務などの確認

M&Aにおける買収側企業が抱く懸念点の1つは、簿外債務・偶発債務の存在です。M&Aによる買収後に売却側の簿外債務・偶発債務が発覚すると、買収側にとって大きな損失となり、将来的に経営に深刻な悪影響を受けることもあります。

そのため、売却側は事前に自社の財務・会計をチェックし、簿外債務・偶発債務などの問題が発生しないよう心がけることが大切です。

相性の良いM&A仲介会社探し

一般的に、M&Aでは、仲介会社などの専門家に相談し、サポートを受けながら進めていきます。M&A仲介会社はそれぞれ異なる強み・特徴を持つため、自社と相性の良いM&A仲介会社を探すことが望ましいので、ホームページや無料相談などを活用して確認するようにしましょう。

【関連】学習塾の売却額とは?売却方法や価額の上げ方を解説!| M&A・事業承継の理解を深める

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aは仲介会社選びが大切

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場の需要はこれまで以上に高くなり、学ぶ方法の多様化により競争が激化することも相待って、M&Aが積極的に行われています。

こうした中で、自社に相応しい買収側企業やM&A案件を探すためには、M&Aの専門家のサポートを受けることがおすすめです。M&A総合研究所は、M&Aの経験と実績が豊富なM&Aアドバイザーがクロージングまでしっかりサポートします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を随時お受けしておりますので、お気軽にお問合せください。

学習塾のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

英会話教室・語学学校・プリスクールのM&Aまとめ

今後の英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場は、競争が激化していることから、これまで以上にM&Aが積極的に行われるようになると予測されています。

英会話教室・英会話スクール・語学学校・プリスクールなどの語学ビジネス市場の激しい競争を受けて、さらなる事業の発達や新規事業へ参入のためにM&Aを行う選択を持つことの重要性が、ますます高まっている状況といえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響で、認知症高齢者グループホームなどの介護事業所の経営が悪化し廃業危機にひんしている事業者が増加中です。本記事では、グループホームを廃業するよりM&Aによる売...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

今後、調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きが見られます。本記事では、調味料・食品...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A...

調剤薬局・会社の身売り(M&A・事業承継)は大手に?理由、メリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局・会社の身売り(M&A・事業承継)は大手に?理由、メリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や大手薬局のM&A動向、身売りを検討す...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

学校法人 専門学校のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)