2021年6月10日更新会社・事業を売る

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに、500万円以下で買える事例も紹介します。

目次
  1. 500万円で買える会社・M&A案件!
  2. 500万円以下で会社をM&A・買収するメリット・デメリット
  3. 500万円以下で買える会社の見つけ方
  4. 500万円以下で会社を買う際の注意点
  5. 中堅・中小企業M&Aにおすすめの仲介会社
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

500万円で買える会社・M&A案件!

500万円で買える会社・M&A案件

近年は中小企業M&Aが増加しており、500万円以下で買えるM&A案件も増えています。今までM&Aとは無縁だったサラリーマンが、500万円で買える会社を買収する事例もみられます。

また、個人投資家が株や不動産投資に代わる投資手段として、500万円以下のM&A案件を探すことも増えています。

これから日本は経営者の高齢化による大廃業時代に入っていと考えられているため、このような低コストのM&Aもさらに活発になるでしょう。

500万円以下で買える会社は存在する?

会社の買収というと、一般には数千万や億単位の資金が必要というイメージがあり、500万円で買える会社などあるのかと思うかもしれません。

しかし、会社には大企業から中小零細企業までさまざまな規模があり、全ての会社が買収に何億円もかかるわけではありません。

実際にM&Aマッチングサイトで500万円以下のM&A案件を検索すると、500万円で買える会社はたくさんあることが分かります。

【関連】マイクロM&Aとは?メリット・デメリット、事例や注意点を解説

500万円以下で買える会社とは

500万円以下で買える会社という場合、会社の買収価格が500万円以下であるケースと、手数料なども含めたトータルコストが500万円以下のケースとがあります。

つまり、500万円以下のM&A案件であっても、トータルの費用は500万円を超えることもあるので注意が必要です。

また、買収価格は買い手と売り手の交渉で決まるので、売り手の希望価格が500万円以上でも、交渉で500万円以下に下げられることもあります。

このように、ある会社が500万円以下で買えるかどうかは、手数料や交渉内容といったさまざまな要素に左右されます。

500万円以下で買える会社・M&A案件

ここでは、大手M&Aマッチングサイトに登録されている500万円以下のM&A案件から、以下の5つを取り上げて解説します。

【500万円以下で買える会社・M&A案件】

  1. 東京都のエステサロンのM&A案件
  2. 東京都のコンセプトバーのM&A案件
  3. 福岡のかき氷店のM&A案件
  4. 大阪府のカフェチェーンのM&A案件
  5. 関東地方の鳥料理専門チェーンのM&A案件

①東京都のエステサロンのM&A案件

東京都の有名エステサロンのM&A案件です。こちらは会社の売却ではなく、事業譲渡による店舗の売却案件となっています。

譲渡希望金額は300万円で、事業譲渡契約手数料が別途66万円かかりますが、これを含めても500万円以下で収まります。

しかし、営業利益がマイナス180万円となっているため、事業をそのまま引き継いでも黒字化が難しい可能性もあります。黒字化が可能な事業計画を立てられるなら、買うメリットのあるM&A案件といえるでしょう。

②東京都のコンセプトバーのM&A案件

東京都内のコンセプトバーのM&A案件です。鉄道ジオラマを鑑賞しながらカクテルや食事を楽しめるバーで、駅に近い立地のよさも強みとなっています。譲渡希望価格は300万円、形態は法人ですが事業譲渡による店舗の売却です。

スタッフが店長として雇用の継続を希望しており、これは買い手としてはプラスの要素といえます。

同じ500万円で買える会社でも、ノウハウのある社員を引き継げるかどうかで価値が大きく変わってきます。

③福岡県のかき氷店のM&A案件

福岡県に店舗を構えるかき氷店のM&A案件です。譲渡希望価格は300万円で、500万円以下で買えるM&A案件となっています。M&Aスキームは事業譲渡で、会社ではなく、かき氷店の事業を買い取る取引となります。

かき氷は夏場に売り上げが集中するので、夏場以外に売り上げのある事業を展開できるかがポイントです。一年を通して利益を上げられる店舗にできるなら、狙い目の案件だといえるでしょう。

④大阪府のカフェチェーンのM&A案件

大阪府にあるフランチャイズカフェチェーンのM&A案件です。譲渡希望価格は300万円で、500万円以下で買えるM&A案件となっています。フランチャイズ店舗なので、事業譲渡で店舗だけを買い取る取引形態になります。

フランチャイズ店舗のM&Aでは、フランチャイザーとの契約内容をよく理解することが大切です。ロイヤリティなどの契約条件を把握しておかないと、後でトラブルになる可能性もあります。

⑤関東地方の鳥料理専門チェーンのM&A案件

関東地方の鳥料理専門チェーンの、フランチャイズ本部のM&A案件です。譲渡希望価格は300万円で、500万円以下のM&A案件となっています。

こちらはフランチャイズ店舗を事業譲渡で買い取るのではなく、本部を株式譲渡で買収する取引となっています

このM&A案件は売り手側から、ブランド名は残したい、従業員の雇用継続、仕入れ先・取引先の継続という条件が提示されています。

このように、M&Aは売り手側が求める条件があるので、買収すれば何でも自分の好きなように経営できるわけではありません

売り手・買い手が求める条件を話し合い、お互いが納得できる妥協点をみつける必要があります。

500万円以下で会社をM&A・買収するメリット・デメリット

500万円以下で会社をM&A・買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社は、債務超過などの問題を抱えているために、希望売却価格が安くなっていることもあります。

500万円以下のM&A案件を探す際は、メリットとデメリットを理解して、メリットの大きい会社を選ぶことが大切です。

この章では、500万円で買える会社を探す際に覚えておきたいメリットとデメリットを解説します。

500万円以下で会社をM&A・買収するメリット

500万円以下で会社をM&A・買収するメリットには、主に以下の3つがあります。500万円で買える会社を探す際は、これらのメリットが得られるか考える必要があります。

【500万円以下で会社をM&A・買収するメリット】

  1. 買収後にすぐ利益が出せる
  2. 資産となる
  3. 経営者となれる

1.買収後にすぐ利益が出せる

自身で会社を立ち上げて事業を始めるとなれば、利益がでるまでどうしても時間がかかります。始めは固定客もなく、業務フローもまだ模索段階の部分があるでしょう。

一方、500万円で買える会社を探してM&Aで買収すれば、買収後すぐに利益をだすことも可能です。買収した会社はこれまで経営してきたノウハウや、固定客や長年付き合いのある取引先といったネットワークもあります。

ただし、500万円で買える会社は赤字であることも多いので、すぐに利益をだ出すことが目的ならできるだけ黒字のM&A案件を探す必要があります。

2.資産となる

500万円で買える会社をM&Aで買収すると、設備や人材、ノウハウや技術といったさまざまな資産を得ることができます

500万円以下の会社はさまざまな理由で価格を安く設定していますが、資産を多く保有しているが引退などの理由で早く売りたいというM&A案件もあります。

このようなM&A案件をうまくみつけることができれば、投資額以上の資産を築ける可能性もあります。

3.経営者となれる

最近は、サラリーマンが脱サラの手段として500万円以下の会社を買う、「個人M&A」または「スモールM&A」が盛んになっています。

経営者になりたいサラリーマンや個人が500万円で買える会社を買収すれば、比較的少ない資金で夢を実現できます。

自分で会社や事業を立ち上げる以外に、既存の会社をM&Aで買う方法を知っておくと、経営者となるための選択肢が増えます。

500万円以下で会社をM&A・買収するデメリット

500万円以下で会社をM&A・買収するデメリットとしては、負債を抱える可能性がある・引き継ぎがうまく行かない可能性がある・個人で行うには手続きが難しいの3つです。

500万円で買える会社を探す際は、これらのデメリットが少ないM&A案件を探す必要があります。

【500万円以下で会社をM&A・買収するデメリット】

  1. 負債を抱える可能性がある
  2. 引き継ぎがうまく行かない可能性がある
  3. 個人で行うには手続きが難しい

1.負債を抱える可能性がある

M&Aでは、一般に価値の高い会社ほど買収価格が高くなるので、500万円以下の案件はなぜ価格が安いのかを見極める必要があります。

大きな負債を抱えていて、負債から逃れたいために500万円以下に設定しているM&A案件もよくあるので、こういった会社を買ってしまうと、たとえ買収価格が安くても後で負債を抱えてしまいます。

500万円で買える会社を買う際は、後で負債を抱える可能性も考えておくことが大切です。

2.引き継ぎがうまく行かない可能性がある

M&Aで会社を買収すると、商品や設備などの有形資産だけでなく、技術やノウハウ、従業員の能力といった無形資産も引き継ぐことになります。

こういった資産の引き継ぎがうまくいかなければ、たとえ500万円以下で会社を買えたとしても、その後の経営がうまくいかなくなる恐れもでてきます

500万円で買える会社を買収する際は、引き継ぎがうまくいくように計画を立てることが重要です。

特に、事業譲渡で500万円以下の会社を買う場合、株式を取得するだけの株式譲渡より引き継ぎが複雑になります。

500万円以下のM&A案件は個人事業が多く、事業譲渡で買収するケースが多いので注意が必要です。

3.個人で行うには手続きが難しい

M&Aの手続きには専門的な知識が必要なものも多いため、経験のない個人が一人で行うのは困難です。

M&A仲介会社などの専門家に依頼すると手数料がかかるので、たとえ売却価格が500万円以下だったとしても、トータルのコストは500万円を超える場合もあります。

しかし、自分だけで全ての手続きを行ってトラブルになるより、コストをかけても専門家に依頼したほうがよいでしょう。

500万円以下で買える会社の見つけ方

500万円以下で買える会社の見つけ方

500万円以下で買える会社をみつけるためには、M&A案件を保有する専門家に相談する必要があります。

一般的にはM&A仲介会社に依頼することが多いですが、公的機関や金融機関などでも相談可能なので、これらの選択肢から自分がよいと思う相談先を選ぶことが大切です。

また、マッチングサイトを活用するなどの選択肢もあるので、比較検討して一番よい方法を選びましょう。

【500万円以下で買える会社の見つけ方】

  1. M&A仲介会社に相談
  2. 地元の金融機関に相談
  3. 地元の士業に相談
  4. 公的機関に相談
  5. 知り合いに相談
  6. マッチングサイトで探す

1.M&A仲介会社に相談

M&A仲介会社はM&Aの専門家であり、M&A案件も豊富に保有しています。500万円で買える会社を探す際に、まず検討すべき選択肢といえるでしょう。

しかし、M&A仲介会社のなかには大規模案件を主に取り扱っているところもあるので、500万円で買える会社を探す際は、中小企業専門の仲介会社を選ぶ必要があります

また、500万円以下のM&A案件は手数料負担が大きくなる傾向があるので、手数料の安い仲介会社を選ぶことも大切です。

【関連】M&Aの仲介着手金が無料のM&A総合研究所とは?報酬体系や相場を紹介

2.地元の金融機関に相談

地方銀行や信用金庫といった地元の金融機関にはたいていM&Aの相談窓口があるので、ここで500万円以下のM&Aを相談するのもおすすめです。

ただし、金融機関はM&A仲介会社に比べると小規模案件に弱い傾向があり手数料も比較的高いことが多いです。

500万円で買える会社を探す相談先として向いていないこともあるので、よく確認しておくことが必要です。

【関連】地方銀行にM&A・事業承継を相談できる?注意点やポイントを解説

3.地元の士業に相談

公認会計士や税理士などの士業事務所の中には、M&Aの経験が豊富なところもあります。士業事務所に500万円で買える会社がないか相談するのも一つの選択肢です。

ただし、士業事務所はM&Aを専門としているわけではないので、M&Aの手続きをトータルにサポートできないのが注意点です。案件探しなどは提携のM&A仲介会社に依頼することになるので、始めから仲介会社に相談するのに比べて手間がかかることもあります。

【関連】M&Aに強い弁護士に依頼する場合の費用相場は?大手7事務所の手数料比較

4.公的機関に相談

近年は、中小企業の事業承継をサポートする公的機関が充実してきており、こういった機関に500万円で買える会社がないか相談するのもよいでしょう。

地域の商工会議所事業引継ぎ支援センターに行けば、500万円以下のM&A案件探しをサポートしてもらえます。

公的機関は小規模案件に強いので、500万円で買える会社を探す相談先としておすすめです。ただし、仲介業務は提携の仲介会社に依頼するので、直接仲介会社に相談するほうがよい場合もあります。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?成約事例や案件・手数料について徹底解説

5.知り合いに相談

知り合いにM&A仲介会社の関係者や、経営者としてM&Aを行った経験がある人がいるなら、まず最初に相談してみるのもよい方法です。

知り合いは相談しやすく、専門家には相談しづらい内容でも気軽に話すことができます。ただし、知り合いはM&Aの専門家ではないので、情報の真偽については別途確認することも必要です。

6.マッチングサイトで探す

マッチングサイトには、500万円以下のM&A案件が豊富に登録されており、500万円で買える会社を探すのにおすすめです。

ただし、マッチングサイトは基本的に自分で手続きを進めていくので、トラブルにならないように注意する必要があります。

たいていのマッチングサイトには、別料金で専門家のサポートを受けられるサービスがあります。また、マッチングサイトを利用しつつ、M&A仲介会社に別途サポートを受けることも可能です。

一人で手続きするのが不安な場合は、専門家のサポートを受けながら進めていくとよいでしょう。

ただし、専門家に依頼すると別途料金がかかるので、手数料が安いというマッチングサイトのメリットは少なくなります。

【関連】M&Aは個人でもできる!小規模案件を探せるマッチングサイトを紹介

500万円以下で会社を買う際の注意点

500万以下で会社を買う際の注意点

500万円で買える会社は何らかの問題があることも多いので、M&Aを行う際は注意点を押さえておく必要があります。特に以下の3点には注意して、よい案件を探すことが大切です。

【500万円以下で会社を買う際の注意点】

  1. 価格に見合っている会社かを確認する
  2. 過度な期待を持って買わない
  3. 経営がうまく行かないことも視野に入れておく

1.価格に見合っている会社かを確認する

500万円で買える会社といっても、全てが同じように500万円の価値があるわけではありません。

交渉前に提示されるのはあくまで売り手の希望売却価格なので、本当に価格に見合っているか確認する必要があります。

価格に見合う会社か確認する方法としては、トップ面談で売り手の経営者としっかり話し合うこと、デューデリジェンスを行うことなどがあります。

デューデリジェンスとは売り手企業を専門家が調査することで、本当にM&Aを行ってよいかを確認するために必要です。

デューデリジェンスは買い手にとってコスト面の負担がありますが、価格に見合った会社か見極めるには行う必要があります。

2.過度な期待を持って買わない

500万円で買える会社はそれなりの理由があって安く設定されているので、あまり過度な期待はしないことが大切です。

買いさえすれば利益がでて役員報酬で楽に暮らせるといった、簡単なものではないので注意しましょう。

500万円以下のM&Aは、買い手側にしっかりした経営計画があって成立するものだといえます。M&A自体は事業資産を手早く獲得する手段ととらえ、あくまでその後の経営が重要だと理解しておきましょう。

3.経営がうまく行かないことも視野に入れておく

500万円以下で買える会社は経営状態が悪いことも多く、買収したからといって経営がうまくいくとは限らないことを理解する必要があります。

特に最近増えている個人M&Aでは、経営の経験がないサラリーマンが安易に手をだして失敗するケースもみられます。

経営がうまくいかないことを想定して、運転資金に余裕を持たせておき、買収後しばらく利益がでなくても倒産しないようにしておくのも一つの手です。

資金の少ないサラリーマンがM&Aを行う場合は、買収する前にその会社に入社して社員としてしばらく働き、仕事内容を理解する修業期間を設けるという方法もあります。

中堅・中小企業M&Aにおすすめの仲介会社

中堅・中小企業M&Aにおすすめの仲介会社

M&A総合研究所は、中堅・中小企業のM&Aを手がける仲介会社です。500万円で買える会社など小規模案件の取り扱いもしておりますので、ぜひご相談ください。

M&Aの知識・支援実績豊富なアドバイザーが多数在籍しており、ご相談からクロージングまで丁寧にフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。

無料相談は随時受け付けておりますので、500万円以下のM&A案件をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

500万円で買える会社は全てが優良とは限りませんが、よい案件を見つけて利益を上げれば、資金の少ない個人でも低コストで経営者になることができます。

メリット・デメリットを押さえたうえで、500万円で買える会社をうまく探すことが重要です。

【500万円以下で会社をM&A・買収するメリット】

  1. 買収後にすぐ利益が出せる
  2. 資産となる
  3. 経営者となれる
【500万円以下で会社をM&A・買収するデメリット】
  1. 負債を抱える可能性がある
  2. 引き継ぎがうまく行かない可能性がある
  3. 個人で行うには手続きが難しい
【500万円以下で買える会社の見つけ方】
  1. M&A仲介会社に相談
  2. 地元の金融機関に相談
  3. 地元の士業に相談
  4. 公的機関に相談
  5. 知り合いに相談
  6. マッチングサイトで探す
【500万円以下で会社を買う際の注意点】
  1. 価格に見合っている会社かを確認する
  2. 過度な期待を持って買わない
  3. 経営がうまく行かないことも視野に入れておく

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)