2020年4月28日公開会社・事業を売る

「M&A」とは〇〇の略!読み方、「買収」の英語も紹介

M&Aという用語は聞いたことがあるけれど、何の略か知らないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、M&Aとは何の略かを解説するとともに、M&Aに関連する用語の略称、買収を意味する英語のニュアンスの違いなどを解説します。

目次
  1. 「M&A」とは〇〇の略!
  2. 「買収」の英語
  3. M&Aに関連する略語と意味
  4. M&Aにおすすめの相談先
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

「M&A」とは〇〇の略!

「M&A」とは〇〇の略!

会社経営者なら、「M&A」という用語を一度は聞いたことがあると思います。一般の方でも、ライブドアや村上ファンドによる買収報道で聞いたことがある方も多いでしょう。

しかし、このM&Aという用語が、どういう意味なのかはっきり分かっていない方も多いのではないでしょうか。

元々ビジネス用語はカタカナや英語が多く分かりにくいものですが、M&Aという単語はパッと見ても何の略なのか想像がつきにくく、ビジネス用語の中でも特に分かりにくいものの一つだといえます。

M&Aとは、一体何の略なのでしょうか。本記事では、その意味や使い方について解説していきます。

M&Aとは

M&Aとは簡単に言うと、会社を買収したり売却したりする取引のことをいいます。例えば、株式を買い取ってその経営権を取得したり、事業資産を買い取って自社のものとしたりすることなどがあります。

M&Aというと、大企業が次々といろいろな会社を買収して、規模を拡大していくというイメージが強いかもしれません。

もちろんそれもM&Aの主要な利用方法の一つですが、実際にはM&Aというのは、それ以外にも様々な活用方法があります。

M&Aの活用方法として今最も注目されているのが、中小企業の事業承継です。少子化で後を継がせる人がいない中小企業が、M&Aによって第三者に事業承継することで、培ってきた技術やノウハウを残そうとする動きが活発になっています。

このように、M&Aというのは決して大企業のものだけではなく、会社を経営している人なら誰でも活用できる手段です

【関連】M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

M&Aとは何の略?読み方は

M&Aの読み方は「エム・アンド・エー」です。それぞれのアルファベットと記号をそのまま順に読めばいいだけなので、読み方は特に難しくありません。

続いてM&Aは何の略かですが、M&Aは「Mergers & Acquisitions」を略した言葉となっています。

合併のことを英語で「Mergers」、買収のことを「Acquisitions」というので、「合併と買収」つまり「Mergers & Acquisitions」を略して、M&Aと呼ばれているわけです。

M&Aの意味

M&Aは会社を売買する取引の総称で、「合併と買収」の略ということでしたが、具体的にはどういった取引のことを指すのでしょうか。

M&Aという用語に、法律で定められたはっきりした定義はありません。しかし一般的には、株式譲渡・株式交換・株式移転・事業譲渡・会社合併・会社分割の総称として使われることが多いです。

ちなみに、会社合併と会社分割は、それぞれ合併・分割と略されることもあります。

難しいのは、資本提携・業務提携・資本業務提携・第三者割当増資・アライアンスといった、会社を買収・合併しているわけではないが、M&A的な要素がある取引を含めるかという点です。

これらを含める場合と含めない場合があり、含める場合を「広義のM&A」、含めない場合を「狭義のM&A」と言って分けることもあります。

しかし一般的には、広義のM&Aも狭義のM&Aも、単にM&Aと略して呼ぶことが多いです。

記事などでM&Aという用語が出てきた時は、それが広義のM&Aの略なのか、狭義のM&Aの略なのかを意識すると、内容の理解がより深まります。

【M&Aの手法(スキーム)】

  1. 株式譲渡
  2. 株式交換
  3. 株式移転
  4. 事業譲渡
  5. 会社合併
  6. 会社分割

【M&Aに含めることがある手法・取引】
  1. 資本提携
  2. 業務提携
  3. 資本業務提携
  4. 第三者割当増資
  5. アライアンス

「買収」の英語

「買収」の英語

M&Aという用語では、買収のことを「Acquisitions」とし、略して頭文字をとって使用しています。

しかし、英語で買収を意味する言葉は「Buyout」「Take over」など他にもあり、実際MBO(Management Buyout)やTOB(Take Over Bid)といった、M&Aに関連する用語でも略称として使われています。

なぜM&AはAcquisitionsの略なのに、MBOではBuyoutの略になるのかといった、細かいニュアンスは日本人には分かりづらいところです。

M&Aを理解するにあたって、こういった略称の細かいニュアンスを知る必要はありませんが、外資系企業で働く方なら必要になる時が来るかもしれません。

そこでこの章では、Acquisitions・Buyout・Take overといった、「買収」の英語の意味について解説していきます。

買収の英語と使い分け

Acquisitions・Buyout・Take overはどれも日本語に訳すと「買収」という意味であり、そこまで厳密に使い分ける必要はありません。

例えば、Acquisitionsと言うべき時にBuyoutと言ったとしても、ほとんどの場合ちゃんと意味は伝わるでしょう。

ただし、これらの単語には微妙なニュアンスの違いもあるので、それを理解しておくとコミュニケーションが取りやすくなります。

まずAcquisitionsですが、これは買収以外にも「取得」「獲得」といった意味があり、単に会社を手に入れるというニュアンスになります

Buyoutは「Buy」が「買う」、「out」が「広がっていく」といった意味なので、「(株式を)買い占める」というニュアンスになります

Take overは「引き継ぐ」という意味に加えて、「乗っ取る」「持っていく」といった意味もあるので、AcquisitionsやBuyoutに比べると、敵対的に会社を乗っ取るというニュアンスが若干強いと考えられます

企業買収の英語

結局企業買収のことを英語で何と言うかですが、「corporate acquisition」が最も無難な表現だと考えられます。しかし、「Buyout」や「Take over」と言っても全く間違いではありません

Take overの敵対的なニュアンスが気になる場合は、「friendly(友好的な)」という言葉を足して、「friendly take over」と表現することもできます。

M&Aに関連する略語と意味

M&Aに関連する略語と意味

M&Aに関連する言葉には様々な略語があって、これが分かりにくく初めて学ぶ人の理解を妨げる要因にもなっています。

ここで全ての略称を紹介することはできませんが、中でも特に使用頻度が高く重要だと思われる略称について、いくつかピックアップしてご紹介します。

【M&Aに関連する略語】

  1. FA(ファイナンシャル・アドバイザー)
  2. DD(デューデリジェンス)
  3. PMI(統合プロセス)

FA(ファイナンシャル・アドバイザー)

FAとは「ファイナンシャル・アドバイザー」の略で、企業がM&Aを行う際に、そのサポートを行う専門家のことを指します。

似た言葉に「FP」というものがありますが、これは「ファイナンシャル・プランナー」の略で、こちらは家計に関する資産運用やライフプランをサポートする専門家です。

FAとFPは混同しやすいですが、M&Aで必要になるのはFAの方だということを理解しておきましょう

DD(デューデリジェンス)

DDとは「デューデリジェンス(Due Diligence)」の略で、M&Aで会社を買収する時に、相手企業の内容を詳細に調査することをいいます。

デューデリジェンスは調査する内容によって、ビジネスデューデリジェンス・ファイナンシャルデューデリジェンス・リーガルデューデリジェンスなど、さらに細分化されます。

PMI(統合プロセス)

PMIは「Post Merger Integration」の略で、日本語では「統合プロセス」と呼ばれます。

PMIとは、M&Aが成約した後に、買い手側・売り手側両社のすり合わせを行い、業務が円滑に進むように統合していく作業のことです。

具体的には、従業員の給与や勤務時間といった雇用条件の調整、業務に関するシステムやルールの統一、企業理念や企業風土のすり合わせなどが含まれます。

M&Aにおすすめの相談先

M&Aにおすすめの相談先

M&Aをご検討中の方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&Aの経験豊富な公認会計士・弁護士・アドバイザーのフルサポート業界最安値水準の料金体系成約まで平均3か月というスピード希望売却価格より平均124%アップでの売却実績が強みで、親身になってクロージングまでフルサポートいたします。

関東や関西といった大都市圏だけでなく、地方企業のM&Aも多く手がけており、全国どこでも無料でお伺いします。近くに良い仲介会社が見つからない地方企業の方にも最適です。

無料相談を年中無休で受け付けていますので、M&Aをご検討中の方は、電話かメールで気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

本記事では、M&Aは何の略か解説するとともに、買収の英語表現やM&A関連用語を解説しました。

M&Aというと難しそうなイメージがありますが、何の略かを知って一つずつ理解すれば、決して難しいものではありません。

ぜひM&Aを理解して、自社の経営戦略にお役立てください。

【M&Aの手法(スキーム)】

  1. 株式譲渡
  2. 株式交換
  3. 株式移転
  4. 事業譲渡
  5. 会社合併
  6. 会社分割

【M&Aに含めることがある手法・取引】
  1. 資本提携
  2. 業務提携
  3. 資本業務提携
  4. 第三者割当増資
  5. アライアンス

【M&Aに関連する略語】
  1. FA(ファイナンシャル・アドバイザー)
  2. DD(デューデリジェンス)
  3. PMI(統合プロセス)

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)