2020年3月24日公開会社・事業を売る

M&Aは完全成功(成果)報酬の会社がオススメな理由7選!

M&Aの支援で成功報酬のみを徴収するのが、完全成功報酬/完全成果報酬を採る会社です。当記事では、完全成功報酬/完全成果報酬の採用会社への依頼をお薦めする理由を筆頭に、完全成功報酬/完全成果報酬のデメリット、選定のポイントなどをまとめています。

目次
  1. M&Aとは
  2. M&Aは完全成功(成果)報酬の会社がオススメな理由7選!
  3. 完全成功(成果)報酬型M&Aのデメリット
  4. 完全成功(成果)報酬のM&A会社を選ぶポイント
  5. おすすめの完全成功(成果)報酬のM&A仲介会社
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aとは

M&Aとは

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%89%8B-%E3%81%94%E6%8C%A8%E6%8B%B6-%E5%A5%91%E7%B4%84-%E5%B7%A6%...

M&Aとは、会社の事業・株式を売買を行う買収や、2つ以上の会社を1つにする合併などに用いられるスキームの総称です。

M&Aは、事業規模の拡大や新規分野への参入、事業承継などさまざまな目的で行われますが、どの場合でも多額の費用がかかります。この章では、M&Aにかかる一般的な費用と成功報酬の計算方法について解説します。

M&Aにかかる一般的な費用

M&Aを行う際、サポートをM&A仲介会社に依頼した場合は当然ですが費用がかかります。必要な費用の内訳はおおむね以下のとおりですが、売り手と買い手では若干異なります。

【売り手のM&A費用】

  • 着手金:無料~数百万円
  • 企業価値評価:無料~100万円程度
  • 中間金:無料~200万円程度
  • 月額報酬:無料~200万円程度
  • 成功報酬:取引額に応じて

【買い手のM&A費用】
  • 着手金:無料~数百万円
  • 中間金:無料~200万円程度
  • 月額報酬:無料~200万円程度
  • 企業価値評価:無料~100万円程度
  • 監査費用:数十万~200万円程度
  • 成功報酬:取引額に応じて

仲介会社へ支払う費用のほかにも、取引を行う当事者は所得・復興・住民税(個人)や、法人・法人事業・法人住民税(法人)などの費用、各士業へ依頼した場合はその報酬もかかるので、費用を検討する際は忘れずに含めるようにしましょう。

【関連】M&Aの費用

一般的な成功報酬の計算方法

M&A仲介会社のなかには、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用しているところも増えており、成功報酬の算出にレーマン方式を採用しているケースがほとんどです。

レーマン方式とは、取引額に応じて料率が変わる算出方法
であり、取引額が大きくなるにつれて料率が下げられます。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)で採用されるレーマン方式では、取引額の幅や料率の設定が会社によっても多少異なります。

また、成果対象(計算のベース)に売り手の総資産を用いる会社もあるので、M&A仲介を依頼する際は必ず確認しておきましょう。

【一般的なレーマン方式の料率】
 

取引額 料率
5億円以下の値 5%
5億超~10億円以下の値 4%
10億超~50億円以下の値 3%
50億超~100億円以下の値 2%
100億円を超えた値 1%

【関連】レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

M&Aは完全成功(成果)報酬の会社がオススメな理由7選!

M&Aは完全成功報酬の会社がオススメな理由

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-%E5%AD%A6%E6%A0%A1-%E9%BB%92%E6%...

M&Aのサポートを依頼先として、完全成功報酬型(完全成果報酬型)がおすすめである理由には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、完全成功報酬型(完全成果報酬型)がおすすめな理由を7つ紹介します。

【完全成功報酬型(完全成果報酬型)がおすすめな理由】

  1. 着手金などの初期費用が不要
  2. 成功(成果)が出ていないと報酬が発生しない
  3. 売却の可能性や売却額の目安を事前に説明
  4. 相談者目線で利益を最大限考える
  5. 数多い買い手企業から選定
  6. 経営者が費用のことを心配になくて良い
  7. 仲介会社により買い手が有利となる

1.着手金などの初期費用が不要

成功報酬・料率に応じた料金を徴収するため、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社では、成約完了までに発生する着手金などの費用がかかりません。

成功報酬型(全成果報酬型)を採用している会社でも、完全となっていない場合は着手金などの費用がかかるため、よく確認することが必要です。

M&Aに関する費用を抑えたいのであれば、完全成功報酬型(完全成果報酬型)の仲介会社を選ぶとよいでしょう。特に、月額報酬は成約までに毎月支払いが発生するため、費用負担も大きくなります。

2.成功(成果)が出ていないと報酬が発生しない

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社の場合、依頼者はM&Aが成立した時点で報酬を支払うので、もし成立しなかった場合は報酬の支払いはありません。

例えば、一件目の交渉がうまくいかず成立に至らなかった場合に改めて交渉先を探すとしても、費用が発生時ないため利用者にとって大きなメリットになります。

3.売却の可能性や売却額の目安を事前に説明

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社では、M&Aが成立しなければ依頼者に手数料を請求することはできません。

仲介会社が利益を出すためにはM&Aの成立が不可欠なので、売却の可能性や売却の目安を事前に説明してくれます。

仲介会社にとってはM&Aの成立できる可能性をあげることができ、依頼者にとっては取引価格が事前に把握することで計画がたてやすくなるというメリットがあります。

しかし、仲介会社の一部には自社の利益を優先するばかりは、売却する可能性が低い案件でも仲介を引き受けたり、基本合意を急かしたりするケースもあるので、しっかり見極めることも大切です。

4.相談者目線で利益を最大限考える

M&A仲介会社のなかには、着手金や中間報酬など自社の利益を優先して、依頼者の希望や利益を尊重しないところも残念ながら存在します。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社は、相談者と一体とならなければ自社も利益を得られないので、相談側の立場からM&Aを捉えて利益を最大にできるようサポートを行います。

5.数多い買い手企業から選定

完全成功報酬型(完全成果報酬型)では着手金がかからないため、買い手にとっては買収が検討しやすいメリットがあります。

売り手にとっては、より多くの買い手企業から相手先を選定することができることがメリットになります。

着手金が必要なM&A仲介会社の場合は、買い手は買収にかかる費用を考えてしまい、なかなかオファーできないケースも考えられますが、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している場合は、買い手も検討しやすくなります。

6.経営者が費用のことを心配しなくて良い

M&Aはそれ自体に大きな費用がかかりますが、着手金・中間金・月額報酬の設定がある仲介会社に依頼した場合、成功報酬以外の費用も考えておかなければなりません。

経営をしながらこれらの費用を支払うことは、経営者にとっては大きな負担ともなりますが、完全成功報酬型(完全成果報酬型)の場合は、成約するまで費用の支払いが発生しません。

費用の心配をせずに相談・サポートが受けられるのは、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を選ぶ大きなメリットです。

7.仲介会社により買い手が有利となる

着手金が必要なM&A仲介会社の場合、買い手企業は相手先を買収するか否かにかかわらず、まず費用を支払わなくてはなりません。

もし、交渉相手が希望条件に見合わなかった場合、着手金などの費用分だけ損をしてしまうことにもなります。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)の仲介会社であれば、成約して初めて報酬を支払うので、じっくりと腰を据えて買収する相手を選ぶことができます。

完全成功(成果)報酬型M&Aのデメリット

完全成功(成果)報酬型M&Aのデメリット

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9-%E5%89%8A%E9%99%A4-%E3%82%AD%E3%83%A3%...

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社にはメリットだけでなく、当然デメリットも存在します。そのため、サポートを依頼する際はメリットだけでなく、デメリットも把握しておくことが大切です。

【完全成功(成果)報酬型M&Aのデメリット】

  1. 着手金がない分、様々な業務が遅れがち
  2. 成功(成果)報酬を高く設定している場合がある
  3. 売り手に不利な条件で交渉が進む可能性がある

1.着手金がない分、様々な業務が遅れがち

着手金が設定されている仲介会社の場合、M&Aに取り掛かるための費用を受け取ったことになるので、候補企業の選定などにすぐ取り掛かります。

しかし、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社の場合は、成約まで依頼者からの支払いはないため、成約の見込みが高い案件を優先するケースもみられます。

そのような会社がすべてではありませんが、は着手金がない分、可能性が低いとされる案件さまざまな業務が遅れがちになるというデメリットもあります

2.成功(成果)報酬を高く設定している場合がある

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社は、担当するM&Aが成立するまで報酬を得ることができません。

成約が長引けば報酬を得るまでの期間は長くなり、対応できる案件数も減ってしまいます。そのため、成約(成果)報酬を高く設定している仲介会社もあります。

成約までの期間を考えると理解できないことではありませんが、依頼する前は成果(成果)報酬の設定についてもしっかり確認するようにしましょう。

3.売り手に不利な条件で交渉が進む可能性がある

M&Aでは、売り手が何度も売却を繰り返すケースより、買い手が買収を繰り返すケースのほうが多いのが現実です。

つまり、買い手企業は完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社にとって、リピーターとなる可能性もあります。

そのため、仲介会社のなかには買い手の条件を優遇する例がみられます。また、売り手側は不釣り合いな条件でも、労力をかけて最終契約までこぎつけたのだからと、提示された条件を受け入れてしまう例も見られます。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社の場合、売り手に不利な条件で交渉が進む可能性があるのはデメリットといえます。

完全成功(成果)報酬のM&A会社を選ぶポイント

完全成功報酬のM&A会社を選ぶポイント

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3...

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社を選ぶ際は、以下のポイント点を重視するとよいでしょう。

【完全成功(成果)報酬のM&A会社を選ぶポイント】

  1. 自社と同じ規模のM&A実績がある
  2. M&Aの知識・経験が豊富にある
  3. 報酬体系が明確になっている
  4. 担当者との相性がよい

1.自社と同じ規模のM&A実績がある

M&A仲介会社によって、主に取り扱う案件規模は異なり、大手企業のM&Aを中心とする会社もあれば、中小企業を専門に取り扱う会社もあります。

M&Aを行う際はまず交渉先を探さなくてはなりませんが、自社の規模とM&A仲介会社の取り扱う案件規模が大きく違えば、希望条件に合った相手先を探すのは難しくなります。

まずは、依頼を検討しているM&A仲介会社が自社と同規模のM&A実績を持っているかを確認しておきましょう。同規模の案件が多ければ、自社に合った相手先がみつかる可能性も高くなります。

2.M&Aの知識・経験が豊富にある

企業価値の評価・事業計画書の作成・取引価格の計算・交渉先の探索と引き合わせ・交渉の代行とアドバイス・成約手続きの代行など、M&Aでは多くの業務をこなす必要があり、専門知識も不可欠です。

M&Aの知識・経験が豊富にある仲介会社であれば、よりよい交渉先探しや交渉・想定されるリスクの軽減など、最適なサポートを受けることが可能です。

そのため、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社を選ぶ際は、M&Aに欠かせない知識と経験を備えていること確認しておきましょう。

M&A実績は、公式HPに掲載されていることもあるので、まずチェックしてみることをおすすめします。

3.報酬体系が明確になっている

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社を選ぶ際は、報酬体系が明確になっているかどうかも必ず確認しておきましょう。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)だと思っていても、もし料金体系が違っていれば予定していた以上の費用を支払わなければなりません。

ほとんどの仲介会社は公式HPに料金体系を載せていますが、なかには報酬の詳細に関する記載がない会社もあります。

依頼をする前はまず報酬体系を公式HPなどで確認し、記載がない場合や不明点がある場合は、直接問い合わせて詳細をしっかり把握しておくことが大切です。

4.担当者との相性がよい

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社を選ぶ際は、担当者との相性も確認しておきましょう。

M&Aを行う際は自社の内部に関することだけでなく、経営者自身の考えや将来のことも担当者と話す機会が多いです。

もし、担当者を信用できなかったり相性がよくなかったりすれば、満足のいくM&Aを行うことは難しくなります。

無料相談などを利用して担当者との相性を確かめるようにし、相性次第では担当者の交代や依頼先そのものの変更も視野に入れましょう。

【関連】M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

おすすめの完全成功(成果)報酬のM&A仲介会社

おすすめの完全成功報酬のM&A仲介会社

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3-%E...

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社をお探しの際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所は、主に中堅・中小規模のM&Aを取り扱う完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社です。

案件ごとに、実績を積んだM&Aアドバイザー・弁護士・会計士が就き、成約までのフルサポートを行っています。

数多くの買い手企業データ(30〜数百社)を保有しているため、希望条件に合った相手先をスムーズに探すことが可能です。

また、M&Aのクロージングまでは平均3か月という圧倒的なスピードと、希望価格より高い取引額を実現しています。

完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社をお探しの方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。無料相談は24時間年中無休でお受けしております。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%91%E7%B4%84%E3%81%AE%E7%B7%A0%E7%B5%90-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3...

今回は、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社をについて、おすすめする理由や相談するメリット・デメリット、仲介会社を選ぶ際のポイントなどを解説しました。

初期費用を抑えて希望に合ったM&Aを実現したい場合は、完全成功報酬型(完全成果報酬型)を採用している仲介会社を選ぶことをおすすめします。

【M&Aは完全成功(成果)報酬の会社がおすすめな理由】

  1. 着手金などの初期費用が不要
  2. 成功(成果)が出ていないと報酬が発生しない
  3. 売却の可能性や売却額の目安を事前に説明
  4. 相談者目線で利益を最大限考える
  5. 数多い買い手企業から選定
  6. 経営者が費用のことを心配になくて良い
  7. 仲介会社により買い手が有利となる

【完全成功(成果)報酬のM&Aのデメリット】
  1. 着手金がない分、様々な業務が遅れがち
  2. 成功(成果)報酬を高く設定している場合がある
  3. 売り手に不利な条件で交渉が進む可能性がある

【完全成功(成果)報酬のM&A会社を選ぶポイント】
  1. 自社と同じ規模のM&A実績がある
  2. M&Aの知識・経験が豊富にある
  3. 報酬体系が明確になっている
  4. 担当者との相性がよい

中堅・中規模会社のM&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は完全成功(成果)報酬を採用しているM&A会社です。

専門家3名による丁寧なフルサポートを行い、希望のM&Aが実現できるようしっかり支援させていただきます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)