M&A

M&A

「Mergers(合併)」and 「Acquisitions(買収)」の略で、直訳すると「合併と買収」という意味です。売り手は、事業承継や資金調達、コア事業への集中、自社の生き残りを目的としてM&Aを戦略的に実行します。一方で、買い手は事業規模を広げる目的や新規事業の実施を目的として、M&Aを戦略的に実施するのが一般的です。

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査はデューデリジェンスとも呼ばれ、M&Aを実施するときに買収先企業の資産・負債などを詳細に調査する行為です。買収監査には多くの費用や時間が必要となるほか、念入りに実施しないと簿外債務などを...

中小企業M&A
事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業譲渡とは、会社の一部または全部を売買するM&A手法です。事業譲渡には簿外債務を引き継がないなどのメリットがあり、他のM&A手法とは異なる特徴があります。この記事では、事情譲渡とはどのような手...

M&A事業譲渡
株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

株式譲渡とは、株式を譲渡することによって経営権を売買する手法です。他のM&A手法と比べて、中小企業のM&Aで多く活用されています。株式譲渡は売り手側にメリットが大きい手法でもあります。

M&A株式譲渡事業譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)