相続

相続

相続とは、他人の財産に関する権利や義務を、死後に第三者に対して承継する行為です。 事業承継においては、経営者が亡くなった後に、後継者に対して会社を引き継ぐ行為を「相続による事業承継」と呼びます。 相続によって事業承継した場合、引き継いだ資産に対して相続税が課税されます。 そのため、事業承継税制の活用や生前贈与の活用等により、節税対策を図るのが重要です。 ちなみに、経営者が生きている間に会社を引き継ぐ行為は、「贈与による事業承継」と呼びます。

関連記事

法人の正しい節税対策をわかりやすく解説【中小企業必見】

法人の正しい節税対策をわかりやすく解説【中小企業必見】

会社を運営する上で税金の支払いは避けられません。どの経営者も対策を立てて節税を図っています。しかし最大限の節税効果を得るためには、多種多様な方法の中から最適なものを探し出す必要があります。今回は...

経営承継を円滑に実現するには

経営承継を円滑に実現するには

経営承継は、経営者の引退と同時にすぐ実行できるものではありません。円滑な経営承継を実現するには、事前に長期に渡って様々な準備をしておく必要があります。本記事では、経営承継を円滑に実現するためのポ...

株式の相続にかかる相続税はいくら?計算方法と税率、節税対策を解説

株式の相続にかかる相続税はいくら?計算方法と税率、節税対策を解説

株式の相続は一般的な相続と違い、時間と手間がかかる手続きを要し、相続税計算方法にはさまざまな手法があり、株式の種類や経営権の移転可否によって用いる手法が異なります。今回は、株式相続に伴う相続税に...

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値はM&Aでの会社売買の際、売買価額を決定づける基となるものです。本記事では、株式価値と企業価値・事業価値との意味の違い、株式価値の計算方法3体系(コストアプローチ、インカムアプロ...

株式相続の注意点と方法は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続の注意点と方法は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続では、株価の変動や会社経営に影響を与える可能性があることに注意が必要です。また、中小企業に多く見られる非上場株式の相続は、上場株式と比べて手続きが煩雑になります。本記事では株式相続の流れ...

株式譲渡承認請求書とは?記載例・押印、必要性、手続きの流れを解説

株式譲渡承認請求書とは?記載例・押印、必要性、手続きの流れを解説

株式譲渡承認請求書とは、株式を発行している会社に株式譲渡を認めてもらう目的で作成する書類のことです。作成する際は、押さえておくべきポイントがあります。本記事では、株式譲渡承認請求書について、記載...

親族経営の会社とは?メリット・デメリットを解説

親族経営の会社とは?メリット・デメリットを解説

親族経営の会社には、経営権を奪われるリスクの軽減や後継者確保の面で有利なメリットなどがある一方で、公私混同が起きやすいなど深刻なデメリットも存在します。役職に私情が含まれたり相談できる場所がなか...

法人税対策に役立つテクニックを徹底解説!

法人税対策に役立つテクニックを徹底解説!

法人税対策を実施する際は特に「実施するタイミングと期間」「出費の有無」の2点を確認することが肝要です。本記事では、法人税対策としてさまざまな方法を紹介するとともにポイントや追徴課税なども解説しま...

持株会社を用いた節税|メリット・デメリット、節税できる理由を解説

持株会社を用いた節税|メリット・デメリット、節税できる理由を解説

持株会社を活用することで、相続税を節税できます。しかし、近年は節税を目的とした持株会社設立が認められないケースが増加しています。場合によっては節税分より多くの費用が必要なケースもあります。節税目...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)