譲渡制限株式

譲渡制限株式

譲渡制限株式とは、会社側が承認しないと第三者に譲渡できない株式を指します。 株式譲渡に制限がかかっていない場合、自由に株式を売買できます。 しかし制限がかかっている場合には、取締役会や株主総会による承認の手続きを経る必要があります。 株式譲渡に制限をかけることで、好ましくない第三者に自社の株式が譲渡されるリスクを無くせるメリットがあります。 また、事業承継や相続を円滑に実施できるメリットもあります。 ちなみに株式に譲渡制限をかける為には、特別決議以上に条件が厳しい特殊決議が必要となります。

関連記事

株式相続の注意点と方法は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続の注意点と方法は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続では、株価の変動や会社経営に影響を与える可能性があることに注意が必要です。また、中小企業に多く見られる非上場株式の相続は、上場株式と比べて手続きが煩雑になります。本記事では株式相続の流れ...

株式譲渡承認請求書とは?記載例・押印、必要性、手続きの流れを解説

株式譲渡承認請求書とは?記載例・押印、必要性、手続きの流れを解説

株式譲渡承認請求書とは、株式を発行している会社に株式譲渡を認めてもらう目的で作成する書類のことです。作成する際は、押さえておくべきポイントがあります。本記事では、株式譲渡承認請求書について、記載...

株式交換の手続きは?かかる期間、スケジュールも解説

株式交換の手続きは?かかる期間、スケジュールも解説

株式交換の手続きでは、株式交換の契約や情報開示、株主総会などがあり、ケースによっては債権者保護手続きなども必要です。本記事では、株式交換の手続きについて解説するとともに、手続きにかかる期間・スケ...

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは、他の種類株の基準となる株式のことです。普通株を所持していると、配当金の受け取り、残余財産の分配、議決権の獲得などの基本的な権利を行使できます。普通株の所持割合が高いほど、経営の内部に...

株式譲渡契約書の作成方法!サンプルや記載事項、印紙の注意点について徹底解説

株式譲渡契約書の作成方法!サンプルや記載事項、印紙の注意点について徹底解説

株式譲渡契約書とは、株式譲渡におけるさまざまな事柄に関して定めた文書で、株主の氏名や会社情報、譲渡価額、対価の支払い方法などが記載内容です。本記事では、株式譲渡契約書の作成方法や記載事項、印紙の...

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議では、株主総会の中でも、比較的に重要な事項を決定します。例えば、会社の基盤要素の変更、新株発行、株主の地位変更、株主の損得事項、経営陣の変更などが該当します。この記事では、特別決議とはど...

第三者割当増資の手続きとは?メリット、契約書や取締役会についても解説

第三者割当増資の手続きとは?メリット、契約書や取締役会についても解説

第三者割当増資とは、第三者に新株を割り当てて発行する行為をさします。会社が新たに資本金を得るための手段の1つですが、株主募集の条件決定から登記申請までさまざまな手続きが必要です。今回は、第三者割...

株式取得とは?手続き方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは?手続き方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは、売り手企業の株式を取得し、M&Aを実施する手法です。株式取得には、株式譲渡・新株引受・株式交換などの手法があります。本記事では、株式取得の手続き方法、メリット・デメリット、...

株式譲渡の制限

株式譲渡の制限

株式譲渡の制限によって経営権を守れるなどのメリットがある一方で、相続クーデターが生じるリスクもあります。今回は株式譲渡における制限の方法や注意すべきポイントなどについて説明します。株式譲渡を検討...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)