2020年1月13日更新会社・事業を売る

M&Aブティックとは?意味や業務、ランキングを紹介

M&Aの専門家であるM&Aブティックは、効率的にM&Aを遂行するうえで欠かせない存在であり、一般的には、M&A実施前よりその準備も含めて雇用主をサポートします。M&Aブティックの業務内容やM&Aブティックの年収・報酬、M&Aブティック一覧・ランキングを解説します。

目次
  1. M&Aブティックとは?M&Aブティックの意味
  2. M&Aブティックの業務内容
  3. M&Aブティックの年収・報酬
  4. M&Aブティック一覧
  5. M&Aブティックのランキング
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aブティックとは?M&Aブティックの意味

ビジネスにおいて「ブティック」といのは、なにかしらの専門分野に特化したアドバイザリーや、専門家集団として主に大手や外資系の会社を総合的にサポートするコンサルティングファームをさします。

つまり「M&Aブティック」というのは、M&Aに特化した専門家やM&Aを専門にしている集団という意味であり、M&Aアドバイザリーと同じ意味です。M&Aブティックは、基本的に売り手・買い手のいずれかの立場でM&A業務を行いますが、日本では仲介としてM&Aを支援するブティックも存在します。

 

M&Aには高度な専門知識が必要

M&Aでは会計や法務等の分野だけでなく、M&Aの手法や手続きについて非常に高度な専門知識が必要となります。そのため、よほどM&Aに慣れている経営者でない限り、M&Aを独力で遂行することは困難です。

したがって、M&Aを行う際には専門家であるM&Aブティックを活用することが一般的であり、大規模なM&Aであるほど専門性や複雑性が高まるので、名の知れた企業同士のM&Aには、必ずといっていいほどM&Aブティックが関与しています。

M&A総合研究所も、M&Aブティックであり、豊富な知識と経験を持つ会計士やアドバイザーが多数在籍しております。これまで培ったノウハウを活かしてM&Aをフルサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

なお、そもそもM&Aとはどのようなものなのかが知りたい人は、関連記事をご覧ください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

M&Aブティックの業務内容

M&Aブティックの意味を紹介したところで、今度はM&Aブティックでは実際にどのような業務を行っているのかについて解説していきます。

(1)M&Aの相手探しや交渉

M&Aブティックの中には、M&Aの相手探しや交渉等の仲介業務を遂行するところも存在します。単に相手を捜すだけでなく、実際にM&Aが行われた場合のシナジー効果や業界の成長性などを考慮して、最大限の利益を得られる相手を選定します。

M&A候補が見つかったら、今度は交渉のプロセスに入りますが、当事者となる会社の経営者のみでは交渉が平行線をたどり、スムーズに交渉ができない可能性もあります。仲介形式のM&Aブティックは、双方の満足度が最大限となるように、交渉を公平な第三者の立場から進めます。

一方で、アドバイザリー形式のM&Aブティックは、自身がついている会社の利益を最大限にするために、交渉を有利に進める役割を担いますが、最終的にはM&Aが成約となるように譲歩などのアドバイスをおこなったりもします。

このように、M&Aをうまく進めるためには、高いコミュニケーションスキルや交渉スキルが求められます。ただ、最近はM&A仲介サイトを運営しているM&Aブティックも多く、ユーザーが自分で買い手や売り手を探せるようになっているものが増えています。

M&A総合研究所でも、買収ニーズを登録しておくだけで条件に合った売却案件のマッチングを行っており、このようなマッチングサービスを活用することで、より良いM&Aとなる可能性が高くなります。

>>買収ニーズ登録はこちら

(2)バリュエーション

バリュエーションとは、M&Aの売買価格を決定する業務です。M&Aのバリュエーションには、「コストアプローチ」や「マーケットアプローチ」といった方法があり、M&Aで最大限の利益を獲得するためには、状況などに応じて最適なバリュエーション方法を用いる必要があります。

このバリュエーションの業務こそ、ハイレベルな会計や財務の能力が必要であり、M&Aブティックの専門的で適切なサポートを受けることが望ましいです。

(3)デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、M&A候補先の企業に関して、さまざまな観点から調査するプロセスです。M&Aにおける買い手企業には、簿外債務などさまざまなリスクがあり、そのリスクがM&A後に顕在化するケースもあります。この場合、買い手側の利益が損なわれることになります。

M&Aに介在するリスクを発見・対処するために、デューデリジェンスはM&Aブティックが行う重要な業務であり、その実務には財務やIT、税務、法務などさまざま領域があり、それぞれ必要な知識やスキルが異なります。

M&Aブティックのサポート受けていればM&A後のリスクを最小限にすることができるため、一般的なM&Aではブティックが活用されるのも、これが1つの理由といえます。

(4)契約書作成

M&Aのプロセスでは、秘密保持のための「秘密保持契約書」や、基本的な内容で合意できた時点で締結する「基本合意契約書」など、さまざまな契約書や書類を作成する必要があり、作成には法律に関する専門知識が必要です。

また、適切な内容となっているかというのもチェックしなければなりませんが、M&Aブティックのサポートを受けていればM&Aに必要な書類も作成してくれますので、書類の準備で心配する必要がありません。

簡単ではありましたが、以上がM&Aブティックが行う主な業務内容であり、もしもこれらのことを独力でやろうとしても、スムーズに行える可能性は低いです。

大手企業でM&A専門の部署に属しているならまだしも、中小企業の経営者として通常の仕事もしている人であれば、なおさらM&Aブティックのサポートを受けてM&Aを実施するほうが現実的だといえます。

※関連記事

バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点

デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

M&Aブティックの年収・報酬

非常に高度な知識が必要となるM&Aブティックですが、年収や報酬はどの程度なのでしょうか?有価証券報告書を提出しているM&Aブティックを見てみると、平均年収は約1,200万円程度となります。業務に必要な知識が高度なだけあって、他の業種よりも遥かに高い年収です。

その中でも、外資系やM&A仲介会社のアドバイザーは平均年収が特に高い傾向にあります。給与体系にもよりますが、2,000万円〜3,000万円もの年収を稼ぐことも可能で。また、会社としての報酬では、売買価格に対する一定割合や着手金など、1回のM&Aで多額の報酬を得ることもできます。

必要とされる知識やスキルの高さ、相手探しや売買価格の決定などの業務の大変さを考慮すると、M&Aブティックの年収や報酬には納得できます。

M&Aブティック一覧

単に「M&Aブティック」といっても、下記のようにさまざまなところがあります。

  • 外資系投資銀行
  • 経営コンサルティングファーム
  • M&A仲介会社
  • 証券会社
  • メガバンク

ここでは、それぞれについての特徴や主なM&Aブティックを紹介していきますので、M&Aを行う際にどこがいいのかわからないという方は、まずどのようなところにM&Aブティックがあるかを知ることで、意外と身近にあることに気がつくはずです。

(1)外資系投資銀行

資産運用を主な業務とする外資系投資銀行の中には、M&Aブティックの業務を行うところもあります。M&Aブティックとしての外資系投資銀行は、大規模なクロスボーダー案件をメインに取り扱います。主なM&Aブティックとしては、下記の外資系投資銀行があります。

  • ゴールドマン・サックス
  • ラザード
  • モルガン・スタンレー

(2)経営コンサルティングファーム

M&Aブティックの業務を行う経営コンサルティングファームは、デューデリジェンスなどの専門的な業務を強みとしています。主なM&Aブティックとしては、下記の経営コンサルティングファームがあります。

  • デロイトトーマツ
  • PwCアドバイザリー
  • アクセンチュア

(3)M&A仲介会社

本来M&Aブティックは、売り手か買い手の片方に付きますが、仲介の立場としてサポートするM&A仲介会社もあります。M&A仲介会社のブティックとしての特徴は、主に中小企業の案件を積極的に取り扱う点です。主なM&Aブティックとしては、下記のような仲介会社があります。

  • 日本M&Aセンター
  • ストライク
  • M&Aキャピタルパートナーズ

これら以外にもおすすめのM&A仲介会社として、M&A総合研究所があります。M&A総合研究所には会計士が在籍しており、豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。ご相談は無料であり、完全成功報酬制となっておりますので、M&Aをご検討される際には気軽にご相談ください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

 

(4)証券会社

一部の証券会社では、M&Aブティックとしての部署を設置しており、案件の規模よりも取り扱う案件数を重視し、非常に成約件数が多いことが特徴です。主なM&Aブティックとしては、下記の証券会社があります。

  • 野村證券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券

(5)メガバンク

経営資源が豊富なメガバンクでは、M&Aブティックとしての業務も取り扱います。M&A仲介会社や証券会社とは異なり、比較的規模の大きいM&A案件を担う傾向があります。主なM&Aブティックとしては、下記のメガバンクがあります。

  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ

M&Aブティックのランキング

ここで「リフィニティブ(旧トムソン・ロイター)」が発表している、M&Aブティックのランキング(2019年度第1四半期)をご紹介します。

  1. 三井住友フィナンシャル・グループ(案件数:60件、ランクバリュー:1,466億円)
  2. かえでグループ(案件数31件、ランクバリュー:1億円)
  3. みずほフィナンシャルグループ(案件数30件、ランクバリュー:1,305億円)
  4. 大和証券グループ(案件数21件、ランクバリュー:557億円)
  5. 野村證券(案件数:17件、ランクバリュー:2,455億円)

このようになっており、案件数では三井住友フィナンシャルグループが頭一つ抜け出しています。ランクバリューでいうと、6位にランクインしている三菱UFJモルガン・スタンレーが6,897億円でトップとなっています。

なお、ランクバリューとは、株式価値と負債を合計し、そこから現金を差し引いた金額のことをいいます。

※関連記事

M&Aアドバイザーのランキング【必見】

まとめ

今回は、M&Aブティックについて解説しました。M&Aの専門家であるM&Aブティックは、効率的にM&Aを遂行するうえで欠かせない存在であり、M&Aを行う際にはサポートを受けるのが一般的ですので、M&Aをご検討中の方はM&Aブティックに相談することをおすすめします。

最後に、この記事の要点をまとめました。

  • M&Aブティックとは:M&A業務を行う専門家・専門家集団
  • M&Aブティックの業務:M&Aの相手探しや交渉、バリュエーション、デューデリジェンス、契約書作成
  • M&Aブティックの年収:平均1,200万円であり、外資系やM&A仲介会社は高い傾向にある

【M&Aブティックの一覧】

外資系投資銀行 ゴールドマン・サックス、ラザード、モルガン・スタンレー
経営コンサルティングファーム デロイトトーマツ、PwCアドバイザリー、アクセンチュア
M&A仲介会社 M&A総合研究所、日本M&Aセンター、ストライク、M&Aキャピタルパートナーズ
証券会社 野村證券、大和証券、SMBC日興証券
メガバンク みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャルグループ

【M&Aブティックランキング(2019年度第1四半期)】

1位 三井住友フィナンシャル・グループ
2位 かえでグループ
3位 みずほフィナンシャルグループ
4位 大和証券グループ
5位 野村證券

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)