2022年9月8日更新会社・事業を売る

M&Aブティックとは?意味や業務、ランキングを紹介

M&Aの専門家であるM&Aブティックは、効率的なM&Aの実施に必要不可欠で、一般的にM&A実施前の準備も含めて依頼主を支援する存在です。今回は、M&Aブティックの業務内容や年収・報酬、会社一覧などを解説します。

目次
  1. M&Aブティックとは?M&Aブティックの意味
  2. M&Aブティックを活用するメリット
  3. M&Aブティックを活用する際の注意点
  4. M&Aブティックの業務内容
  5. M&Aブティックの年収・報酬
  6. M&Aブティック一覧
  7. M&Aブティックのランキング
  8. M&Aブティックまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aブティックとは?M&Aブティックの意味

ビジネスシーンにおける「ブティック」とは、何らかの専門分野に特化したアドバイザリーや専門家集団を指します。つまり、M&Aブティックとは、M&Aのサポートを専門に手掛ける機関(集団)という意味です。

M&Aブティックに該当する機関としては、M&Aアドバイザリー会社、M&A仲介会社、コンサルティングファームなどがあり、銀行や証券会社なども含まれます。

M&Aには高度な専門知識が必要

M&Aを進める際は、会計・税務・法務だけでなく、M&A手法や手続きに関する非常に高度な専門知識も必要です。そのため、すでにM&Aに慣れている経営者でないと、M&Aを独力で遂行することは困難です。

M&Aを行う際は、専門家であるM&Aブティックの活用が一般的とされています。大規模なM&Aであるほど専門性や複雑性が高まるため、例えば有名企業同士のM&AではほとんどのケースでM&Aブティックが関与しています。

M&Aブティックの活用をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ってきたノウハウを生かしてM&Aをフルサポートいたします

着料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。 相談料は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&AサポートにおけるM&A仲介業者の役割や売却事例/買収事例をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

M&Aブティックを活用するメリット

M&Aのプロセスは多く、進めていくためには時間と手間が必要です。経営者からすると、本業を行いながらM&Aのプロセスを進行させていくことは非常に困難であるうえに、M&Aの成功確率を低下させる要因にもなりかねません。

M&Aブティックを活用することで、M&Aの相手先選びや買収候補となる企業価値評価、デューデリジェンスといった重要なプロセスを専門家に依頼できます。効率的にM&Aを進行させられるうえに、M&Aの成功確率の向上にもつながります。

また、M&Aを進めるうえでトラブルに見舞われるケースも少なからずありますが、M&Aブティックを活用することで、さまざまな経験・知識を備えた専門家から、最適な改善策を提案してもらえます。

M&Aブティックを活用する際の注意点

M&Aブティックを活用することでさまざまなメリットが得られる一方で、デメリットが発生するおそれもあることから理解しておくことが大切です。代表底な注意点の1つに、「必ずしもM&Aを成功させられるとは限らない」点が挙げられます。

M&Aブティックを活用する際に支払う報酬は非常に高額となるのが一般的ですが、たとえ依頼したからといって必ずしもM&Aが成功するとは限りません。仮に結果が伴わなかった場合でも、M&Aブティックに責任を求められない点は把握しておきましょう。

M&Aブティックの業務内容

M&Aブティックの定義を踏まえて、本章ではM&Aブティックが実際にどのような業務を手掛けているのか、以下の内容に分けて取り上げます。

  1. M&Aの相手探しや交渉
  2. バリュエーション
  3. デューデリジェンス
  4. 契約書作成

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①M&Aの相手探しや交渉

M&Aブティックの中には、M&Aの相手探しや交渉などの仲介業務を遂行する機関も多いです。こうした機関に依頼すると、単純に相手を捜すだけでなく、実際にM&Aが行われた場合のシナジー効果・業界の成長性などを考慮したうえで、最大限の利益を得られる相手を選定してもらえます。

M&A候補が見つかると交渉プロセスに移りますが、当事者となる会社経営者のみでは交渉が平行線をたどってしまい、スムーズに交渉できないおそれがあります。そこで、仲介形式のM&Aブティックに依頼すれば、双方の満足度が最大限となるように第三者の公平な立場から交渉を進めてくれます

その一方で、アドバイザリー形式のM&Aブティックでは、自身の顧客である会社の利益を最大化するために交渉を有利に進める役割を担いますが、場合によってはM&Aの成約に向けて譲歩などのアドバイスを行うケースもあります。

M&Aを円滑に進めるためには高いコミュニケーションスキル・交渉スキルが必要ですが、最近ではM&A仲介サイトを運営するM&Aブティックも多く、ユーザーが自身により買い手や売り手を探せる仕組みが構築されています。

②バリュエーション

バリュエーションとは、M&Aの売買価格を決定する業務のことです。M&Aにおけるバリュエーションには「コストアプローチ」や「マーケットアプローチ」などの方法がありますが、M&Aで最大限の利益を獲得するためには状況に応じて最適なバリュエーション方法を用いる必要があります。

このバリュエーション業務では会計・財務に関する高度な能力が求められるため、M&Aブティックの専門的かつ適切なサポートを受けると良いでしょう。

【関連】バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点| M&A・事業承継の理解を深める

③デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、M&Aにおける売り手企業に対して、さまざまな観点から調査するプロセスのことです。M&Aにおける買い手企業は簿外債務・偶発債務などのリスクにさらされており、このリスクがM&A後に顕在化すると買い手側の利益が損なわれてしまいます。

デューデリジェンスはM&Aに介在するリスクの発見・対処を目的とする調査であり、M&Aブティックが行う重要な業務です。調査領域は財務・IT・税務・法務などで、それぞれ必要な知識・能力は異なります。

M&Aブティックのサポートを受けているとM&A後のリスクを最小限に抑えられるため、これを理由にM&Aブティックを利用する企業も多いです。

【関連】M&Aのデューデリジェンスとは?目的や注意点、費用、種類、進め方を解説| M&A・事業承継の理解を深める

④契約書作成

M&Aのプロセスでは、秘密保持のための「秘密保持契約書」や基本的内容を合意した時点で締結する「基本合意契約書」などさまざまな契約書や書類を作成します。この契約書を作成するためには、法律に関する専門知識が必要です。

作成後には適切な内容であるかチェックする必要もありますが、M&Aブティックのサポートを受けていればM&Aに関する書類を作成してもらえるため、書類の準備に関する心配は不要です。

経営者が独力でM&Aを実施しようとしてもスムーズに行える可能性は低いため、M&Aブティックのサポートを受けて進めていくことが望ましいです。

【関連】M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、ひな形・フォームもわかりやすく紹介| M&A・事業承継の理解を深める

M&Aブティックの年収・報酬

M&Aの成功を目指すためにM&Aブティックには非常に高度な知識が求められますが、本章ではM&Aブティックの年収や報酬に関する情報を取り上げます。2022年に東洋経済新報社が作成したデータによると、平均年収が1,000万円以上のM&Aブティックが複数社存在していることがわかりました。

業務に必要な知識が非常に高度であるため、平均年収は他業種よりも高い傾向にあります。その中でも、外資系やM&A仲介会社に在籍するアドバイザーは平均年収が特に高いです。給与体系にもよりますが、2,000万円〜3,000万円ほどの年収を稼ぐアドバイザーも存在します。

そもそもM&Aブティックは成功報酬や着手金など、1つのM&A案件で多額の報酬を獲得するケースが多いです。必要とされる専門知識やスキルの高さ・相手探しや売買価格決定といった業務の専門性の高さなどを考慮すると、M&Aブティックの年収・報酬の高さには納得できます。

参考:東洋経済新報社 平均年収「全国トップ500社」最新ランキング

【関連】M&A仲介会社の年収とは?業務や激務の内情を解説| M&A・事業承継の理解を深める

M&Aブティック一覧

ひとことにM&Aブティックといっても、下記のようにさまざまな種類に分けられます。

  1. 外資系投資銀行
  2. 経営コンサルティングファーム
  3. M&A仲介会社
  4. 証券会社
  5. メガバンク

本章では、それぞれの特徴や主なM&Aブティックを紹介します。「M&Aを行う際にどこに依頼したら良いのかわからない」とお悩みの経営者の方は、本章を読んでまずはM&Aブティックの種類を把握しておきましょう。

①外資系投資銀行

資産運用を主な業務とする外資系投資銀行の中には、M&Aブティックの業務を行う機関も見られます。主なM&Aブティックは、以下の外資系投資銀行です。

  • ゴールドマン・サックス
  • ラザード
  • モルガン・スタンレー

M&Aブティックとしての外資系投資銀行では、主に大規模なクロスボーダー案件を取り扱っています。

②経営コンサルティングファーム

経営コンサルティングファームの中でも、以下の機関はM&Aブティックとしても知られています。

  • デロイトトーマツ
  • PwCアドバイザリー
  • アクセンチュア

M&Aブティックの業務を行う経営コンサルティングファームでは、デューデリジェンスなどの専門的な業務のクオリティに強みがあります。

③M&A仲介会社

もともとM&Aブティックは売り手・買い手のいずれかに付きますが、仲介役としてサポートするM&A仲介会社もM&Aブティックと呼ばれます。その中でも、M&A総合研究所は、主に中小・中堅規模のM&Aを取り扱う仲介会社です。豊富な知識と経験を持つアドバイザーによる専任フルサポートを行っています。

また、M&Aは1年程度の期間を要することが多いですが、M&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しており、最短3カ月での成約実績を有しております。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

④証券会社

証券会社の中には、M&Aブティックとしての部署を設置している機関も存在します。主なM&Aブティックは、以下の証券会社です。

  • 野村證券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券

証券会社では案件規模よりも取り扱う案件数を重視しており、成約件数が非常に多い点に特徴があります。

⑤メガバンク

経営資源が豊富なメガバンクでは、M&Aブティックとしての業務も取り扱っています。主なM&Aブティックは、下記のメガバンクです。

  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ

メガバンクでは、M&A仲介会社や証券会社などとは異なり、比較的規模の大きいM&A案件を担う傾向があります。

【関連】【2020年最新】会社売却の仲介会社一覧!手数料やサービス内容を徹底比較

M&Aブティックのランキング

最後に、「リフィニティブ(旧トムソン・ロイター)」が発表する「M&Aリーグテーブル(日本M&Aレビュー ファイナンシャル・アドバイザー 2021年上半期)」より、国内案件におけるM&Aブティックのランキング(ランクバリューベース)を以下にまとめました。

順位 M&Aブティック ランクバリュー(億円)
1 三菱UFJモルガン・スタンレー 9,584
2 野村 9,420
3 三井住友フィナンシャルグループ 6,317
4 BofAセキュリティーズ 6,280
5 ゴールドマン・サックス 5,930

(出典:リフィニティブ-「M&Aリーグテーブル(日本M&Aレビュー ファイナンシャル・アドバイザー 2021年上半期)」)

ランクバリューとは、株式価値と負債を合計したうえで現金(キャッシュ)を差し引いた金額をさします。

【関連】M&Aアドバイザーのランキング【必見】

M&Aブティックまとめ

今回は、M&Aブティックの概要を解説しました。M&Aの専門家であるM&Aブティックは、効率的にM&Aを遂行するうえで欠かせない存在です。

M&Aを行う際はM&Aブティックからサポートを受けるのが一般的であるため、M&Aをご検討中の方はM&Aブティックに相談するとよいでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違ってきます。本記事では、会社売却にかかる税金について計算方法を解説するとと...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)