M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

のれん償却期間とは?会計基準と税務

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

買収時に上乗せしたのれんは、無形固定資産として計上し、一定期間にわたり償却する決まりとなっています。会計上は最大20年以内で、自由にのれん償却期間を設定出来ます。買収におけるのれん償却期間、会計基準におけるのれん償却期間と方法、回収期間に基づくのれん償却期間について解説します。

目次

    のれん償却期間

    M&Aが活発化している昨今、M&Aに関連する会計知識の重要性が増しています。

    M&Aに関する会計処理の一つに、「のれん償却」があります。

    合併や買収により他社を取り込むと、「のれん」が発生する可能性があります。

    買収により生じたのれんには、一定の償却期間が設けられています。

    この記事では、会計基準と税務基準それぞれについて、のれん償却期間を説明します。

    他社の買収を検討中の方、合併による組織再編を検討中の方必見です。

    買収におけるのれん償却期間

    ①買収におけるのれんの概要

    不確実性の高い現代では、M&Aにより利潤獲得の活路を見出す企業が増加しています。

    迅速な目標達成を可能とするM&Aには、合併や合併、様々な手法があります。

    M&Aにより他の会社や事業を買収する際、のれんが発生します。

    のれんとは、買収される企業の時価純資産と買収価格の差額を意味しており、超過収益力とも呼ばれます。

    数年〜数十年後の利益獲得やシナジー効果を目的に、M&Aが実行されます。

    将来の利益獲得の源泉となるのは、ブランド力や技術力等貸借対照表に記載されない無形固定資産です。

    買収の際には財務諸表には本来存在しない資産を、「のれん」として評価し、買収金額に上乗せします。

    ブランド力や技術力は本来価値が付いているものではないので、買収時に買い手側の判断で評価します。

    誰が買い手になるか次第でのれんの価値は変わるため、非常に不確実性が高いです。

    予想よりも十分な利益を獲得できなければ、後々「のれん」の金額を回収可能額まで引き下げる処理(減損処理)を実施します。

    減損処理により多額の費用が計上され、資金繰りが大幅に悪化する恐れがあります。

    買収に際しては、慎重にのれんの価値を評価することが大切です。

    のれんはM&Aにおいては重要な概念であるため、のれんを算定する際には専門家のアドバイスを得ましょう。
    その際におすすめなのがM&A総合研究所です。
    M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。
    相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。 また、費用に関しても国内最安値水準ですのでご安心ください。
    電話で無料相談 WEBから無料相談

    ②買収におけるのれんの減価償却

    買収時に上乗せしたのれんは、一般的な資産と同様に減価償却しなくてはいけません。

    減価償却とは一定期間に渡って、資産価値の減少分を費用計上する会計上の処理です。

    減価償却は対象資産の価値が年々減少するという前提で行うため、資産価値が減少しない「土地」は減価償却しません。

    買収時に計上するのれんについても、年々価値が減少すると仮定して減価償却します。

    上記は日本会計基準の話であり、国際的な会計基準「IFRS」を採用している場合は、のれんの減価償却は実施しません。

    IFRSではのれんの償却は行わず、減損処理のみ実施します。

    減損処理とは、当初想定していた利益目標を達成できない資産について、回収可能額まで資産価値を減額する会計処理です。

    IFRSでは償却処理を実施しない分、減損が生じた際の計上費用が大きくなる傾向があります。

    減損発生時のデメリットは大きいものの、のれん償却の処理が不要である為、その分手元に多くのキャッシュを残すことが可能です。

    買収を実施する際は、自社が「日本会計基準」と「IFRS」のどちらの会計基準を用いているか確認しましょう。

    次項からは、のれんの償却期間に関して詳しく解説します。

    ※関連記事

    事業買収とは?事業買収の方法と注意点

    会計基準におけるのれん償却期間と方法

    この項では、会計基準に基づくのれん償却期間と方法を併せてお伝えします。

    ⑴会計基準におけるのれん償却期間と方法

    のれんは一体どのように償却するのでしょうか?

    会計基準では、20年以内でのれんの効果が及ぶ期間にわたって、定額法などの合理的な方法により償却する決まりとなっています。

    20年以内であれば、のれん償却期間は自由に設定可能です。

    定額法とはのれんを一定期間にわたって、毎期均等金額ずつ償却する方法です。

    つまり定額法では、毎期同じ金額ずつのれんの価値が減少すると仮定します。

    減価償却の方法には、定額法以外に「定率法」や「級数法」などがありますが、のれん償却では原則定額法を使用します。

    毎年ののれん償却費用は、定額法における下記計算式により算出できます。

    • のれん償却費=(取得価額−残存価格)÷耐用年数

    取得価額とはその資産を取得する際に要した費用であり、買収時に計上したのれんの金額を指します。

    残存価格は利用出来なくなった資産を売却する時点での価格ですが、のれんに関しては0円として計算します。

    耐用年数とはある資産が使用に耐え得る年数を指し、のれん償却期間が当てはまります。

    ⑵おけるのれん償却の具体例

    理解を深める為に、具体的な事例を用いてご説明します。

    例えば買収時に計上した「のれん」が10,000,000円、償却期間が10年であるとします。

    この場合における毎期ののれん償却費は、以下の通り算出できます。

    • のれん償却費=(10,000,000−0)÷10=1,000,000円

    つまりこのケースでは、買収時に計上したのれん代1,000万円を、毎年100万円ずつ償却することとなります。

    非常に多額ですので、のれん償却期間の設定は慎重に実施しなくてはいけません。

    次項では、のれん償却期間の決定方法について説明します。

    ※関連記事

    のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

    回収期間に基づくのれん償却期間の決定

    「のれん」の償却期間は、最長20年以内で自由に決定できます。

    自由に決定できるとは言え、適当に設定すると資金繰りが悪化する恐れもあるので、妥当性のある期間を設定しなくてはいけません。

    前述した例において、償却期間を10年ではなく5年とした場合には、毎期ののれん償却費は200万円となります。

    償却期間を5年短縮しただけでのれん償却費が100万も変動する事からも、償却期間の重要性が分かっていただけるかと思います。

    償却期間を設定する際には、買収資金の回収期間を基準とすることをオススメします。

    回収に3年を要するのであれば3年、10年を要するのであれば10年といった感じです。

    回収期間よりも短い償却期間を設定してしまうと、資金繰りが狂うリスクがあります。

    例えば買収費用が1,000万円であり、毎期100万円のキャッシュフローを獲得できる場合、回収期間は10年です。

    ※簡略化のため、その他の要素を一切考慮していません。

    仮にのれん償却期間を5年と設定した場合、毎期の「のれん償却費」は200万円となります。

    100万円しか稼げないにも関わらず、のれん償却費として200万円かかってしまうため、毎期100万円の赤字が発生してしまいます。

    正確には他にも様々な要素を考慮するので厳密には異なりますが、回収期間よりも短く設定すると赤字となるリスクがあります。

    のれんの償却期間を回収期間と合わせることで、資金繰りが悪化するリスクを低減できます。

    ※関連記事

    インカムアプローチ

    税務におけるのれんの償却期間

    最後に、税務におけるのれんの償却期間に関して解説します。

    ここまで述べた内容は会計上の処理であり、税務におけるのれんの取り扱いとは異なります。

    実際に納税する際の税計算では、税法のルールに則ってのれんを処理しなくてはいけません。

    会計と税務では、のれんの償却期間に関するルールが大きく異なります。

    大前提として税務では、のれんを「資産調整勘定」という名称で定義しています。

    会計基準では最長20年以内で自由にのれんの償却期間を設定できる一方で、税務では償却期間が5年と決められています。

    5年以内で自由に設定できる訳ではなく、5年間に固定されています。

    前述の例を用いると、毎期の資産調整勘定(のれん償却費)は200万円となります。

    発生する資産調整勘定(のれん償却費)は、損金として処理します。

    会計処理で税務上の償却期間(5年)と異なる償却期間を設定している場合には、確定申告時に調整する必要があります。

    のれんの申告調整は非常に面倒ですので、最寄りの税理士に調整を依頼する方が無難です。

    申告調整の手間を省く上で、会計上の償却期間を5年に設定する事も一つの手です。

    会計上でものれんの償却期間を5年に設定すれば、税務ルールとの整合性を保つことが可能です。

    確定申告時の手間を省く点ではメリットがありますが、資金繰りが悪化するリスクは高まります。

    どちらを取るかは経営者の判断に委ねられます。

    ※関連記事

    M&Aで生じる税金は?税務について徹底解説!

    まとめ

    今回は、買収により生じるのれんの償却期間を解説しました。

    買収時に相手会社のブランド力などの無形固定資産を評価する場合、買収価格にのれんを上乗せします。

    買収時に上乗せしたのれんは、無形固定資産として計上し、一定期間にわたり償却する決まりとなっています。

    会計上は最大20年以内で、自由にのれん償却期間を設定出来ます。

    買収に費やした投資金額の回収期間を基に、のれん償却期間を設定する方法がオススメです。

    回収期間を基に決定すれば、のれん償却による資金繰り悪化のリスクを抑えることが可能です。

    税金の確定申告をする際には、税務上のルールに基づいてのれんを処理する必要があります。

    会計のルールとは異なり、税務では償却期間が5年間に固定されています。

    会計と税務の間でのれん償却期間が異なる場合には、申告調整の手間がかかります。

    申告調整の手間を省きたいのであれば、会計上の償却期間を5年間に定めましょう。

    償却期間の設定や税務処理を失敗するリスクを考えると、税理士に丸投げする事も選択肢の一つです。

    要点をまとめると下記になります。

    • 買収におけるのれんとは

    →買収される企業の時価純資産と買収価格の差額であり、ブランド力や技術力等で構成される

    • のれん償却の方法

    →定額法を利用する

    • 会計基準におけるのれん償却期間

    →最長20年以内で自由に設定可能

    • 回収期間に基づくのれん償却期間の決定

    →のれん償却期間を回収期間と関連させることで、資金繰りが狂うリスクを低減できる

    • 税務におけるのれんの償却期間

    →償却期間は5年間に固定されており、会計上異なる期間を設定している場合には申告調整が必要

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら