2020年11月30日公開会社・事業を売る

アナジー効果とは?回避してシナジーに変える方法を解説

アナジー効果とは、M&Aによる統合効果が十分に得られなかった状態や、統合前よりも経営状況が悪化した状態のことを指し、シナジー効果とは逆の意味になります。本記事では、アナジー効果の意味や、アナジー効果を回避してシナジー効果に変える方法などについて解説します。

目次
  1. アナジー効果とは?
  2. アナジー効果の内容
  3. アナジー効果を回避してシナジーに変える方法とは
  4. M&Aを成功させるためにアナジー効果は回避すべき
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

アナジー効果とは?

アナジー効果とは?

アナジー効果とは、M&Aによる統合効果が十分に得られなかった状態、または統合前よりも経営状況が悪化した状態のことを指します。

多くの場合、買い手は売り手企業とのシナジー効果を求めてM&Aを行います。しかし、買い手は必ずしも事前の想定通りに、シナジー効果を得られるとは限りません。

それどころか、統合がうまくいかずマイナスの相乗効果、つまりアナジー効果が生まれてしまう可能性もあります。

シナジー効果とは、2社以上の企業の経営資源などを統合することによって、企業が単独で生み出せる価値の合計以上の価値を生み出す効果のことを指し、シナジー効果がマイナスに働くとアナジー効果となります。

【主なシナジー効果】

  • 売上シナジー
  • コスト削減シナジー
  • リスク分散効果
  • 経営手法・社員のレベルアップ
  • 財務力アップ

【関連】M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

アナジー効果の内容

アナジー効果の内容

アナジー効果となる内容には、さまざまなものがあります。アナジー効果は、以下のマイナス効果が生じることを指します。

【主なアナジー効果】

  • 多角化経営の失敗 
  • 子会社の支援による労働力低下 
  • 間違った資金の活用 
  • 想定していないコスト増 
  • 優秀な人材流出 
  • 大切な顧客離れ 
  • 旧経営者の意欲低下 
  • コミュニケーション不足 
  • 会計上の大きな損失

多角化経営の失敗

M&Aによる経営の多角化は、うまくいけばさまざまなシナジー効果を得られる一方で、統合に失敗するとコストの増大や経営の非効率化といったアナジー効果が発生する可能性もあります。

経営の多角化には、水平型・垂直型・集中型・集成型の4つがあります。水平型とは、同じような顧客層の事業で多角化することで、垂直型とは同じ事業分野の中で川上から川下へ多角化することを指します。

また、集中型とは既存商品・サービスと新規商品・サービスを合わせて新しい市場に進出することで、集成型とはまったく別分野の市場へ進出することを指します。

多角化経営はどのパターンを選ぶかによってリスクの大きさも変わるため、アナジー効果を発生させないよう多角化を行うには、自社に合ったM&A戦略を構築する必要があります。

子会社の支援による労働力低下

買収した企業が経営の立て直しを必要としている場合、買い手企業は買収した企業へ立て直しのための人材を送り込んだり、親会社から資金などを投入したりしなければならないアナジー効果が発生する可能性があります。

また、買収した企業がグループ会社の一社であったり、会社の一事業から切り離された会社であったりする場合は、グループや会社から切り離されることでアナジー効果が発生することもあります。

例えば、ある会社の開発部門を会社分割により取得したとすると、その会社は開発機能以外をほとんど持っていない可能性があります。

そのような場合、買い手企業は人材を送り込んだりシステムを構築したりしなければならず、子会社となった企業の支援に労働力や資金などを割かなければならないアナジー効果が発生する場合があります。

間違った資金の活用

買い手企業が買収後アナジー効果を発生させてしまうケースに、買収した企業を改善しようとして資金投入の方向性を間違うパターンがあります。

例えば、こだわりのカレー店を買収したケースでは、時間がかかっていたカレーの調理時間を機械化により短縮して料理のラインナップも拡充します。さらに、狭かった店舗を広くして、一度に入れる顧客の数を増やしました。

しかし、その結果は逆にそれまでの常連客を失うことにつながり、新規顧客も思うように入ってきません。

原因はカレーの味が変わったことだけでなく、買い手企業のイメージが強くなって元のお店のブランドイメージが変わってしまったことや、ターゲットとする顧客がブレてしまったことなど、さまざまなアナジー効果を生んでしまいました。

結果的に、買い手企業はお店に関するすべての裁量権を元のオーナーに任せることで、ブランドと顧客を取り戻すことができましたが、資金の投入方向が間違っていたことでアナジー効果を生む結果につながった事例となりました。

想定していないコスト増

M&Aによるシナジー効果がうまく発揮されると、例えば以下のコスト削減効果が生まれます。

【シナジー効果発揮によるコスト削減】

  • 購買業社の共有・拡大によるコスト削減効果
  • 開発拠点・設備の共有によるコスト削減効果
  • 生産拠点・設備の共有によるコスト削減効果
  • 在庫の相互融通による合理化
  • 物流設備や物流網、物流業者の集約によるコスト削減効果
  • 広告宣伝の一元化によるコスト削減
  • 人材・拠点の最適化によるコスト削減効果
  • 営業・管理部門の集約によるコスト削減効果

しかし、もしM&A後の統合がうまくいかなかった場合は、以下のアナジー効果が生まれる可能性があります。

【M&A後の統合失敗によるアナジー効果】
  • 購買業社の重複によるアナジー効果
  • 開発拠点・設備の重複によるアナジー効果
  • 生産拠点・設備の重複によるアナジー効果
  • 在庫の増大によるアナジー効果
  • 物流設備や物流網、物流業者の重複によるアナジー効果
  • 広告宣伝費の増加によるアナジー効果
  • 人材・拠点の重複によるアナジー効果
  • 営業・管理部門の重複によるアナジー効果

上記のようなアナジー効果を解消するにはコストがかかるため、M&Aの計画を立てる時点でどれだけのコスト増加が生じ得るかをよく検証しておく必要があります。

優秀な人材流出

買い手企業が異業種に参入する場合、その業種に関する経営ノウハウがなければ、買収先企業のキーとなる人材に残ってもらいたいと考えます。

また、同業種であっても、買い手企業が人材不足に悩んでいる場合はM&Aによる人材の確保が重要な戦略となります。しかし、場合によってはM&Aをきっかけにキーとなる人材が流出してしまう可能性もあります。

特に、中小企業の場合は特定のキーとなる人材にに多くの権限が集中していることも少なくないので、そのキー人材が抜けてしまうと事業が立ち行かなくなり、アナジー効果が生じてしまう可能性があります。

そのため、M&Aの際はいかにキー人材を引き留める策を講じるかがポイントとなります。キー人材を引き留めるには買い手企業だけの力だけでは限界がありますが、売り手企業と協力して行うことでアナジー効果を止めることが可能です。

大切な顧客離れ

買い手企業によっては買収後すぐに買収先企業を改善し、早くシナジー効果を得ようとします。しかし、拙速なテコ入れは、買収先企業の大切な顧客を失うアナジー効果を生みかねません。

M&A後に大切な顧客離れが起きるアナジー効果は、大企業が中小企業を買収した際に多くみられます。大企業は資金力があり、中小企業は社内体制が整っていないことも多いので、大企業は早くテコ入れせざるを得ないという事情もあります。

ところが、買収先企業がそれまで築いてきた企業文化やブランドをないがしろにして拙速なテコ入れを行おうとすると、それまで応援してくれていた大切な顧客を失うアナジー効果が生じかねません。

大切なそれまでの顧客を離れさせないようにするためには、買い手企業が買収先企業のそれまでやってきたことを尊重し、話し合いや検証を重ねながら時間をかけてテコ入れしていくことが重要です。

旧経営者の意欲低下

買い手企業が買収先企業の経営者に残ってもらったものの、旧経営者の意欲低下によりアナジー効果が生じることがあります。

旧経営者の意欲が低下する理由はさまざまです。やりたいことができなくなった、別のビジネスがしたくなった、組織運営に疲れた、健康に問題があるなどの理由により意欲を失っている可能性があります。

経営者のなかには、オーナー経営者としてであれば力が発揮できるタイプもいて、他会社の子会社となることで裁量権の一部を失い、能力が発揮できなくなって意欲が低下するケースもあります。

特に、親会社による管理が細かすぎたり短期間での実績ばかりを求めたりするケースでは、旧経営者が意欲を失いアナジー効果が生じる傾向にあります。

買収後も買収先企業の経営者に能力を発揮してもらうには、なるべく裁量権を奪わないようにし、中長期目線で実績を求めていくなど適切な対処を行うことでアナジー効果を抑えることが可能です。

コミュニケーション不足

コミュニケーション不足もアナジー効果を生み出す要因となり得ます。コミュニケーション不足には、M&A時点で起こるものと、M&A後に起こるものとがあります。

M&A時点でのコミュニケーション不足は、トップ同士がしっかりと信頼関係を築けていなかったことで、統合後に噛み合わなくなるアナジー効果です。

統合後のコミュニケーション不足は、経営方針に関するコミュニケーションをしっかりととらないまま買い手企業が買収先企業の経営体制にテコ入れしておくことで生まれるアナジー効果です。

中小企業同士のM&Aでは、コミュニケーションを何度も重ねることによって、アナジー効果を回避する傾向にあります。

しかし、大企業が中小企業を買収するケースや、海外企業を買収するケースではコミュニケーション不足によってアナジー効果が生じるケースが少なくありません。

会計上の大きな損失

会計に関する主な買収リスクには以下のものがあります。M&A手続きの際にこれらの問題点に気が付かないままM&Aが完了してしまうと、買い手企業は統合後会計のアナジー効果が生じることとなります。

  • 会計処理が適切かどうか
  • 帳簿資産は実在するか、簿外債務はないか
  • 純資産額の実態はいくらか
M&Aの際はこれら会計上の問題点を洗い出すために、会計デューデリジェンスを実施するのが一般的です。ただし、デューデリジェンスは詳細に行おうとすればするほど、費用と時間がかかることになります。

会計面のアナジー効果を防ぐためには、どこまで深く会計デューデリジェンスを行うかが難しい点です。

デューデリジェンスにかかる費用と、会計面のアナジー効果が生じることによって被る損失を試算して、バランスをよく検討する必要があります。

【関連】株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

アナジー効果を回避してシナジーに変える方法とは

アナジー効果を回避してシナジーに変える方法とは

アナジー効果を回避しシナジー効果を発揮するにはさまざまな対策方法があります。この章では、アナジー効果を回避してシナジー効果を得る方法のなかで有効なものを紹介します。

PMI(統合プロセス)の徹底

アナジー効果を回避するためには、PMI(統合プロセス)の徹底が重要です。M&A手続き自体が成功に終わっても、統合に失敗してしまったためにアナジー効果が生じることは少なくありません。

アナジー効果の発生を防ぐためにも、買い手企業はM&Aが具体的な交渉段階にまで進んだ時点で、売り手企業と統合について多面的かつ具体的に話し合っておく必要があります。

具体的には、買収後の経営・組織の設計や、人事体制・営業体制、会計システムの状況などについて検討することが重要です。

さらにPMIによってアナジー効果のリスクを防ぐためには、M&A初期段階の、目的を固めたり戦略を立てたりする時点で、PMIの段階までを想定して準備しておくことも必要です。

M&Aの専門家のなかには、PMIの段階までを想定してサポートしてくれる専門家もいます。PMIまでを想定してM&A戦略を構築してくれる専門家に相談できると、アナジー効果の発生を抑えることが可能です。

ピュアカンパニーの設立

アナジー効果を防ぐには、ピュアカンパニーの設立も有効です。ピュアカンパニーとは、事業を専業化した会社のことです。

前述のように、事業の多角化はさまざまなメリットを生み出す一方で、多角化に失敗するとアナジー効果を生み出します。そのような経営の多角化によるアナジー効果を防ぐために、ピュアカンパニーを設立することがあります。

ピュアカンパニーを設立することで、商品やサービス・設備・人材などの重複によるアナジー効果を回避し、効率よい事業運営が行えるようになります。

ただし、ピュアカンパニーを設立するために既存の会社から事業を切り離す場合は、切り離したことによるアナジー効果が生じないかといった点もよく検証する必要があります。

【関連】デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

M&Aを成功させるためにアナジー効果は回避すべき

M&Aを成功させるためにアナジー効果は回避すべき

M&Aを成功させるには、アナジー効果を回避しなければなりません。そのためには、M&Aの初期段階からM&Aを戦略的に進めていく必要があります。

アナジー効果を回避するためには、M&Aの豊富な支援経験を持つ専門家によるアドバイスが有効です。

M&A総合研究所では、豊富な経験を持ったM&Aアドバイザーが多数在籍していますので、さまざまな業種や規模のM&Aでアナジー効果を回避するための対応が可能です。

また、M&A総合研究所は、M&Aが成立するまで手数料をいただかない完全成功報酬制の手数料体系となっておりますので、M&Aが成立するまで安心して手続きを進めていただくことがができます。

無料相談は24時間お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はM&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

アナジー効果とは、M&Aによる統合効果が十分に得られなかった状態、または統合前よりも経営状況が悪化した状態のことを指します。

M&Aを成功させるためにはアナジー効果の回避が重要となるため、M&A仲介会社など専門家に相談しながら進めていくことをおすすめします。
 
アナジー効果の内容
  1. 多角化経営の失敗 
  2. 子会社の支援による労働力低下 
  3. 間違った資金の活用 
  4. 想定していないコスト増 
  5. 優秀な人材流出 
  6. 大切な顧客離れ 
  7. 旧経営者の意欲低下 
  8. コミュニケーション不足 
  9. 会計上の大きな損失
 
アナジー効果を回避してシナジー効果に変える方法
  1. PMI(統合プロセス)の徹底 
  2. ピュアカンパニーの設立

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)