2020年11月10日更新会社・事業を売る

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&Aにおいても広く用いられている計算方法です。

目次
  1. 企業価値評価(バリュエーション)
  2. インカムアプローチの手法
  3. インカムアプローチのメリット
  4. インカムアプローチのデメリット
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

企業価値評価(バリュエーション)

企業価値評価(バリュエーション)

M&Aを実施する際は、買収対象候補の会社に対し、当然ながら企業価値評価を行います。この企業価値評価のことをバリュエーションと呼びます。バリュエーションの目的は、最終的には買収価格を決めることです。

従って、バリュエーションにおいて文言だけのレポートだけでは不十分であり、企業価値を具体的な価額として算定することになります。この算定方法には実にさまざまなものが開発されてきていますが、それらは大きく分けて3つのカテゴリーに分けられます。

まず、その企業の過去の実績をベースとして価額算定を行うのがコストアプローチです。また、近似する上場企業の情報を参照して価額算定を行うマーケットアプローチもあります。そして、将来の収益予測に着目し価額算定をするのがインカムアプローチです。

バリュエーションでは、複数の手法を用いるのが常套手段になっています。その中でも現在のM&Aの現場では、最もトレンドなバリュエーションとして用いられているのがインカムアプローチです。このインカムアプローチに焦点をしぼり、その詳細を解説します。

※関連記事
コストアプローチ
マーケットアプローチ

インカムアプローチの手法

インカムアプローチの手法

数あるバリュエーション方法の中でインカムアプローチが多用されている理由は、企業の価値に値段をつけるという目的に対して、その企業の将来性が加味された算定方法が合理的と思われているからです。

複数あるインカムアプローチの中でも、とりわけDCF法は、企業が将来的に獲得すると予想されるキャッシュフローや利益などの収益予測をベースにして、企業価値を算定します。つまり、その企業の将来性や期待値を企業価値に価額として反映させているのです。

DCF法だけでなくいろいろなインカムアプローチがあり、それぞれ算定のベースとなるものが異なります。その中でも代表的なものは配当還元法でしょう。ここでは、その配当還元法とDCF法について、具体的な内容を見ていくことにします。

①DCF法

DCF(=Discounted Cash Flow)法は、インカムアプローチの中で最も代表的な存在であり、最も多用されている算定手法です。M&Aにおいても同様に重用されています。DCF法は、正式名称を見ればわかるとおり、キャッシュフローを基に企業価値を算定します。

DCF法でベースとするキャッシュフローは、フリーキャッシュフローと呼ばれるものです。フリーキャッシュフローとは、企業が事業によって得たキャッシュフローから、その事業を保持するために投資することになるキャッシュフローを差し引いたものが該当します。

つまり、企業が真の意味で自由に使えるキャッシュのことです。以下で、DCF法による企業価値の算定を手順ごとに説明していきます。会計上の専門用語などもあり、わかりづらい点を補うため、手順ごとに見出しを分けて記します。 

各年の「フリーキャッシュフロー(FCF)」を算定

インカムアプローチであるDCF法では、将来の収益予測がわからないと計算が始められません。まずは、向こう3年度分の中期事業計画策定を行います。その事業計画に基づいた収支予測から、各年のフリーキャッシュフローを算出します。フリーキャッシュフローの計算式は、以下のとおりです。

  • FCF=税引後営業利益+減価償却費−運転資本増価額−設備投資額

「割引率」=加重平均資本コスト(WACC)を算出

次に、DCF法の計算上、必要となる割引率を別途算出します。DCF法では、WACC(=Weighted Average Cost of Capital=加重平均資本コスト)が割引率に用いられます。WACCを求める計算式は、以下のとおりです。

  • WACC ={株主資本総額×資本コスト+負債総額×負債利子率×(1−実効税率)}÷株主資本総額+負債総額

各年の「FCF」を、「割引率」を用いて「現在価値」に割り引く

各年のFCFを、割引率(WACC)を用いて現在価値に割り引く計算を施します。その計算式は以下のとおりです。

  • 現在価値=FCF÷(1+割引率)

なお、2年目以降は(1+割引率)の部分に年数と同じ数を乗じます。

算出した各年の「現在価値」の数値を足していく

前述の各年度の「現在価値」の数値を足します。この和こそ、DCF法によって算出された企業価値の価額です。実際のM&Aの現場では、この計算そのものはM&A仲介会社などの専門家に任せてしまって差し支えありません。

しかし、算定された数値について、ただ鵜呑みにするのではなく、このようなプロセスを経て計算されているということだけは理解しておきたいものです。

②配当還元法

配当還元法は、将来的な配当の期待額をベースに企業価値を算出するインカムアプローチです。基本的な計算理論についてはDCF法と変わりません。ただし、配当金額とは企業が決定する配当政策によって変動するものです。確定的な数値を出しにくいという面があります。

そのため、大企業のM&Aではあまり活用されません。そもそも配当還元法が用いられる局面としてはM&Aではなく、その企業の株式の利回りを見定めるような投資の現場で用いられることが多いコストアプローチです。

いずれにしても、M&Aで最適な企業価値評価を得るためには、M&A仲介に確かな実績を持つ専門家の存在が不可欠です。どのM&A仲介会社に依頼するかお悩みでしたら、ぜひ一度、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。最初の無料相談だけでなく、M&Aが成約するまで一切費用は発生しません。成約時の成功報酬も業界最安値水準で、ご好評をいただいています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定のメリットをご紹介

インカムアプローチのメリット

インカムアプローチのメリット

M&Aでは特に有効性が高いインカムアプローチですが、そこにはメリットとデメリットの両方が存在します。現実にインカムアプローチを使用する場合には、メリット・デメリットの両方をよく把握したうえで実施するのがよいでしょう。

万が一、デメリットのほうが大きいと判断した場合は、コストアプローチやマーケットアプローチなど他の企業価値評価方法を選択することが適切です。それでは、まずインカムアプローチのメリットについて掲示します。

①将来性やシナジー効果も評価に反映できる

インカムアプローチの最大のメリットは、その企業の固有的な将来性や成長性をしっかり企業価値評価に含められる点です。今現在、目立った利益を出していない企業でも、今後急成長を遂げる可能性はあります。

そうした将来性を企業価値に反映できる点が、インカムアプローチの特徴性あるメリットです。コストアプローチやマーケットアプローチでは、過去から現在までだけのデータを基に企業価値を評価します。従って、将来的に成長が見込める企業の評価には不向きです。

しかしインカムアプローチは、将来的なシナジー効果なども含めて企業価値を評価できるため、M&Aの際には非常に高い効果を持ちます。また、キャッシュフローをベースに算定するため、会社の実態も忠実に反映可能です。

②M&A以外でも活用可能

インカムアプローチの中でもDCF法は、M&Aのみならずさまざまな場面で活用できます。具体的には、以下の場面でもインカムアプローチ(DCF法)を応用可能です。

  • 金融機関での貸倒引当金の算定
  • 減損会計の減損認識 
  • 事業や設備への投資評価 
  • 資産の価値評価

上記のとおり、DCF法は多種多様なシーンで応用できることを覚えておきましょう。このようにインカムアプローチは、対象企業の成長性を加味した企業価値を算定できるうえ、それに加えてさまざまなシーンで活用可能なのです。

※関連記事
DCF法による企業価値の算定
企業評価とは?企業評価方法や企業評価のメリット・デメリット

インカムアプローチのデメリット

インカムアプローチのデメリット

優れた計算方法で活用しやすいインカムアプローチにもデメリットがあります。インカムアプローチのデメリットとして指摘されている3つの事項について見てみましょう。そして、これら3つについては忘れずに頭に入れておいてください。

①主観的な評価になりやすい

インカムアプローチは、企業の将来性や成長性を評価に反映させるため、翌年度以降の事業計画書や収支予測表を計算のベースに使います。それらは、あくまでも将来の予測であって確定された出来事、数字ではありません。

あくまでも、事業計画を策定した人物の主観のもと、書かれた数字なのです。この場合の主観とは、わかりやすく言えば希望的観測と言えるでしょう。現実に根差した予測ではなく、こうなったらいいなという願望や、こうなるはずだという思い込みに左右されている可能性があります。

つまり、インカムアプローチのデメリットの1つは、事業計画などで将来性を検討しても、計画策定者の主観が入り込んでいる場合、客観性を欠いてしまう点です。

②恣意性を排除できない

インカムアプローチに用いる事業計画書について、前項以上にうがった見方をしてみましょう。それは、主観による予測というレベルを飛び越えて、できるだけよく見えるようにしようという意思が働いて書かれた数字であることも否定できません。

つまり、計画を策定する人によって自由に企業価値を操作できてしまうわけです。インカムアプローチによって算出した価値を信じてM&Aを行い、計画を実施したものの全く利益を得られないなどの事態に陥るリスクがあります。

従って、固定された数字が必要となる相続場面には向いていません。M&Aでインカムアプローチを実施する場合は、このような恣意性や前項のような主観が入っていないことがうかがえる、客観的な資料や裏づけを合わせて提出してもらいましょう。

③活用できないケースがある

将来の収益予測を注視した手法であるインカムアプローチは、企業が解散するような前提は考えられていません。そのため、企業が存続し続けるための合理的な事業計画を組む必要があります。万が一、企業の継続性に疑問が残る場合、インカムアプローチの適用は厳しいでしょう。

従って、清算などの企業が存続しないケースでは、インカムアプローチは活用できません。企業を清算する場合に行う現在価値の算定には、もっぱらコストアプローチが用いられます。

※関連記事
企業価値の算定方法
企業価値の評価方法

まとめ

まとめ

将来性を企業価値に反映できるインカムアプローチは、特にM&Aにおいては非常に有効です。しかし一方で、客観性を欠く点や、恣意性が残るなどのデメリットもあります。インカムアプローチの有効性を担保するには、ベースとなる事業計画の合理性を正確に見極めなくてはいけません。

本記事の要点は以下のとおりです。

【インカムアプローチとは 】
  • キャッシュフローや配当をベースに企業価値を計算する手法
【インカムアプローチの代表例】 
  • DCF法、配当還元法
【インカムアプローチのメリット】
  •  将来性重視の企業価値算出
【インカムアプローチのデメリット 】
  • 主観的さ、恣意性という側面がある
  • 企業が存続しないケースでは活用できない

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは、消滅会社の株主に対して、持ち株数に応じて交付される株式の比率のことです。消滅する株式の価値に応じた株式が交付されなければ不公平になるため、適切な比率を設ける必要があります。本記事で...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)