2020年3月10日公開会社・事業を売る

インクグロウのM&A仲介事業の実績や特徴は?

インクグロウは、中堅・中小規模のM&A仲介を得意とするM&A仲介会社です。約120の金融機関や50以上の士業事務所との提携により高い制度のM&A仲介事業を提供しています。本記事では、インクグロウのM&A仲介事業の実績や特徴を解説します。

目次
  1. インクグロウはM&A仲介会社
  2. インクグロウのM&A仲介事業の実績
  3. インクグロウのM&A仲介事業の特徴
  4. インクグロウのM&A仲介事業のサービス
  5. M&Aの相談は相見積がおすすめ
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

インクグロウはM&A仲介会社

インクグロウはM&A仲介会社

出典:https://pixabay.com/ja/

M&Aによる会社や事業の売却を検討している際、相談先を探していると複数のM&A仲介会社が候補に上がってくることでしょう。

インクグロウは、20年以上の経営コンサルティング実績と、多数のM&A仲介事業の実績を持つM&A仲介会社です。

インクグロウとは

インクグロウは、中堅中小規模のM&Aを得意とするM&A仲介会社です。全国にある約120の金融機関と50以上の士業事務所との提携により、強固なネットワークを築いているのが特徴です。

フースタM&Aとの関係

フースタM&Aとは、インクグロウ株式会社と業務提携しているフードスタジアム株式会社が運営する飲食業界に特化したM&A相談サイトです。

2014年の業務提携の発表と同時に、飲食業界の経営者や関係者が気軽に相談できるM&A相談サイト「フースタM&A」を立ち上げました。

これまでインクグロウだけでは補えきれなかった案件も、フードスタジアムと連携することにより幅広くサポートすることができるようになっています。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、M&Aサポートを専門的に請け負う会社です。「依頼者の利益を優先するアドバイザリー型」と「中立的な立場から堅実な成約を目指す仲介型」の2つに分けられます。

アドバイザリー型は、利益の最大化を図りたい時に利用します。手数料は依頼者からのみ取るため高くなってしまう傾向にありますが、意見を通しやすくなる特徴があります。

仲介型は双方が納得できる形の成約を目指すので、M&A成約後も取引相手との関係を良好に保つことができます。

会社売却後も従業員は雇用されることが多いので、可能な限り関係は悪化させたくないというのが、多くの経営者の本音でしょう。

M&Aアドバイザーとの違い

M&Aアドバイザーとは、M&Aの一連の流れをサポートするM&Aの専門家を指す広義的な言葉です。M&A仲介事業を手掛けている専門家は、全てM&Aアドバイザーとして分類されます。

【主なM&Aアドバイザー】

  1. M&A仲介会社
  2. M&Aアドバイザリー
  3. 銀行
  4. 証券会社
  5. 士業事務所
  6. ファイナンシャルプランナー

【関連】M&Aの相談先の選び方とは?買い手・売り手の相談内容や注意点を解説

インクグロウのM&A仲介事業の実績

インクグロウのM&A仲介事業の実績

出典:https://pixabay.com/ja/

M&Aの相談先を決める材料として過去の実績は大いに参考になります。この章では、フースタM&Aにて公開されているインクグロウのM&A仲介事業実績の一部を紹介します。

【インクグロウのM&A仲介事業の実績】

  1. 居酒屋チェーン
  2. 大衆居酒屋
  3. ビュッフェレストラン
  4. 北海道の居酒屋
  5. イタリアンレストランチェーン

1.居酒屋チェーン

全国に80店舗以上展開する居酒屋チェーンの株式譲渡事例です。若い創業者が順当に発展させてきてさらなる成長をしたいと考えているところにファンド会社からの支援の申し出があったため成約となりました。

株式譲渡によって獲得した資金を元手に事業規模の拡大を図るとしています。

業種 飲食店
目的 成長促進
スキーム 株式譲渡

2.大衆居酒屋

首都圏で11店舗展開する大衆居酒屋の事業譲渡事例です。若い経営者が順調に業績を伸ばしてきたものの、店舗数の拡大に伴いマネジメント面の限界を感じて事業譲渡を検討することになります。

事業譲渡の売却益は別事業への資金とするとしています。

業種 飲食店
目的 別事業への注力
スキーム 事業譲渡

3.ビュッフェレストラン

東海地方のビュッフェレストラン1店舗の事業譲渡事例です。経営者の方は年齢的にまだ余裕があるものの早期から事業規模の縮小を検討しており、事業譲渡へと踏み切りました。

本件の譲受企業はこれまで飲食業を手掛けておらず、新たな試みであったことも明かされています。すでに構築されているノウハウを利用することで低リスクで飲食業への参入を果たしました。

業種 飲食店展開
目的 経営者引退・後継者不足
スキーム 事業譲渡

4.北海道の居酒屋

北海道の居酒屋3店舗の事業譲渡事例です。北海道で約10店舗の居酒屋を展開していましたが、距離的な問題から経営者のマネジメントが行き届かない問題を抱えていました。

エリア拡大を図るよりも特定エリアに絞って集中したほうが効率的と考え、今回の事業譲渡へと至りました。

業種 飲食店展開
目的 エリア集中
スキーム 事業譲渡

5.イタリアンレストランチェーン

首都圏で創業40年以上のイタリアンレストラン2店舗の事業譲渡事例です。首都圏という好立地から長年に渡り安定した売上を維持し続けてきましたが、経営者の高齢化により経営が難しくなり事業譲渡を決意します。

譲受企業はかねてより飲食業を手掛けており、事業譲渡後も全経営者の想いも引き継いで成長発展させていくとしています。

業種 飲食店展開
目的 経営者引退・後継者不足
スキーム 事業譲渡

インクグロウのM&A仲介事業の特徴

インクグロウのM&A仲介事業の特徴

出典:https://pixabay.com/ja/

M&Aの相談先を決めるうえでは、M&A仲介会社の特徴を抑えることが重要です。この章では、インググロウのM&A仲介事業の特徴を紹介します。

【インクグロウのM&A仲介事業の特徴】

  1. 着手金・中間金不要の完全成果報酬制
  2. 中小企業・金融機関のサポート実績
  3. 事業譲渡・M&Aのために独自のネットワークを構築
  4. 沖縄県のM&Aにも対応している

1.着手金・中間金不要の完全成果報酬制

インクグロウのM&A仲介事業の特徴1つ目は、料金体系が完全成果報酬制であることです。

M&Aが成約するまで手数料が発生しない料金体系であるため、取引相手が見つかるか不安な状態でも安心して相談することができます。

2.中小企業・金融機関のサポート実績

インクグロウのM&A仲介事業の特徴2つ目は、中小企業・金融機関のサポート実績です。

中小規模のM&A仲介を得意としており、中小企業の経営者からの相談が中心となっていますが、地域の金融機関のコンサルティングなど幅広い実績を持っています。

3.事業譲渡・M&Aのために独自のネットワークを構築

インクグロウのM&A仲介事業の特徴3つ目は、独自のネットワークです。全国の金融機関や士業事務所との提携によって多様なネットワークを築いています。取引相手の選定という点で大きなアドバンテージがあるといえるでしょう。

4.沖縄県のM&Aにも対応している

インクグロウのM&A仲介事業の特徴4つ目は、沖縄県のM&Aにも対応していることです。M&A仲介会社は対応エリアが限られることが少なくないのですが、インクグロウは日本全国に対応しています。

通常、現地のM&A事情に精通していなければ満足するM&Aサポートを提供することは難しいことですが、これを可能とするのは前述した独自のネットワークがあってこそだと考えられます。

【関連】M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

インクグロウのM&A仲介事業のサービス

インクグロウのM&A仲介事業のサービス

出典:https://pixabay.com/ja/

一口にM&A仲介会社といっても仲介会社によって手掛けている事業は多岐に渡ります。この章では、インクグロウのM&A仲介事業のサービスを紹介します。

【インクグロウのM&A仲介事業のサービス】

  1. フースタM&Aの運営
  2. 中小企業のM&A支援
  3. 中小企業向けビジネスサミット開催
  4. 金融機関向けに検収やセミナーを実施

1.フースタM&Aの運営

インクグロウのM&A仲介事業のサービス1つ目は、フースタM&Aの運営です。フースタM&Aは、2014年より業務提携しているフードスタジアム株式会社と共同で運営している飲食業界に特化したM&A相談サイトです。

飲食業に特化しているからこそ、飲食業経営者が抱える悩みも敏感に察知して要望に応えることを可能としています。

2.中小企業のM&A支援

インクグロウのM&A仲介事業のサービス2つ目は、中小企業のM&A支援です。全国の中堅・中小企業のコンサルティング実績を多数もっており、中核事業の1つとなっています。

20年以上の経営コンサルティング実績によって培われたノウハウやネットワークを活用したM&A支援は中小企業の経営者にとって心強い味方であるといえるでしょう。

【関連】中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

3.中小企業向けビジネスサミット開催

インクグロウのM&A仲介事業のサービス3つ目は、中小企業向けビジネスサミット開催です。金融機関との提携で中小企業経営者のための会員制クラブ「ビジネスサミットOnline」を運営してます。

毎月発行している会報誌には、M&Aを通じて会社成長を果たした経営者のインタビューなども掲載されています。

4.金融機関向けに研修やセミナーを実施

インクグロウのM&A仲介事業のサービス4つ目は、金融機関向けの研修やセミナーの実施です。各地域のプラットフォームとの連携により、経営者・後継経営者候補・経営幹部・新入社員など、階層別に経営講座の開催を可能としています。

M&Aの相談は相見積がおすすめ

M&Aの相談は相見積がおすすめ

出典:https://pixabay.com/ja/

昨今のM&A需要に呼応するように、多数の業者がM&A仲介事業に参入しています。各社それぞれにインクグロウのフースタM&Aの飲食業特化のように特徴がみられ、最適となるM&A仲介会社は場面によって変わります。

人生において何度も訪れることはないであろう数少ないチャンスを最大限活かすためにも、M&Aの相談は複数のM&A仲介会社から見積もるをとる「相見積」をおすすめします。

M&Aのご相談はM&A総合研究所へ

M&A総合研究所は、幅広い業種の中堅・中小規模のM&A仲介実績をもつM&A仲介会社です。

M&Aの知識と経験が豊富なアドバイザー・長年会計業務に携わっている公認会計士・M&Aに強い弁護士の3名によってスピーディーかつ満足度の高いサポートを提供します。

料金体系は着手金・中間金不要の完全成功報酬制を採用しています。
M&Aが成約するまで手数料は一切いただきませんので余分な出費はありません。

無料相談は24時間お受けしていますので、M&Aを検討の際は、M&A総合研究所にぜひご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

インクグロウは中小企業のM&Aサポートを得意とする仲介会社でした。また、フードスタジアムと共同で運営しているフースタM&Aは飲食業に特化している相談サイトとなっており、飲食業の経営者が気軽に相談することができる環境が整っている特徴もあります。

【インクグロウのM&A仲介事業の特徴】

  1. 着手金・中間金不要の完全成果報酬制
  2. 中小企業・金融機関のサポート実績
  3. 事業譲渡・M&Aのために独自のネットワークを構築
  4. 沖縄県のM&Aにも対応している

【インクグロウのM&A仲介事業のサービス】

  1. フースタM&Aの運営
  2. 中小企業のM&A支援
  3. 中小企業向けビジネスサミット開催
  4. 金融機関向けに検収やセミナーを実施

M&Aの成功率を高めるためには、業種や規模に合わせたM&A仲介会社を選択することが重要です。

得意とする業種や事業規模はM&A仲介会社によって異なるので、複数のM&A仲介会社に相談することをおすすめします。

M&A総合研究所は、M&A仲介を専門的に請け負っているM&A仲介会社です。幅広い業種の仲介実績を持っていますので、ノウハウやネットワークという点でも安心してお任せいただけます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)