2020年9月22日更新会社・事業を売る

コストアプローチ

コストアプローチとは純資産額を基準に企業価値を算定する方法の総称です。本来、コストアプローチは事業を継続しない会社に対し多用されます。簿価純資産法、時価純資産法、清算価値法、再調達原価法がコストアプローチの主要な手法です。

目次
  1. 企業価値評価の算定方法とは
  2. コストアプローチとは
  3. コストアプローチの種類
  4. コストアプローチ以外の企業価値算定方法
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

企業価値評価の算定方法とは

企業価値評価の算定方法とは

M&Aの際、売却候補の企業に対し実施されるのが、企業価値評価です。企業価値評価は、しばしばバリュエーション(valuation)とも呼ばれます。バリュエーションによって導き出されるのは、売却候補企業の値段です。

M&Aでは、最終的には買い手と売り手の交渉によって買収価格が決まります。その交渉の発端となる大事な数値が、バリュエーションによって算定した金額なのです。バリュエーションが実施される場合、専用の算定方法が用いられます。

また、その算定方法は1つではなく、数多くある算定方法の中から複数のものを用いて総合的に算定するのが、現在のM&Aで実施されている手法です。バリュエーションの数ある算定方法は、3つの種類に分類されています。

その3つの分類とは、コストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチです。本記事では、その中のコストアプローチに焦点を当て、コストアプローチの詳細に迫ります。

※関連記事
バリュエーション(企業価値評価)の方法・手法
企業評価とは?企業評価方法や企業評価のメリット・デメリット

コストアプローチとは

コストアプローチとは

企業価値評価を算定する方法の1分類であるコストアプローチとは、貸借対照表の純資産価値に着目して行われる手法です。主として、非上場の中小企業に対し使用されるケースが多い傾向にあります。  

コストアプローチは、上述したように貸借対照表の純資産を用いて算定を行うことから、別称として「ストック(stock=株式資本)アプローチ」や「ネットアセット(net asset=純資産)アプローチ」と呼ばれることもあるので、注意してください。

コストアプローチには、純資産価値をベースに客観的に企業価値を算定できること、および比較的容易に算定ができるというメリットがあります。しかしながら、コストアプローチによる企業価値評価には、収益性や将来性、価格変動などの要素が含まれていません。

また、純資産に本来あるべき含み益も算定されないため、完全にその時点での価値だけによる売却が前提になってしまいます。このため、コストアプローチは会社の資産全てを売却するような場面でよく活用されます。例えば、コストアプローチは会社を清算する際に用いられます。

M&Aと同時に会社が消滅し、買い手の会社に取り込まれるケース(廃業コスト削減のためのM&A)の際には、将来の収益性を踏まえる必要がありません。その場合においては、企業価値をシンプルで客観的に算定できるコストアプローチがふさわしいのです。

つまり、売り手企業の事業を継続させる場合のM&Aのバリュエーションとしては、コストアプローチは不向きな手法と言えます。そのため、昨今のM&Aでは、特殊なケースを除いてコストアプローチが用いられることが少なくなってきています。

※関連記事
企業価値の算定方法
M&Aにおけるバリュエーション

コストアプローチの種類

コストアプローチの種類

コストアプローチに分類される代表的な手法には、以下の4種類があります。1つずつ個別に、どのようなコストアプローチなのかを説明していきます。

  1. 簿価純資産法
  2. 時価純資産法
  3. 清算価値法
  4. 再調達原価法

M&Aに際してコストアプローチを実際に使用するのは、あまり一般的でないM&Aの内情が含まれる場合であると言えるため、その内情と算定方法の特徴とを考え合わせる必要があります。目の前のM&Aのケースでは、どのバリュエーション方法を用いるのが適切か、見極めなければいけません。

それを任せられるのは、実績あるM&A仲介会社に限られますが、M&Aの豊富な知識と経験を持つM&A総合研究所であれば、その任にピッタリです。初回の無料相談後も、M&Aが成約するまで一切費用はかかりません。成功報酬も業界最安値水準でご好評をいただいています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

①簿価純資産法

簿価純資産法とは、貸借対照表に則って帳簿資産の合計から株式価値を計算していく方法です。自己資本を株式価値に当てはめる考え方なので、自己資本額を発行済みの株式数で割れば、すぐに一株あたりの価値が算出できます。

なお、その際に必要な修正を加えて計算する場合は、修正簿価純資産法と呼ばれます。いずれにしても、貸借対照表のみを用いる極めて簡単な方法であるため、計算の簡易さが簿価純資産法の最大の特徴です。しかし、帳簿には全ての資産が計上されていないことがあり得ます。

例えば、企業によっては以下のような資産は、帳簿に載っていない可能性があります。

  • 長期に渡って滞留されている在庫
  • 回収できていない状態の売上債権
  • 償却不足の固定資産  

帳簿に載っていない資産があっては、簿価純資産法の根底が崩れてしまいます。その場合、算定された企業価値が正確であるとは、とても言えません。このような状況もあり、簿価純資産法は、コストアプローチの方法としては、あまり活用されなくなりました。

帳簿が絶対的に正確であると判断できない限りは、簿価純資産法を使用しないほうが良いでしょう。

②時価純資産法

資産全てを一度、時価に換算し、そこから負債の時価を差し引いて実際の資産額を算定する方法が、時価純資産法です。時価純資産法では、帳簿に未計上の資産や負債も全部時価として評価されます。

時価で算出された純資産額から、支払手形や買掛金などの営業債務を差し引いて企業価値を算定します。また、その企業価値から有利子負債を差し引くことで、株式価値を算定することができます。

時価純資産法は、その会社の資産・負債の実態を、時価として正確に評価したうえで実施します。つまり、不確かな要素が多い簿価純資産法と比べて、企業価値や株式価値を、より正確に算出できるわけです。

しかし、コストアプローチの欠点である将来の収益性については、時価純資産法でも考慮されていません。したがって、事業を継続する会社への評価に時価純資産法を用いることは、やはり適していないと言えるでしょう。

③清算価値法

コストアプローチとは、元々事業が消滅する=清算される状況で使われるケースの多い手法ですが、その点に完全に特化しているのが清算価値法です。対象企業の全資産の売却額から、正味売却価額(弁済する負債の金額を差し引いた残余額)をベースに算出します。

清算価値法は、売り手の会社を消滅させることを前提としています。清算価値が株式価値を上回るケースで用いられます。事業を継続しないケースでは、最も手っ取り早い手法です。ただし、以下の要因により、算出結果よりも実際の価値が低くなる可能性があります。

  • 清算に伴うコストがかかる
  • 売り急いだ結果、時価どおりに不動産を売却できない 
  • 機械などは換価しづらい

④再調達原価法

再調達原価法は、他の手法とは少々毛色の違う手法になります。再調達原価法とは、会社に帰属する形になっている個別の資産や負債を、その時点で再取得する際にかかる再調達原価をベースに企業価値を計算する方法です。

この方法によって計算された時価純資産額は、会社に必要な投資額と捉えられます。 つまり、その会社にM&Aが必要か否かの判断材料となります。M&Aによる会社消滅や会社の清算が前提になっている、他のコストアプローチとは一線を画す手法です。

しかし、この手法は、売り手側がM&Aを受けるべきかどうかを決定する際の手段であり、バリュエーションという目的には合っていません。

※関連記事
時価純資産法とは?計算方法や企業価値評価における活用、DCF法との違いを解説
バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点

コストアプローチ以外の企業価値算定方法

コストアプローチ以外の企業価値算定方法

バリュエーションで用いられる企業価値評価の算定方法は、コストアプローチ以外にも2つ存在します。それらは、インカムアプローチ、マーケットアプローチと言われています。コストアプローチとは、また違った観点の手法であるインカムアプローチとマーケットアプローチの概要を掲示します。

インカムアプローチ

その会社の将来的なキャッシュフローに着目して企業価値を評価する方法が、インカムアプローチです。会社の将来的な収益力を予測して企業価値に含められるので、その会社の本質的な魅力や価値、期待できるシナジー効果を価格に反映できます。

したがって、コストアプローチとは違い、「事業を継続する会社」を前提としている手法です。ただし、将来的なキャッシュフローとは、予測の範疇を出ません。予測である以上、そこに恣意性や期待値が加わってしまう可能性は否定できないものです。

つまり、M&A後に想定したような収益が上がらない可能性もあるため、できるだけ厳密なバリュエーションが必要でしょう。そして、インカムアプローチには、事業計画を作成してキャッシュフローを予測するDFC法と、株主への期待配当額を計算する配当還元法の2つがあります。

DFC法は、現在のM&Aの現場で最も一般的に使われるポピュラーな方法です。しかし、配当還元法は、配当金に基づいて株主価値を評価する方法尾であるため、M&Aではほとんど使われません。

マーケットアプローチ

同一業者、類似する規模の他社、類似するM&A事例などをピックアップし、それらの市場株価・経営指標をベースにして企業価値を算定する方法が、マーケットアプローチです。マーケットアプローチでは、市場取引の実態や投資家達の意向を反映したうえで企業価値を算定できます。

したがって、マーケットアプローチには説得性が高いという特徴があります。ただし、類似するケースが見つかるかどうかという問題があり、見つからなければマーケットアプローチは実施できません。

また、株式市場が不安定になっている場合は、正確な企業価値が算定不可能となるリスクもあります。一般的にマーケットアプローチは、インカムアプローチで算定した企業価値の正確性をチェックする目的で使用されています。

つまり、答え合わせ的なニュアンスが強い算定方法と言えるでしょう。マーケットアプローチには市場株価法、マルチプル法など様々な方法があります。

※関連記事
インカムアプローチ
マーケットアプローチ

まとめ

まとめ

コストアプローチは簡易な計算方法であるため、過去には、中小企業同士のM&Aに活用される場合の多かったバリュエーションです。しかし、その間に新たに確立されたインカムアプローチのDCF法が、現在のM&Aのバリュエーションでは主流となっています。

コストアプローチは用いられるにしても、補助的な用途に限定されるようになりつつあります。ただし、コストアプローチ手法の根底にある、算定の考え方については把握をし、頭の中に入れておくことは、企業評価の場面で役立つはずです。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは、消滅会社の株主に対して、持ち株数に応じて交付される株式の比率のことです。消滅する株式の価値に応じた株式が交付されなければ不公平になるため、適切な比率を設ける必要があります。本記事で...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)