2020年10月27日更新会社・事業を売る

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデリジェンスのM&Aでの流れや進め方を解説します。

目次
  1. デューデリジェンスとは?
  2. M&Aの中でデューデリジェンスが必要な流れ
  3. M&Aでのデューデリジェンスの進め方
  4. デューデリジェンスを実施する際に必要な資料
  5. デューデリジェンスの期間
  6. デューデリジェンスの費用
  7. デューデリジェンスのM&Aにおいての重要性
  8. デューデリジェンスを実施する際の注意点
  9. デューデリジェンスの成功とは
  10. デューデリジェンスの対応におすすめの相談先
  11. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

デューデリジェンスとは?

デューデリジェンスとは?

M&Aは高額取引になることが多いため、成功率を上げるために入念に準備を進めておく必要があります。特にM&A対象の価値やリスクはM&A交渉の土台になるものなので、売却側と買収側の認識を一致させておかなくてはなりません。

そのための準備の一環として重要な流れがデューデリジェンスです。この章では、デューデリジェンスとM&Aの関係性や種類に関して解説します。

デューデリジェンスについて

デューデリジェンスとは、投資対象の価値・リスクを調査する活動のことです。該当分野に対応する専門家が実地調査をすることで、資料と実態に差異がないか徹底的に確認します。

様々なビジネスシーンで活用されていますが、特に多いのはM&Aや不動産売買です。基本的にどちらも高額取引になるため、対象企業調査や物件精査を行って公正な取引の実現を目指します。

【関連】デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

デューデリジェンスの目的とM&Aとの関係性

デューデリジェンスはM&Aの成否を分けるといっても過言ではないほど関係性があります。特に深い関係性がみられるのは以下の5点です。

【デューデリジェンスの目的とM&Aの関係性】

  1. 会計帳簿をチェックした企業価値評価
  2. M&Aの必要性を示す目安
  3. 問題の分析
  4. 最終契約の内容に結果を反映
  5. 買収後の経営についての確認

1.会計帳簿をチェックした企業価値評価

企業価値評価とは、特定企業の価値やその株式価値を計算するための評価方法のことです。企業価値はM&Aの価格交渉の土台になるものなので、適切な企業価値評価が必要になります。

会計帳簿は会社の資金の流れを詳しく記載している帳簿なので、企業価値評価に必要な資産・負債を把握するのに最適な資料です。

2.M&Aの必要性を示す目安

M&A取引の最終決断を行う前に本当にM&Aの必要性があるのか確認しておくことも大切です。そこで、デューデリジェンスで企業経営に必要な利害関係者を明確にさせることがポイントです。

M&Aにおける利害関係者は株主や顧客、従業員などが挙げられます。これらの関係性を維持したまま実行できるM&Aでなければ、M&Aを行う必要性は低いという判断が下されます。

M&Aの対象会社について客観的な調査を行うことで、対象会社の利害関係者を明確にすることができ、M&Aで得られるメリットやリスクを浮き彫りにできるのでM&Aの必要性を示すことができます。

3.問題の分析

デューデリジェンスの重要な役割の一つに、M&A対象が抱える潜在リスクを見つけることがあります。ここまで見えていなかった問題点が見えるようになるので、M&A成約に向けて進める際に、具体的な対処法を考えるのに役立ちます。

M&Aにおける問題点の代表格としては、簿外債務があります。現金主義の会計処理を行っている場合は経常的に簿外債務が発生するため、M&A対象会社の簿外債務の有無及びその内容を正確に把握しておく必要があります。

4.最終契約の内容に結果を反映

M&A対象の価値・リスクを把握した後は、M&Aの交渉内容に反映させます。M&Aの中盤で作成・締結している基本合意書に結果を反映させることで、M&Aの最終契約書が完成します。

具体的な修正内容としては、許容できるリスクに関しては取引価格の引き下げ、許容できないリスクに関しては遮断(拒否)などがあります。

M&Aが成立してからでは交渉することはできませんので、最終契約書の締結前に正確な価値・リスクを把握して契約内容を確定させておく必要があります。

5.買収後の経営についての確認

精度の高い調査で収集した客観的な情報は、買収後の統合プロセスにおいて有効に活用することができます。統合プロセスがうまくいけば、M&Aのシナジー効果を発揮しやすくなり、M&A買収の目的が達成される確率も高まります。

しかし、問題点を把握しないままM&Aを実行すると、買収後の方針を定めることができないため統合プロセスの成功も期待できません。M&Aに求めていたシナジー効果も弱まってしまいます。結果として、M&Aが失敗に終わる確率も高くなります。

一方、デューデリジェンスによって把握できた問題点については、事前に対策を講じることができます。基本的に問題やリスクを全く抱えていない会社はないので、買収後の経営安定のためにデューデリジェンスを欠かすことはできません。

主なデューデリジェンス一覧

デューデリジェンスは調査の目的や視点によって様々な種類に分類されています。全てを実施する必要はありませんが、関連性や必要性のあるものを選択して効率的に進めていくことが大切です。

【主なデューデリジェンス一覧】

  1. 事業デューデリジェンス
  2. 財務デューデリジェンス
  3. 税務デューデリジェンス
  4. 法務デューデリジェンス
  5. 人事デューデリジェンス
  6. ITデューデリジェンス
  7. その他のデューデリジェンス

1.事業デューデリジェンス

対象会社が属する市場全体を考慮した上で行う調査です。市場全体における対象会社のポジションを把握することで、将来性を判断します。

マーケット分析やビジネスモデル分析など様々な分析を行いますが、特に重要なのはSWOT分析です。外的脅威に対する「外部環境分析」と、内的脅威に対する「内部要因分析」を徹底することで課題を浮き彫りにして、方向性を定めます。

2.財務デューデリジェンス

対象会社の財務状況についての調査です。貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を参考にして、経理処理ミスあるいは不正取引がないかを確認します。

財務諸表が正常であることが確認できれば、正常な収益力や将来的に期待できる収益を明確にすることができます。正確な財務データは、取引価格の調整やM&A手法の立案などに役立てることができます。

3.税務デューデリジェンス

対象会社の税務リスクに関しての調査です。M&A前の税務申告が適正に行われているか、M&A後に課せられる税金はいくらになるかという観点から調査を行います。

M&A以前の申告漏れがM&A後に発覚した場合はペナルティが課せられることもあるので、成約前に確認しておく必要があります。

また、節税効果の高いM&A手法を選択するためという意味合いも強いです。M&A手法次第では繰越欠損金を引継ぎできないこともあるため、適正な調査で正確に把握しておく必要があります。

【関連】M&Aにおける税理士の役割

4.法務デューデリジェンス

対象会社の法務リスクに関する調査です。事業に関する許認可や債権・債務、紛争訴訟などの分野において重大な法的リスクを抱えていないかを確認します。

法的リスクを認識しないままM&Aを成約してしまうと、M&A後の対応に多大な時間と費用を要することになります。事前に法的リスクを認識しておき、許容範囲や対応について協議しておくことが求められます。

5.人事デューデリジェンス

対象会社の人事制度や人材マネジメントに関する調査です。従業員数や人件費などの基本内容から、評価制度や教育、昇進昇格など人事に関わること全てが調査対象となります。

人事領域のリスクを把握しておくことで、M&Aで獲得した人材を有効活用しやすくなります。特に会社経営には人材が必要不可欠なので、重要性が高く準備を整えておくことが重要になります。

6.ITデューデリジェンス

対象会社の情報・管理システムに関する調査です。IT資産の状態を把握することで、システム改修や、将来的に実施するシステム統合に必要な情報を確保することができます。

M&Aにおいてはシステムのライセンス費用などにも注意が必要です。企業向けシステムのライセンス費用は会社の規模で変わる形態が一般的のため、M&Aによりライセンス費用が高くなり、全体のコストが増加することも珍しくありません。

7.その他のデューデリジェンス

ここまで取り上げてきたもの以外にM&Aシーンで行われることが多いのは、不動産デューデリジェンスです。企業の資産には土地・建物などの不動産が含まれていることが多いため、不動産に関する調査も欠かすことができません。

不動産の利用価値は様々ですが将来的な収益に大きく貢献することがほとんどです。不動産の時価は周囲環境や地価などにより常に変動しますので、専門家による物件精査を行い、リスク確認しておくことが重要です。

他には、土壌汚染や大気汚染、アスベストなどの環境周りを調査するものもあります。近隣とのトラブルを招きやすいほか、汚染を発生させた企業に汚染回復責任が問われてしまいます。

環境問題への対応コストは肥大化することが多いです。適切な対応を取るためにも、必要となるコストを事前に把握しておかなくてはなりません。

M&Aの中でデューデリジェンスが必要な流れ

M&Aの中でデューデリジェンスが必要な流れ

デューデリジェンスには様々な目的や役割がありますが、具体的な進行方法はどのようになっているのでしょうか。この章では、M&Aの流れの中でデューデリジェンスに関連する手続きに関して解説します。

【M&Aの中でデューデリジェンスが必要な流れ】

  1. 買収先への資料の開示請求
  2. 買収先の資料から事前分析
  3. 買収先によるマネジメントインタビュー
  4. 契約書の作成

1.買収先への資料の開示請求

まずは、買収側は売却側に対してデューデリジェンスの判断材料となる資料の開示請求を行います。現段階では調査対象に関連する資料がまったくないため、円滑に進行するために資料を提供してもらいます。

M&Aにおけるデューデリジェンスの重要性は売却側も認識しているとはいえ、資料準備には大変な苦労を伴います。売却側より対応する資料を受け取ったら第一段階目は完了です。

2.買収先の資料から事前分析

関連資料を受け取ったら、資料に不備や不足がないか資料精査を行います。請求した資料に対応するものが足りていない場合は早期に再度請求しておくとスケジュールの遅れを最小限に抑えることができます。

資料が整ったら、M&Aのシナジーやリスクに重点をおいて事前分析を行います。ここで行う分析は、M&Aの取引価格や最終契約書の作成に大きく影響を及ぼします。

3.買収先によるマネジメントインタビュー

デューデリジェンスの大まかな方向性が定まったら、買収側が売却側に対してマネジメントインタビューを実施します。提供資料だけでは判断しかねる情報に関して、M&A担当者や該当分野の役員を中心としてインタビューで補完します。

直接の質疑応答は不確定要素を減らすことにも繋がるので、M&A後の統合プロセスに具体性を持たせることができます。

4.契約書の作成

ここまでの調査が完了すると、専門家により調査報告書が作成・提出されます。受け取った調査報告書を基にM&Aの条件等を煮詰めて最終交渉に臨むことになります。

最終交渉がまとまったら、調査・分析で得られた内容を基に契約内容を見直しして最終契約書を作成します。基本合意書の内容から、取引価格の見直しや交渉内容の修正を行います。

基本合意書は法的な効力は持たせないことが一般的ですが、最終契約書は全ての条項において法的効力を持たせます。締結後は一方的に破棄することはできないので慎重に協議する必要があります。

また、契約書の作成と同時に、M&A後の事業展開に関しても運営方針を固めておくことが大切です。計画性が不十分の場合は、事業展開がうまくいかずにシナジー効果を得られにくくなってしまいます。

M&Aでのデューデリジェンスの進め方

M&Aでのデューデリジェンスの進め方

デューデリジェンスの進め方に関しては、まずはM&Aの全体の流れを把握することが大切です。一般的なM&Aにおいてはデューデリジェンスの位置づけは下記のようになっています。

【一般的なM&Aの流れ】

  1. M&Aの専門家に相談
  2. M&A先の選定・交渉
  3. 基本合意書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終契約書の締結
  6. クロージング

M&A先との交渉を経て基本合意書の締結に至り、デューデリジェンスを実施してM&A対象の価値・リスクを調査します。

デューデリジェンスは大がかりな調査になるので、売却側と買収側の協力関係が必要不可欠です。基本合意書の締結段階で、独占交渉期間やデューデリジェンスの協力体制について取り決めておかなくてはなりません。

また、多大な費用と時間を要することからも、双方の意思確認やスケジュール進行の共有を図っておく必要があります。これらの調整を行うタイミングが基本合意段階が適切と考えられています。

調査が完了したらデューデリジェンスの調査結果を基本合意書に反映させて最終契約書を作成します。後は最終契約書の内容に従ってクロージングを実施してM&A完了です。

【関連】M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

デューデリジェンスを実施する際に必要な資料

デューデリジェンスを実施する際に必要な資料

M&Aのデューデリジェンスを円滑に進行させるためには、関連資料が必要不可欠です。売却側は買収側の資料請求に速やかに対応することが求められるので、事前に必要資料を用意しておくことが大切です。

デューデリジェンスの必要な資料は実施するデューデリジェンスの種類によって変わりますが、おおむね共通して必要になる資料は下記のものが挙げられます。
 

書類名 備考
会社案内 会社方針や事業内容などの簡単な概要
会社沿革 会社のこれまでの歩みを簡潔にまとめたもの
役員経歴書 役員以外の重要な役職も対象になることがある
商業登記簿謄本 商人に関する取引上重要な一定の事項が記載されたもの
法務局で取得可能
定款 法人の目的・組織・活動などの基本規則を定めたもの
法務局・公証役場で取得可能
組織図 会社の規模が一定を超えると必須
株主名簿 株主に関する基本情報が記載されたもの
従業員名簿 従業員に関する基本情報が記載されたもの

上述した資料は必要最低限の資料です。実際のM&Aにおけるデューデリジェンスでは上記資料に加え、実施するデューデリジェンスに対応する資料が別途必要になります。

財務デューデリジェンスであれば、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表のほか、出資証券や保険証券、固定資産税課税明細書などの資産勘定に関する資料が必須になります。

事業デューデリジェンスであれば、原価・経費に関する管理資料や、顧客別の売上高帳簿などの販売に関する管理資料などが必須です。

デューデリジェンスの範囲に応じて必要な資料も変化しますので、M&A戦略策定段階から専門家を交えた上で検討しておくなどの対策も必要になるでしょう。

デューデリジェンスの期間

デューデリジェンスの期間

M&Aにおけるデューデリジェンスは基本合意書の締結後に実施されます。現段階までの交渉内容を参考に、調査が必要な分野や必要コストを考慮した上で最終的な範囲を決定します。

デューデリジェンスの調査自体は短期間で終わることもありますが、長引くこともあります。財務や法務などの各分野を同時進行することが一般的なので、事前準備が十分にできている場合は2週間もあれば全て完了します。

ただし、デューデリジェンスに必要な資料の準備が不十分であったり、対象会社の規模が大きかったりする場合は、必要以上に期間を要することもあります。

詳細なスケジュールに関してはM&Aの状況や調査を担当する専門家によって変わります。相談先の専門家と打ち合わせを進めておくと計画的にM&Aを進行することができます。

【関連】買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

デューデリジェンスの費用

デューデリジェンスの費用

デューデリジェンスは該当分野における専門的な知識が必須なので、弁護士や会計士などの専門家に依頼することが一般的です。ですので、依頼する専門家に合わせた費用がかかることになります。

デューデリジェンスの費用に関しては、専門家によって異なる上、会社の規模によっても調査範囲が変動するため、定額費用ではなく時給制を提示している専門家も少なくありません。

弁護士の法務デューデリジェンスの相場は、一人当たり時給2~5万円といわれています。1日8時間の調査を依頼すると法務リスク調査だけで16~40万円の費用がかかりますし、実際には複数の弁護士でデューデリジェンスを行うことになりますので、非常に費用がかかります。

法務以外の調査も必須であることを考慮すると、中小企業のM&Aにおけるデューデリジェンス費用は安く抑えても50~300万円前後はかかると予測されます。

デューデリジェンスのM&Aにおいての重要性

デューデリジェンスのM&Aにおいての重要性

M&Aにおけるデューデリジェンスの目的は、M&A対象の適正な価値を把握することにあります。客観的な情報により価値・リスクを把握して買収価値があると判断されれば、心置きなくM&A買収に踏み切ることができます。

中には、かかる期間や費用の面から、デューデリジェンスの省略を検討する企業も少なくありません。しかし、潜在的なリスクが含まれていた場合に受ける被害は、デューデリジェンスの費用とは比較にならないほどの規模になることが多いです。

全ての種類のデューデリジェンスを実施するのは負担が大きすぎるので、相談先の専門家との打ち合わせにより必要な分野に絞って可能な範囲で実行することをおすすめします。

デューデリジェンスを実施する際の注意点

デューデリジェンスを実施する際の注意点

デューデリジェンスを円滑に進行させるためには、いくつかの注意点に気を付ける必要があります。特に注意すべきポイントは以下の3点です。

【デューデリジェンスを実施する際の注意点】

  1. チェックリストを活用する
  2. デューデリジェンスを実施するタイミング
  3. 事前の計画を立案する

チェックリストを活用する

デューデリジェンスの調査範囲は多岐に渡ります。無計画に調査を行っても、時間や費用をかけた割に成果を得られなかったというケースも少なくありません。

また、専門家に支払う報酬が時給制の場合は調査期間が長引くほど費用も増大してしまいます。M&A成約前に軍資金が尽きてしまう恐れがあるので、円滑な進行を心掛けなくてはなりません。

その際は、チェックリストの活用が効果的です。デューデリジェンスはある程度標準化されたチェックリストがあるので、それを基にして調査・分析を行うと円滑に進行できます。

デューデリジェンスを実施するタイミング

デューデリジェンスの重要性を考えると早期に実施した方がよいと考えるケースもあります。しかし、デューデリジェンスの実施タイミングが早すぎると、いくつかの不都合によってM&Aが失敗に終わる可能性があります。

デューデリジェンスは実地調査が伴うため、従業員や取引先に察知される可能性が高まります。交渉が落ち着いていない段階で誤った情報が出回ってしまうと、憶測を招いてしまいM&Aの進行を妨げてしまいます。

デューデリジェンスの実施タイミングは、基本合意書の締結後が最適です。M&Aに対する双方の意思確認や今後の進行について考えを共有することができているので、デューデリジェンスに関しても協力して臨むことができます。

事前の計画を立案する

デューデリジェンスは基本的に買収側の主導で進行しますが、売却側にも買収側が求めている資料を迅速に提供するという大切な役割があります。

迅速に対応するためには、事前計画を立案して必要となる資料に予測を立てておくことが大切です。買収側から請求を受ける前に準備を進めておくことができれば、早期に資料を提供することが可能となり、デューデリジェンスが完了するまでの期間を短縮することができます。

【関連】M&A失敗の要因とは?失敗割合や失敗した会社の事例を解説

デューデリジェンスの成功とは

デューデリジェンスの成功とは

M&Aの成否はデューデリジェンスの進行にかかっているといっても過言ではありません。デューデリジェンスを成功させるために押さえておきたいポイントは以下の3つです。

【デューデリジェンスの成功率をあげるポイント】

  1. 正確な情報を資料にまとめる
  2. 顧問税理士などに協力してもらう
  3. M&Aの専門家に相談する

正確な情報を資料にまとめる

デューデリジェンスで提供する資料はM&Aの判断材料になるものです。

売却側が提供する情報が正確ではない場合、M&Aの判断資料とすることができず、デューデリジェンスの目的は達成されません。

買収側の判断次第ではM&A買収を見送るという結果になることもありえるため、客観的なデータを提供するためにも正確な情報をまとめるように努める必要があります。

顧問税理士などに協力してもらう

デューデリジェンスは該当分野の専門知識が必要になります。税務や法務などの専門的知識がなければ、調査・分析作業を満足に実施することはできず、価値・リスクを洗い出すこともできません。

専門家にあてがない場合は、顧問税理士などに相談することをおすすめします。中小企業の場合は日常の税務処理で税理士と顧問契約していることが多いので、会社の内情もよく把握しています。

税理士は財務・税務・事業などのデューデリジェンスに幅広く対応することができるので、相談先の候補として最適です。

M&Aの専門家に相談する

デューデリジェンスは、M&Aの専門家に相談する方法も有効です。完全に外部の専門家であれば客観性を高く保つこともできるので、デューデリジェンスで収集する情報の信憑性を高める効果も期待できます。

また、M&A買収後の事業展開も見据えることが大切です。M&Aの専門家であれば、統合プロセスは得意分野なので具体性のある計画を立案することができます。

特におすすめの相談先はM&A仲介会社です。デューデリジェンスの手配を含めた一貫したM&Aサポートが特徴的であり、財務・税務・法務などのあらゆる分野に対応することができる専門家です。

デューデリジェンスの対応におすすめの相談先

デューデリジェンスの対応におすすめの相談先

デューデリジェンスは高い専門性が求められます。該当分野に対応できる専門家でなければ、適切な調査・分析の実施は極めて難しいといえます。

さらに、入念な準備や実施タイミングなどの注意点もあります。M&Aの進行はデューデリジェンス以外にも多岐に渡りますので、M&Aの専門家に依頼することをおすすめします。

M&A総合研究所は、M&A仲介サポートに特化したM&A仲介会社です。デューデリジェンスの手配を含めた一貫したM&Aサポートを提供しており、相談から成約まで責任をもって対応しています。

M&Aの手数料は完全成功報酬制です。M&Aが成約するまで一切の仲介手数料が発生しませんので、初期費用に関して不安のある方も安心してご相談いただけます。

無料相談は24時間体制でお受けしています。M&Aやデューデリジェンスにお悩みの際は、お気軽にM&A総合研究所までご連絡ください。弊社に在籍するM&A経験豊富なスタッフが真摯に対応させていただきます。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

デューデリジェンスはM&Aを成功させる上で欠かすことができない工程です。M&A対象の適正な価値を調査するということは、M&A後の経営を安定化させることにも繋がるため、計画的に臨む必要があります。

しかし、デューデリジェンスを円滑に進行するためには専門的な知識や入念な準備が必要になります。その際は外部の専門家に相談することで協力を仰ぐことをおすすめします。

【デューデリジェンスの目的とM&Aの関係性】

  1. 会計帳簿をチェックした企業価値評価
  2. M&Aの必要性を示す目安
  3. 問題の分析
  4. 最終契約の内容に結果を反映
  5. 買収後の経営についての確認

【M&Aの中でデューデリジェンスが必要な流れ】
  1. 買収先への資料の開示請求
  2. 買収先の資料から事前分析
  3. 買収先によるマネジメントインタビュー
  4. 契約書の作成

【デューデリジェンスを実施する際の注意点】
  1. チェックリストを活用する
  2. デューデリジェンスを実施するタイミング
  3. 事前の計画を立案する

【デューデリジェンスの成功率をあげるポイント】
  1. 正確な情報を資料にまとめる
  2. 顧問税理士などに協力してもらう
  3. M&Aの専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)