2020年11月12日公開会社・事業を売る

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、ノンネームの役割や作り方を解説します。

目次
  1. ノンネームとは?
  2. ノンネームの役割とは
  3. ノンネームの作り方・手順
  4. ノンネームはどのタイミングで活用される?
  5. ノンネームを作成する際に注意すること
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

ノンネームとは?

ノンネームとは?

M&Aが成約するまでには、譲渡側・譲受側の意思確認や交渉内容の取り決めなどを目的として、さまざまな書面や契約書を取り交わします。

M&Aの初期段階で作成・提出する書面のなかに、ノンネームと呼ばれるものがあります。その名の通り、匿名性を持つ書面ですが、企業概要を要約したものでM&Aの進行を手助けする重要な役割を持っています。

ノンネームについて

ノンネームとは、M&Aの譲渡対象の企業名を匿名状態にしたまま簡単な企業概要を記載したものです。

企業名を特定されることを防止するため内容を簡潔に1ページに収めることが多く、「一枚もの」と呼ばれることもあります。

ノンネームはM&A仲介会社を介して、譲渡企業より譲受企業に対して提出します。詳細な内容を記載すると譲受企業から特定されるリスクがあるため、簡潔にまとめつつ自社の特徴を分かりやすく伝えることがポイントになります。

社名特定によるデメリットは、情報漏洩リスクが高まることです。M&Aによる売却を検討していることが外部に漏れてしまうと、従業員や取引先に要らぬ憶測を呼んでしまう恐れもあります。

ノンネームを通して譲受企業が興味を示したら、秘密保持契約を締結したうえでネームクリアします。秘密保持契約とは、取引で開示する秘密情報の目的外使用を制約するために締結する契約書です。

ネームクリアとは

ネームクリアとは、ノンネームで伏せていた企業名を譲受企業に対して開示することです。M&A交渉を進めるためには詳細な企業情報が必要になるため、秘密保持契約により安全性が担保された段階でネームクリアします。

ネームクリアは、譲受企業がM&A買収に対して前向きな姿勢であることを意味していますが、M&Aの成約が確定したものではありません。ネームクリアで公開される企業概要や以降の交渉次第では、M&Aが破断になることもあります。

IM(企業概要書)との違い

IM(企業概要書)とは、譲渡企業の詳細な概要を記載したものです。ノンネームで興味を持った譲受企業がさらに検討を進めるために、譲渡企業側はIM(企業概要書)で詳細な情報を提供します。

IM(企業概要書)には、社名や売上高などの会社概要から、会社資産や譲渡理由まで幅広く記載します。譲渡企業の強み・魅力をアピールする役割があるため、通常は開示しないような情報も記載されることが多いです。

独自に保有する技術・ノウハウなども載せるため、秘密保持契約で秘密情報の扱いについて取り決めておくことが大切です。

数十ページにも及ぶ書類となるので、1ページ分のノンネームと比較すると、作成に労力や時間がかかります。事前に会社資料がまとまっている場合は1~2週間で作成できることもありますが、通常は1ヵ月前後かかることが多いです。

【関連】ノンネームシートとは?意味やM&Aでの活用、情報漏えいの危険性を解説

ノンネームの役割とは

ノンネームの役割とは

ノンネームの役割は、秘匿性を持ったまま譲受企業にM&Aを打診することです。M&Aの売却先を探すためには、なるべく多くの譲受企業とコンタクトを取る必要がありますが、打診段階で社名を公開すると情報漏洩のリスクが高くなってしまいます。

そのため、M&A仲介会社などのM&Aの専門家を介して、ノンネームで情報公開範囲を限定しながら複数の譲受企業に買収検討を行ってもらいます。

ノンネームによる買収検討で反応を示す譲受企業が現れたら、秘密保持契約を締結した後、IM(企業概要書)を提供します。ノンネームで伏せていた社名や詳細な概要を記載している書類なので、本格的な交渉を開始することができます。

ノンネームの作り方・手順

ノンネームの作り方・手順

ノンネームは、匿名状態で譲受企業にM&Aを打診するための書面です。譲渡企業と譲受企業が直接やり取りするわけにはいかないので、まずM&A仲介会社の仲介サポートを依頼することから始めます。

M&A仲介会社とM&A仲介のアドバイザリー契約を締結したら、M&Aの方針を決定します。M&Aの目的や条件、譲渡希望価格などの情報を共有してM&A戦略を策定します。

M&Aの大まかな方向性が定まったら、M&A相手を探すために譲受企業に提出するノンネームを作成します。

ノンネームの内容は簡単な概要ですが、譲受企業の第一印象を決める大切な書面でもあるので、自社の魅力が伝わるよう丁寧に作成する必要があります。

ノンネームが出来上がったら、譲受企業に提出して買収検討してもらいます。ノンネームによる打診は1社1社進めることも可能ですが、複数社に同時打診することが一般的とされています。

【ノンネームの作り方・手順】

  1. M&A仲介会社へ相談
  2. M&A仲介会社とアドバイザリー契約の締結
  3. M&A戦略の策定
  4. ノンネームの作成
  5. ノンネームの提出&M&A相手の選定

【関連】M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

ノンネームはどのタイミングで活用される?

ノンネームはどのタイミングで活用される?

ノンネームの活用タイミングは、本格的なM&A交渉に入る直前です。匿名状態で譲受企業を探すために活用するので、M&A仲介会社に委託した直後に作成に取り掛かる必要があります。

ノンネームの記載内容は概要のみなので短時間で作成できますが、直後に必要になるIM(企業概要書)は詳細な情報を記載する必要があるため、1ヵ月前後の作成期間を要することが多いです。

ノンネームで買収検討した譲受企業より反応が得られた場合は、IM(企業概要書)を提供することになります。

即座に提供できる状態が望ましいので、ノンネームと一緒にIM(企業概要書)も準備しておけると交渉を円滑に進めやすくなります。

ノンネームを作成する際に注意すること

ノンネームを作成する際に注意すること

ノンネームは匿名状態で譲受企業を探せるメリットがありますが、複数の企業に対して情報提供することになるため、業種や企業規模などから社名を特定されるリスクがあります。

特に地方の場合、業種によっては事業者数が限定されることも多く、限られた情報だけでも特定されやすい傾向にあります。

特定されるのも防ぐためには、都道府県を明記するのではなく、地方(近畿地方、東北地方等)で記載するなど、あえて内容をぼかす方法が有効です。

ただし、内容が曖昧すぎるとM&A相手から関心を持たれにくくなるという問題もあります。M&Aが長期化すると売却するタイミングを失ってしまう可能性もあるので、なるべく早い段階で交渉プロセスに移行するのが望ましいです。

ノンネームでは、特定されない範囲に情報を抑えつつ、自社の魅力・強みを伝える必要があります。記載内容に関しては、M&A仲介会社と相談しながら決定することをおすすめします。

M&Aのご相談はM&A総合研究所へ

ノンネームは、譲渡企業と譲受企業の橋渡し役を務める大切な書面です。適正な内容に仕上げなければ交渉の場に進めることも難しくなるため、M&A仲介会社のサポートを受けることをおすすめします。

M&A総合研究所は、M&A・事業承継の仲介を行っているM&A仲介会社です。中堅・中小規模の案件を得意としており、M&A仲介における豊富な実績を持っています。

M&Aの経験・知識が豊富なアドバイザーがサポートを担当します。ノンネームの作成を含め、ご相談からご成約までのサポート体制が整っているので、一貫性を持ってM&Aを進めることができます。

また、弊社には弁護士も在籍しています。ネームクリア直前の秘密保持契約の締結や各種契約書の締結など、法務が関わる場面でも安心して進めていただくことができます。

無料相談は24時間お受けしています。M&Aにお悩みの際は、お気軽にM&A総合研究所までご連絡ください。M&A経験豊富なスタッフが親身になって対応させていただきます。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

ノンネームは、M&Aを進めるうえで欠かすことができない書面です。初期段階で必要になるので、早急に作成しなくてはなりませんが、内容が不完全だとM&A相手がみつかりにくくなる可能性もあります。

ノンネームの効果を最大限に発揮するためには、簡潔な内容ながらも相手に魅力が伝わる内容にする必要があります。作成の際は、専門家のサポートを受けつつ進めるとよいでしょう。

【ノンネームとは】

  • ノンネームとはM&Aの譲渡対象の企業名を匿名状態にしたまま簡単な企業概要を記載したもの
  • ノンネームの役割は秘匿性を持ったまま譲受企業にM&Aを打診すること
【ノンネームの作り方・手順】
  1. M&A仲介会社へ相談
  2. M&A仲介会社とアドバイザリー契約の締結
  3. M&A戦略の策定
  4. ノンネームの作成
  5. ノンネームの提出&M&A相手の選定
【ノンネームを作成する際の注意点】
  1. 特定されるリスクはゼロではない
  2. 情報を限定しすぎると興味を持たれにくくなる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)