2021年1月25日公開会社・事業を売る

バイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法【成功事例5選】

バイアウトとは、買収によって会社の経営権を獲得することであり、イグジット戦略はオーナー経営者などが育ててきた会社の投資を回収する方法です。本記事ではバイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法、成功事例などを紹介します。

目次
  1. バイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法 
  2. バイアウトによるイグジット戦略の成功事例5選
  3. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

バイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法 

バイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法

近年は、ほかの企業やファンドへ自社株式を売却するイグジットが増えてきており、その際はバイアウトが活用されています。

バイアウトによるイグジット戦略には多くのメリットがありますが、成功させるためには、適切なタイミングと方法を選ぶ必要があります。

本記事では、バイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法を事例とともに紹介しますが、まずはバイアウトとイグジット戦略の意味について解説します。

バイアウトとは

バイアウトとは、買収によって会社の経営権を獲得することを指し、日本ではオーナー経営者が会社を売却することもバイアウトと呼ぶことがあります。バイアウトによるイグジット戦略は、目的によって3つの方法に分けられます。

【バイアウトの方法】

  1. MBO
  2. EBO
  3. LBO

1.MBO

MBO(マネジメント・バイアウト)とは、経営陣が他株主から株式を買い集めることで経営権を自社に集約するイグジット方法です。

経営権が分散していると、経営の迅速な意思決定が阻害されたり、短期的な結果を出さなければならず、中長期に渡る戦略を構築しづらいデメリットが生じる可能性があります。

そこで、MBO(マネジメント・バイアウト)によって株式を経営陣の元に集めることでイグジットを行い、迅速な意思決定と中長期に渡る経営戦略の実現を目指します。

MBO(マネジメント・バイアウト)によるイグジットを実現するには、経営陣がバイアウトの資金を持っていなければなりません。

そこで、多くの場合経営陣は投資ファンドや金融機関などから資金を借り入れることで、MBO(マネジメント・バイアウト)によるイグジットを実行します。

2.EBO

EBO(エンプロイー・バイアウト)とは、従業員によるバイアウトを指します。EBO(エンプロイー・バイアウト)によるイグジット戦略は、中小企業の事業承継でよくみられます。

親族間での事業承継の場合、無償で株式を引き継ぐケースがほとんどですが、EBO(エンプロイー・バイアウト)を活用した事業承継では有償譲渡がほとんどであるため、従業員はEBO(エンプロイー・バイアウト)を行うための資金調達をしなければなりません。

資金調達がうまくいかず、EBO(エンプロイー・バイアウト)によるイグジットに失敗するケースもあるので、経営者と従業員が協力して計画的に進める必要があります。

3.LBO

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは、買収先企業を担保に買収を行うイグジット戦略です。

買収を行う企業は、買収先企業を担保に買収資金を借り入れ、借り入れた資金の返済は買収先企業が行うことになり、LBO(レバレッジド・バイアウト)を実行する際は、特有のスキームを用います。

まずは特別目的会社を設立し、そこに買収資金を入れます。そして特別目的会社を通して買収を行い、買収対象企業と特別目的会社を合併することで、LBO(レバレッジド・バイアウト)は完了となります。

買収された企業は、買収されたうえに買収資金の返済もさせられることになり、さらに厳しい返済条件が課せられます。そのため、返済計画が滞ると一気に経営破綻に陥るケースもあります。

LBO(レバレッジド・バイアウト)は、買収先企業というテコを利用して大きなバイアウトを成し遂げられるメリットはありますが、その分失敗した際には大きな損失を被るリスクもあるイグジット戦略です。

【関連】企業価値10億でバイアウト・会社売却するには?【成功/失敗事例】

イグジット戦略とは

イグジット戦略とは、オーナー経営者などが、育ててきた会社の投資を回収する方法のことを指します。イグジットの方法には大きく分けて、バイアウトとIPOがあります。

バイアウト

バイアウトとは、M&Aによって会社を売却して投資を回収するイグジット戦略のことです。

以前まで、ベンチャー起業家などが目指すイグジットはIPOであることがほとんどでしたが、近年はバイアウトによるイグジットを目指すベンチャー起業家が増えています。

IPOの場合は厳しい条件をクリアしなければなりませんが、バイアウトの場合はIPOよりも比較的イグジットがしやすい点がメリットです。

そのため、最近では何度もバイアウトによるイグジットを繰り返す、シリアルアントレプレナーが注目されるようになりました。

IPO

IPOとは、証券取引所に上場することで投資を回収するイグジット戦略であり、上場することで数多くの投資家から広く資金を集めることができる点がメリットです。

しかし、IPOを行うまではバイアウトに比べて長い時間がかかることが多く、IPOが決まってからも厳しい条件をクリアする必要があります。

一方、バイアウトによるイグジットは環境が整ってきたこともあって、IPOではなくバイアウトによるイグジットを目指す起業家が増えています。

【関連】【企業価値100億超】会社売却・バイアウト成功事例10選!動向を解説

バイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法とは 

バイアウトによるイグジット戦略を成功させるためには、どのようなポイントを押さえておけばよいのでしょか。ここでは特に意識すべき5つのポイントを解説します。

【バイアウトによるイグジット戦略を成功させる方法】

  1. バイアウトのタイミングを見定める 
  2. 財務情報はまとめておく 
  3. 節税対策の情報をまとめておく 
  4. 価格算定方法の見極めをする 
  5. バイアウトファンドの活用する 

1.バイアウトのタイミングを見定める

バイアウトによるイグジット戦略を成功させるためには、実施タイミングが重要です。バイアウトのタイミングには、会社のタイミングと外部環境のタイミングがあります。

一般的に、会社が成長期にあるタイミングでバイアウトを行うと成功率が高くなります。外部環境がバイアウトに適しているかも重要であり、景気の波や本業のトレンドなどがバイアウトに適しているかどうかを見極める必要があります。

いくら魅力的な会社であったとしても、外部環境が悪くM&A相手がいない状態であればM&Aが成立することはありません。

外部環境がよいときにバイアウトができるよう、常に万全の体制を整えておかなければならないため、早めにバイアウトの準備をすすめておくことが重要です。

M&Aの準備は手間がかかるうえに専門的な知識も必要となるので、なかなか準備に取り掛かれないというケースもあるでしょう。M&Aの専門家に早めに相談しておくことで、バイアウトの準備を整えておくことができます。

2.財務情報はまとめておく

バイアウトによるイグジット戦略を成功させるには、買い手側が財務情報を的確に把握しやすいよう、資料などにまとめておくことも大切です。

特に、ベンチャー企業などで社内体制がしっかりと整っていない場合、買い手からの信頼性を高めるためにも財務情報の整理が必要です。

バイアウトを決定してから財務情報をまとめ始めるのではなく、普段から財務情報を整理しておくことがバイアウトのイグジット戦略では重要なポイントになります。

【関連】デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

3.節税対策の情報をまとめておく

バイアウトによるイグジット戦略を進めるうえでは、財務情報の整理と同時に、節税対策の情報をまとめておくことも必要です。

特にベンチャー企業の場合、節税も含めたお金の管理がしっかりとできていないケースが多くみられます。

財務情報とともに、節税対策の情報をまとめておくことで買い手からの信頼性を上げることが可能です。

4.価格算定方法の見極めをする

バイアウトの際にはバイアウトの価格を決める必要がありますが、価格算定方法は複数あり、どの算定方法が適しているかはバイアウト案件ごとに違ってきます。

また、各算定方法には長所と短所があるため、複数の算定方法を組み合わせるなどして、正確性を高めなければなりません。

より正確な価格算定には、専門家によるサポートを得ながら適切に行う必要があります。

5.バイアウトファンドの活用する 

バイアウトによるイグジット戦略の際、バイアウトファンドを利用する方法もあります。バイアウトファンドとは、投資した企業の企業価値を向上させて、売却することにより利益を得るファンドです。

バイアウトに関する経験が豊富なので、バイアウトファンドを通すことで
バイアウトによるイグジット戦略が成功する確率を上げることができます。

また、バイアウトによるイグジットを成功させるには、M&A仲介会社を利用する方法もあります。M&A仲介会社は、主に中小企業・ベンチャー企業などのバイアウトを得意としています。


中小・中堅規模のM&A仲介を手掛けるM&A総合研究所では、豊富な知識・経験を持つアドバイザーが親身になってサポートいたします。

また、M&A総合研究所は完全成功報酬制の手数料体系を採用しておりますので、安心してご利用いただけます。

無料相談はお電話またはメールフォームより随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

バイアウトによるイグジット戦略の成功事例5選

バイアウトによるイグジット戦略の成功事例5選

本章では、バイアウトによるイグジット戦略に成功した事例を5つ紹介します。

【バイアウトによるイグジット戦略の成功事例5選】

  1. レックスホールディングス経営陣によるバイアウト
  2. すかいらーく経営陣によるバイアウト
  3. 東芝セラミックス経営陣によるバイアウト
  4. オリオンビール経営陣によるバイアウト
  5. ワールド経営陣によるバイアウト

1. レックスホールディングス経営陣によるバイアウト

レックスホールディングス経営陣によるバイアウト

レックスホールディングス

出典:https://www.reins.co.jp/

レックスホールディングスは、2007年、バイアウトファンドのアドバンテッジパートナーズによるサポートを得ながら、レックスホールディングスの経営陣がバイアウトを行いました。

しかし、レックスホールディングスはバイアウトの過程に不正があったのではないかと株主から疑われ、訴えられることとなります。

実際に不正は発覚しましたが、バイアウトが中止になることはなく、最終的に経営陣によるバイアウトは実行されました。

2.すかいらーく経営陣によるバイアウト

すかいらーく経営陣によるバイアウト

すかいらーく

出典:https://www.skylark.co.jp/

すかいらーくの経営陣は、2006年、株主に経営方針を左右されず中長期で経営を立て直すため、バイアウトによってイグジットを行いました。

これにより、すかいらーくは上場を廃止しましたが、バイアウトファンドなどの支援を受けながら経営の立て直しを順調に進めていき、2014年には再び上場することに成功しています。

3.東芝セラミックス経営陣によるバイアウト

東芝セラミックス経営陣によるバイアウト

東芝セラミックス

出典:http://www.coorstek.co.jp/jpn/corporate/

東芝セラミックスは東芝の子会社でしたが、2006年、東芝セラミックスの経営陣がバイアウトを行い、独立を果たしました。

東芝セラミックスは、バイアウトファンドから資金を得てバイアウトを行うことで独立し、東芝に経営方針を左右されることのない体制を構築しています。

経営陣によるバイアウトは、経営状態が悪化したことを理由に行われることが多いですが、東芝セラミックスの場合、業績が好調であるにもかかわらず経営陣によるバイアウトを実行しています。

本バイアウトにより、東芝セラミックスは社名もコバレントマテリアルへと変更しました。

【関連】MBIとは?意味やMBOとの違いを解説

4.オリオンビール経営陣によるバイアウト

オリオンビール経営陣によるバイアウト

オリオンビール

出典:https://www.orionbeer.co.jp/

沖縄の地ビールであるオリオンビールは、2019年、経営陣によるバイアウトを実施しました。

オリオンビールは、高いブランド力を持つビールメーカーですが、近年は業績が悪化しています。また、老舗企業であることから、株主の高齢化による相続問題も発生していました。

そこで、オリオンビール経営陣は事業の立て直しと株式の集約のため、バイアウトによるイグジット戦略を実行することになります。

外部資金を入れてのバイアウトには、一部沖縄県民から反対の声も上がりましたが、バイアウトは実行され経営の立て直しを進めています。

5.ワールド経営陣によるバイアウト

ワールド経営陣によるバイアウト

ワールド

出典:http://corp.world.co.jp/?link_id=wos_F_company

大手アパレルメーカーのワールドは、2005年、中長期で会社の成長可能性を高めること、敵対的買収の防衛策を目的として、経営陣によるバイアウトを行いました。

ワールドは経営陣によるバイアウトの後、会社の成長を実現するための施策を次々と打ち出して実行しています。

その結果、利益の出やすい体質を作り上げることができ、環境の変化にも耐えられる体制が構築できたことから、2018年に再び上場を果たしています。

【関連】会社売却の成功・失敗ポイントとは?手順や注意点を事例付きで徹底解説

まとめ 

まとめ

バイアウトとは買収によって会社の経営権を獲得することであり、イグジット戦略とはオーナー経営者などが育ててきた会社の投資を回収する方法です。

バイアウトによるイグジット戦略は近年増えていますが、成功させるためには実施タイミングが重要になるので、タイミングを逸しないように常に体制を整えておくことが大切です。

【バイアウトの方法】

  1. MBO
  2. EBO
  3. LBO
【イグジットの方法】
  1. バイアウトによるイグジット
  2. IPOによるイグジット
【イグジット戦略を成功させるポイント】
  1. タイミングを見定める 
  2. 財務情報はまとめておく 
  3. 節税対策の情報をまとめておく 
  4. 価格算定方法の見極めをする 
  5. バイアウトファンドの活用する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)