2021年4月29日更新会社・事業を売る

バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点

バリュエーションとは投資案件全般において対象の価値を評価する行為であり、M&Aの際にも非常に重要なプロセスです。本記事では、M&Aシーンに焦点を絞って、具体的なバリュエーション方法の詳細を紹介するとともに、注意点などについてもわかりやすく解説します。

目次
  1. バリュエーションとは?
  2. バリュエーションの意義
  3. M&Aでのバリュエーションの生かし方
  4. M&Aのバリュエーション
  5. M&Aのバリュエーションの注意点
  6. バリュエーションのまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

バリュエーションとは?

バリュエーションとは?

個人であっても法人であっても、投資行為をしようとする場合、投資対象に投資する価値があるかどうか評価してうえで決断・決行しなければなりません。このときに、投資に値するかどうか価値を計算・評価する行為のことを、バリュエーション(Valuation)と呼んでいます。

バリュエーションの方法には、NPV(正味現在価値)・ペイバック(回収期間)法・会計上の収益率・IRR(内部収益率)などが挙げられます。また、新たな指標としては、経済的付加価値(EVA)が代表的です。

なお、現在の株価と本来の企業価値を比較する株価指数(株価バリュエーション)をバリュエーションと呼ぶケースもあり、株価指数の具体例を挙げるとPER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)などです。

投資対象というと一般的に株式や不動産などが挙げられますが、このうち株式の評価は結果的に対象企業の評価を行う行為と同等です。つまり、M&Aシーンにおいて「買収対象企業を相手に行う価値の評価」に他なりません。

M&Aシーンにおいてバリュエーションは実施されますが、これは日本語で「企業価値評価」と表記されるプロセスです。そこで本記事では、M&Aにおけるバリュエーションについて詳しく紹介します。

【関連】企業価値とは?企業価値向上施策、計算方法をわかりやすく解説
【関連】企業評価とは?企業評価方法や企業評価のメリット・デメリット

バリュエーションの意義

バリュエーションの意義

M&Aにおけるバリュエーションの意義は、企業価値の評価にあります。簡単にいうと、対象の会社を買う場合にふさわしいと考えられる値段の算定です。しかし、ひとことに値段といっても、値付けには複雑な計算が伴います。企業価値にはさまざまな要素があり、一面的な観点での計算は不可能であるためです。

企業には多くの社員が所属しており、業種に特化した施設・設備を所持する企業もあります。また、事業所として土地や建物を所有するケースもあるほか、何らかの特許を有している可能性もゼロではありません。

そのほか、対象会社ならではの営業ノウハウ・販売ノウハウ・開発ノウハウなどを抱えているケースもあります。その反面、投資に失敗して大きな負債を抱えている可能性もゼロではありません。企業は、こうした複雑な要因のうえに成り立っています。

上記を踏まえて、M&Aにおけるバリュエーションとは、企業が現在行っている事業の将来性や今後の収益性を予測して価値を評価する(値段を付ける)行為です。

そのため、実際に採用される方法は一つに限定されていません。一つの手法だけでは、正しい評価を出せるとはいい切れないためです。

加えて、現在価値の評価だけでなく将来性の評価の加味が望ましい点も、算定方法が複数存在する理由の一つです。

M&Aにおけるバリュエーションには数種類の方法が採用されており、複数の方法を組み合わせて最終評価を出すことも多いため、算出には専門知識が求められます。よって、M&Aのバリュエーションを行う際は、専門家に依頼することをおすすめします。

M&A総合研究所には豊富な知識と経験を持つアドバイザーが在籍しており、培ってきたノウハウを生かしてM&A手続きをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。

相談料は無料となっておりますので、M&Aをご検討の場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

M&Aでのバリュエーションの生かし方

M&Aでのバリュエーションの生かし方

M&Aでバリュエーションを行う理由は、買収候補企業の適正価格を把握するためです。つまり、少しでも安く買収する目的で行われるのではなく、その企業の価値を正確に把握するために実施されます。

買収側の経営陣は、買収を決定すると株主をはじめステークホルダーへの説明責任を負います。このときに、合理的かつ定量的に説明できる適性価格であれば、ステークホルダーから反発が起きないため、バリュエーションを行うのです。

また、M&Aでは交渉相手である売り手企業が存在します。売り手企業としては、M&A取引に臨む際、事前に売却希望価格(オファー価格)を検討しなければなりません。

そこで、買い手と売り手が争うことなく買収協議をスムーズに進めるうえで、バリュエーションにより評価された適正価格は大きな役割を担います。

M&Aを行う際は、事前に次項から紹介するさまざまなバリュエーション手法の実態を把握しておきましょう。

複数種類から最適な手法を選び取ることも重要であるほか、交渉時はバリュエーションで算定した適正価格に固執せず、柔軟に売却価格を決定していく姿勢もM&Aを成約させる秘訣です。

【関連】M&Aにおけるバリュエーション
【関連】M&Aの成功を左右する企業価値

M&Aのバリュエーション

M&Aのバリュエーション

本章では、M&Aで実際に採用されているバリュエーションの手法について具体的に紹介します。M&Aのバリュエーションの種類は、大きく分けてコストアプローチ・インカムアプローチ・マーケットアプローチの3つです。これら3つの手法は、さらに具体的な評価・算定法に細分化されます。

ここからは、これら3つの手法について順番に詳しく紹介します。その後、ベンチャー企業で例外的に採用される手法「ベンチャーキャピタルメソッド」についても取り上げるので合わせて把握しておきましょう。

①コストアプローチ

コストアプローチとは、基本的に貸借対照表にある純資産と負債に着目して企業価値を評価する方法です。コストアプローチの大きな特徴は、貸借対照表を使って行うのみのシンプルな方法であり、手軽かつ手早く客観的な評価を行える点にあります。

ただし、コストアプローチでは企業の過去から現在の状況までは読み解けるものの、将来性など未来の価値は評価要素に組み込まれていません。そのため、M&Aにおけるバリュエーションとしては、現在それほど採用されていない評価方法です。

なお、コストアプローチはさらに「簿価純資産法」と「時価純資産法」の2つの方法に分類されるので、ここからは個々の違いを比較し把握しておきましょう。

簿価純資産法

簿価純資産法とは、貸借対照表の純資産合計額から負債総額を差し引いて企業価値を評価する方法です。

ただし、帳簿上の数字は会計上の決まりに沿って計上されており、実際の資産価値と乖離している可能性があるため、簿価純資産法で得た評価の確実性は低いといえます。

時価純資産法

時価純資産法は、簿価純資産法の欠点を補うべく考案された方法です。具体的にいうと、純資産について簿価ではなく時価に換算してから負債総額を差し引く手順で評価を算出します。

この方法についてはさらに種別がありますが、M&Aでは主に「再調達原価」の指標が採用されます。これは資産や負債を新たに取得し直す前提に立って、その場合に生じる付帯費用なども時価に加算する方法です。

【関連】時価純資産法とは?計算方法や企業価値評価における活用、DCF法との違いを解説
【関連】企業価値の計算方法

②インカムアプローチ

インカムアプローチとは、コストアプローチと対照的に、評価対象の会社が将来獲得するキャッシュフローに着目して企業価値を評価する方法です。インカムアプローチに分類される方法も複数ありますが、M&Aで主に採用される方法としては「DCF法」が挙げられます。

DCFとは「 Discounted Cash Flow」の略であり、具体的にいうと将来のキャッシュフローを現在価値に割引したうえで有利子負債などを差し引く企業価値評価方法です。この方法は、評価対象企業の将来性を加味した評価の算出に適しています。

その反面、インカムアプローチは、緻密な事業計画を作成しなければ正確な企業評価の算出が難しい方法でもあります。また、算定に用いる割引率の数値や事業計画の数値内容などは担当者の裁量次第で決められるため、担当者の主観に左右されてしまう点もデメリットです。

したがって、DCF法を用いる場合は、担当者を複数体制にするほか、事業計画内容自体が妥当かどうか精査を行うといった措置を講じると良いでしょう。

【関連】インカムアプローチ
【関連】DCF法による企業価値の算定

③マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは、すでに市場で成立している価値を参照して企業価値評価を行う方法です。過去に実際に行われた取引や市場で成立している価値を参照して企業価値を評価する方法であり、客観性を担保しやすい点がメリットといえます。

ただし、評価対象となる会社と類似している会社や類似するM&Aの成立案件探しは困難です。類似している会社やM&A成立案件を見つけられない場合、マーケットアプローチの採用を断念しなければなりません。

また、比較対象とする会社を選ぶ行為自体が担当する人物による主観的判断にもとづくため、恣意性を排除できない点もデメリットです。さらに、マーケットアプローチ手法で導き出す企業価値評価の数値は、比較をもとにした推察であるために精密性を欠きます。

したがって、実際には、別のバリュエーション方法と組み合わせて行うのが望ましいです。状況に応じて適用により評価できるケースとそうでないケースがありますが、マーケットアプローチには以下の5種類の方法が挙げられます。

  • 市場株価法
  • 売買実例法
  • 類似企業比較法
  • 類似取引比較法
  • 類似業種比較法

それぞれの方法を順番に詳しく紹介します。

市場株価法

市場株価法とは、上場会社のみ採用できるマーケットアプローチの一つです。具体的にいうと、対象会社の直近1~6ヵ月の平均株価を評価額とする、シンプルかつ客観的で便利な方法だといえます。ただし、値動きに特殊な変動が見られる場合には、期間設定などに注意が必要です。

売買実例法

売買実例法とは、非上場企業で取引市場には株価のデータは存在しないものの、第三者に対して自社株式の売買を行っている場合に採用できる方法です。具体的にいうと、過去の売買取引での価格を株式評価額として考えます。

この論拠は、法人税法における「過去の売買取引額が適正と認められる場合は株式評価額とみなす」規定にもとづいています。

類似企業比較法

類似企業比較法とは、評価対象企業と同業種で企業規模などが類似している上場企業を探したうえで、その企業の株価などをベースに対象会社の評価を導き出す方法です。

類似する企業があれば非常に信頼性の高いデータが得られますが、類似企業の探索が非常に困難であるケースも多く見られます。類似企業が見つからない場合、類似企業比較法を用いることはできません。

類似取引比較法

類似取引比較法とは、近年成立したM&A事例の中から評価対象会社と類似するケースを探したうえで、そのM&Aの売買成立価格を対象会社の評価の一つとして採用する方法です。

バリュエーション方法として一定の評価はあるものの、M&Aが盛んに行われている業種とそうでない業種では価格の算出方法が異なるとの指摘も目立っています。

類似業種比較法

類似業種比較法は、マーケットアプローチの中で最も緻密さに欠けます。具体的にいうと、資料として国税庁が発行する「類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等」を用いて、ここから評価対象企業と同一業種の株価やその他の数値データを参照して評価を行う手法です。

上記の資料は業種ごとの上場企業の平均値であるため、たとえ同業種といえど対象企業の現実的な評価に直結するとはいえません。したがって、M&Aにおけるバリュエーションとしては、現在ほとんど採用されていない方法です。

【関連】企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

④ベンチャーキャピタルメソッド

M&Aで採用されるバリュエーション方法は3種類あると述べましたが、そのほかにベンチャー企業を対象とする例外的なバリュエーション方法も存在します。それが、ベンチャーキャピタルメソッドと呼ばれる方法です。

具体的にいうと、評価対象であるベンチャー企業が仮に上場したとして、その際に得られるであろう金額を一定の数式を用いて現在価値に割り引いて株価評価を算出します。この手法がベンチャー企業で採用されるようになった理由は、主に以下の2つです。

ベンチャー企業では、収益が不安定でインカムアプローチのもとになる事業計画書が作りにくい(作成しても信用がおけない)ため、結果的にインカムアプローチが不適格です。また、ベンチャー企業が手掛ける新興事業では、類似する上場企業がほとんど見られません。

上記の理由から、マーケットアプローチに適さないため、代用できる方法として考えられたのがベンチャーキャピタルメソッドです。

【関連】バリュエーション(企業価値評価)の方法・手法
【関連】買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

M&Aのバリュエーションの注意点

M&Aのバリュエーションの注意点

M&Aでバリュエーションを行う際に注意すべき点は、「恣意的な評価」と「実際の売却額との違い」です。インカムアプローチでのバリュエーションは担当者の主観性が加味される余地があるため、結果的に恣意的な評価となるおそれがあります。

ここで恣意性の振れ幅が大きい場合、バリュエーションで得た企業評価は実態と大きく乖離しており、大問題をもたらしかねません。

また、バリュエーションで算定した適正価格に固執しないことも大切です。そもそもM&Aにおける最終的な価格は、バリュエーションで算定した数値をもとに買い手と売り手が協議して決められます。

場合によっては予期せぬ事態の発生などで、バリュエーション結果とかけ離れた数字で決着するケースもあります。

【関連】会社売却の相場
【関連】M&Aによる会社売却・事業売却

バリュエーションのまとめ

バリュエーションのまとめ

バリュエーションはM&Aで最も重要なプロセスの一つであり、現在までさまざまな手法が考案されてきました。これまで一つの手法に問題が生じれば別の新たな手法が考え出されたように、今後も新たな手法が生まれる可能性が高いです。

そのため、特定の手法に固執せず、柔軟に新たなバリュエーション手法も研究して取り入れていく姿勢が大切です。バリュエーションでは既存の手法に固執しないことで、良い結果を招くことにつながります。本記事の要点は、以下のとおりです。

・バリュエーションとは
→投資に値するかどうか価値を計算・評価する行為

・M&Aでのバリュエーションとは
→企業が現在行っている事業の将来性や今後の収益性を予測して価値を評価する(値段を付ける)行為

・バリュエーションの方法
→コストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチ

・ベンチャー企業対象のバリュエーション
→ベンチャーキャピタルメソッド

・バリュエーションの注意点
→対象会社に見合った企業価値評価を行う、バリュエーションで算定した適正価格に固執しない

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)