2021年4月22日更新会社・事業を売る

ロングリストとは?意味や項目、M&Aにおける活用をご紹介

ロングリストは、M&Aを実施する相手企業の候補をピックアップしたものです。作成する際は、シナジー効果を熟慮することや、将来的な見通しを持つことが大事です。本記事ではロングリストの意味や項目、M&Aにおける活用方法について紹介します。

目次
  1. ロングリスト
  2. ロングリストとは?ロングリストの意味
  3. ロングリスト作成のポイント
  4. ターゲット・スクリーニングとは
  5. M&Aにおけるロングリスト
  6. M&A仲介会社とロングリスト
  7. ロングリスト活用方法
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ロングリスト

ロングリスト

M&Aに携わる立場の人にとって馴染み深いワードにロングリストがあります。ロングリストを適切に作成して精査することがM&Aを成功させる第一歩です。今回は、ロングリストについて解説します。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

ロングリストとは?ロングリストの意味

ロングリストとは?ロングリストの意味

ロングリスト(Long List)とは、M&Aの候補を集めた企業リストです。ロングリストには、一定の基準を満たした買収・売却候補などが記載されます。たとえば、M&Aを実施した際にシナジー効果を期待できる企業などです。

ロングリストを精査にかけ、M&Aの候補先を決定します。ロングリストの中から一定条件で候補を絞ったショートリスト作成したのち、M&Aの相手候補に接触していきます。

ロングリスト作成のポイント

ロングリスト作成のポイント

M&Aの第一歩となるロングリスト作成は、非常に重要なプロセスです。なぜなら、M&Aを行う相手企業の選定は、M&Aで得られるシナジー効果や利益、経営を左右するからです。ロングリスト作成には下記のポイントがあります。

経営者がしっかり見通しを持つ

最近では、M&A仲介会社が候補を選定してくれるケースもあります。しかし、経営者自身がいかに候補を選び、ロングリストを作成していくかが大切になります。

なぜなら、ロングリストを作成する際、経営者が掲げるM&Aの目的などにより、記載される企業が変わるからです。したがって、ロングリストを作成する際には、経営者の見通しが重要です。

ロングリストの作成を専門家に依頼する

M&A仲介会社などの専門家に相談するのも一つの手です。しかし、専門家が有用なアドバイスをくれるとは限りません。中には、ロングリストをもとにした経営戦略の構築に疎い人もいます。

そのため、ロングリストの作成を依頼するなら、信頼できる専門家を慎重に選びましょう。

M&A総合研究所は、最適な買収・売却候補をロングリストにまとめて提示し、最短3ヶ月での成約実績も有しています。ご相談は無料でお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

シナジー効果を熟慮する

M&Aによって得られるシナジー効果を熟慮するのも、ロングリスト作成においては欠かせない作業です。M&Aを実施する際は自社の利益だけでなく、相手企業とのシナジー効果も考える必要があります。

シナジー効果について考える際、最も大切なのは経済合理性です。具体的には、以下の事柄について考える必要があります。

  • 経営資源の補完関係が成り立っているか
  • 互いのノウハウや技術が事業に役立つか 
  • 企業を規模拡大ができるか

上記の項目がM&Aを成功させ、想定どおりのシナジー効果を得る秘訣です。また、当事者同士の感情は、シナジー効果を発揮するうえで疎かにできません。M&Aは一般化していますが、まだ抵抗感を持っている企業もみられ、中にはしかたなく会社売却を実行する経営者もいます。

また、M&Aは異なる企業文化が統合する場面です。企業の従業員内で軋轢が発生する可能性も考慮しなければいけません。したがって、従業員同士の摩擦についてリスク対策を講じることが重要です。

※関連記事

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

ターゲット・スクリーニングとは

ターゲット・スクリーニングとは

ロングリストの作成を含めた対象企業の選定プロセスをターゲット・スクリーニングと呼びます。ここではロングリスト作成を含め、ターゲット・スクリーニングについてお伝えします。

①基準の設定

まずは、ロングリスト作成やターゲット・スクリーニングを実施する際の基準を設定します。買収側・売却側に関係なく、M&Aの希望価格や獲得したいシナジー効果について精査が必要です。

②ロングリスト作成

基準を設定したら、それをもとにロングリストを作成します。ロングリスト作成の際は、企業情報データベースを活用したり、M&A仲介会社に依頼したりして企業情報を収集します。

各企業が公表している情報をベースに設定基準に沿って選定するのが一般的です。必要があれば公表されている情報以外のデータも活用しましょう。

ロングリストの項目と雛型

ロングリストを作成する際、設ける項目に特別な決まりはありません。あくまで会社の都合に合わせて設定しておけばいいでしょう。ロングリストの一般的な項目は、候補先の会社名や住所、URL、エリア、担当者、メールアドレスなどです。

ロングリストはショートリスト作成の前段階であり、作成後に候補先を絞り込む際の調査がスムーズになるよう工夫する必要があります。したがって、候補先の調査や連絡の際に戸惑わないようにわかりやすく整理しておきましょう。

候補先の詳細な情報を記載する項目はショートリストを作成する段階で記載し、ロングリストでは詳細な項目を設ける必要はありません。実際に使用できるロングリストの雛型はインターネットで流通しており、検索エンジンで検索すれば容易に入手できます。

ただ、流通している雛型の書式が実用的でないこともあるため、使いづらい部分は修正しましょう。

③ショートリスト作成

ロングリストが完成したら、さらにふるいをかけてショートリストを作成します。ショートリストでは、M&Aの目的との適合性や成功する可能性などを考慮し、ロングリストでピックアップした企業をさらに絞り込みます。結果、ショートリストはより詳細かつ綿密なリストになります。

④優先順位を決定

ショートリストの作成後は、ピックアップした企業をもとにアプローチする優先順位を決定します。その際も、目的との適合性や成功する可能性などを考慮しましょう。決定後は、優先順位を元に交渉を開始します。

M&Aにおけるロングリスト

M&Aにおけるロングリスト

M&Aにおいて、ロングリストはショートリストの前に作成されます。ロングリストを作成する段階で最も重要なのは可能な限り多くの候補先を羅列することです。この過程はM&Aの候補先をリストアップするプロセスであり、なるべく多くの選択肢を確保する必要があります。

そのため、ロングリストを作成する段階では、リストを充実させることを念頭に置くべきです。候補先をリストアップしたら、それぞれの会社が独自に設定した評価項目をもとに候補先を絞り込んでいき、ショートリストを作成します。

ショートリストは、理想的なシナジー効果を得られる候補先をさらに絞り込むプロセスであり、ロングリストより詳細な条件設定が必要です。重視すべき評価基準を明確にし、緻密に調査しましょう。

※関連記事

ショートリスト

M&A仲介会社とロングリスト

M&A仲介会社とロングリスト

M&Aでロングリストを作成する際、M&A仲介会社が仲介業務の一環でロングリストを作成するケースも少なくありません。クライアントは作業の負担を減らせるため、スピーディーにM&Aを展開できるようになるでしょう。

しかし、M&A仲介会社が作成するロングリストをそのまま受け入れると、クライアントの不利益につながる恐れがあります。全てのM&A仲介会社に当てはまるわけではありませんが、中にはクライアントよりも自社の利益を追求する業者もあります。

シナジー効果を考慮せずにM&Aを進めることがあるので、M&A仲介会社に依頼する場合は決して全てを任せきりにせず、自社の意向が反映されているかをチェックしましょう。また、M&A仲介会社が作成したロングリストを確認する際は、積極的に意見を交換しましょう。

M&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には経験豊富なアドバイザーが在籍しており、M&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。
 

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

ロングリスト活用方法

ロングリスト活用方法

本記事では、M&Aにおけるロングリストについて解説していますが、それ以外の場面でも使用されることがあります。施設の設計や建築を事業者に依頼する場合がよい例でしょう。依頼する事業者をロングリストでリストアップしたあと、それぞれの事業者の内実をもとにしてショートリストに絞り込みます。

また、人事採用の際に、試験を受けた応募者をロングリストに羅列したあと、上層部や人事部が求める基準に合わせてショートリストを作成していく使い方もできるでしょう。

このように「ロングリスト作成→ショートリスト作成」というターゲット・スクリーニングのプロセスは、経営戦略や業務依頼などで複数の候補先を選定する場面で役立ちます

ターゲット・スクリーニングは、明確に設けた基準をベースに段階的に候補先を選定できるため、失敗するリスクを減らせるでしょう。M&A以外で使えそうな場面があったら、ぜひ実践してみてください。

まとめ

まとめ

ロングリストの作成は、M&Aの候補を決めるターゲット・スクリーニングの中でも序盤に位置し、非常に重要なプロセスです。M&Aの希望価格や獲得したいシナジー効果をふまえてリストを作成しましょう。

また、M&A仲介企業にロングリスト作成を依頼する際は、自社の意向に沿った選定が行われているかを確認する必要があります。ロングリストを適切に活用すればM&Aの成功率が高まることでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違います。この記事では、会社売却にかかる税金に関して計算方法を解説するととも...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性があります。この記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)