2020年3月17日更新節税

事業承継における納税猶予

平成30年の事業承継税制の改正で、事業承継における納税猶予の特例が設けられ、以前に比べて使いやすく、リスクを抑えたものになりました。今回は、事業承継における納税猶予の注意点や改正点などをご紹介します。

目次
  1. 事業承継税制とは
  2. 納税猶予のメリットとデメリット
  3. 平成30年の改正
  4. 納税猶予の要件
  5. 税金が免除される場合
  6. 納税猶予の取消事由
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業承継税制とは

多くの中小企業では経営者の高齢化にともない、事業承継の必要性が迫る一方で、事業承継により生じる多額の税金の負担によって廃業や倒産を余儀なくされたり、事業承継に踏み切れないというケースが多いです。

このような問題を解決すべく、中小企業の円滑な事業承継を促進し、廃業や倒産の抑制を目的として、「事業承継税制」と呼ばれる納税猶予の制度ができました。この制度の概要は次のとおりです。

  • 後継者が非上場会社の株式などを贈与または相続などによって取得した場合に、一定の要件を満たすと、その株式などにかかる贈与税と相続税の納税が猶予される。
  • 後継者の死亡などの場合には納税猶予されている税金の納付が免除される。

加えて、平成30年には、事業承継時の贈与税と相続税の納税を猶予する事業承継税制が大きく改正され、特例が設けられたことで、より使いやすくリスクを抑えた制度になりました。なお、この特例は「特例事業承継税制」と呼ばれています。

なお、この制度の活用には複雑な手続きが必要となりますので、注意しましょう。

※関連記事
中小企業の事業承継とは?事業承継税制や課題、事業承継の方法を解説
事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

納税猶予のメリットとデメリット

事業承継税制の活用によりメリットもある一方で、デメリットもあります。主なものとしては次のとおりです。

① 納税猶予のメリット

納税猶予の一番のメリットは、税金の負担を軽減しながら事業承継できることです。数百万円〜数千万円にも上る税金が納税猶予されるため、資金繰りに苦しむことなく経営を継続できます。

②納税猶予のデメリット

納税猶予には、いくつかデメリットがありますが、最も大きなものは、納税猶予に対応可能な専門家の少なさです。歴史の浅い制度であることから、税理士であっても詳しく知らない方も多いです。判断を誤ると、ペナルティとして追徴課税が発生することもあります。

もう1つのデメリットは、納税猶予を受けられる要件が厳しいことです。近年の改正により要件が緩和され、以前より受けやすくなったものの、依然として要件が厳しいことから、制度の利用を断念するケースもよくあります。

そのため、事前に納税猶予に詳しい税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

※関連記事
事業承継税制とは?事業承継税制の要件やメリット・デメリットを解説
事業承継対策のポイント

平成30年の改正

平成30年の改正で大幅に変更され、特例の新設によってより活用しやすい納税猶予に変わりました。主な改正事項は次の3つです。

  1. 相続税の納税猶予割合の拡大
  2. 納税猶予対象株式数の拡大
  3. 雇用8割維持要件の実質撤廃

①納税猶予割合の拡大

従来は納税猶予割合が贈与税は100%、相続税は80%でしたが、改正により相続税も100%に変更となっています。

②納税猶予対象株式数の拡大

従来は後継者が引き継ぐ株式に関する納税猶予は2/3までで、残りの1/3は課税対象でしたが、改正により納税時猶予の対象は引き継ぐ全株式に変更となっています。

先述の納税猶予の割合拡大と合わせることで、実質的に税負担ゼロによる事業承継が可能です。

③雇用8割維持要件の実質撤廃

平成30年の改正で最も経営者にメリットがあるものです。従来、「5年平均で雇用の8割維持」が納税猶予を継続するための要件となっていました。

景気低迷などの理由により中小企業にとってこの要件をクリアすることは非常に困難であったことから、納税猶予の活用を断念する企業も多くいました。

そこで、改正により、所定の書類を提出すれば、この要件をクリアしなくても納税猶予の継続が可能になりました。

※関連記事
事業承継に関する税制改正
事業承継と経営承継円滑化法

納税猶予の要件

納税猶予の要件は、次の3つのカテゴリーごとに設けられています。

  1. 会社
  2. 事業継続

①会社

主な要件は次のとおりで、1つでも該当すると納税猶予の適用対象外となります。

  • 上場会社
  • 風俗営業会社
  • 資産管理会社
  • 総収入金額ゼロの会社
  • 常時使用する従業員ゼロの会社
  • 中小企業者にあたらない会社

②人

主な要件は次のとおりで、どちらも実際に会社代表者である必要があります。

  • 経営者の要件
  • 後継者の要件

経営者の要件

主なものは次のとおりで、すべて満たす必要があります。

  • 会社代表者だった
  • 同族関係者内で筆頭株主だった
  • 代表者のときに同族関係者で総議決権数の50%超を保有
  • (株式贈与に適用)贈与時点において会社の代表権を有していない

後継者の要件

特例を受けるか否かで異なり、次をすべて満たす必要があります。

①共通

  • 会社代表者
  • 20歳以上(2020年4月1日以降の贈与は18歳以上)
  • 就任後3年以上経過
  • 後継者と後継者の特別関係者で総議決権数の50%超を保有
  • 贈与時または相続開始時に後継者と同族関係者で総議決権数の50%超を保有し筆頭株主
  • (贈与に適用)贈与時に20歳以上かつ贈与直前に3年以上連続して役員で贈与時に代表者
  • (相続に適用)相続開始の直前に役員かつ相続開始の翌日から5か月経過後に代表者

②特例を受ける場合

  • ​​​特例承継者
  • 贈与時または相続開始時に後継者と同族関係者で総議決権数の50%超を保有し筆頭株主

③特例を受けない場合

  • 贈与時または相続開始時に後継者と同族関係者で総議決権数の50%超を保有し筆頭株主

③事業継続の要件

納税猶予後5年経過するまで、後継者は代表者として継続して株式を保有する必要がありますが、次の場合、猶予を受けた税額が免除されます。

  • 会社の倒産
  • 後継者への贈与が「免除対象贈与」にあたるとき
  • 先代の経営者の死亡
※関連記事
事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します
株式贈与とは?手続きや税金、非上場株式の株価評価方法について解説

税金が免除される場合

納税猶予を受けた税金は、一定の要件を満たせば免除となります。対象となる税金は贈与税と相続税で、それぞれの詳細は次のとおりです。

①贈与税

次の場合に免除されます。

  • 先代経営者の死亡
  • 後継者の死亡
  • さらに次の後継者に株式贈与

先代経営者の死亡

死亡時点で贈与税が免除となりますが、相続税は発生します。なお、事業承継税制では相続税の発生により相続税の納税猶予に切り替えられ、相続税の納税猶予を受けられることになります。

後継者の死亡

贈与税が免除となりますが、相続税は発生します。ただし、一定の要件を満たせば、後継者から相続した経営者は納税猶予を受けられます。

さらに次の後継者に株式贈与

後継者が納税猶予を受け、さらに次の後継者に株式を贈与し、その際に納税猶予を受けた場合には、猶予の税額が免除となります。

②相続税

次の場合に免除されます。

  • 事業承継を受けた相続人が死亡
  • 事業承継を受けた相続人が次の後継者に事業承継税制に基づき株式贈与

なお、事業承継を受けた相続人の死亡後、次の後継者も事業承継税制の要件を満たせば、納税猶予を受けることができます。

※関連記事
株式譲渡と贈与税
事業承継の課題と解決方法

納税猶予の取消事由

納税猶予は一定の場合に取り消されます。その取消事由は特例承継期間の5年間における場合と、その期間経過後も継続する場合で異なります。

取り消しによって猶予されていた税金の全額と利子を支払わなければなりません。思わぬ損失を避けるためにも、取消事由はあらかじめ十分に把握しておきましょう。

①特例承継期間5年間の場合

主な取消事由は次のとおりで、いずれかに該当すると取り消されます。

  • 後継者が会社の代表者でなくなった(障がい者になったなど、やむを得ない事情によるものは除外)
  • 後継者が筆頭株主または議決権の過半数を有する株主でなくなった
  • 上場会社になった
  • 風俗営業会社になった

②5年経過後の場合

主な取消事由は次のとおりで、いずれかに該当すると取り消されます。

  • 資産管理会社になった
  • 総収入金額がゼロになった
  • 減資を行った
  • 解散、合併、分割などを行った
  • M&Aなどで後継者が株式を譲渡または贈与した
※関連記事
事業承継とM&Aの違いとは?メリット・デメリット、件数を解説
事業譲渡のメリット・デメリット

まとめ

事業承継税制による納税猶予はメリットの大きい制度である反面、厳しい条件をクリアする必要があります。
納税猶予の要件は非常に複雑ですので、実際に活用したい場合には、事業承継に精通している税理士の協力を得ましょう。今回の要点をまとめると次のとおりです。

・事業承継税制により納税猶予・免税される税金
→贈与税、相続税

・納税猶予のメリット
→贈与税と相続税の負担を軽減しながら事業承継できる

・納税猶予のデメリット
→詳しい専門家が少ない、納税猶予の要件が厳しい

・平成30年改正のポイント
→納税猶予割合・対象株式数の拡大、雇用8割維持要件の実質撤廃

・納税猶予の要件
→①会社、②人、③事業継続の全要件を満たす必要がある

・納税猶予された税金が免除される場合
→先代経営者・後継者の死亡など

・納税猶予の取消事由
→①特例承継期間の5年間に限られるものと、②5年経過後も継続するものがある

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

株式譲渡の際の消費税は非課税?計算方法や仕訳などの会計処理も解説

株式譲渡の際の消費税は非課税?計算方法や仕訳などの会計処理も解説

株式譲渡の際の消費税は基本的に非課税ですが、ケースによっては課せられることがあります。株式譲渡で消費税が課税されるか否かは、株式の取引額や取引の頻度に関係しています。ここでは株式譲渡の際に消費税...

株式譲渡
株式譲渡の税金は節税できる?税金の種類や計算方法も解説!

株式譲渡の税金は節税できる?税金の種類や計算方法も解説!

M&Aで株式譲渡を選択すると、事業譲渡などの方法に比べて税金を節税することができます。また、退職金制度を利用するなど、株式譲渡の税金をさらに節税する方法もあります。この記事では、株式譲渡の節税方...

株式譲渡
相続税対策とは?節税のポイントや注意点を解説

相続税対策とは?節税のポイントや注意点を解説

相続税対策は代表的な生前贈与による対策や、生命保険や不動産を活用して節税を図るケースもみられます。今回の記事では、事前に把握しておきたい相続税の税率や控除額について、相続税対策の方法について分か...

M&A相続税
株式の確定申告とは?節税のポイントや注意点を解説

株式の確定申告とは?節税のポイントや注意点を解説

株式にかかる税金は、譲渡益課税と配当課税にわけることができ、確定申告が必要なケースと不要なケースがあります。そのため、それぞれの口座の特徴や確定申告の仕組みも踏まえ、総合的に検討する必要がありま...

M&A株式譲渡
会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

会社譲渡とは、株式譲渡によって会社の経営権を第三者に譲渡することを意味します。また、株式を譲渡するにあたっては、税金面でも注意が必要です。この記事では会社譲渡(株式譲渡)の仕組みや注意点、会社譲...

中小企業M&A株式譲渡
純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは、毎月一定の金額を積み立て、純金を購入する投資のことです。毎月1,000円から積み立て可能のサービスもあり、少額で投資を開始できる点が大きなメリットです。本記事では純金積立の特徴を解...

中小企業M&A株式譲渡
経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

会社を経営し運営の状態を把握し、自社の経営状況を鮮明に可視化する為には、経営分析の為の知識を習得する事は必要不可欠です。経営分析の指標をうまく活用し自社のサービス向上の足ががりにしましょう。

中小企業M&A
経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

経営者保険は、万が一の際の保障を受けつつも、いざというときの資金を確保するうえで有効的な手段です。しかし、必要以上の加入は資金繰りを悪化する可能性があるため、資金が必要となる時期を見定め、効果的...

中小企業M&A
不動産における相続の手続きや売却の際の節税対策をわかりやすく解説

不動産における相続の手続きや売却の際の節税対策をわかりやすく解説

相続における不動産は、相続の手続きが面倒だったり、税金の考慮など知っておくべきことは多くあります。不動産相続の手続きや流れ、名義変更(相続登記)や書類関係、税金や計算方法、節税対策をわかりやすく...

中小企業M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)