2020年5月11日更新会社を売る

事業譲渡で発生する税金は?税務について徹底解説!

事業譲渡は会社の中の事業の一部、あるいは全部を相手に譲り渡すことです。それは一部の例外を除いて、譲受側が譲渡側に金銭という対価を支払って成立します。金銭取引である事業譲渡は当然、課税を受けます。事業譲渡の特徴と税金の実態について説明します。

目次
  1. 事業譲渡とは
  2. 事業譲渡で発生する税金①譲渡側
  3. 事業譲渡で発生する税金②譲受側
  4. 事業譲渡の税務対策
  5. 事業譲渡のメリット
  6. 事業譲渡のデメリット
  7. まとめ
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業譲渡とは

事業譲渡とは

事業譲渡はM&Aで使われる手法の1つです。会社が行っている事業の一部、あるいは全部を第三者に売却して譲渡することを指しています。例外として、会社オーナーが身内などに対し、無償譲渡という形式で事業譲渡が行われるケースもあります。

ただし、無償譲渡が行われる一般的ケースとしては、事業単位での事業譲渡よりも、後継者に対し会社の経営権を丸ごと譲渡する、会社承継が行われることのほうが多いでしょう。そして、そのことから、事業譲渡の特徴が浮き彫りになります。

つまり、会社の中の事業をどのように譲渡しようと、会社そのものがなくなることはありません。この点が事業譲渡の最大の特性であり、経営者にとって意味がある選択なのです。また、事業譲渡はその手続きを進めるにあたって、株主総会を経なければいけないという面があります。

そのため、株主の数が極めて少数であったり、あるいは株主が経営者のみのオーナー企業などが多い中小企業でよく使われる手法です。しかし、株主総会は簡略に済ませられるとしても、事業承継は複雑な手続きとその準備、そして、相手との交渉があります。

実際に事業譲渡を行っていくにあたっては、M&A専門家の仲介やサポートが不可欠です。事業譲渡を検討される場合には、ぜひ一度、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つ公認会計士がM&Aをフルサポートいたします。

無料相談後もM&Aが成約するまで、一切費用は発生いたしません。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定のメリットをご紹介

事業譲渡で発生する税金①譲渡側

事業譲渡で発生する税金①譲渡側

事業譲渡を実施した際、譲渡側で納税義務が生じるのは消費税、および法人税とそれに付随して事業税、地方法人税、法人住民税です。それぞれ個別に解説します。

⑴消費税

事業譲渡の際に発生する消費税については、混同しやすいので注意してください。まず、消費税が課税されるのは、譲渡対象の中に課税資産が含まれている場合です。消費税の納付は譲渡側が行うことになりますが、消費税そのものを負担するのは譲受側になります。

よく考えれば、一般の商品を購入するときと同じです。したがって、譲渡側は譲渡対象に課税資産が含まれていれば、その分の消費税を加えて譲受側に請求します。譲受側からの支払いを受け、後日、消費税を納付するという流れです。

つまり、譲渡側において消費税額分の実負担はありません。

⑵法人税・事業税・地方法人税・法人住民税

事業譲渡により得た対価で利益が出れば、その利益額について法人税の課税を受けます。法人税の課税を受ける場合には、事業税、地方法人税、法人住民税も課税されることになるのは必然です。

なお、利益額の計算は以下の式で求めます。

  • 事業譲渡益=譲渡価格-譲渡資産の簿価

法人税、事業税、地方法人税、法人住民税の全てを合わせた実効税率は、2020(令和2)年5月現在で約31~35%です。事業譲渡益の金額が大きければ、それだけ納税額もインパクトのある数字となります。

※関連記事
事業売却でかかる税金
事業売却とは?方法や事例、価格算定方法や事業売却益をわかりやすく解説

事業譲渡で発生する税金②譲受側

事業譲渡で発生する税金②譲受側

次に、事業譲渡で譲受側にかかる税金を見てみましょう。前項でも述べたとおり、まずは消費税があります。不動産取得税、登録免許税も考えられます。

こちらも、それぞれ個別に説明します。

⑴消費税

譲渡対象の中に課税資産が含まれていれば、消費税の課税を受けるのは前述したとおりです。課税資産、および非課税資産の主なものを以下に記載します。
 

  • 課税資産:無形固定資産、土地以外の有形固定資産、棚卸資産、のれん代(営業権)
  • 非課税資産:土地、有価証券、債権


念のため、課税資産の具体例を説明しておきます。無形固定資産とは、ソフトウェアや特許権、商標権などです。営業権をこの中に含める解釈をする場合もあります。有形固定資産は施設、設備、機材、10万円以上の備品が該当します。

棚卸資産とは、事業における販売を目的として譲渡側が保有・保管していた製品や商品のことです。

⑵不動産取得税

譲渡対象事業の内容によっては、事業を行うために必須となる事業所や工場、作業場などが譲渡対象リストに加わることになります。

そうなれば、譲受側では新たに不動産を取得したことになりますから、当然ながら不動産取得税がかかります。

⑶登録免許税

上記の不動産取得の場合、登記変更手続きも行いますから、その際に登録免許税がかかります。また、その他にも譲受側としては、譲渡対象事業に関連する許認可は、全て新たに取得しなければなりません。

一つひとつの許認可に付随して、そこでも登録免許税は生じます。

※関連記事
事業譲渡における消費税
事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業譲渡の税務対策

事業譲渡の税務対策

事業譲渡で生じる税金は、譲渡側と譲受側とでは内容が違うことがわかりました。そこで、それぞれの立場における税務の注意点について掲示します。

⑴事業譲渡での譲渡側税務対策

事業譲渡の譲渡側税務として最大の関心事は、やはり法人税、事業税、地方法人税、法人住民税でしょう。しかし、これら法人税について直接的に処方できる節税策はありません。また、他のM&A手法の場合では適用されることもある課税優遇措置も事業譲渡の場合、存在しません。

その実情を踏まえて、取れる対策には以下のようなものがあります。

まず、仮に会社の決算が赤字状態であるならば、赤字額と同程度の事業譲渡益になるようにすることで、法人税の課税対象ではなくなります。

あるいは、決算の数字が判明していないタイミングであれば、譲渡価格を譲渡資産の簿価と同等額にして事業譲渡益をゼロとするという考え方もあります。これら2つの対応は難しいということであれば、経費の計上を怠らずに行うなどといった一般的な節税対策しかありません。

⑵事業譲渡での譲受側税務対策

事業譲渡の譲受側税務としては、消費税額の把握が第一に求められます。譲渡対象リストの中から課税資産と非課税資産を仕分けし、消費税額を算出するわけですが、厄介なのは棚卸資産です。おそらくは、譲渡側においても棚卸資産の詳細で正確な数量は把握しきれていない可能性があります。

さらに、それを簿価ではなく時価で換算するとなると、かなりの時間を要するでしょう。のれん代(営業権)については、5年間の均等償却措置となります。つまり、5年間にわたって、課税所得の損金算入という節税効果を得ることができるのです。

以上のような事業譲渡時の税務対策を適切、かつ迅速に行っていくにあたっては、専門家のサポートも必須ですが、それに加えて、事業譲渡のコンセプトを共有できる相手探しも重要な鍵を握ります。

そこで、M&A総合研究所のM&Aプラットフォームの活用をおすすめします。M&A総合研究所のM&Aプラットフォームは、独自のAIプログラムによって、買収ニーズを登録するだけで理想的なマッチングをご提案できるようになっています。

>>買収ニーズ登録はこちら

※関連記事
中小企業の節税とは?小規模企業共済の節税効果や中小企業の節税方法を解説
【中小企業必見】法人の正しい節税対策

事業譲渡のメリット

事業譲渡のメリット

事業譲渡の税金面での実像がつかめたところで、事業譲渡を実施するにあたってのメリットを、譲渡側、譲受側それぞれの立場に分けて記載します。

⑴事業譲渡での譲渡側のメリット

事業譲渡で事業を譲渡する側としては、主として以下のメリットが挙げられます。

  • 残したい事業、売却したい事業を自由に選べる
  • 会社は継続できる
  • 残したい資産を自由に選べる
  • 売却対価を経営資源に向けられる
  • 会社継続のための従業員を保持できる
  • 債権者への公告、通知などが義務化されていない

事業譲渡におけるメリットの1つは、事業を整理するという観点です。会社の収益拡大のために事業領域を広げてみたものの、全ての事業を成功させるのはなかなか難しいでしょう。そこで、不採算部門となってしまった事業を譲渡し、売却対価を得られるのは望ましいことです。

譲渡する資産や移籍させる従業員も自由選択となりますから、譲渡せずに残した主事業に経営資源を集中させて会社を継続させていくことにつながります。また、事業整理という意味合いでは別の観点もあります。

どうしても後継者がいない中小企業の場合、オーナーを含めたごく少人数だけで運営できる事業を残し、あとは全て事業譲渡してしまうケースです。会社は売却したくないが、事業にフル稼働する体力はないなどといった、セミリタイア的場面でも事業譲渡は適切です。

もう1つの観点は、非上場企業である場合における手続きの気軽さがあります。事業譲渡の手続きそのものは決して簡単なものではないため、上場企業では敬遠されがちです。しかし、非上場企業であれば、株主総会の簡略化や債権者通知不要などの点で手続きが進めやすくなっています。

⑵事業譲渡での譲受側のメリット

事業譲渡を譲受する側にも、もちろん以下のようなメリットがあります。

  • 自由に事業を選択できる
  • 資産、契約先、従業員も自由に選択できる
  • 新規事業を自社内で立ち上げるよりも低コストで済む
  • 自社にはない技術やノウハウを得られる
  • 債務は引き継がなくて済む
  • のれんや償却資産を譲受した場合は節税効果が生じる

事業譲渡を譲受する側のメリットの第一は、自社内の事業を瞬間的に補強できることです。すでに存在する事業の弱点を補うケースもあれば、既存事業とのシナジー効果が期待できるケースもあるでしょう。全く新しい事業を一から社内で始める場合でも、はるかに効率的です。

また、事業譲渡の譲受側特有のメリットは財務面にもあります。会社を買収した場合には避けることのできない債務などは、事業譲渡であれば選択可能ですから選ばずに済みます。さらに、のれんなどによって、数年間の節税効果が得られるのも意義が大きい点です。

※関連記事
事業譲渡のメリット・デメリット
事業譲渡の手続きとは?全体のスケジュールや手続きの注意点を解説

事業譲渡のデメリット

事業譲渡のデメリット

どのようなM&A手法にもデメリットがあるように、事業譲渡においてもデメリットは存在します。こちらも譲渡側、譲受側それぞれに分けてまとめました。

⑴事業譲渡での譲渡側のデメリット

まずは、事業譲渡する側のデメリットについて列記します。

  • 株主総会での特別決議承認が必要である
  • 譲渡対象事業の契約取引先への説明責任がある
  • 譲渡対象事業に従事する社員への移籍を説得しなければいけない
  • 譲渡益には課税措置がある
  • 譲渡対象事業に関連する負債は譲受拒否される
  • 譲渡対象事業と同一事業は20年間行えなくなる

譲渡側のデメリットとして最大のものは、とにかくいろいろな方面への煩雑な手続きや対応をしなければならないことです。税金の説明でも触れたとおり法人税などの税金の負担は大きく、有効な節税措置もありません。そのうえ、負債は譲受側に拒絶されるのは明白です。

さらに、会社法の規定で譲渡対象事業は、同一区域、および隣接区域内では20年間、再開することは禁止されています。この規定は、事業譲渡契約時に譲受側の同意があれば排除することもできますが、簡単に同意は得られないでしょう。

⑵事業譲渡での譲受側のデメリット

事業譲渡で譲受する側のデメリットは、譲渡側とも共通するものが多いです。まずは、以下をご覧ください。

  • 譲渡対象事業の許認可などは全て取り直し
  • 譲渡対象事業に付随する特許権や不動産などは登記変更手続きが必要である
  • 譲渡対象事業の取引先との契約も締結し直し
  • 譲渡対象事業の従業員が移籍しないリスクがある
  • 事業譲渡費用は相応の金額がかかる

事業譲渡において、煩雑な手続きや対応が発生するというデメリットは譲渡側も譲受側も変わりません。また、従業員との問題でいうと、移籍における労働契約手続きも人数によっては大変なものでしょう。

それよりも根本的な問題として、事業を担う人間が移籍を選ばないというリスクも気がかりとなるところです。これらデメリットは、会社の規模が大きくなるほど増大するということになります。

※関連記事
事業売却と社員
事業売却における仲介サポート

まとめ

事業譲渡は、中小企業にとっては会社の独立性を担保したまま行えるM&Aとして有効な手法です。様々な手続きの面倒さは否定できませんが、それでも大企業に比べれば簡素化できる点もあります。

税対策も含めて、M&Aの専門家サポートを得ながら準備をしていけば、有効な対応が取れるでしょう。本記事の概要は、以下のとおりです。

  • 事業譲渡は会社の一部、または全部の事業を譲渡するM&Aの手法。
  • 事業譲渡では主に譲渡側に法人税、譲受側に消費税が発生する。
  • 譲渡側に確固たる法人税対策はないが、譲受側ではのれんによる節税効果が期待できる。
  • 事業譲渡のメリットは譲渡するもの、譲受するものを選択できること。
  • 事業譲渡のデメリットは、手続きが煩雑であること。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所は、M&Aに関するご相談を受け付けているM&A仲介会社です。お問い合わせは、メールアドレス・電話番号・会社へ直接アクセスするなど、様々な方法があります。本記事では、M&A総合研究...

M&A
M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所のM&Aサポートの特徴の1つに「超高速M&A」があります。この特徴はフォーブスでも大きく取り上げられ、M&A業界でも注目を集めています。本記事では、フォーブスで語ったM&A総合研...

M&A
会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

債務(負債)・赤字を抱える会社でも、会社を他社へ譲り渡すことは可能です。当記事では、債務(負債)・赤字を抱える会社の会社売却に関して、売却の際の債務(負債)・赤字の引き継ぎや、引き継ぎ不可のケー...

M&A
M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所は、M&A仲介会社として様々なメディアに取り上げられています。日経記事にも取り上げられ、事業内容について語っています。本記事では、日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容を始め...

M&A
M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

近年、500万円以下の少額のM&A案件が目立つようになりました。個人・サラリーマンによる独立を目指したスモールM&Aも多く見受けられ、注目を集めつつあります。本記事では、300万~500万円で買...

M&A
M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬は成約まで手数料がかからない料金体系です。その魅力的なメリットから採用する仲介会社が増えていますが、デメリットについても把握しておく必要があります。支払う手数料を試算するため...

M&A
事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却はM&A手法として広く利用されている手法の1つです。事業譲渡・事業売却の際は費用や手数料、税金が発生するので、正しく把握することが大切です。計画的にM&Aするためにも、費用や手...

事業譲渡
事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

自社の事業を他の会社へ譲り渡すのが事業譲渡・事業売却です。当記事では、事業譲渡・事業売却の相場をはじめ、相場よりも高い企業価値を算出する方法や、取引価格を上げる方法、事業譲渡・事業売却の長所と短...

事業譲渡
地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

M&Aは大都市圏で最も盛んに行われていますが、地方のM&Aも徐々に普及しつつあります。特に地方の中小企業がM&Aを活用することは、地域創生の観点からも重要です。本記事では、地方の中小企業M&Aに...

中小企業M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)