2020年5月13日更新会社・事業を売る

企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

企業価値評価には3つの方法があり、企業価値をする理由によって評価方法が異なります。企業価値評価方法を知ることで、企業価値をどのように高めるべきかを知ることができるはずです。企業価値評価の基礎知識を知って、自社の企業価値評価を高めましょう。

目次
  1. 企業価値評価とは
  2. 企業価値評価の方法
  3. M&Aで一番採用されるDCF法による企業価値評価
  4. 企業価値評価が重視される理由
  5. 企業価値評価を高める手段
  6. M&Aで譲渡価格を高めるポイント
  7. M&A仲介会社に相談して交渉をスムーズに進めよう
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

企業価値評価とは

企業価値評価とは

企業価値評価とは、企業価値をはかることです。

そもそも、企業価値とは、企業全体の経済価値のことを指します。企業の持つヒト・モノ・カネ・情報などの事業価値を金額で表したものです。

企業価値は株価の算定やM&Aでの売却価格の算出、相続による企業資産の算出などで使われます。

ですが、こういった企業価値評価をする場面が直近でなかったとしても、企業価値は常に高めておくべきです。企業価値を高めることで、銀行からの融資が受けやすくなったり倒産のリスクを回避するなどのメリットを得られます。

企業価値は事業を運営する上で知っておくべき概念ですが、実際には詳しく知っている経営者はそう多くはいません。

まずは、「企業価値評価」という言葉の意味をしっかりと理解するために、時価総額との違いや株価との関係を確認しておきましょう。

1ー1.企業価値と時価総額の違い

企業価値と時価総額は似ているようで、全く違うビジネス用語なので注意しましょう。

企業価値と時価総額の違いは、将来価値が含まれているかどうかにあります。

時価総額とは株式時価総額の略で、株式市場においてどれくらいの価値があるかを測るための数字です。株価×発行株式総数で算出することができます。そのため、時価総額が分かるのは株式市場で日々株価が公開されている上場株式会社のみです。

一方、企業価値は、株価の算定やM&Aの売却価格の算出などに使われる数字となっています。将来発生する収益(キャッシュフロー)を見込んだ上で企業価値を評価するのです。

ちなみに、時価総額は株式市場内での終値で計算されます。もちろん、将来性があると株価は上がり、将来性がないと株価は下がるため、一概に将来の価値が加味されていないとは言い切れません。しかし、株主や投資家にとっての価値判断によって株価が決まり、時価総額も決定されます。

このように、企業価値と時価総額は全く違うものであると覚えておきましょう。

ただし、企業価値評価をするときに、上場企業であれば時価総額を元にするケースは多いです。ですから、正しく知っておくことで自社の価値を見極めてどのように伸ばしていくべきなのかの指針にも役立つでしょう。

1ー2.企業価値と株価の関係

上場企業であれば、企業価値と株価は密接に関係しています

なぜなら、将来性があると企業価値は向上し、企業価値が高まると株価も上昇するからです。

逆に、企業価値評価をするときに、上場企業であれば時価総額から負債を差し引いて算出する方法もあります。このように、企業価値と株価には相関関係があると言えるのです。

ここまで企業価値評価の概要についてお伝えしてきました。

では、実際にはどのように計算されているのでしょうか。次の項目で一緒に見ていきましょう。

企業価値評価の方法

企業価値評価の方法

企業価値評価の方法は以下の3つがあります。

  1. コストアプローチ
  2. マーケットアプローチ
  3. インカムアプローチ

それぞれの企業価値評価の方法を詳しく確認していきましょう。

方法1.コストアプローチ

コストアプローチとは、会社の「純資産」に着目した企業価値の評価方法です。

貸借対照表上の純資産を株主価値として企業価値を計算する「簿価純資産価額法」や、資産と負債を時価評価した上で算出した時価純資産額を株主価値とする「時価純資産価額法」があります。

貸借対照表のみあれば簡単に企業価値を算出できる点や、客観性の高い企業価値を算出可能である点がこの評価方法のメリットです。

一方でこの評価方法には、将来性を全く企業価値に加味できないデメリットもあります。コストアプローチは、事業を継続しない会社(清算等の場面)や社歴の長い中小企業に適した評価方法です。

方法2.マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは、市場や類似会社に着目する企業価値の評価方法です。

数ヶ月分の平均株価を用いる「市場株価法」や類似会社のPERやEBITDAを用いる「マルチプル法」があります。客観性の高い企業価値を算出可能な点や、十分な利益を得ていないベンチャー企業でも活用できる点がこの評価方法のメリットです。

類似企業や類似取引が見つからなければ、妥当な企業価値を算出できないデメリットもあります。マーケットアプローチは、上場企業や未上場のベンチャー企業のM&Aで活用される評価方法です。

方法3.インカムアプローチ

インカムアプローチとは、会社の将来的に得られる収益やキャッシュフローに着目する企業価値の評価方法です。

フリーキャッシュフローの現在価値を用いる「DCF法」や当期純利益の現在価値を用いる「収益還元法」があります。将来性を加味できる為、様々な場面に活用できる点がこの評価方法のメリットです。

一方この評価方法には、恣意性や主観性が企業価値に加味されやすいデメリットも伴います。デメリットこそありますが、インカムアプローチはM&Aや事業投資等あらゆる場面で活用できる評価方法です。

ここまで企業価値評価の算出方法を3つ紹介してきました。

ですが、どの方法でもデメリットがあることでどうしたら「今の企業価値を正しく知ることができるのか」と感じている方も多いかと思います。

そんなときには『M&A総合研究所』へご相談ください。

企業価値評価から気軽な相談まで無料でお受けいたします。現在の市場価値など多方面の視点から算出し、そこからどうすべきかなどのアドバイスも可能です。

お気軽なお声掛けをお待ちしております。

それでは、ここからは企業価値評価に最もよく使われる『DCF法』に焦点を当てて具体的な数字を見ていきましょう。

M&Aで一番採用されるDCF法による企業価値評価

M&Aで一番採用されるDCF法による企業価値評価

ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー(Discounted Cash Flow)を略してDCF法と呼びます。DCF法は現在の会社の価値から将来予想される事業価値を足して企業価値評価を行う方法です。

そのため、簡単に計算式を表すと以下の通りとなります。

  • 企業価値=事業価値+現在持っている企業価値(現金)

このように表すと、DCF法は簡単に見えるかもしれません。しかし、実際はとても複雑な計算をしていく必要があるのです。

もし、DCF法について詳しく知りたい場合は『DCF法による企業価値の算定』で解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

この記事では、DCF法を理解する上で知っておきたい以下3つのポイントを紹介します。

  1. 事業計画を綿密に策定する必要がある
  2. 割引率が重要な要素となる
  3. 無形資産についても知っておく

それぞれ確認しておきましょう。

ポイント1.事業計画を綿密に策定する必要がある

1つ目のポイントが「事業計画を綿密に策定する必要がある」ということです。

DCF法ではキャッシュフローを計算に使用します。ですから、事業計画から推測される将来のキャッシュフローの値によって金額は大きく変わってしまうのです。

また、必要となる事業計画は5年分ですから「年度ごとの細かい情報」も必要となります。

このことから、DCF法で計算をすることを念頭に置いて事業計画を作成するなら以下のような情報を細かく集めていきましょう。

  • 将来性はどのようなものがあるのか
  • 市場のシェア率や動向はどうか
  • 競合他社との競争はどうなっているのか
  • 経営状態と今後の利益
  • 今後必要となる設備投資について など

これらを細かく調べて、できるだけ正確かつ具体的な数値を求めていくことが、安心して目安とできる企業価値を出す大切な要素となります。ですから、フリーキャッシュフローまで丁寧に考えて綿密な事業計画を策定してみてください。

ポイント2.割引率が重要な要素となる

2つ目のポイントが「割引率が重要な要素となる」ことです。

DCF法での割引率は『資本コスト』と呼ばれる企業が資金を調達するために必要な費用となります。この割引率を正しく設定できないと今の資本と将来の資本に違いが出てくることで正しく算出できなくなるのです。

DCF法では将来5年分の事業計画をもとに算出するので割引率も丁寧に調べておかなくてはなりません。

もし、割引率など細かく調べることができないのであれば会計士やM&A仲介会社などの専門家に依頼しましょう。丁寧に算出してくれるので具体的な企業価値評価につながるはずです。

ポイント3.無形資産についても知っておく

3つ目のポイントが「無形資産についても知っておく」ことです。

無形資産とは名前の通り、形のない資産のことになります。具体的にはのれんやブランド、従業員の技術力などです。保有している技術や資格などによっても無形資産は変わってきます。

DCF法では無形資産も収益と関連性の深い要素として計算に入れますから、自社の無形資産がどの程度あるのか知っておく必要があるわけです。

ただし、無形資産を過大評価してしまうことは避けなければなりません。正しく計算して現状を見据えるためにも客観的かつリスクも含めて見ていくようにしてください。そうすることで、無形資産による利益も含めた企業価値評価を出すことができるようになるはずです。

ここまで企業価値評価のポイントを含めて解説してきましたが、そもそも企業価値評価がなぜそこまで注目されているのでしょうか。

次の項目で確認してみましょう。

企業価値評価が重視される理由

企業価値評価が重視される理由

企業価値評価を重視する背景には以下4つの理由があります。

  1. M&Aにおいて高い価格で会社を売却できる
  2. 融資を受けやすくなる
  3. 顧客の信頼が高まる
  4. 株価が上がる

企業価値が重視される理由を知れば、企業価値を無視できなくなるはずです。順番に確認していきましょう。

理由1.M&Aにおいて高い価格で会社を売却できる

企業価値を高めることで、いざM&Aで会社売却をするときに高い価格で交渉することができます。

企業価値が高い=企業(事業)の将来性があるということと同義です。上場をしていない企業には時価総額がありませんが、企業価値が高ければ自社にはこれほどの価値がありますと主張することができます。

具体的になぜ企業価値が高いのか、理由を述べられるようにすることでより高い売却価格を交渉できるでしょう。理由を述べるためには、3年〜5年程度の事業計画を充実させることが重要です。

将来性を高め、企業価値を高めることで、M&Aで有利な交渉ができるようになります。

理由2.融資を受けやすくなる

企業価値を高めておくことで、銀行などの金融機関からの融資が受けやすくなります。

新しい事業を始めたり、新しい機械を導入するなどの設備投資をするためには、どうしてもまとまった資金が必要です。こんなとき金融機関は事業の将来性を見て融資すべきかどうかの判断を行います。

融資を受けるときには、事業計画書はとても大切です。なぜなら、事業の将来性は事業計画書でしか判断できないからです。根拠のある事業計画書を作成すれば事業の将来性は高まり、企業価値は向上します。

金融機関の融資が受けやすいということは、倒産を防ぐことにも繋がります。さらに、企業を発展させるための選択肢が増えることでもあるのです。融資を受けやすくするためにも、常に企業価値を高めておく必要があると言えるでしょう。

理由3.顧客の信頼が高まる

企業価値を高めておくことで、顧客の信頼が高まります。

顧客の信頼度が上がると、売り上げの向上に繋がるでしょう。なぜ、企業価値が高いと顧客の信頼が高まるかというと、企業価値が高い状態とは以下のような状態であるからです。

  • 将来性がある
  • 財務状況が良い
  • ブランド力がある

ほかにも企業価値を高める要因はたくさんあります。

このように企業価値が高い会社と取引をしたい、企業価値が高い会社からサービスを受けたいと思うのは当然のことです。このように、企業価値を高めることで、顧客の信頼が高まり、売上の向上へと繋がります。

理由4.株価が上がる

企業価値が上がると、株価も上昇します。

はじめにもお伝えしたように、将来性があると企業価値は向上し、企業価値が高まると株価も上昇します。逆に、企業価値評価をするときに、上場企業であれば時価総額から負債を差し引いて算出する方法もあります。

このように、企業価値と株価には相関関係があるといえるのです。

企業価値の高い企業には、株の投資をしたいと思います。また、株主配当も期待ができるので、企業価値の高い企業の株を考える人も多くなるのです。

上場していない会社であっても、はじめ株価を決めるときには企業価値が重要となります。今後上場を目指している会社も、株価を上昇させるために企業価値を高めておくべきと言えるでしょう。

企業価値評価を高める手段

企業価値評価を高める手段

企業価値を高めておくべき理由を紹介しましたが、どのように企業価値を高めるべきかわからない経営者もいると思います。

そこで、企業価値評価を高めるための手段を5つご紹介します。

  1. 収益を高める
  2. 投資効率性を高める
  3. 従業員を育てる
  4. 適切な財務状況にする
  5. 顧客と株主の利益を高める

順番に手段を確認し、自社の企業価値評価を高めていきましょう。

手段1.収益を高める

最も効果的であるのは、収益力の向上です。ビジネスモデルや経営戦略の見直し、営業体制の強化により、売上高や利益増大を図る施策が有効となります。

なぜなら、過去から安定して収益があり、今後も収益を出し続けることができると判断されれば企業の経済価値は高まるからです。

清算管理の徹底やアウトソーシングにより、費用を圧縮する方法も企業価値を高める事に効果的です。しっかりと、事業の売り上げを伸ばして無駄なコストを削減するように心がかけましょう。

このように、企業価値を高めるためには、収益を高めるために取り組む事が一番大事だといえます。

手段2.投資効率性を高める

企業価値を高める為には、投資効率性を高めることも不可欠です。簡単に言うと無駄な資産を持たなければ、企業価値の向上に繋がります。遊休資産や回転率の低い在庫等無駄な資産を削減すれば、投資効率性が向上します。

投資効率性の向上は企業価値の向上に繋がるだけでなく、M&Aの買い手に対する印象を良くする効果も期待できます。

投資効率を高めるためには、投資した資産がどれだけのキャッシュを生み出しているのかに注目すべきです。値上がりが期待できる有価証券や常に稼働している機械は、投資効率が高いと言えます。

このように資産そのものの価値ではなく、投資をした後のリターン部分に注目することで、投資効率の良い・悪いを判断することができるでしょう。

手段3.従業員を育てる

社内にいる従業員を優秀な従業員に育て上げることも、企業価値の向上へと繋がります。

なぜなら、事業を運営しているのは従業員一人ひとりだからです。技術者や開発者、研究者のノウハウの向上を目指せば、企業のサービス向上に直結します。営業マンの力を伸ばせば、売り上げも向上するでしょう。

このように、従業員個々の能力は企業価値を押し上げる要因の1つです。また、M&Aを実施する際、優秀な従業員の有無は売却価格へ直結します。企業価値を高めるために従業員教育をしっかりと行い、個々の能力を伸ばしましょう。

手段4.適切な財務状況にする

財務状況を改善することで、企業価値の向上に繋がります。

負債の比率を増加させる事で、「負債利用の節税効果」や「財務レバレッジ効果」により企業価値が向上するからです。少しでもリスクが見えると、経済価値はないと判断されてしまう傾向にあります。会計処理を適切に行い、取引先との適切な契約を結ぶように今一度チェックしてみましょう。

どれだけ収益が上がっていたとしても、リスクがあれば企業価値は下がってしまいます

ただし、本格的に理解する為にはファイナンスの専門知識が必要となるので、専門家に相談しましょう。倒産リスクが過大にならない程度に負債を利用すれば、企業価値を高めることが出来ます。

手段5.顧客と株主の利益を高める

顧客や株主の利益を高めることも、企業価値を高めることに繋がります。

まず、顧客の利益とは、サービスや商品の価値のことです。サービスや商品の価値を高めることで顧客は利益を得たと感じます。そのためには、常に世の中の流れを読み、顧客のニーズを汲み取る努力をしなければなりません。

もちろん、顧客のニーズに合わせたサービスや商品を提供するために、技術力の向上なども必要です。

また、株主の利益とは、株価を押し上げたり、株主配当を充実させることで高めることができます。投資したいと思わせる何かがなければ、株を買ってくれる人はいません。

企業は顧客の支払う代金や株主の投資によって成り立っていることを忘れず、関係者に利益をもたらす企業であり続けましょう。そうすることで、企業価値は自然と向上するはずです。

もし、企業価値を高める方法が具体的に思い浮かばない、今後に不安があるという方は『M&A総合研究所』へご相談ください。

現在の企業価値評価からどうすれば価値を磨き上げられるのか、何がリスクとしてあるのかなど具体的にアドバイスとサポートをいたします。相談料は無料となっておりますので、お気軽にご連絡ください。

M&Aで譲渡価格を高めるポイント

M&Aで譲渡価格を高めるポイント

企業価値を高めるポイントをご紹介しましたが、さらにM&Aで会社売却をするときに焦点を当ててみましょう。

M&Aで会社売却をする際、譲渡価格を高めるポイントは以下の4つが挙げられます。

  1. 独自の技術力・開発力を持っている
  2. 将来性がある
  3. シナジー効果のある会社へ売却する
  4. M&A仲介会社に相談する

それぞれのポイントを確認し、M&Aでの譲渡価格を高めましょう。

ポイント1.独自の技術力・開発力を持っている

独自の技術力や開発力を持っている企業は、譲渡価格が高くなる傾向にあります。

特に、独占している技術力や開発力であれば、なお譲渡価格は高まるでしょう。なぜなら、企業は常にサービスや商品を生み出そうとしているものだからです。そのためには、出来るだけ自社に技術力や開発力を集中させたいと考えます。

企業が独自の技術力や開発力を持っているということは、企業に優秀な従業員が在籍していることど同じです。独自の技術力・開発力を発揮できる従業員も一緒に買収したいと買い手企業は考えます。そうなると、自然に譲渡価格を高めるための交渉は有利に働くこととなるのです。

ポイント2.将来性がある

買い手企業に、自社がいかに将来性のある企業であるかをアピールしましょう。

そのためには、事業計画書の内容が重要です。事業計画書とは、今後企業がどのように成長し、利益を獲得していくのかを表した資料のことを指します。企業価値を評価する際、この事業計画書によって企業価値は大きく左右されます。

また、最新のIT技術を持っていることは将来性があると判断されやすいでしょう。どの企業にとっても、IT技術がなければ企業が発展しない時代となっています。メーカーや店舗展開している会社でも、ECサイトの構築や在庫管理などのIT技術で利益向上のための効率化を図っているからです。

最新のIT技術があれば、どんな会社もクライアントになりえるため、将来性があるとみなされます。

ポイント3.シナジー効果のある会社へ売却する

シナジー効果のある会社へ売却することは、譲渡価格を押し上げるために大切なことです。

M&Aや業務提携のような複数の企業が合同で事業に取り組む、またはお互いのノウハウを統合などにより合わせることで生まれる相乗効果などをシナジー効果と呼びます。

基本的に定義に該当すればシナジー効果は「相乗効果」と一括りに解釈しても構わないものですが、実際には様々な種類のシナジー効果があるのです。

  • 売り上げシナジー
  • コストシナジー
  • 経営シナジー
  • 投資シナジー

このように様々なシナジーがあります。シナジー効果のある会社へ売却するためには、自社の強みや特徴を分析し、どのような会社にシナジー効果があるのかを検討しましょう。

シナジー効果を感じることができる会社へ売却すれば、その会社にとって自社の価値は高くなります。

たとえば、関西エリアをメインに営業しているA社が関東にも進出したいと考えていたとしましょう。そんなとき、関東をメインに営業している同業のB社を買収すれば、手っ取り早く関東へ進出することができます。

このように、自社の特徴をまずは整理し、どのような会社にシナジー効果を感じてもらえるのかを検討するようにしましょう。

ポイント4.M&A仲介会社に相談する

M&Aにおける譲渡価格を高めたいのであれば、M&A仲介会社に必ず相談しましょう。

M&A仲介会社とは、M&Aを総合的にコンサルティングしてくれる存在です。M&A仲介会社は譲渡価格を高めるために以下のようなことを行ってくれます。

  1. 企業価値評価の算定
  2. 自社をアピールするための事業計画書作成のアドバイス
  3. シナジー効果のある買い手企業の提示・選定
  4. 利益拡大のための実務指導
  5. 資金調達・資金繰りの実務指導

このように、M&Aにおける様々なアドバイスや指導を行ってくれるのです。逆にM&A仲介会社に相談せずに自社内でM&Aを完結しようとしても、情報量が少なく適切なM&A戦略を立てることができません

また、M&A仲介会社に相談することで、企業価値評価をしてもらえます。M&Aで会社売却をした時に、いくらくらいの譲渡価格になるのかおおよその額を算出してくれるのです。

このようにメリットが多いので、かならずM&A仲介会社に相談し、譲渡価格を高めましょう

M&A仲介会社に相談して交渉をスムーズに進めよう

M&A仲介会社に相談して交渉をスムーズに進めよう

M&A仲介会社に相談をすれば、譲渡価格面だけでなく、様々な交渉をスムーズに進めることができます。

M&A仲介会社が行ってくれる業務は以下の通りです。

  • M&Aのスケジュールや戦略の策定
  • M&Aの買い手企業の情報提供・選出
  • 買い手企業へ提示する資料作成やアプローチ
  • 買い手企業との交渉での同席・アドバイス
  • 基本合意契約や最終契約などの書類作成のアドバイス
  • デューデリジェンスの対応
  • 専門家の紹介
  • 統合作業のアドバイス

このように、様々な業務を任せることができます。M&Aを実施するほとんどの経営者が、初めてのM&Aを行うことになります。

もし、社内にM&A専用の部署があれば問題ありませんが、そうでない場合必ずM&A仲介会社を頼りましょう

専門家としてのアドバイスをもらいながら、膨大な業務を任せることができます。M&Aを成功させるためにも、M&A仲介会社へ相談しましょう。

M&AをするならM&A総合研究所へ

M&A総合研究所は日本でも有数の規模を持つM&Aプラットフォームを持っており、日本のみならず海外からもM&A案件の情報を集めているため、理想的な相手に巡り会える可能性が非常に高くなっています。

また業界・業種、規模を問わず様々なM&Aを手掛けた経験があり、優秀なアドバイザーが在籍しているため、手厚いサポートを受けることができるのです。

もちろん、企業価値評価も無料で行っています。M&A総合研究所は着手金無料の完全成功報酬制を取っているので、M&Aが正立するまでは一切の費用が発生しません。安心してご相談いただけますのでご連絡をお待ちしております。

まとめ

企業価値評価とは、企業価値をはかることです。そもそも、企業価値とは、企業全体の経済価値のことを指します。企業の持つヒト・モノ・カネ・情報などの事業価値を金額で表したものとなります。

企業価値評価をする方法は以下の3つです。

  1. コストアプローチ
  2. マーケットアプローチ
  3. インカムアプローチ

中でもDCF法が、M&Aにおいては採用されます。また、企業価値評価を高めるための手段には以下の5つが挙げられます。

  1. 収益を高める
  2. 投資効率性を高める
  3. 従業員を育てる
  4. 適切な財務状況にする
  5. 顧客と株主の利益を高める

また、M&Aにおける譲渡価格を高めるためには、M&A仲介会社に相談することも大切です。

譲渡価格以外にも、スムーズに交渉を進めたり、トラブルを回避するといったメリットがあります。M&Aを成功させるためにも、必ずM&A仲介会社に相談しましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)