2021年1月19日公開会社・事業を売る

【企業価値100億超】会社売却・バイアウト成功事例10選!動向を解説

M&Aでは、企業価値100億円超の会社売却・バイアウトが行われる事例もあります。では、企業価値100億円超の会社売却・バイアウトが成立しているのはどのようなケースなのでしょうか。本記事では、企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例をご紹介します。

目次
  1. 【企業価値100億超】会社売却・バイアウト成功事例10選!
  2. 【企業価値100億超】会社売却・バイアウトの動向 
  3. 会社売却・バイアウトを実行する際におすすめの相談先 
  4. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

【企業価値100億超】会社売却・バイアウト成功事例10選!

【企業価値100億超】会社売却・バイアウト成功事例10選!

企業価値100億円超で会社売却・バイアウトが行われた事例にはどのようなものがあるのでしょうか。この章では、そのなかから10事例をピックアップして紹介します。

【企業価値100億超会社売却・バイアウト成功事例10選】

  1. シャイアーと武田薬品工業の会社売却・バイアウト
  2. スピードウェイとセブン&アイ・ホールディングスの会社売却・バイアウト
  3. ZOZOとZホールディングスの会社売却・バイアウト
  4. 米ゼロックスと富士フイルムHDの会社売却・バイアウト
  5. ユニー・ファミリーマートHDと伊藤忠商事の会社売却・バイアウト
  6. LIXILビバとアークランドサカモトの会社売却・バイアウト
  7. シーズHDと米ジョンソン・エンド・ジョンソンの会社売却・バイアウト
  8. IndeedとリクルートHDの会社売却・バイアウト
  9. 朝日火災海上保険と楽天の会社売却・バイアウト
  10. DSGTとユニ・チャームの会社売却・バイアウト

1.シャイアーと武田薬品工業の会社売却・バイアウト

シャイアーと武田薬品工業の会社売却・バイアウト

シャイアー

出典:https://www.takeda.com/ja-jp/

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例1件目は、シャイアーと武田薬品工業の会社売却・バイアウトです。

アイルランドの製薬大手であるシャイアーは2018年、武田薬品工業へ会社売却・バイアウトを実施しました。武田薬品工業は事業領域を拡大し、海外での競争力を向上させる目的でシャイアーの買収を決定しています。

シャイアーにとっては、6.2兆円という高い企業価値評価を受けての会社売却・バイアウトとなったので、M&A価格としては成功だったといえるでしょう。

しかし、武田薬品工業にとっては負担の大きい勝負の買収となり、武田薬品工業がシャイアーを買収することを発表すると、武田薬品工業の株価は大幅に下落しています。

しかし、武田薬品工業は企業体質を変えて真のグローバル企業になるには、シャイアーの買収が必須であるとの判断でM&Aを行いました。

新薬開発には時間がかかるので、シャイアーによる武田薬品工業への会社売却・バイアウトの効果は株価にはまだ明確に表れてはいませんが、新型コロナウイルスへの対応などをスムーズに行えれば、高い成長性が期待できる状況と考えられます。

2.スピードウェイとセブン&アイ・ホールディングスの会社売却・バイアウト

スピードウェイとセブン&アイ・ホールディングスの会社売却・バイアウト

スピードウェイ

出典:https://www.7andi.com/

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例2件目は、スピードウェイとセブン&アイ・ホールディングスの会社売却・バイアウトです。

アメリカの石油会社であるマラソンペトロリアムは、2020年8月、スピードウェイをセブン&アイ・ホールディングスへ210億ドルで会社売却・バイアウトすることを発表しました。

スピードウェイは、コンビニエンスストア併設型のガソリンスタンドです。日本はすでにコンビニエンスストアが飽和状態にあり寡占も進んでいますが、アメリカではまだ成長の余地が大いにある状況です。

そこで、セブン&アイ・ホールディングスは成長の機会をアメリカに求めて買収を決定しましたが、課題も存在しています。

スピードウェイは、コンビニエンスストア併設型でガソリンスタンドを運営していますが、電気自動車が今後普及していくとガソリンスタンドの使用率が下がっていく可能性があります。

そのようなデメリットを加味したとしてもアメリカには大きな商機があると、セブン&アイ・ホールディングスは考えて買収を決断しています。

3.ZOZOとZホールディングスの会社売却・バイアウト

ZOZOとZホールディングスの会社売却・バイアウト

ZOZO

出典:https://www.z-holdings.co.jp/

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例3件目は、ZOZOとZホールディングスの会社売却・バイアウトです。

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、2019年、ヤフーの親会社であるZホールディングスへ約4000億円で会社売却・バイアウトを行いました。

ヤフーの社長は、ZOZOを買収した理由をEC事業で高いシナジー効果が期待できるからと語っており、両社ともに運営しているECサイトはそれぞれターゲットとしてきた顧客層が違うので、協業することでより幅広い顧客層へアプローチできると考えています。

一方、ZOZOはそれまで業界を変えるような、革新的なアイディアを積極的に試していくことで急成長してきました。

しかし、ZOZOも企業価値が大きくなり、社会的な責任が大きく伴うようになってきたため、安定的に成長させていく段階に入ったことを会社売却・バイアウトに至った理由として挙げています。

また、ヤフーが本気でAmazonに勝つといった大きなビジョンを掲げていることも、会社売却・バイアウトに至ったきっかけのひとつだということを語っています。

4.米ゼロックスと富士フイルムHDの会社売却・バイアウト

米ゼロックスと富士フイルムHDの会社売却・バイアウト

米ゼロックス

出典:https://holdings.fujifilm.com/ja

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例3件目は、米ゼロックスと富士フイルムHDの会社売却・バイアウトです。

2019年、米ゼロックスコーポレーションは、子会社の富士ゼロックス株式を富士フイルムホールディングスへ23億ドルで会社売却・バイアウトしました。

もともと富士フイルムHDは米ゼロックスを買収する予定でしたが、交渉が破談に終わったため、米ゼロックスコーポレーションの子会社である富士ゼロックスを買収することとし、米ゼロックスとのこじれてしまった関係の収束を図っています。

米ゼロックスは富士ゼロックスを会社売却・バイアウトした資金で、ヒューレッド・パッカードへ買収を打診しましたが、ヒューレッド・パッカード側は買収提案を拒否しています。

結果的に、富士フイルムHDは米ゼロックスの買収失敗で大きな痛手を受けましたが、米ゼロックスは富士ゼロックスの会社売却・バイアウトによって多額の売却資金を獲得しています。

5.ユニー・ファミリーマートHDと伊藤忠商事の会社売却・バイアウト

ユニー・ファミリーマートHDと伊藤忠商事の会社売却・バイアウト

伊藤忠商事

出典:https://www.itochu.co.jp/ja/index.html

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例5件目は、ユニー・ファミリーマートHDと伊藤忠商事の会社売却・バイアウトです。

ユニー・ファミリーマートHDは、2018年、伊藤忠商事からの株式公開買付けに賛同し、伊藤忠商事へ会社売却・バイアウトを実施しました。これにより、ユニー・ファミリーマートHDは伊藤忠商事の子会社となりました。

さらに2020年、伊藤忠商事は株式公開買付けにより、ファミリーマートを完全子会社化することを発表しています。

伊藤忠商事は、1998年からファミリーマートの筆頭株主として経営に関わってきましたが、2018年には意思決定の迅速化などを果たすために子会社化しました。

コンビニエンスストア事業の効率化やIT化などにより収益力の向上を目指し、2020年の完全子会社化に至っています。また、AIを使った新たな事業や、海外事業なども視野に入れています。

【関連】新型コロナで事業承継・譲渡が急増?買い手はいる?【失敗事例あり】

6.LIXILビバとアークランドサカモトの会社売却・バイアウト

LIXILビバとアークランドサカモトの会社売却・バイアウト

アークランドサカモト

出典:http://www.arcland.co.jp/

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例6件目は、LIXILビバからアークランドサカモトへの会社売却・バイアウトです。

ホームセンターを営むLIXILビバは2020年、同業界のアークランドサカモトへ合計1,085億円で会社売却・バイアウトを実施しました。会社売却・バイアウトの内訳は、株式公開買付けが519億円、株式譲渡が566億円となっています。

株式譲渡の566億円は、アークランドが親会社のLIXILグループからLIXILビバに資金を渡し、LIXILビバがLIXILグループから自社株買いを行う形でのM&Aとなりました。

LIXILグループはコア事業に集中するため、シナジー効果の薄かったホームセンター事業を切り離すことを決断しています。

 LIXILビバとアークランドサカモトは同じホームセンター業界ではありますが、出店地域がそれぞれ分かれており、まだ出店していない県も多いことから成長余地が多いと判断してM&Aに至っています。

このM&Aにより、LIXILビバとアークランドサカモトのグループは業界でのシェアを一気に高められることから、業界再編にも大きな影響を与えうるM&Aとなりました。

なお、LIXILビバは、2020年11月に社名を「ビバホーム」へと変更しています。

7.シーズHDと米ジョンソン・エンド・ジョンソンの会社売却・バイアウト

シーズHDと米ジョンソン・エンド・ジョンソンの会社売却・バイアウト

シーズHD

出典:http://ci-z-holdings.com/

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例7件目は、シーズHDと米ジョンソン・エンド・ジョンソンの会社売却・バイアウトです。

シーズ・ホールディングスは2019年1月、米ジョンソン・エンド・ジョンソンへ約2300億円での会社売却・バイアウトを完了させました。

シーズHDは「ドクターシーラボ」をはじめとした、高いブランド力を持ったスキンケア製品を販売しています。しかし、スキンケア製品の質は高いものの、海外展開には苦労していました。

一方、米ジョンソン・エンド・ジョンソンはアジア圏での販売拡大を模索していました。

そこで、シーズHDと米ジョンソン・エンド・ジョンソンは2016年に資本業務提携を結んで海外事業展開を強化することとなります。

さらに米ジョンソン・エンド・ジョンソンはシーズHDの買収によって、質の高いスキンケア製品のラインナップを拡充でき、中国などのアジアを中心とした海外事業展開をさらに強化できるとしています。

8.IndeedとリクルートHDの会社売却・バイアウト

IndeedとリクルートHDの会社売却・バイアウト

リクルートHD

出典:https://recruit-holdings.co.jp/

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例8件目は、IndeedとリクルートHDの会社売却・バイアウトです。

アメリカのIndeed Inc.(Indeed社)は、2012年、リクルートホールディングスへ約10億ドルで会社売却・バイアウトを行いました。

Indeedは、数多くの求人情報から希望条件に合った求人情報を探すことができる求人検索エンジンです。リクルートHDは人材関連事業において世界で戦える企業となるために、海外企業を次々と買収していました。

なかでもIndeed社の買収は大規模であり、現在でもリクルートHDにとって重要な企業のひとつとなっています。

リクルートHDはIndeed社を買収した理由として、Indeed社が「世の中の人たちが仕事を得る手助けをする」という明確なビジョンを掲げていたことを挙げています。また、リクルートHDはビジョンが一致していたことも決め手となって買収を決断しています。

9.朝日火災海上保険と楽天の会社売却・バイアウト

朝日火災海上保険と楽天の会社売却・バイアウト

楽天

出典:https://corp.rakuten.co.jp/

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例9件目は、朝日火災海上保険と楽天の会社売却・バイアウトです。

2018年、朝日火災海上保険は楽天へ約450億円で会社売却・バイアウトを行いました。楽天のコア事業は楽天市場ですが、M&Aにより金融分野の強化を次々と進めており、金融関連事業が売上の高い割合を占めてきています。

特に、近年の楽天は保険事業の強化を進めており、「楽天生命保険株式会社」「楽天インシュアランスプランニング株式会社」「楽天アンセル株式会社」「もっとぎゅっと少額短期保険株式会社」が楽天の傘下にあります。

楽天は朝日火災海上保険をグループに迎え入れることで、楽天のトラベル事業などとのシナジー効果獲得を図っています。

10.DSGTとユニ・チャームの会社売却・バイアウト

DSGTとユニ・チャームの会社売却・バイアウト

ユニ・チャーム

出典:http://www.unicharm.co.jp/index.html

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例10件目は、DSGTとユニ・チャームの会社売却・バイアウトです。

タイの大手紙おむつメーカーであるDSG 「International (Thailand) Public Company Limited」(DSGT)は2018年、ユニチャームへ5億3,000万ドルで会社売却・バイアウトを行いました。

DSGTは紙おむつの製造と販売で、東南アジアで高いシェアとブランド力を持っています。一方のユニ・チャームは2016年に策定した中期経営計画で、グローバル化をさらに加速させ高成長を図ることを掲げていました。

特に、アジアでの事業展開を積極的に進めてきた経緯があり、ユニ・チャームはDSGTを子会社化することで、東南アジアでのさらなる高成長を図っています。

【関連】会社売却の成功・失敗ポイントとは?手順や注意点を事例付きで徹底解説

【企業価値100億超】会社売却・バイアウトの動向 

【企業価値100億超】会社売却・バイアウトの動向

企業価値100億円超の会社売却・バイアウトですが、近年は以下のような動向がみられます。

【企業価値100億超会社売却・バイアウトの動向 】

  1. コロナ前は数多くのクロスオーバーM&Aが行われた 
  2. コロナ後、大型M&Aはほぼなくなっている 
  3. 国内のM&Aが中心となっている

1.コロナ前は数多くのクロスオーバーM&Aが行われた 

新型コロナウイルスが広がる前は、クロスオーバーM&Aが活発に行われており、2018年における企業価値100億円超の会社売却・バイアウト件数は22件ありました。

企業価値100億円超の会社売却・バイアウト件数は40件ありますが、2018年でその半数以上を占めています。

一方、新型コロナウイルスが広まった2020年はクロスオーバーM&Aが大幅に減り、それに代わって日本国内でのM&Aが行われています。

2.コロナ後、大型M&Aはほぼなくなっている 

2017年における企業価値100億円超の会社売却・バイアウト件数は75件で、2018年における企業価値100億円超の会社売却・バイアウト件数は15件減ったものの、60件ありました。

新型コロナウイルスの発生後、企業価値100億円超や企業価値1,000億円超の会社売却・バイアウト件数は減り、代わりに小型のM&Aが増えています。

しかし、M&A自体は好調であり、小型のM&A件数は年々増加を続けています。その要因としては、中小企業によるM&Aを用いた事業承継需要の増加などが挙げられます。

3.国内のM&Aが中心となっている

新型コロナウイルス発生前はクロスオーバーM&Aが活発に行われていましたが、新型コロナウイルス発生後は国内のM&Aが中心となっています。

特に、中小企業によるM&Aを用いた事業承継需要は増加し続けており、今後もまだ増えていくものとみられています。

【関連】中小企業の会社売却の成功ポイントまとめ!

会社売却・バイアウトを実行する際におすすめの相談先 

会社売却・バイアウトを実行する際におすすめの相談先

会社売却・バイアウトは、規模が大きくなるほどM&Aの専門家によるサポートが重要になります。また、その専門家が規模の大きいM&A案件を経験したことがあるか、同業種のM&A支援を経験したことがあるかなども、選ぶ際のポイントになります。

M&A総合研究所には、豊富な経験を持つアドバイザーが多数在籍しており、クロージングまでを迅速かつ丁寧にサポートいたします。

また、M&A総合研究所では着手金や中間報酬をいただいておりません。M&Aが成立するまで手数料がかからない完全成功報酬制の手数料体系となっているので、安心してご利用いただけます。

無料相談はお電話またはメールより随時受け付けておりますので、M&Aをご検討の際はM&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

まとめ 

まとめ

新型コロナウイルスが広まる前は企業価値100億円超の会社売却・バイアウトが活発に行われていましたが、新型コロナウイルスが広まってからは、企業価値100億円超の会社売却・バイアウト件数は減少傾向にあります。

しかしながら、M&A自体は好調に推移しているので、実施を検討している場合は今後の業界動向を注視しておくとよいでしょう。

【企業価値100億円超の会社売却・バイアウト成功事例】

  1. シャイアーと武田薬品工業の会社売却・バイアウト
  2. スピードウェイとセブン&アイ・ホールディングスの会社売却・バイアウト
  3. ZOZOとZホールディングスの会社売却・バイアウト
  4. 米ゼロックスと富士フイルムHDの会社売却・バイアウト
  5. ユニー・ファミリーマートHDと伊藤忠商事の会社売却・バイアウト
  6. LIXILビバとアークランドサカモトの会社売却・バイアウト
  7. シーズHDと米ジョンソン・エンド・ジョンソンの会社売却・バイアウト
  8. IndeedとリクルートHDの会社売却・バイアウト
  9. 朝日火災海上保険と楽天の会社売却・バイアウト
  10. DSGTとユニ・チャームの会社売却・バイアウト
【企業価値100億超会社売却・バイアウトの動向】
  1. コロナ前は数多くのクロスオーバーM&Aが行われた 
  2. コロナ後、大型M&Aはほぼなくなっている 
  3. 国内のM&Aが中心となっている

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)