2020年4月22日公開会社・事業を売る

会社売却にオススメの本・書籍15選【心得〜スキーム/実務】

会社売却を成功させるには専門家に任せるだけでなく、自身も会社売却についての基礎知識を身に付けておく必要があります。本記事では、会社売却にオススメの本・書籍の概要と特徴などを、心得・スキーム・実務に分けてご紹介していきます。

目次
  1. 会社売却にオススメの本・書籍15選
  2. 本・書籍の知識のみで会社売却は可能か?
  3. 会社売却の際におすすめの相談先
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

会社売却にオススメの本・書籍15選

会社売却にオススメの本・書籍15選

会社売却にオススメの本・書籍15選

本記事では、会社売却におすすめの本をご紹介していきます。ご紹介する本の見出しには、内容に応じて「心得・スキーム・実務」のいずれかを記載しています。

本記事でご紹介する本は以下の15冊です。

  1. 会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで【心得〜スキーム/実務】 
  2. 会社は伸びてるときに売りなさい。【心得】 
  3. 損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~【スキーム】 
  4. 社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!! 【心得・実務】
  5. 中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門M&A 【心得・スキーム・実務】 
  6. 中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門【心得・実務】
  7. 大廃業時代・創業社長の事業の継なげ方 終い方【心得】
  8. なぜ動物病院が廃業せずにすんだのか【心得】
  9. いちばんわかりやすい! 新事業承継税制のかしこい使い方【心得・実務】
  10. 創業者、経営者のための30分でわかる出口戦略【心得・スキーム】
  11. みんなどうしているの? 税理士事務所の事業承継: 全国取材に見る! 事務所事業承継の現状【心得・実務】
  12. 「後継者」という生き方【心得】
  13. これだけは知っておきたい事業再生の重要ポイント: ~会計事務所と共に取り組む事業再生~ 【心得・スキーム・実務】
  14. あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A 【心得・スキーム・実務】
  15. 後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい【心得・実務】

1.会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで【心得・スキーム・実務】 

会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで【心得・スキーム・実務】

会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで【心得・スキーム・実務】

会社売却にオススメの本・書籍1冊目は「会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで」です。

著者は日本ではあまり見られない、売却側をメインにM&Aの支援を行っている投資銀行の代表取締役です。

著者の豊富な経験から会社売却について詳細に書かれているので、知識だけでなく実際の現場でどう考えて動けば良いかがわかります。

会社売却を検討している経営者から会社売却をサポートする専門家まで、幅広い層の読者にとって参考になる1冊です。

2.会社は伸びてるときに売りなさい。【心得】 

会社は伸びてるときに売りなさい。【心得】

会社は伸びてるときに売りなさい。【心得】

会社売却にオススメの本・書籍2冊目は「会社は伸びてるときに売りなさい。」です。

著者はM&AのWEBメディア「M&A BANK」を運営しており、自身も会社売却の経験があるシリアルアントレプレナーです。

本書では主にベンチャー企業経営者がIPOではなくM&Aによる会社売却を選ぶべき理由が書かれています。

また、実際に会社売却を経験した6人の若手起業家へのインタビューも掲載されているので、会社売却によるイグジットを考えているベンチャー企業経営者にとって参考になる内容となっています。

3.損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~【スキーム】 

損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~【スキーム】

損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~【スキーム】

会社売却にオススメの本・書籍3冊目は「損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~」です。

本書ではM&Aによる会社売却手続きについてほぼすべて網羅しているので、会社売却の流れを具体的につかむことができます。

また、著者は企業価値向上のコンサルタントとして豊富な経験を持っています。そのため、M&Aの際に売却側が企業価値を高め、高く会社を売る方法についても理解することができる1冊です。

4.社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!!【心得・実務】

社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!!【心得・実務】

社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!!【心得・実務】

会社売却にオススメの本・書籍4冊目は「社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!!」です。

本書では会社売却の物語と、それに対する著者のワンポイントアドバイスという構成になっています。著者は日本で中小企業のM&Aが盛り上がりを見せる前からコンサルティングを経験してきた専門家です。

そのため本書は、会社売却の基礎知識だけでなく、会社売却の際に実際に起こりうる課題や、会社を高く売るための現実的なアドバイスが数多く盛り込まれています。

5.中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門M&A 【心得・スキーム・実務】 

中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門M&A 【心得・スキーム・実務】

中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門M&A 【心得・スキーム・実務】

会社売却にオススメの本・書籍5冊目は「中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門M&A」です。

本書は中小ベンチャー企業経営者が会社売却を行う際に覚えておきたいポイントをすべて網羅しています。

M&Aアドバイザーの選び方についても詳細に書かれているので、M&Aアドバイザー選びで迷いやすい中小ベンチャー企業経営者にとって参考になる1冊です。

また、著者は財務コンサルティングのスペシャリストなので、会社を好条件で売却するためのポイントについても理解することができます。

【関連】M&Aの無料相談先一覧【仲介会社/銀行/税理士/弁護士など】

6. 中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門【心得・実務】 

中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門【心得・実務】

中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門【心得・実務】

会社売却にオススメの本・書籍6冊目は「中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門」です。

本書はM&A・事業承継の手続き面に関する記載はほとんどなく、日本におけるM&Aの現状について書かれた本です。

銀行やM&A仲介会社、事業引継ぎ支援センターの現状について、あまり他の本では語られない部分にも言及しています。

また、本書では特に、日本におけるM&A後の統合作業(PMI)の現状と重要性について詳しく書いているので、M&Aの成否を大きく左右するPMIへの理解を深めることが可能です。

7.大廃業時代・創業社長の事業の継なげ方 終い方【心得】

大廃業時代・創業社長の事業の継なげ方 終い方【心得】

大廃業時代・創業社長の事業の継なげ方 終い方【心得】

会社売却にオススメの本・書籍7冊目は「大廃業時代・創業社長の事業の継なげ方 終い方」です。

本書は著者と親交のある8人の経営者が、会社の終わらせ方について具体的かつ率直な考えと経験をまとめた1冊です。

本書では事業承継、事業譲渡、M&A、事業廃業を経験した経営者がそれぞれの経験と知見を語っています。

そのため、会社の終わらせ方について悩んでいる経営者にとっては、実際に相談に乗ってもらっているかのような現実的な理解が深まる本です。

8.なぜ動物病院が廃業せずにすんだのか【心得】

なぜ動物病院が廃業せずにすんだのか【心得】

なぜ動物病院が廃業せずにすんだのか【心得】

会社売却にオススメの本・書籍8冊目は「なぜ動物病院が廃業せずにすんだのか」です。

本書は動物病院を譲渡した方たちの体験談とインタビューを集めた1冊です。

動物病院の譲渡という限定された業種の内容ではありますが、体験談の生々しさと率直なインタビュー内容はすべての経営者にとって非常に参考になるものとなっています。

特に、事業の売却で悩んでいる小規模事業者にとっては共通する体験の多い内容です。

9.いちばんわかりやすい! 新事業承継税制のかしこい使い方【心得・実務】 

いちばんわかりやすい! 新事業承継税制のかしこい使い方【心得・実務】

いちばんわかりやすい! 新事業承継税制のかしこい使い方【心得・実務】

会社売却にオススメの本・書籍9冊目は「いちばんわかりやすい! 新事業承継税制のかしこい使い方」です。

本書では事業承継税制の有効的な活用法を解説しています。特例措置により以前よりも利用しやすくなった事業承継税制ですが、実際に活用している企業はまだ少ないのが現状です。

そこで本書では、どのような場合にどう事業承継税制を活用できるかを具体的かつ詳細に示しています。会社売却を検討している経営者だけでなく、後継者やサポートする専門家も読んで役に立つ1冊です。

10.創業者、経営者のための30分でわかる出口戦略【心得・スキーム】 

創業者、経営者のための30分でわかる出口戦略【心得・スキーム】

創業者、経営者のための30分でわかる出口戦略【心得・スキーム】

会社売却にオススメの本・書籍10冊目は「創業者、経営者のための30分でわかる出口戦略」です。

本書は会社の出口戦略を、会社のステージやエグジットの方法、譲渡する相手ごとに解説しています。

エグジット方法が網羅されている分、ひとつひとつの解説を深掘りするまでには至っていません。しかし、M&Aも含めてさまざまな会社の出口戦略を検討している経営者にとって、判断材料のひとつとなる1冊です。

【関連】M&Aの依頼は誰にすれば良い?仲介会社/銀行/税理士の特徴を解説

11.みんなどうしているの? 税理士事務所の事業承継: 全国取材に見る! 事務所事業承継の現状【心得・実務】 

みんなどうしているの? 税理士事務所の事業承継: 全国取材に見る! 事務所事業承継の現状【心得・実務】

みんなどうしているの? 税理士事務所の事業承継: 全国取材に見る! 事務所事業承継の現状【心得・実務】

会社売却にオススメの本・書籍11冊目は「みんなどうしているの? 税理士事務所の事業承継: 全国取材に見る! 事務所事業承継の現状」です。

本書は税理士事務所の譲渡事例をまとめた本です。税理士事務所ならではの譲渡の難しさや、事業会社と共通した譲渡の心構えなどを知ることができます。

事業承継をサポートしている税理士事務所でも、自身の事業承継準備は進んでいないというケースは多く見られます。本書はそのような税理士や会社経営者の意識を高めてくれる1冊です。

12. 「後継者」という生き方【心得】

「後継者」という生き方【心得】

「後継者」という生き方【心得】

会社売却にオススメの本・書籍12冊目は「『後継者』という生き方」です。

著者は父親から事業を引き継ぎ、社長専門のコンサルティングを行ってきました。そのため、本書は経営者側ではなく、後継者の視点から会社を継ぐ準備の重要性について書かれています。

本書では主に後継者ならではの苦労や心構えについて学ぶことができます。これから会社を後継者に渡す経営者や後継者となる方、すでに経営を引き継いだ方のモチベーションを高めてくれる1冊です。

13. これだけは知っておきたい事業再生の重要ポイント: ~会計事務所と共に取り組む事業再生~ 【心得・スキーム・実務】 

 これだけは知っておきたい事業再生の重要ポイント: ~会計事務所と共に取り組む事業再生~ 【心得・スキーム・実務】

これだけは知っておきたい事業再生の重要ポイント: ~会計事務所と共に取り組む事業再生~ 【心得・スキーム・実務】

会社売却にオススメの本・書籍13冊目は「これだけは知っておきたい事業再生の重要ポイント: ~会計事務所と共に取り組む事業再生~」です。

本書は事業再生のさまざまな方法を解説する中で、事業再生方法のひとつとしてM&Aによる会社売却についても紹介しています。

事業再生M&Aの実務では、会計士の果たす役割が重要です。事業再生M&Aを検討している方や会計士へのM&A相談を考えている方におすすめの1冊です。

14.あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A 【心得・スキーム・実務】 

あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A 【心得・スキーム・実務】

あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A 【心得・スキーム・実務】

会社売却にオススメの本・書籍14冊目は「あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A」です。

著者が代表を務めるのは、中小企業向けでは数の少ない、売り手か買い手どちらか一方への助言を行うM&Aアドバイザリー会社です。

そのため本書では、どうすれば会社を高く売ることができるか、悪徳業者や相手企業に安く買い叩かれないようにするかなどについて詳しく書かれています。

会社売却に向けて企業価値の向上を検討している経営者向けの1冊です。

15.後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい【スキーム・実務】 

後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい【スキーム・実務】

後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい【スキーム・実務】

会社売却にオススメの本・書籍15冊目は「後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい」です。

著者は近年急成長しているマッチングプラットフォーム「TRANBI(トランビ)」の代表取締役です。

本書の内容はほとんどがTRANBIの紹介やTRANBIを活用した企業の事例などですが、マッチングプラットフォームの雰囲気を理解することができます。

マッチングプラットフォームでの会社売却を検討している中小企業や小規模事業者向けの1冊です。

【関連】エムアンドエー(M&A)とは何かを徹底解説!

本・書籍の知識のみで会社売却は可能か?

本・書籍の知識のみで会社売却は可能か?

本・書籍の知識のみで会社売却は可能か?

会社売却に関する本は、さまざまな専門家がそれぞれの知識や経験を基に数多く出版されています。

しかし、実際の会社売却の現場ではさまざまなタイプの人間による思惑と感情が複雑に影響し合うため、本では理解しきれない出来事が数多く発生します。

そのため、会社売却を円滑に進めるには、豊富な経験を持った専門家による柔軟な対応力が必要です。

また、会社売却を行うには最適な売却先を探さなければなりません。本で会社売却の知識を身につけても、相手探しは専門機関のネットワークが必要です。

M&A仲介会社やマッチングサイトなどでは、個人のネットワークでは集めることのできない情報を大量に集めることができます。そのため、会社売却の際は専門家への相談が必要です。

会社売却の際におすすめの相談先

会社売却の際におすすめの相談先

会社売却の際におすすめの相談先

会社売却の際は、適切な判断を行うために本による知識は必要です。しかし、前述のように、会社売却を行うには専門家の経験とネットワークが欠かせません。

M&A総合研究所ではM&A専門の会計士と弁護士が事業売却をトータルサポートするので、あらゆる案件で柔軟かつ迅速な対応が可能です。

また、M&A総合研究所ではM&A成立まで平均3ヶ月とスピードが速く、希望価格以上での会社売却も実現できるので、依頼者から高い評価を得ています。


無料相談は随時受付中なので、会社売却をご検討の際はお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

本記事では、会社売却におすすめの以下の15冊をご紹介してきました。

  1. 会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで【心得〜スキーム/実務】 
  2. 会社は伸びてるときに売りなさい。【心得】 
  3. 損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~【スキーム】 
  4. 社長! あなたの会社、じつは……高く売れるんです!! 【心得・実務】
  5. 中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門M&A 【心得・スキーム・実務】 
  6. 中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門【心得・実務】
  7. 大廃業時代・創業社長の事業の継なげ方 終い方【心得】
  8. なぜ動物病院が廃業せずにすんだのか【心得】
  9. いちばんわかりやすい! 新事業承継税制のかしこい使い方【心得・実務】
  10. 創業者、経営者のための30分でわかる出口戦略【心得・スキーム】
  11. みんなどうしているの? 税理士事務所の事業承継: 全国取材に見る! 事務所事業承継の現状【心得・実務】
  12. 「後継者」という生き方【心得】
  13. これだけは知っておきたい事業再生の重要ポイント: ~会計事務所と共に取り組む事業再生~ 【心得・スキーム・実務】
  14. あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A 【心得・スキーム・実務】
  15. 後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい【心得・実務】

実際の会社売却では、本では学べないさまざまな経験が求められます。M&Aを進めるには、M&A専門家への相談をお薦めします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)