2020年4月14日公開会社・事業を売る

M&Aは個人でもできる!小規模案件を探せるマッチングサイトを紹介

近年のM&A需要の高まりを受けて、M&Aの在り方が多様化しています。その中でも急成長を見せているのが、個人M&Aのような小規模案件に対応するサービスの増加です。本記事では、個人でM&A案件を探す際に便利なマッチングサイトを紹介します。

目次
  1. M&Aとは
  2. M&Aは個人でできる?その理由
  3. 個人でM&Aを行う方法
  4. 個人でM&Aができる小規模案件を探せるマッチングサイト
  5. マッチングサイトでは不安の人はM&A仲介会社への相談がおすすめ
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aとは

M&Aとは

出典:https://pixabay.com/ja/

M&Aとは、企業の合併や総称です。

一昔前までは大企業同士で行われることが多かったのですが、近年は日本の少子高齢化による後継者問題などの影響から中小企業を対象とするM&Aサービスも多く見受けられるようになりました。

さらには比較的小規模案件にも対応するM&Aサービス「マッチングサイト」の拡充によって個人M&Aのハードルも大きく下がりつつあります。

そこで本記事では、個人M&Aで会社買収を検討されている方に向けて、小規模案件を探せるマッチングサイトを紹介します。

M&Aは個人でできる?その理由

M&Aは個人でできる?その理由

出典:https://pixabay.com/ja/

個人M&Aという言葉からは非現実的な印象を受けますが、増加傾向にある明確な理由がいくつか存在しています。その中でも強く影響している2つの理由を見ていきましょう。

事業承継に悩む中小企業が多いため

1つ目は、事業承継に悩みを持つ売り手側の理由です。少子高齢化や人口の都市部集中の影響で後継者問題を抱える中小企業が増えており、M&Aによる事業承継を選択されることが多くなっています。

M&Aによる事業承継とは、外部からより適任な後継者を選出して会社の経営理念と共に会社を引き継ぎしてもらうことを言います。親族内や社内に後継者が存在しない中小企業の有力な選択肢として注目を集めている事業承継です。

後継者問題を抱える中小企業と起業を目指す個人のニーズが一致して個人M&Aが実現しています。

【関連】中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

M&Aが一般に浸透してきているため

2つ目は、世間のM&Aに対する認知度が上がっていることです。多くの人がM&Aを認識するようになったことで、M&Aサポートを手がける企業・機関が小規模案件向けのサービスを拡充させやすくなる時代が訪れました。

中には、小規模案件を得意とする少数精鋭で構成されるM&A仲介会社も姿を見せるようになり、個人M&Aの需要が高くなっていることが分かります。

【関連】M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

個人でM&Aを行う方法

個人でM&Aを行う方法

出典:https://pixabay.com/ja/

個人M&Aは実現可能であることが分かりましたが、実際に検討しようとすると何から行動を起こせば良いか分からない方もいるかと思います。

そこでこの章では、個人M&Aを行う方法を解説します。

【個人でM&Aを行う方法】

  1. M&A仲介会社に相談する
  2. 地元の金融機関に相談する
  3. 地元の公的機関に相談する
  4. 地元の弁護士や会計士、税理士に相談する
  5. マッチングサイトを活用する

1.M&A仲介会社に相談する

M&A仲介会社は、専門的にM&A仲介事業を請け負っている企業です。各分野の専門家が在籍しているため、手続きが多岐に渡るM&Aの一貫したサポートを可能としています。

また、多数の売手から問合せを受けているため、取り扱い案件が豊富である特徴もあります。仲介サポートを依頼した直後にマッチングというケースも珍しくありません。

また、会社売却以外にも中小企業と個人起業家を繋ぐ事業承継のサポートも手掛けているところもあります。事業承継による起業を目指している方はそちらも合わせて検討してみると良いでしょう。

【関連】M&A実績の豊富な仲介会社

2.地元の金融機関に相談する

地元の銀行や信用金庫、信用組合に相談する方法です。これらは融資を主たる業務とするところですが、M&A専門のチームを設立してM&A仲介事業を手掛けているところもあります。

地元の金融機関に相談する最大のメリットは、ネットワークです。日常的に行っている企業への融資で培われたネットワークはM&Aの際に大きな助けとなってくれるでしょう。

ただ、金融機関のM&A仲介事業には融資の取引先の確保という目的があるため、基本的に大規模案件を好む傾向にあります。小規模の案件は紹介してもらえない可能性があることも覚悟しておいたほうが良いでしょう。

3.地元の公的機関に相談する

事業承継ネットワークや事業引継ぎ支援センターに相談する方法があります。中小企業の事業承継サポートを目的に、政府のバックアップを受けて設立された公的機関です。

これら公的機関の相談者は主に中小企業の経営者ですが、個人が登録できる「後継者人材バンク」というサービスがあります。

後継者を探す中小企業と起業を目指す個人家をマッチングさせることを目的としたもので、平成26年度より事業引き継ぎ支援センターが開始した事業です。

4.地元の弁護士や会計士、税理士に相談する

近年のM&A需要の高まりを受けて積極的な姿勢を見せる士業事務所が増えています。従来はM&Aに対して受動的なスタイルを取るところが多かったものの、最近は能動的に取り組むところも多く見受けられるようになりました。

M&Aは「財務・会計・税務」などの専門的な知識を必要とするため、各分野の専門家は相談先の選択肢として有力です。

5.マッチングサイトを活用する

小規模案件を探す際に便利なサービスとしてM&Aマッチングサイトがあります。売り手と買い手の双方が自由にM&A案件を掲載できるもので、大規模のものから小規模ものまで幅広い案件が掲載されているサービスです。

利用者はインターネット上で気軽にM&A案件を探すことができます。相談先に直接問い合せる必要がないという特徴から、個人M&Aを検討する際の第一歩として活用されることが多くなっています。

【関連】オススメのM&Aマッチングサイト・売買サービス

個人でM&Aができる小規模案件を探せるマッチングサイト

個人でM&Aができる小規模案件を探せるマッチングサイト

出典:https://pixabay.com/ja/

マッチングサイトはM&A相手を探す手段として広く用いられているサービスです。このような需要の高まりを受けて様々なマッチングサイトが誕生しています。

この章では、個人のM&Aで小規模案件を探す際におすすめできるマッチングサイトを紹介します。

【個人でM&Aができる小規模案件を探せるマッチングサイト】

  1. M&A総合研究所
  2. TRANBI【トランビ】
  3. Batonz【バトンズ】
  4. ビズリーチ・サクシード
  5. FUNDBOOK
  6. M&Aナビ
  7. M&A PARK
  8. MAfolova
  9. M&A市場SMART
  10. M&Aプラス
  11. M&Aクラウド

M&A総合研究所

M&A総合研究所が運営するマッチングサイトです。取り扱い業種は幅広く、規模は個人M&Aの目安とされている500万円前後の売却案件も多数掲載されています。

売り手と買い手が直接交渉することができるため、問合せ当日から交渉に入ることもできます。双方がスピードを重視している場合は3ヶ月以内の成約も目指せる特徴があります。

また、M&A総合研究所の専門家による手厚いサポートを受けられる特徴もあります。高い専門性を持った担当者が仲介をしてくれますので、当事者間の交渉でトラブルが発生したり破談になったりすることはありません。

初めてのM&Aで専門家のサポートがないと不安という方に特におすすめのマッチングサイトです。

TRANBI【トランビ】

トランビは国内最大級のM&Aマッチングサイトです。2016年のトランビ設立以来、着実に規模を広げて現在はユーザー数50,000名を超えるまでに成長しています。

売り手は完全無料、買い手は成約時に3%の手数料で利用することができます。個人M&Aの案件探しに掛けるコストを押さえたい方におすすめのマッチングサイトです。

Batonz【バトンズ】

バトンズは日本M&Aセンターグループが運営するマッチングサイトです。株式上場企業と豊富な提携先による仲介サポートが最大の魅力となっています。

掲載されている案件については、売り手と買い手の双方から本人確認が徹底されています。情報保護の観点から見ても安心して利用することができるでしょう。

ビズリーチ・サクシード

ビズリーチ・サクシードはビジョナル株式会社が運営するマッチングサイトです。日本全国のM&A・事業承継案件が掲載されており、遠方同士のマッチングも多数実現させています。

M&Aの交渉は当事者が主体となって進める形式が取られています。双方にM&A経験・知識があるのであれば、やり取りに仲介を挟まなくて良い分、円滑に進めることが期待できます。

FUNDBOOK

株式会社FUNDBOOKが運営するマッチングサイトです。4,000社を超える買い手企業が登録しており、売却を検討する案件も集まりやすい傾向にあります。

掲載されている案件の情報は、売り手企業より提供された情報を基にFUNDBOOKのプロフェッショナルチームが作成したものです。個人M&Aを検討する上で必要となる判断材料が分かりやすく整理されています。

M&Aナビ

M&Aナビは株式会社ALIVALが運営するマッチングサイトです。案件の検索と質問のやり取りを全てオンライン上で完結することができるメリットがあります。

規模は1000万円以下案件が26%を占めています。個人のM&Aを検討できる小規模案件も多数掲載されていますので定期的にチェックしておきたいマッチングサイトの1つです。

M&A PARK

M&A PARKは株式会社エムアンドエーパークが運営するマッチングサイトです。38ヶ国を超える世界中の投資家が登録しており、売却を希望する優良案件が集まりやすい特徴があります。

掲載案件について質問がある時はチャットで気軽に質問することができます。専門家によるレスポンスの良いサービスによって高成約率を誇るマッチングサイトの1つです。

MAfolova

MAfolovaはエン・ジャパン株式会社が運営するマッチングサイトです。売却案件が一般公開されておらず、問合せに応じて目的や条件に合う案件を個別に提供する仕組みをとっています。

売り手側は情報保護というメリット、買い手側は他のサイトに出回りにくい優良案件を見つけやすいメリットがあります。

M&A市場SMART

M&A市場SMARTは株式会社ストライクが運営するマッチングサイトです。M&A案件をオンライン上で扱うサービスを日本で初めて導入したとされており、現在までに多くの企業が利用しているサービスです。

掲載されている売却案件は、ストライクに在籍する公認会計士や弁護士による厳正なチェックがされたものです。財務データの詐称などを心配することなく安心して利用することができます。

M&Aプラス

M&Aプラスはデロイトトーマツグループが運営するマッチングサイトです。一般公開されている案件は一部となっており、直接問い合せることで豊富な案件の提供を受けることができます。

国内最大級のビジネスグループであるデロイトは、全国に約10,000名の専門家とのネットワークを有しています。各々が保有する案件を活用することでスピーディーなマッチングを実現させています。

M&Aクラウド

株式会社M&Aクラウドが運営するマッチングサイトです。間に仲介会社を介さない仕組みをとっているため、当事者間で直接コンタクトを取り、即座に本格的な交渉に移れる特徴があります。

双方がM&A経験の豊富なマッチングの場合、コンタクトから約1週間で面談が実現することもあるとのことです。個人M&Aのように小規模案件でスピードを重視したい場合は検討の余地ありです。

マッチングサイトでは不安の人はM&A仲介会社への相談がおすすめ

マッチングサイトでは不安の人はM&A仲介会社への相談がおすすめ

出典:https://pixabay.com/ja/

マッチングサイトは気軽にM&A案件を探せるメリットがある一方で、交渉の難度というデメリットがあるのも事実です。

必要に応じたサポート提供を行う特徴を持つサービスもありますが、全てのマッチングサイトにおいて共通するものではありません。

このような不安を抱いている方は、M&A仲介会社に相談することをおすすめします。専門家が在籍しているため、相談から成約まで一貫したサポート体制を実現させているところがほとんどです。

M&A総合研究所は、M&A仲介業務を手掛けているM&A仲介会社です。手続きが多岐に渡るM&Aも各分野の専門家の知見を活用してマッチングと交渉をスピーディーに進行させます。

また、マッチングサイトの運営も行っており、あらゆる形で様々な企業とのネットワークを構築しています。優良な売り手企業様よりご相談いただいている案件も多数ございますので、個人M&Aの検討の際にご活用いただけるかと思います。

無料相談は24時間お受けしております。個人M&Aを検討の際は、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

M&Aの在り方が多様化することで個人のM&Aが実現させやすい時代が訪れつつあります。

特にマッチングサイトの充実によって低予算でも案件を探しやすくなったことが大きいです。リスクを抑えながら起業したいと考える方にとって追い風が吹いていると言えるでしょう。

ここでM&Aを行う方法と案件探しの際に活用できるマッチングサイトを振り返ってみましょう。

【個人でM&Aを行う方法】

  1. M&A仲介会社に相談する
  2. 地元の金融機関に相談する
  3. 地元の公的機関に相談する
  4. 地元の弁護士や会計士、税理士に相談する
  5. マッチングサイトを活用する
【個人でM&Aができる小規模案件を探せるマッチングサイト】
  1. M&A総合研究所
  2. TRANBI【トランビ】
  3. Batonz【バトンズ】
  4. ビズリーチ・サクシード
  5. FUNDBOOK
  6. M&Aナビ
  7. M&A PARK
  8. MAfolova
  9. M&A市場SMART
  10. M&Aプラス
  11. M&Aクラウド

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)