2020年11月10日更新会社・事業を売る

敵対的買収

敵対的買収とは、相手方の企業の合意を得ないまま実行する買収です。不安定な株主構成、コア・コンピタンスを有する、株価が割安等の条件に当てはまる会社は敵対的買収のターゲットとなりやすいです。

目次
  1. 敵対的買収
  2. 敵対的買収とは
  3. 敵対的買収のターゲットにされやすい企業
  4. 敵対的買収へ対抗するには
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

敵対的買収

敵対的買収

M&Aが一般的な経営戦略として普及した昨今、一時期報道を賑わせたのが「敵対的買収」です。有名企業が繰り広げた買収劇が印象に残っている方も多いかと思います。

今では聞くことがなくなった敵対的買収ですが、今後も発生する可能性は十分にあります。今回はそんな敵対的買収についてお伝えします。

※関連記事

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

敵対的買収とは

敵対的買収とは

敵対的買収とは、そもそもどのようなものなのでしょうか?相手企業と合意したうえで買収を実施する一般的なM&Aのように、お互いが納得した状態で実施する買収を友好的買収と呼びます。

一方で敵対的買収とは、その名のとおり相手企業の合意を得ないで実行する買収のことです。買収を行う会社が過半数以上の株式を取得することにより、相手方の企業を乗っ取るのが敵対的買収です。

敵対的買収が成功すると、買収した会社は相手企業の支配権を完全に掌握することができ、基本的にはTOB(公開買い付け)が活用されます。この場合、2〜5割増しの株価で買収するのが一般的であるため、敵対的買収を仕掛ける会社はかなりの資金力を持っている必要があります。

敵対的買収ではなく友好的買収によってM&Aを検討の際は、M&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所では、独自のAIを搭載したマッチングアルゴリズムにより買収ニーズに合った企業をマッチングすることで、M&Aの早期クロージングを実現しています。

通常M&Aは交渉から成約まで半年から1年はかかるものですが、M&A総合研究所は最短3ヶ月という実績があります。完全成功報酬制を採用しており、その費用は業界最安値水準ですので安心してぜひ一度ご相談ください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

日本における敵対的買収

敵対的買収は必要以上にコストがかかるだけでなく、成功確率も低いです。2000年以降、ライブドアや王子製紙などの有名企業が次々と敵対的買収を実行しましたが、いずれも失敗に終わっています。

日本では敵対的買収の数は少なく友好的買収が圧倒的に多いですが、欧米では日本よりも敵対的買収の件数が多く、買収に使う資金は1兆円を超えています。

しかし、敵対的買収を仕掛けられた企業は株主を振り回すのを望まず、仕掛けた企業は不必要なコストの増加を恐れるため、敵対的買収の交渉を仕掛けておきながらも最終的には有効的買収に持っていくケースが多いです。

敵対的買収は日本国内の企業間ではあまり関係のないことのように思えますが、海外企業が日本の企業に敵対的買収を仕掛ける事例も考えられます。何らかのきっかけで今後、敵対的買収が激増する可能性も十分にあるということです。

※関連記事

TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

敵対的買収のターゲットにされやすい企業

敵対的買収のターゲットにされやすい企業

敵対的買収のターゲットになりやすい企業には共通点があります。その共通点を踏まえておけば、自社が敵対的買収を仕掛けられたとしても対応しやすくなります。

①不安定な株主構成になっている企業

不安定な株主構成になっている企業は、敵対的買収を仕掛けられる可能性が高いです。中小企業のように、経営者が大半の株式を所有していたり、資産管理会社が株式を管理している会社の場合は株主構成は安定的です。

しかし利益を求めている投資家が主な株主構成になっている会社は、不安定だと言わざるを得ません。株主たちが利益を得られると判断した場合、敵対的買収による経営陣の変更を望む可能性が高いからです。特にTOBで株式を売った際の利益が大きいと判断すれば、躊躇なく経営陣の変更を決定するでしょう。

かつては企業同士による株式の持ち合いで敵対的買収を防いでいましたが、昨今は持ち合いをするケースが減っており、株式構成が不安定となっている企業が増加しています。敵対的買収が再度増加する場合、そういった企業は真っ先に狙われる恐れがあります。

株主構成が不安定だと有効的買収でも成功する確率が下がってしまうため、そのような状態でM&Aを検討している場合はM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、豊富な知識と経験をもつM&A専門アドバイザーこれまでに培ったノウハウを活かして、M&Aの交渉から成約までをフルサポート致します。

費用は国内最安値水準で完全成功報酬制を採用していますので、成約しなかった場合には一切の費用はかかりません。相談も無料で実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

②コア・コンピタンスを有する企業

業績がよくコア・コンピタンス(中核能力)を有する企業は、敵対的買収により得られるシナジー効果や特的業界への新規参入を狙っている企業から、敵対的買収のターゲットにされやすいといえます。

特定の免許や資格を有する優秀な人材は新たに採用するのが困難なため、コア・コンピタンスを有する企業を敵対的買収により取り込むことでそれらを確保することができ、なおかつ事業規模の拡大や設備の拡充を実現することができるからです。

③その他、ターゲットにされやすい企業

その他にも敵対的買収のターゲットにされやすい企業は多くあります。PBRが低い、つまり純資産額に対して株価が低い企業は、買い取ってからの利益が大きいため敵対的買収の絶好の標的になります。

経営者の代替わりが多く経営状況が不安定になりやすい企業も、株主と経営陣の間を分断しやすく、敵対的買収の難度が下がるため狙われやすいです。敵対的買収をしかけられやすい企業の特徴は、まとめると以下のようになります。

  • 株主構成が不安定になっている
  • 他社にはない独自の技術や販路を有している
  • 株価総額が低い
  • 経営状況が不安定になりやすい

※関連記事

株式の持ち合いとは?メリットやデメリット、解消方法や事例をわかりやすくご紹介

敵対的買収へ対抗するには

敵対的買収へ対抗するには

当然経営者は敵対的買収を仕掛けられた際には、買収防衛策を用いて対策しますがそこにはいくつかの注意点があります。最近は買収防衛策を導入し、敵対的買収が仕掛けられても支配権を守れるようにしている企業が増加していますが、同時に導入した買収防衛策を廃止する企業も増えています。

買収防衛策

買収防衛策には以下の例のように他の株主に多大な影響を与えたり、企業の在り方を大きく変動させたり多大なコストを要する手法も存在します。

  • 新株の発行により相手の株式所有率を狂わせる「ポイズンピル」
  • 敵対的買収をされる前に、友好的な関係を持つ企業に買収してもらう「ホワイトナイト」 
  • こちらから敵対的買収を仕掛ける「パックマンディフェンス」

いずれの手法も株主の承諾を得てから導入する方が良いでしょう。

買収防衛策を導入する際の注意点

経営陣が自己保身のために買収防衛策を実行し、株主の利益が損なわれる事態を株主は看過することができません。特に利益を追求している投資家系の株主が、より利益を得られる可能性の高い企業につくことは想像に難くありません。

株主との良好な関係構築こそが、敵対的買収に対抗するうえで最も重要な要素となります。特に不安定な株主構成の企業はその点をいかにクリアできるかが重要になるため、買収防衛策は安易に導入するのではなく、しっかりと株主と協議を踏まえたうえで実施しましょう。

※関連記事

買収防衛策

まとめ

まとめ

敵対的買収がニュースを騒がせる事態は現在はあまりみられませんが、この状況が変化する可能性は十分に考えられるため、敵対的買収への対抗策を用意しておく必要はあります。要点をまとめると下記になります。

・敵対的買収とは 

 →相手方の企業の合意を得ずに実施する買収のこと

・日本における敵対的買収

 →実施例、成功例共に少ない

・敵対的買収のターゲットにされやすい企業

 →不安定な株主構成、コア・コンピタンスを有しており他社にはない技術や販路を持っている、株価総額が低い、経営状況が不安定などの特徴を持つ企業

・買収防衛策

 →ポイズンピル、ホワイトナイト、パックマンディフェンスといった手法がある

・買収防衛策を導入する際の注意点

 →株主と協議を重ね合意を得てから導入する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)