M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月24日公開
この記事は、約分で読めます。

東京の調剤薬局のM&A成功事例やオススメ仲介会社を解説!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

大手企業の買収需要増加や小規模調剤薬局の売却需要増加により、東京の調剤薬局M&Aは活発になっています。本記事では、東京の調剤薬局のM&A成功事例や、オススメの仲介会社をご紹介します。また、東京の調剤薬局のM&A動向などについても解説します。

目次
  1. 東京の調剤薬局
  2. 東京の調剤薬局のM&A成功事例
  3. 調剤薬局業界のM&A動向
  4. 東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社
  5. 調剤薬局M&Aを成功させるコツ
  6. まとめ 

東京の調剤薬局

東京の調剤薬局

本記事では、東京の調剤薬局のM&A成功事例や、オススメの仲介会社などをご紹介していきますが、まずは、調剤薬局の定義や東京の調剤薬局の現状、M&A事情について解説します。

調剤薬局とは

調剤薬局とは、薬の調合や販売を行う店舗のことです。調剤薬局として認可されるには、調剤室の設置や管理薬剤師の常駐といった条件を満たす必要があります。

また、処方箋の取扱許可を得るためには、保険薬局として認可を受けることも必要です。

東京の調剤薬局の現状

東京では、大手・中堅調剤薬局の出店競争や、ドラッグストア、コンビニエンスストアの参入により、調剤薬局と調剤薬局併設型ドラッグストア・コンビニエンスストアの数は飽和状態になっています。

出店競争に巻き込まれた小規模の調剤薬局は厳しい経営を強いられており、廃業か事業の譲渡を迫られている調剤薬局も少なくありません。

東京のM&A事情

大手・中堅調剤薬局は、新規出店戦略から転換せざるを得ない状況です。そのため近年は、M&Aによって既存店を獲得するケースが増加しています。

一方で、小規模の調剤薬局は、国の医療費抑制策に基づいた薬価改定・診療報酬改定によって、先行きが厳しい状況です。

また、中小の調剤薬局では経営者の高齢化も進んでおり、事業承継による譲渡需要が高まっています。

【関連】調剤薬局の株式譲渡・会社譲渡!手法の違いを解説!どのスキームが得?

東京の調剤薬局のM&A成功事例

東京の調剤薬局のM&A成功事例

ここからは、東京の調剤薬局のM&A事例をご紹介します。

  1. 日本調剤による薬栄・新栄メディカル・センチュリーオブジャスティスの買収
  2. 総合メディカルによるみよの台薬局グループの薬局買収
  3. アイセイHDによるアイセイ薬局の公開買付け
  4. アインファーマシーズによるアユーララボラトリーズの買収
  5. メディカルシステムネットワークと綜合臨床HDの資本提携

1.日本調剤による薬栄・新栄メディカル・センチュリーオブジャスティスの買収

東京の調剤薬局のM&A成功事例1

東京の調剤薬局のM&A成功事例1件目は、日本調剤による薬栄・新栄メディカル・センチュリーオブジャスティスの買収です。

2019年日本調剤は、薬栄、新栄メディカル、センチュリーオブジャスティス3社の株式を取得し、子会社化しました。

薬栄と新栄メディカル、センチュリーオブジャスティスの3社は、東京都を拠点に神奈川県・千葉県・埼玉県の南関東エリアで調剤薬局店を複数展開しています。

現在、調剤薬局業界では、患者1人1人に質の高い医療サービスを提供する「かかりつけ薬剤師・薬局」となることを求められています。

日本調剤は、かかりつけ薬局として質の高いサービスを提供するため、自社出店とM&Aによる出店や、門前薬局とハイブリッド型薬局の出店など、戦略的な調剤薬局の出店を進めています。

薬栄、新栄メディカル、センチュリーオブジャスティスの3社を子会社化することで、日本調剤は店舗網の拡充を進め、将来的には「総合ヘルスケアカンパニー」としての体制確立を目指しています。

2.総合メディカルによるみよの台薬局グループの薬局買収

東京の調剤薬局のM&A成功事例2

東京の調剤薬局のM&A成功事例2件目は、総合メディカルによるみよの台薬局グループの薬局買収です。

2016年総合メディカルは、みよの台薬局グループである御代の台薬局・本木薬局・ツカサ調剤薬局・光裕・三平・アイ調剤薬局・要町薬局の7社を買収し、子会社化しました。また、本買収により、フラワー調剤、グリーン薬局、コヤマが孫会社となりました。

総合メディカルは医業経営コンサルティングを主事業として、全国で調剤薬局運営も展開しています。また、みよの台薬局グループは、東京都を拠点として、関東エリアと大阪府、三重県で調剤薬局を展開している調剤薬局グループです。

みよの台薬局グループは、現在国が推進している「かかりつけ薬剤師・薬局」に必要な、在宅医療サービスに強みを持っており、総合メディカルは在宅医療ノウハウを獲得して自社グループに活用することで、地域包括ケアシステムの構築を進めています。

3.アイセイHDによるアイセイ薬局の公開買付け

東京の調剤薬局のM&A成功事例3

東京の調剤薬局のM&A成功事例3件目は、アイセイHDによるアイセイ薬局の公開買付けです。

2016年アイセイHDは、アイセイ薬局の株式を公開買付けによって取得し、子会社化しました。その後アイセイHDは、中長期的にアイセイ薬局を成長させていくためにアイセイ薬局を上場廃止にしています。

アイセイHDは、アイセイ薬局を公開買付けにより買収する目的で、エクイティファンドのJ-STARが設立した会社です。J-STARはヘルスケア分野をはじめとして、多業種の企業へ投資を行っています。

アイセイ薬局は「医療モール」型の調剤薬局を推進することで、他社との差別化を図ってきた調剤薬局です。また、アイセイ薬局は調剤薬局の事業承継支援にも力を入れています。

アイセイ薬局の業績は堅調に推移していますが、今後さらに厳しい環境が予測される調剤薬局業界で成長していくには、短期的な業績悪化に振り回されることのないよう経営体力が必要と判断し、本公開買付けによる非上場化に至っています。

4.アインファーマシーズによるアユーララボラトリーズの買収

東京の調剤薬局のM&A成功事例4

東京の調剤薬局のM&A成功事例4件目は、アインファーマシーズによるアユーララボラトリーズの買収です。

2015年アインファーマシーズは、アユーララボラトリーズの株式を資生堂から取得し、子会社化しました。

アインファーマシーズは調剤薬局を全国展開している他、ドラッグ&コスメティックストアを展開している業界大手企業で、アユーララボラトリーズは「アユーラ」ブランドの化粧品などを販売しています。

アインファーマシーズは、アユーララボラトリーズの「アユーラ」ブランドを取得することで、ビューティー分野のさらなる強化を図りました。

また資生堂は、アインファーマシーズへアユーララボラトリーズを譲渡することによって、アユーララボラトリーズのさらなる企業価値向上につながり、資生堂自身もアインファーマシーズとの関係強化につながると判断し、譲渡に至っています。

5.メディカルシステムネットワークと綜合臨床HDの資本提携

東京の調剤薬局のM&A成功事例5

東京の調剤薬局のM&A成功事例5件目は、メディカルシステムネットワークと綜合臨床HDの資本提携です。

メディカルシステムネットワークと綜合臨床HDは、2015年に資本提携を結びました。メディカルシステムネットワークは、医薬品等ネットワーク事業と調剤薬局店運営を主力事業として展開している企業です。

一方、綜合臨床HDは、医療機関の臨床研究を支援するSMO事業を主力事業とし、関連事業の拡大と新規事業立ち上げを図っています。

本提携により、メディカルシステムネットワークと綜合臨床HDは、SMO事業の強化や医療機関の開拓、医師の開業支援、新サービスの開発などを進めています。

【関連】調剤薬局の売却の相場は?高値で売る方法も解説【案件事例あり】

調剤薬局業界のM&A動向

調剤薬局業界のM&A動向

調剤薬局業界のM&A動向は以下のように推移しています。

  1. 2019年調剤薬局のM&Aが増加 
  2. 大手チェーン主体の再編が起こっている
  3. 出店数が減り企業数が減少している
  4. 今後もM&Aが増えていくことが予測される

1.2019年調剤薬局のM&Aが増加

2019年上期の調剤薬局・ドラッグストアのM&A件数は2018年から増加し、直近10年で比べても最も多い件数となりました。

2019年における調剤薬局・ドラッグストアのM&Aの特徴には、M&Aが小規模化している点があげられます。

小規模調剤薬局の買収需要・売却需要が共に増加していることから、今後も小規模のM&A案件数増加が予測されます。

2.大手チェーン主体の再編が起こっている

薬価改定や診療報酬改定、ジェネリック医薬品の普及などによって、大手調剤薬局・ドラッグストアチェーンの収益力は今後下がっていくことが予測されます。

また、国の推進する「かかりつけ薬局・薬剤師」に対応すべく在宅医療・地域医療連携を行うには、現在よりもさらに事業体制の強化が必要です。そのため、大手・中堅企業はM&Aによる再編を進めています。

3.出店数が減り企業数が減少している

医薬分業比率の増加とともに調剤薬局の数も増加し続けてきましたが、近年調剤薬局の新規出店数は鈍化し、廃業数が増加しています。

現在5万件以上ある調剤薬局の大半が「パパママ薬局」と呼ばれる個人経営薬局です。しかし、個人経営薬局の多くは、国の推進する調剤薬局の改革に対応することが難しい状況です。

そのため今後は、廃業か事業の譲渡に至る小規模調剤薬局がさらに増加していくとみられています。

4.今後もM&Aが増えていくことが予測される

近年の薬価改定や診療報酬改定は調剤薬局にとって厳しい結果が続き、今後も国の医療費抑制策によって、厳しい改定が継続することが予測されています。

中小規模の調剤薬局では経営の継続が難しくなっていく一方で、大手企業はM&Aによるシェア拡大を進めています。

そのため、今後も調剤薬局業界のM&A件数は、さらに増加していくことが予測されます。

【関連】調剤薬局の事業譲渡・事業売却案件一覧!行政手続きやM&A手法を解説!

東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社

東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社

ここでは、東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社をご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所 
  2. 株式会社経営承継支援
  3. 株式会社東京MAパートナーズ
  4. 株式会社レコフ
  5. ブティックス株式会社

1.株式会社M&A総合研究所

東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社1社目は、株式会社M&A総合研究所です。M&A総合研究所の調剤薬局M&A支援チームでは、業界を熟知した薬剤師がM&Aをフルサポートします。
 

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 業界を熟知した調剤薬局専門チームによる、細部に渡ったきめ細かいサポート
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式(譲渡価格ベース)
お問い合わせ先 0120-401-970

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

2.株式会社経営承継支援

東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社2社目は、株式会社経営承継支援です。経営承継支援では、現役の薬局経営者とパートナー契約を結んでおり、円滑な承継を可能にしています。
 

サイトURL https://jms-support.jp/
特徴 薬局譲渡専門チームによる円滑なサポート
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:100万円
成功報酬:レーマン方式(中間報酬料を控除)
お問い合わせ先 経営承継支援:03-6279-0596
薬局譲渡支援専用ダイヤル:03-6279-0593

3.株式会社東京MAパートナーズ

東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社3社目は、株式会社東京MAパートナーズです。

東京MAパートナーズでは、調剤薬局のM&A支援に長年携わってきたアドバイザーが直接支援します。
 

サイトURL https://www.tma-partners.co.jp
特徴 1店舗からの小規模案件にも丁寧に対応
手数料・報酬など 譲渡側手数料:1店舗の場合無料
2店舗以上の場合500万円(固定)
譲受側手数料
中間報酬:100万円
成功報酬:1店舗あたり500万円
(小規模薬局の場合300万円をベースに応相談)
お問い合わせ先 03-3357-6183

4.株式会社レコフ

東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社4社目は、株式会社レコフです。レコフでは、国内流通業界に精通したアドバイザーが豊富な知見を基に調剤薬局のM&Aをサポートします。
 

サイトURL https://www.recof.co.jp
特徴 老舗M&A仲介会社として築き上げてきたノウハウとネットワーク
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:成功報酬の10%
成功報酬:レーマン方式
お問い合わせ先 03-3221-4945

5.ブティックス株式会社

東京の調剤薬局のM&Aにオススメの仲介会社5社目は、ブティックス株式会社です。ブティックスは、介護・医療業界に特化したM&A仲介会社です。特に、介護事業のM&A仲介で豊富な実績を持っています。
 

サイトURL https://btix.jp
特徴 介護業界に特化したマッチングサイト運営
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
お問い合わせ先 介護M&A支援
0120-377-051
医療M&A支援
0120-836-211

【関連】ドラッグストア業界のM&A頭打ち?売却相場や買収積極企業も紹介!

調剤薬局M&Aを成功させるコツ

調剤薬局M&Aを成功させるコツ

調剤薬局のM&Aを成功させるには、以下のポイントを押さえる必要があります。

  1. 計画的に準備をすすめる 
  2. 情報の漏洩に注意する
  3. 自店舗の強みをまとめる
  4. 売却先を選定する
  5. M&Aの専門家に相談する

1.計画的に準備をすすめる

売り手優位だった調剤薬局のM&Aですが、最近では買い手が買収する調剤薬局を慎重に選別する傾向が出てきました。

また、売却・譲渡価格も下がっていく傾向にあります。今後は、計画的に準備を進めて売却価値を高めることが重要です。

2.情報の漏洩に注意する

個人経営の調剤薬局など小規模調剤薬局の場合、地域とのつながりや他調剤薬局経営者とのつながりが強いケースも多く、M&A・事業承継に関する情報が漏れ広がってしまう可能性があります。

情報漏洩によって、交渉の難航や、M&Aの途中頓挫があり得ます。M&A・事業承継を行う際は、情報の漏洩に注意が必要です。

3.自店舗の強みをまとめる

現在はまだ売り手優位な調剤薬局業界ですが、今後さらに売却・譲渡に至る調剤薬局が増加することで、他調剤薬局との差別化要因がないと好条件での売却・譲渡が難しくなっていきます。

M&Aの際は、自店舗の強みをまとめておき、相手先にしっかりとアピールすることが大事です。

4.売却先を選定する

調剤薬局経営が厳しくなってから売却しようとすると、早く売却先を決めようと焦って交渉を進めてしまいがちです。

M&Aによる売却メリットをしっかりと獲得できるように、調剤薬局の売却先は入念に選定する必要があります。

5.M&Aの専門家に相談する

調剤薬局のM&A支援経験が豊富なM&A仲介会社は、業界知識が豊富なだけでなく、個別の案件ごとに起きるさまざまな課題解決も柔軟に対応できます。

M&A総合研究所の調剤薬局専門チームは、薬剤師がM&Aをサポートします。また、M&Aの成約スピードや成約率にも強みを持ちます。

M&Aの無料相談は常時お受けしていますので、調剤薬局のM&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ 

まとめ

本記事では、東京の調剤薬局のM&A成功事例や、おすすめの仲介会社などをご紹介しました。近年実施された薬価改定や診療報酬改定の影響や今後進められる国の医療費抑制策により、今後も調剤薬局業界のM&A件数は、さらに増加していくことが予測されます。

【東京の調剤薬局M&A事例】

  1. 日本調剤による薬栄・新栄メディカル・センチュリーオブジャスティスの買収
  2. 総合メディカルによるみよの台薬局グループの薬局買収
  3. アイセイHDによるアイセイ薬局の公開買付け
  4. アインファーマシーズによるアユーララボラトリーズの買収
  5. メディカルシステムネットワークと綜合臨床HDの資本提携

【調剤薬局業界のM&A動向】
  1. 2019年調剤薬局のM&Aが増加 
  2. 大手チェーン主体の再編が起こっている
  3. 出店数が減り企業数が減少している
  4. 今後もM&Aが増えていくことが予測される

【東京の調剤薬局M&Aにおすすめの仲介会社】
  1. 株式会社M&A総合研究所 
  2. 株式会社経営承継支援
  3. 株式会社東京MAパートナーズ
  4. 株式会社レコフ
  5. ブティックス株式会社

【調剤薬局のM&Aを成功させるポイント】
  1. 計画的に準備をすすめる 
  2. 情報の漏洩に注意する
  3. 自店舗の強みをまとめる
  4. 売却先を選定する
  5. M&Aの専門家に相談する

調剤薬局のM&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、薬剤師のいる調剤薬局専門チームが、M&Aをクロージングまでフルサポートいたします。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)