2020年2月12日更新会社を売る

株式交換における適格要件

株式交換における適格要件について、まずは株式交換の手法や株式交換と株式移転の違い、株式交換の基本的な会計や税務を解説し、その後に適格株式交換となる要件を解説していきます。また、適格株式交換、非適格株式交換の税務についてもわかりやすく解説します。

目次
  1. 株式交換における適格要件
  2. 株式交換とは
  3. 株式交換の会計・税務
  4. 適格株式交換とは
  5. 株式交換の適格要件
  6. 適格株式交換・非適格株式交換の税務
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

株式交換における適格要件

M&Aや組織再編に用いられる手法である株式交換において、税務・会計に取り組む際に意識しておきたいのが適格要件です。適格要件は、株式交換の税務の結果を左右するファクターといっても過言ではなく、この適格要件を満たしていれば税の負担を軽減させることができます。

今回は、株式交換の適格要件がどういったものか、株式交換の税務・会計がどういったものかをお伝えしていきます。専門的な内容となり難しい部分がありますが、イメージを把握することはできると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

※関連記事

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

適格株式交換とは

株式交換とは

株式交換の適格要件や会計・税務を解説する前に、まずは株式交換とはどのような手法なのか、株式移転とはどのような違いがあるのかについて解説していきます。なお、株式交換などの手法には専門的な知識が必要であり、専門家のサポート受けて進めていくのが一般的です。

実際に株式交換やM&Aを行う際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A仲介会社であるM&A総合研究所には会計士や豊富な知識と経験をもつアドバイザーが在籍しており、M&Aをフルサポートいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

株式交換の手法

株式交換は、M&Aや組織再編などで用いられる手法の一つであり、主に対象の会社が発行している株式をすべて取得することにより、対象の会社を完全に子会社化するというものです。正確には子会社化する会社の株式を「親会社」となる会社がすべて取得します。

その後「子会社」となる会社は、親会社の株式を所定の交換比率で取得することで「株式交換」は完結します。株式交換は株式のやり取りのみで成立する手法であるため、事業譲渡などのように多額の資金を用意しなくてもよいことが株式交換のメリットだといえます。

また、原則として必要とされている株主総会は、一定の条件を踏まえることで省略が可能であり、会社同士の合意のみで実行できることも重宝される理由の一つだといえるでしょう。さらに、後述する適格要件を満たして適格株式交換となれば課税が生じなくなります。

つまり、税の負担が大幅に軽減できるのです。そのため、株式交換は適格要件を満たした形で実行されることが多いです。

株式交換と株式移転の違い

株式交換とよく似た名前の手法に株式移転というものがあります。一見すると内容も似ていそうな雰囲気もありますが、株式交換と株式移転はまったく異なる手法です。さきほどお伝えしましたように、株式交換は株式をすべて取得することにより対象の会社を子会社化する手法です。

これに対して株式移転は、新しく持株会社(ホールディングス)を設立し、そこに株式を取得させるという手法です。株式移転は経営管理などの作業を持株会社に集約させ、事業会社がメインの事業に集中的に取り組めるような体制を作るために使用されることが多い点が特徴です。

また、株式移転は主に組織再編やグループ再編で使われる手法であり、企業買収を行うには不向きの手法でもあります。ただ、株式移転にも適格要件が設けられているなど、税務では株式交換と似たような取り扱いがなされます。

※関連記事

株式交換によるM&A

株式交換と株式移転の違いとは?手続きや事例、メリット・デメリットを解説

株式交換の会計・税務

株式交換の手法をお伝えしたところで、今度は株式交換の基本的な会計・税務について解説していきます。

株式交換の会計

株式交換の会計は原則として親会社にのみ発生し、大きく分けて2つのプロセスがあります。まず、親会社が追加取得する「完全子会社の株式の取得原価」と「非支配株主に交付した親会社の株式の時価(取得の対価)に付随する費用」を加算して算定していきます。

次に、親会社の増加すべき株主資本を払込資本(資本金、あるいは資本剰余金)として処理します。なお、増加すべき払込資本の内訳項目は、会社法の規定に則って決定していきますが、債権者保護手続きを行うという条件で、その他の資本剰余金に全額を計上することも認められています。

以上が親会社の株式交換の会計ですが、実行した株式交換が適格要件を満たしていた場合、会計処理を行う際の取得価格と税務上の取得価格が異なる場合があるので注意してください。

取得価格は子会社の株主人数により算出方法が異なる

株式交換によって親会社が取得する子会社の株式の取得価額は、子会社の株主が「50人以上」か「50人未満」かによって算出方法が変わります。これは、平成28年度の改正によるものです。

まず、子会社の株主が50人以上の場合は、株式交換で子会社となる会社の株主の株式交換を行う直前までの帳簿価額の合計額をベースにします。それに、子会社となる会社の株式を取得するために必要とした費用を加算した金額が取得価額として算出されます。

これに対して子会社の株主が50人未満の場合は、株式交換で子会社となる会社の株式交換を行う直前までの簿価純資産価額をベースとします。そして、簿価純資産価額に子会社となる会社の株式を取得するために必要とした費用を加算した金額が取得価額として算出されます。

非適格株式交換の場合は子会社も会計処理が必要となる

株式交換で子会社となった会社では、基本的に会計は発生しません。しかし、非適格要件で行われた株式交換の場合は、子会社となる資産を時価評価する必要が出てくるため、会計処理が発生します。

加えて、子会社が自己株式を保有していた際、親会社となる会社の株式を子会社は時価で受け入れるため、子会社の自己株式の帳簿価額との差額をその他の資本剰余金として計上する必要があります。

株式交換の税務

株式交換の税務は、適格要件か非適格要件かによって結果が変わります。基本的に株式交換は「所有している株式を売却、現金を受け取ったうえでその金銭で新しい株式(親会社の株式)を購入する」という行為だと捉えらています。

つまり、株式交換によって発生した譲渡益に課税が発生します。原則としては、株式交換を行い子会社となった会社の株主に対してのものであり、非適格要件の株式交換を行なった場合には、課税が発生することになります。

しかし、適格要件を満たした適格株式交換であれば税務上の優遇を受けられるため、売却益に対する課税は発生しません。

適格株式交換とは

適格株式交換とは、適格要件を満たした株式交換をさす言葉です。さきほどもお伝えしましたが、株式交換には課税が発生しなくなる適格要件があり、この要件を満たして入れば適格株式交換として扱われ、課税が発生しなくなります。

この適格要件は、海外の会社を子会社化する際に使われることが多い三角株式交換でも適用されます。また、株式交換以外にも株式移転や会社分割といった企業再編の手法でも適格要件があり、株式交換と同様に適格要件を満たせば課税の発生対象から外れることが可能です。

適格要件の詳細は国税庁のサイトをチェック

これから行おうとする株式交換が適格株式交換に該当するかわからない場合、国税庁のサイトを見ることをおすすめします。国税庁のサイトでは、適格要件についての記載はもちろん「質疑応答」ではさまざまなケースでの株式交換や組織再編が適格要件と合致するかどうかもチェックできるようになっています。

少し専門用語が多いですが、適格株式交換に該当するかどうかを参照するサイトとして国税庁のサイトはおすすめです。また、会計士や税理士などでM&Aを得意としている人物や、M&A仲介会社に相談することもおすすめします。

M&Aを得意とする会計士や税理士、M&A仲介会社を探している場合は、M&A総合研究所へご相談ください。全国の税理士事務所とのネットワークを持つM&A総合研究所には公認会計士も所属しており、しかも相談は無料です。費用も完全成功報酬制となっており、M&Aの専門家としてフルサポートをお約束します。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

 

株式交換の適格要件

ここから、この記事の本題である株式交換の適格要件についてお伝えしていきます。株式交換の適格要件において重要なのは、株式交換を行う会社同士の関係性です。

  1. 「完全支配関係(支配率100%)」
  2. 「支配関係(支配率50%以上)」
  3. 「支配率が50%未満または共同事業が目的」

適格要件における支配関係は上記の3つに分けられており、正確には支配率が低下するごとに、完全支配関係の場合の適格要件に、さらに新しい適格要件がどんどん追加されていくという形です。そのため、適格株式交換にしたいのなら、株式交換を行う会社同士の関係をまず確認しておくことが重要です。

それでは、関係ごとの適格要件をお伝えしていきます。

①完全支配関係の適格要件

完全支配関係にある会社同士が行った株式交換の適格要件は、以下の2つだけです。

  • 株式交換における対価は株式のみ(金銭等不交付要件)
  • 株式交換を行った完全親会社と完全子会社の完全支配関係が今後も継続されていくことが見込まれる(完全支配関係継続要件)

完全支配関係がそう簡単に崩れることはなく、子会社の株主が親会社の株式を手放すことも少ないため、完全支配関係の適格要件を満たすのは簡単だといえます。なお、平成29年度の改正によりスクイーズアウトにおける税制が整備され、対価を現金などで支払っても要件を満たしているとみなされるようになりました。

具体的には、子会社の株式総数の2/3以上を親会社が保有している場合、株式交換の対価として現金などを支払っても、適格要件を満たしているとみなされます。これは完全支配関係だけでなく、支配関係や支配率50%未満または共同事業が目的の場合も有効となります。

②支配関係の適格要件

支配率が50%以上100%未満である支配関係の場合、適格要件は完全支配関係の適格要件に2つ追加される形になります。支配関係の適格要件は、以下のようになっております。

  • 株式交換における対価は株式のみ(金銭等不交付要件)
  • 株式交換を行った会社の支配関係が今後も継続されていくことが見込まれる(支配関係継続要件)
  • 株式交換を行って子会社となった会社の従業員のうち、総数の80%以上が継続して業務に従事することが見込まれる(従業員引継要件)
  • 株式交換を行って子会社となった会社の主要事業が今後も継続されていく(事業継続要件)

支配関係の場合の適格要件の数自体は少ないですが、気を付けておきたいのは従業員の維持です。株式交換はM&Aの場面でも使用されるケースが多いですが、M&Aに共通したリスクとして会社の合併や買収に反発したり、異なる企業文化との摩擦によって従業員が流出することが挙げられます。

とりわけ、株式交換で子会社となる会社が適格要件を満たす場合、確実に被支配会社となるため、それに抵抗感を持つ従業員が出てくる可能性はあります。それに加えて、親会社となる会社のルールや経営方針が合わなければ、従業員が流出する原因にもなり得ます。

もし株式交換を行う際に従業員の反対を受けるようであれば、適格要件を満たせなくなる可能性がありますので、株式交換を行う意義や目的を親会社・子会社の従業員としっかり共有できるようにしておき、合意を得ておくようにしましょう。

③支配率が50%未満または共同事業が目的の場合の適格要件

支配率が50%未満または共同事業が目的の場合、適格要件は最も多くなります。さきほどの支配関係における適格要件に、さらに3つが追加される形となります。支配率が50%未満・共同事業が目的の場合の適格要件は以下のようになっております。

  • 株式交換における対価は株式のみ(金銭等不交付要件)
  • 株式交換を行った会社の関係が今後も継続されていくことが見込まれる(関係継続要件)
  • 株式交換を行って子会社となった会社の従業員のうち、総数の80%以上が継続して業務に従事することが見込まれる(従業員引継要件)
  • 株式交換を行って子会社となった会社の主要事業が今後も継続されていく(事業継続要件)
  • 株式交換を行った子会社の主要事業、あるいは親会社の事業のいずれかが関連性を持っていること(事業関連性要件)
  • 「事業の売上高や従業員数などの規模に5倍を超える差がない」または「株式交換を行った後の子会社の特定役員がすべて退任しない」(規模・経営参画要件)
  • 株式移転による完全子会社の支配株主が、完全親会社の株式を今後も継続して保有していくことが見込まれる(株式継続保有要件)

支配率が50%未満または共同事業が目的の場合の株式交換の適格要件では、事業や従業員数の継続や維持、役員の配置、親会社と子会社の事業規模の差などさまざまなファクターが重要となります。

なお、規模・参画要件にある特定役員について、平成28年度の税制改正によって条件が緩和されています。それまで、子会社の特定役員は株式交換後も全員が残っていなければ要件を満たすことができませんでしたが、改正後は特定役員が1人でも残れば満たせるようになっています。

平成31年度の税制改正

ここまで、各項目において平成28年度および平成29年度に改正された内容について解説してきましたが、平成31年度においても税制改正が行われています。株式交換においては、親会社ではなく子会社を存続させるケース(これを「逆さ合併」とも呼びます)もあります。

この場合、改正前までは適格株式交換の関係継続の要件を満たすことができませんでしたが、改正後は要件を満たすことができるようになりました。したがって、株式交換によって逆さ合併となっても、適格株式交換として扱われるようになります。

※関連記事

スクイーズアウトとは?手法や注意点、メリットやデメリットについて解説!

逆さ合併とは?種類や特徴、注意点について解説!

適格株式交換・非適格株式交換の税務

ここで、適格株式交換と非適格株式交換の税務を解説していきます。基本的に、適格株式交換・非適格株式交換の税務は親会社、子会社、そして株主にそれぞれ発生するものであり、税務の面を考えると、適格株式交換の形式で株式交換を行った方がいいでしょう

ちなみに、交付された株式が非上場株式の場合、現金化する際に株価を改めて算定しなければなりません。非上場株式の株価算定はその会社を多角的に評価したうえで行わなければならず、税理士や会計士のような専門家の知識を借りて行う必要があります。

非上場株式で株式交換を行う場合は多少手間が増えることを念頭においておいた方がいいでしょう。

適格株式交換の税務

適格要件を満たすことによって課税が発生しない状態となっている適格株式交換に関しては、基本的に子会社には税務が発生しません。親会社は、資本金などの増加額を株式交換を行った相手の会社の株式の簿価、あるいは子会社の純資産として扱います。

ただ、株式交換後に子会社となる会社の株主に対しては、子会社となった会社の株式が消滅したことを認識し、その簿価を株式交換によって新しく取得した親会社の株式の取得価額に付け替える必要があります。

非適格株式交換の税務

非適格株式交換の場合は、親会社・子会社・株主それぞれに税務が発生します。まず、株式交換で親会社になった会社は、資本金などの額の増加額を子会社の株式の時価を取得価額とします。そして、子会社は課税が発生するため、資産負債は一部資産を時価で評価します。

株式交換の内容によっては含み損が発生したり、資産調整勘定あるいは差額負債調整勘定で営業権の計上を行う場合があるので留意しておきましょう。さらに、非適格株式交換で注意しておきたいことは、対価の支払いで株式以外に現金などを使用した場合は株主に課税が発生することです。

現金などが対価として使用された場合は譲渡益が発生し、これが課税対象となります。また、株式対価時の取得価額も現金などを時価計上して扱う形になります。ただ、株式のみが対価だった場合は、適格株式交換と同じ税務で完了させることが可能です。

ここまでお伝えしたように、非適格株式交換の税務はそれなりに作業量があるものです。とりわけ非適格株式交換の場合は、対価がなにによっても税務が増えてしまうので注意しておきましょう。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・株式交換とは

 →対象の会社の株式を全て取得することによって対象の会社を完全子会社化する組織再編の手法の1つ

・株式交換と株式移転の違い

 →株式移転は新しく持株会社(ホールディングス)を設立し、そこに株式を取得させるという手法であり、株式交換とはまったく異なる

・株式交換の会計

 →『親会社が追加取得する「完全子会社の株式の取得原価」と「非支配株主に交付した親会社の株式の時価(取得の対価)に付随する費用」を加算して算定』と『親会社の増加すべき株主資本を払込資本(資本金、あるいは資本剰余金)として処理』という2つの大きなプロセスがある

・株式交換の税務

 →適格株式交換となるか非適格株式交換となるかで内容が異なる

・適格株式交換とは

 →適格要件を満たした株式交換であり課税が発生しない

・株式交換の適格要件

 →完全支配関係・支配関係・支配率50%未満または共同事業が目的の場合で要件が異なる(支配率が下がるごとに要件が増えていく)

株式交換に限らず、適格要件が設けられている手法は、その適格要件をクリアすることで課税が発生しません。そのため、適格要件を満たしたうえで実施することが組織再編のスタンダートです。

適格要件を確実にクリアできるように、会社同士の関係がどうなっているか鑑みたうえで株式交換の内容を調整していくようにしましょう。もし、経営者だけで判断が難しいようであれば、コンサルティング会社、会計士事務所、税理士事務所などといったプロフェッショナルの手を借りることをおすすめします。

報酬こそかかりますが、会計・税務作業をトータルでバックアップしてくれるため、株式交換がスムーズに進行できるようになるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

M&Aタイムス(M&A Times)とは?M&Aニュース配信量でNo.1

M&Aタイムス(M&A Times)とは?M&Aニュース配信量でNo.1

M&Aタイムス(M&A Times)は、配信量No.1を謳っている日本最大級のM&Aサイトです。本記事では、M&Aタイムス(M&A Times)が提供しているサービス概要や、全国のM&Aコンサル...

M&A
M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

M&A BankはM&A情報の動画配信サイト?採用情報、年収、口コミや評判もご紹介

M&A Bankは、M&A情報を発信しているm&a 情報サイトです。M&Aを検討する経営者に対象に、過去の事例や海外M&Aの最新情報を届けることで、M&Aの普及拡大に貢献しています。本記事では、...

M&A
レコフは日本初のM&A専業会社!データベースも信頼できる?【口コミ・評判あり】

レコフは日本初のM&A専業会社!データベースも信頼できる?【口コミ・評判あり】

レコフは、日本初のM&A専業会社として知られる老舗会社です。M&Aの草創期からM&A事業に携わっており、これまでに数多くの企業の経営戦略のサポートを実現させてきました。本記事では、レコフの沿革・...

M&A
GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

GCA(GCAサヴイアン)はクロスボーダーM&Aが強い!【口コミ・評判あり】

GCA(GCAサヴィアン)は、日本・米国・欧州を中心に活動するグローバルなM&A仲介会社です。クロスボーダーM&Aを検討する企業にとって頼りになる仲介会社であるといえます。本記事では、GCA(G...

M&A
フロンティア・マネジメントのM&Aの実績は?特徴、年収や口コミ・評判を解説!

フロンティア・マネジメントのM&Aの実績は?特徴、年収や口コミ・評判を解説!

フロンティア・マネジメントは、企業経営に関する各専門家で構成されるM&A仲介会社です。本記事では、フロンティア・マネジメントの会社概要・年収・採用情報・M&Aの実績を紹介しています。M&Aの相談...

M&A
新型コロナ後のM&A市場の見通しは?2020年4月はM&Aが急減

新型コロナ後のM&A市場の見通しは?2020年4月はM&Aが急減

世界経済に影響を及ぼす新型コロナが感染拡大した後には、M&A市場にどのような影響を及ぼすのでしょうか。当記事では、新型コロナの影響を加味したM&A市場の予測について、リーマンショックとの比較や、...

M&A
M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所は平成30年に設立されたM&A仲介会社で、経営者目線の親身なサポートが特徴です。事業内容もM&A仲介以外に、M&AプラットフォームやM&Aメディアなど幅広く展開しています。この記...

M&A
新型コロナで事業承継・譲渡が急増?買い手はいる?【失敗事例あり】

新型コロナで事業承継・譲渡が急増?買い手はいる?【失敗事例あり】

新型コロナの影響で経営に大きなダメージを受ける企業が急増する中、企業の事業承継・事業譲渡にも変化が見られます。本記事では、新型コロナによる事業承継や事業譲渡への影響、新型コロナ後の社会でも事業承...

M&A事業譲渡
M&Aにおける企業価値評価とは?手法、営業権を加えた算出方法を解説

M&Aにおける企業価値評価とは?手法、営業権を加えた算出方法を解説

M&Aにおける企業価値評価には、実に様々なアプローチ方法があり、業種や業界によって適した手法が分かれています。本記事ではM&Aの企業価値評価の代表的な3つの手法を比較を行い、それぞれの違いを明ら...

M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)