2021年9月2日公開会社・事業を売る

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに、買収の目的や成功させるポイントもみていきます。

目次
  1. M&Aの買い手のメリット
  2. M&Aの買い手のデメリット
  3. M&Aの買収側の主な目的
  4. M&A・買収を成功させるポイント
  5. M&Aの実行におすすめの相談先
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aの買い手のメリット

M&Aの買い手のメリット

M&Aを行う買い手のメリットには、優秀な人材を獲得できる、新しいノウハウを獲得できるなど、以下のようにさまざまなものがあります。

しかし、一度のM&Aでこれらのメリットを全て手に入れるのは難しいので、通常はどのメリットを獲得したいか明確にして、ポイントを絞って戦略を練っていくことになります。

【M&Aの買い手のメリット】

  1. 優秀な人材を獲得できる
  2. 新しいノウハウを獲得できる
  3. 施設や設備を獲得できる
  4. 新規分野への参入障壁を下げる
  5. 事業規模の拡大をスムーズに行える
  6. 取引先の後継者問題を解決できる

1.優秀な人材を獲得できる

売り手側の企業で働いている優秀な人材を獲得できるのは、M&Aを行う買い手のメリットの1つです。

自社で求人を出したり新入社員を育てていくことも大切ですが、それでは手間とコストがかかります。特に、新入社員を優秀な人材に育て上げるまでには何年もかかることが通常です。

一方で、M&Aによって売り手企業で働いている人材を獲得すれば、経験とスキルがある人材を手早く獲得することができます。

人材不足の業界では、人材獲得のメリットが特に大きくなります。特に、働くのに高度な資格が必要であり、かつ慢性的に人材不足の業界は、M&Aで人材獲得する傾向が強くなり、薬局業界などは典型的な例です。

2.新しいノウハウを獲得できる

企業はそれぞれが独自のノウハウを持っています。M&Aで会社を買収すれば、そのノウハウを自社の経営に生かせるようになるのも買い手のメリットです。

例えば、製造・開発に強い買い手企業が、販売やマーケティングに強い売り手企業とM&Aを行えば、強力なサプライチェーンを築くことができます。

そのほか、特定の従業員の能力に依存しすぎている企業が、人によらず一定の仕事ができるマニュアル整備のノウハウを持つ企業を買収すれば、属人性のない安定した経営ができるようになります。

このように、ノウハウ獲得のメリットは業種によってさまざまなパターンが考えられるので、ノウハウ獲得によってどのようなメリットが得られるかを明確にすることが重要です。

3.施設や設備を獲得できる

事業規模を拡大したり新規事業に進出する時、普通は必要な設備投資を行います。しかし、一から設備投資するのはコストと時間がかかるうえ、投資によって一時的に財務が悪化するデメリットもあります。

一方、M&Aで施設や設備を持つ売り手企業を買収すれば、時間をかけずに手早く獲得できます

ただし、売り手の設備が本当に買い手にとって有用なものかどうかは、M&A締結前にデューデリジェンスで調べておく必要があります。

例えば、よい設備であっても老朽化が進んでいたら、後で修理や買い替えなどで結局コストと時間がかかってしまう可能性もあります。

4.新規分野への参入障壁を下げる

新規分野への進出を比較的手早く行えるのは、M&Aの買い手のメリットの一つです。

自社で一から新規分野へ進出しようとすると、設備や店舗、事業に必要なスキルを持つ従業員などを揃えなければなりません。

また、自社の経営資源を全く活用できない完全な新規分野への参入は難しく、既存の経営資源が活用できる似た業種への進出にとどまってしまう傾向もあります。

しかし、進出しようとしている分野の売り手とM&Aを行えば、売り手企業の経営資源を使って手早く事業を始められ、新規分野への参入障壁を下げることができます

資格・許認可が必要な業種や、老舗企業が安定したシェアを持っている成熟産業は、特に参入障壁が高くなりますが、M&Aならこういった業種への参入も比較的行いやすくなります。

5.事業規模の拡大をスムーズに行える

事業規模を拡大すれば、いわゆる規模の経済の効果などで、コスト削減を始めとするさまざまなメリットを得ることができます。

しかし、事業規模の拡大には新たな設備や店舗、従業員の増員など多くの時間とコストがかかり、財務に余裕がある企業でないと実現が難しいこともあります。

M&Aで同業種の売り手企業を買収すれば、売り手企業の設備や店舗、従業員を活用してスムーズに事業規模の拡大を行うことができます

M&Aによる事業規模の拡大は、一度で大きな拡大を目指せるのが特徴だといえます。例えば、自社で10店舗新規出店するのは大変ですが、もともと10店舗運営している売り手企業をM&Aで買収すれば、比較的簡単に10店舗の事業拡大を実現できます。

6.取引先の後継者問題を解決できる

M&Aによる後継者問題の解決は一般には売り手側のメリットですが、場合によっては買い手側にもメリットになることがあります。

例えば、主要な取引先が後継者不在で廃業を検討している場合、もし廃業されれば自社も大きな痛手となりますが、M&Aで取引先を買収して自らが後継者となることで、今までどおりの取引を継続することができます

【関連】後継者と事業承継の現状、後継者選びのポイントを解説

M&Aの買い手のデメリット

M&Aの買い手のデメリット

M&Aにはメリットだけでなくデメリットもあるので、両者を比較検討してM&Aを行うべきか判断していくことが大切です。

買い手の主なデメリットとしては、クロージング後に発生する従業員同士の軋轢、見込み通りのシナジー・結果が生み出せない可能性があるなど、以下の4つがあります。

これらのデメリットを完全に排除するのは実際には難しいですが、買い手としてはできるだけデメリットが少なくなるように準備・対策していくことが重要です。

【M&Aの買い手のデメリット】

  1. クロージング後に発生する従業員同士の軋轢
  2. 見込み通りのシナジー・結果が生み出せない可能性がある
  3. 税金やM&A費用・登記費用などコストが発生する
  4. 簿外債務などが発覚する可能性がある

1.クロージング後に発生する従業員同士の軋轢

M&Aの最終契約書を締結してクロージングすれば、M&A自体は完了となります。しかし、実際はその後にも、売り手と買い手がうまく協働できるように調整していく作業があります。

従業員にとってM&Aというのは非常に大きな出来事であるため、混乱やトラブルが起こることも少なくありません。

売り手企業と買い手企業は企業文化も業務システムも違うので、その両社がM&Aで協働していくのは大変です。

業務システムなどの実務的な問題だけでなく、売り手側・買い手側の従業員の相性がよくないという、人間関係の問題もM&Aを難しくするので、M&Aを行う際はM&A後の従業員がストレスなく仕事ができるように配慮することも大切です。

【関連】M&Aのクロージング

2.見込み通りのシナジー・結果が生み出せない可能性がある

M&Aの買い手の大きなメリットの一つは、自社単独では実現できないシナジー効果を得ることです。実際、大手のM&A事例をみると、多くの事例でシナジー効果の獲得を主な目的にあげています。

しかし、シナジー効果というのはやや曖昧な概念でもあり、実際やってみると想定通りにいかないことも少なくありません

M&Aでは、期待できるシナジー効果の価値をのれんとして買収価格に組み込むことがあるので、買い手としてはシナジー効果が得られないと、のれんの減損による損失が発生することもあります。

M&Aは今まで別々に経営してきた売り手と買い手が協働する作業なので、想定通りにいかないことがあるのは理解しておく必要があります。

【関連】シナジー効果の意味とは?M&A成功事例や多角化戦略、使い方をわかりやすく解説

3.税金やM&A費用・登記費用などコストが発生する

M&Aでは、仲介会社への手数料や税金など、さまざまなコストが発生します。これらのコストも計算に入れたうえで計画を立てなければ、M&A後に財務状況が悪化する事態にもなりかねません。

特に、買い手はデューデリジェンス費用を負担しなければならないので、売り手よりもM&Aのコストが高くなる傾向があります。

登記や公告費用などの雑費は使用したM&Aスキームによって変わってくるので、仲介会社のアドバイザーなどに相談して費用を見積もっておくことが大切です。

4.簿外債務などが発覚する可能性がある

M&Aで買い手にとって大きな問題となるのが、売り手の簿外債務や偶発債務の発覚です。デューデリジェンスはこういったリスクを洗い出すために行いますが、実際は全てのリスクを排除することはできません。

もしM&A締結後に多額の簿外債務や偶発債務が発覚したら、買い手は大きな損失を被る可能性がでてきます

こういったトラブルを避けるには、デューデリジェンスの徹底に加えて、最終契約書で損害賠償などの条項をしっかり加えておくことが大切です。もちろん、交渉時に売り手企業が信頼できるか見極めることもポイントとなります。

【関連】簿外債務

M&Aの買収側の主な目的

M&Aの買収側の主な目的

M&Aは、買い手の目的によって、既存事業・関連事業・新規事業のどれを買収するべきかが変わってきます。M&Aを成功させるには、目的をはっきりと定めておくことが重要です。

この章では、M&Aの買い手が既存事業・関連事業・新規事業を買収する時、どのような目的があるのかを解説します。

既存事業を買収した場合

M&Aで既存事業を買収した場合の買い手の主な目的は、事業規模の拡大、規模の経済によるコスト削減などが考えられます。また、M&Aで業界再編を行う時も、既存事業の買収が行われます。

例えば、関東エリアで展開しているサービス業が関西に進出したい場合、地元の既存事業をM&Aで買収する戦略が考えられます。

新しいエリアへの進出は、そのエリアですでにシェアを得ている地元企業と一から競うことになるので大変ですが、M&Aなら比較的進出しやすくなるのがメリットです。

M&Aによる業界再編では、同業種の企業同士が統合して、生き残りを図っていくといったことが行われます。

関連事業を買収した場合

同業種ではないが、全くの異業種でもない関連事業を買収するM&Aもあります。この場合の目的は、サプライチェーンの強化、自社の資源を生かした事業拡大などが考えられます。

例えば、工場などの設備を持つ買い手企業が、同業種の販売店をM&Aで獲得し、自社ブランド製品の販売権を与えるとします。すると、製造から販売までの一貫したサプライチェーンを築くことができます。

また、ベンチャーのIT企業をM&Aで買収して、自社のIT部門として統合するといったケースも考えられます。そのほか、飲食業の会社が介護事業をM&Aで獲得し、高齢者向けの弁当事業を展開するケースもあるでしょう。

このように、関連事業のM&Aにはさまざまな可能性があるので、経営に積極的に取り入れていくのも有力です。

新規事業を買収した場合

既存の事業と全く関連性のない新規事業を買収する買い手の目的としては、新規事業へのスムーズな参入、時間の節約、複数事業への展開によるリスクの分散などが考えれらます。

全くの新規事業への参入は、M&Aを利用しないと何もない状態から同業他社と競っていくことになり、軌道に乗るまでは赤字を覚悟しなければなりません。しかしM&Aで進出すれば、比較的早い時期から黒字を目指すこともできます

全く違う複数の事業を同時に営むことで、企業全体の財務リスクを減らすのは、ある程度規模の大きい会社ではよくみられます。リスク分散のための事業展開なら、一から始めるよりM&Aのほうが時間やコストの節約になります。

ただし、複数事業の展開は、場合によってはかえって企業価値が下がることもあるので(コングロマリットディスカウント)、買い手としてはこういったデメリットも踏まえて判断していく必要があります。

M&A・買収を成功させるポイント

M&A・買収を成功させるポイント

買い手がM&A・買収を成功させるポイントには、以下のようなものがあります。これらのポイントを押さえて、M&Aのメリットをしっかり享受できるようにすることが大切です。

【M&A・買収を成功させるポイント】

  1. デューデリジェンスを徹底する
  2. 交渉段階でしっかりと契約書を作成する
  3. 従業員の流出を防ぎつつ、PMIを成功させる
  4. M&Aの専門家に相談する

1.デューデリジェンスを徹底する

M&Aのデューデリジェンスとは、買い手が売り手企業について調査し、本当に買収してよいか見極める作業です。例えば、売り手企業の財務や法務などについて調べ、簿外債務や訴訟リスクがないか調査します。

デューデリジェンスは通常1,2か月程度かかり、売り手企業の財務諸表の調査などに加え、必要なら売り手企業が保有する工場や店舗を視察したり、役員にインタビューを行うこともあります。

デューデリジェンスは買い手にとってコストがかかるものですが、それ以上にメリットが大きいので必ず実施すべきといえます。

デューデリジェンスはコストや時間の制約から、財務・税務・法務などのなかから、最も重要と思われる分野に絞って調査するのが一般的です。どの分野を調査するか見極めることも、M&Aの成功のための重要なポイントです。

【関連】デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

2.交渉段階でしっかりと契約書を作成する

M&Aを成功させるには、交渉段階でしっかりと契約書を作成することが大切になります。

M&Aで作成する主な契約書は、基本合意書と最終契約書です。基本合意書はトップ面談終了後、デューデリジェンスに入る前に作成する書面で、現時点での大まかな合意内容を記載します。

さらに、売り手のデューデリジェンスへの協力義務や、買い手の独占交渉権の付与なども記載するのが一般的です。

最終契約書はデューデリジェンスの後に締結する書面で、これをもってM&Aが正式に成約します。売り手の表明保証や損害賠償などについて、しっかり記載しておくことが大切です。

【関連】M&Aの基本合意書

3.従業員の流出を防ぎつつ、PMIを成功させる

最終契約を締結してM&Aが成約しても、その後はクロージングやPMI(統合プロセス)といった重要な作業があります。ここで失敗してしまうとここまでの苦労が無駄になるので、慎重に行わなければなりません。

統合プロセスでは、従業員がM&A後の新しい職場環境に不満を持って、退職してしまわないように注意する必要があります

退職を防ぐには、M&Aを売り手の従業員に最初に公表する際に、買い手企業の経営者が出向いて挨拶し、売り手側の従業員に安心してもらうといった配慮をするのも大切です。

また、M&A後の給与や勤務時間なども、従業員にとってデメリットがないように調整する必要があります。従業員が安心してやりがいのある仕事に取り組めるようにすることが、流出を防ぐポイントです。

【関連】PMIとは?M&A・買収におけるPMIの重要性

4.M&Aの専門家に相談する

M&Aは買い手にとって高いコストと時間がかかるものなので、専門家に相談して失敗しないように進めていく必要があります

近年は、マッチングサイトなどで専門家の力を借りずにM&Aを行う選択肢もありますが、よほどM&Aに慣れていない限りは、やはり専門家に相談したほうがメリットが大きいでしょう。

M&A仲介会社に依頼する際は、自社の業種や規模、M&Aの目的などに合った仲介会社を選ぶことがポイントです。

仲介会社は、中小企業を専門とするところや、特定の業種に特化しているところなど、それぞれが得意分野を持っています。そのなかから自分のニーズに合った仲介会社を選ぶことで、M&Aの成功率を高めることができます。

近年は国もM&Aに力を入れており、事業承継・引継ぎ支援センターといった支援機関を各都道府県に設置しています。もし近くによさそうな仲介会社がないなら、こういった公的機関を利用するのもおすすめです。

M&Aの実行におすすめの相談先

M&Aの実行におすすめの相談先

M&Aによる会社の買収をお考えの方は、ぜひM&A総合研究所へお問い合わせください。

M&A総合研究所は、主に中小企業のM&Aを手がけている仲介会社です。譲渡企業様の売上規模は一億円から数十億円程度となっており、幅広い規模のM&Aに対応しております。

サポートにはM&Aの支援実績豊富なアドバイザーがつき、ご相談からクロージングまで丁寧に対応いたします。

また、当社では適性な譲渡金額や譲渡可能性を提示し、経営者様にとって本当にM&Aにメリットがあるか正直にお話いたしますので、M&Aをすべきか迷っている経営者様も、まずは気軽にご相談ください。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。M&Aや会社の買収に関して、無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

M&Aで会社を買収する際は、買い手のメリットとデメリットを理解して、どのメリットを得たいのかを明確にするとともに、デメリットが少なくなるように戦略を練っていくことがポイントです。

【M&Aの買い手のメリット】

  1. 優秀な人材を獲得できる
  2. 新しいノウハウを獲得できる
  3. 施設や設備を獲得できる
  4. 新規分野への参入障壁を下げる
  5. 事業規模の拡大をスムーズに行える
  6. 取引先の後継者問題を解決できる
【M&Aの買い手のデメリット】
  1. クロージング後に発生する従業員同士の軋轢
  2. 見込み通りのシナジー・結果が生み出せない可能性がある
  3. 税金やM&A費用・登記費用などコストが発生する
  4. 簿外債務などが発覚する可能性がある
【M&A・買収を成功させるポイント】
  1. デューデリジェンを徹底する
  2. 交渉段階でしっかりと契約書を作成する
  3. 従業員の流出を防ぎつつ、PMIを成功させる
  4. M&Aの専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株価算定...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチが提供しているM&A・事業承継プラットフォーム「ビズリーチサクシード」は、他のM&Aマッチングサイトと比べてどのような強みや特徴があるのでしょうか。本記事では、ビズリー...

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

リサイクル業界は、2020年のM&A件数が前年や一昨年に比べて増えており、今後もM&Aが活発になっていくと考えられます。本記事では、リサイクル業界の特徴やM&A動向などの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)