2019年12月26日更新会社・事業を売る

M&Aコンサルタントとは?アドバイザリーとの違いや資格、業務内容を解説

M&Aコンサルタントは、M&Aに関する相談、M&Aの実行に向けた調査、交渉、成約後の統合実施など、M&Aに関する一切についてサポートしてくれます。M&A成約には欠かせない存在であるM&Aコンサルタントについて改めて詳細を確認してみましょう。

目次
  1. M&Aコンサルタントとは?
  2. M&Aコンサルタントの特徴
  3. M&Aコンサルタントとアドバイザーの違い
  4. M&Aコンサルタント業務の流れ
  5. M&Aコンサルタントの資格とスキル
  6. M&Aコンサルに特化したM&A専門会社3選
  7. M&Aコンサルに特化した3社の比較
  8. M&Aコンサル会社66選一覧
  9. M&Aコンサルの選び方のコツ
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aコンサルタントとは?

M&Aコンサルタントは、M&Aの相談や調査、交渉など、M&Aの一連の流れをサポートする職業です。M&Aの実施に向けて、専門的なアドバイスや対策を提供してくれるので、M&Aの当事者にとって心強い存在でしょう。

M&Aコンサルタントは、M&Aアドバイザー、フィナンシャルアドバイザー(FA)などと呼ばれることもあります。M&Aコンサルタントの実態について、M&Aコンサルタントの特徴、および具体的な業務内容から見ていきましょう。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定のメリットをご紹介

M&Aコンサルタントの特徴

M&Aを実行するには、それぞれの段階で高度に専門的な知識が求められます。例えば、M&Aの対象となる企業の選定、企業価値の算定、対象企業の経営状況などの詳細な調査、問題点の検証、交渉等々、各段階で専門知識が必要です。

その点、M&Aコンサルタントは様々な専門分野に精通しているので、M&Aを効率的に進めるにはM&Aコンサルタントへの依頼は必須とも言えるでしょう。もちろん、M&Aコンサルタントに頼らず、企業同士だけでM&Aを行うことも不可能ではありません。

ただし、M&Aを実行するには、その時々の局面で専門知識がないと無駄な時間を費やす可能性が高く、企業だけでM&Aを効率的に進めることは甚だ困難と言わざるを得ません。また、M&A専門知識の不備は、交渉におけるトラブル発生の原因にもなります。

それらを考え合わせると、M&Aコンサルタントのサポートを受け、スムーズにM&Aを進めるのが、やはり理想的です。なお、M&Aコンサルタントが、売り手、または買い手のいずれかに付いてサポートを行う場合をアドバイザリー方式と言います。

つまり、アドバイザリー方式では、売り手と買い手それぞれに別のM&Aコンサルタントが着任することになります。もう1つのケースとしては、M&Aコンサルタントが仲介業務を行う仲介方式もあります。

この仲介方式では、M&Aコンサルタント1社が売り手と買い手の間に立って、仲介業務を行います。

※関連記事
M&Aによる売却とは?売却先企業の選定・売却案件の探し方
M&Aに欠かせないマッチング

M&Aコンサルタントとアドバイザーの違い

M&Aコンサルタントは、M&Aアドバイザーと呼ばれることもあります。一方で、M&A実務においては「M&Aアドバイザリー」という表現も頻繁に使用されます。これらの用語について、整理しておきましょう。

M&Aアドバイザリーは、M&Aサービスのことを指します。このサービスを行う専門家がM&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)です。アドバイザーもコンサルタントも人を示す言葉となり、同時に職業を示す言葉でもあります。

一方で、現在ではアドバイザー、コンサルタント、アドバイザリーの表記はあいまいな部分もあります。例えば「大手コンサルタントに入社」といった表現がしばしば見られますが、この場合のコンサルタントはコンサルタント会社の意味で使用され、人ではなく会社を示しています。

このように、定義があいまいな部分もありますが、サービスとしては「M&Aアドバイザリー」となります。M&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)の業務内容を考える際には、サービスとしてのM&Aアドバイザリーについて知っておく必要があります。

※関連記事
M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説
M&Aのリスクとは?売り手・買い手のリスクやリスクマネジメント方法を解説

M&Aコンサルタント業務の流れ

M&Aアドバイザリーのサービスを提供する主体としては、証券会社、銀行(メガバンク、地方銀行)、信用金庫、会計事務所、税理士事務所、M&Aブティック、経営コンサルタント、個人コンサルタントなど様々あります。

どのような主体であったとしても、M&Aコンサルタントの業務内容が変わることはありません。ここでは、M&Aの買収側にM&Aコンサルタントが着任したケースを一例にして、M&Aコンサルタント業務の流れを5段階に区切って見てみましょう。

⑴M&Aコンサルタント業務~M&A戦略策定

まず始めにM&Aコンサルタントが行うのは、M&Aでの買収を検討している企業と具体的なM&A戦略を策定します。どのような企業や事業を買収したいのか、どのような手法を用いるのか、考え得る具体的な戦略を提示していき、その企業に適した戦略に落とし込みます。

⑵M&Aコンサルタント業務~対象企業探し

M&A戦略が定まった次には、M&Aコンサルタントの業務は買収候補となる企業の選定に移行します。その際には、候補企業の財務状況や経営状況など、専門的な観点から調査・分析を行うのが常です。そうして、買収候補のリストを取りまとめて提示し、交渉相手の選定が行われます。

⑶M&Aコンサルタント業務~交渉

買収したい企業が決まったら、その企業に対してアプローチを進めます。経営者と株主が同一でない場合は、株主側にも接触します。相手側が買収に応じる姿勢となった場合、買収方法などの具体的な内容の協議を行います。

その協議で合意に至ったならば、基本合意書の締結が行われます。まだ、最終契約ではありません。基本合意書締結後、買収対象となる企業の財務状況などについて、さらに詳細な調査を行います。その調査結果をもとに、相手に提示する具体的な買収金額を算定します。

買収価格の算定においては、対象企業の資産価値を適正に評価しなければなりません。その詳細な調査と検証のことを「デューデリジェンス」といいます。買収金額を提示する交渉段階においては、特にM&Aコンサルタントの腕の見せ所です。

当事者同士である企業の経営者だけでは、お互いの利害が対立するので交渉も停滞します。専門知識を持ったM&Aコンサルタントが交渉を進めることで、より良い条件でのM&Aをめざすことができるのです。

⑷M&Aコンサルタント業務~契約

M&Aでの買収金額をはじめとする具体的な条件交渉がまとまれば、最終的な合意によって契約となり、M&A取引が実行されます。M&A業務における最終的な手続き(クロージング)によって経営権が移転し、買収対象企業は買収企業の傘下となるわけです。

M&Aでの買収の場合、株式譲渡の手法が取られますから、株券の引き渡しと対価の支払いがクロージングとなり、そこで実際に経営権が移転します。

⑸M&Aコンサルタント業務~統合

M&Aは契約して終わりとはなりません。買収成立後は、「統合」という重要な段階に進みます。統合とは、買収企業と被買収企業の違いを素早く埋めるプロセスのことです。企業と企業の間には、当然のことながら経営体質の違い、そして風土の違いがあります。

買収後の事業展開をスムーズに進めるためには、それらの違いを早急に埋めることが必定です。M&Aコンサルタントは、買収前の段階でそれぞれの企業の風土をきちんと分析しておき、実際に統合が行われる際に適切なアドバイスを行います。

また、人事システムや情報システム、業務プロセスなどの統合も、実際に業務をこなす中で進められていきます。ここでも、M&Aコンサルタントが適切なアドバイスを行い、スムーズな統合に貢献を果たすのです。

このように、M&Aアドバイザリーは、M&Aの一連の流れを幅広くサポートするサービスとなります。その業務を実際に行う専門家がM&Aコンサルタントであり、様々な場面での手厚いサポートを実践していきます。

そのようなM&Aアドバイザリーについて、どの会社に相談すべきかお悩みの場合には、ぜひ一度、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つ公認会計士がM&Aをフルサポートいたします。

無料相談後もM&Aが成約するまで一切、費用は発生いたしません。また、成約時の成功報酬も国内最安値水準でご好評をいただいています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
デューデリジェンスとは?目的・方法・種類
M&A実務とは?手順や契約、クロージング、企業評価算定を解説

M&Aコンサルタントの資格とスキル

M&Aアドバイザリーは、必ずしも許認可や資格が必要なサービスではないため、M&Aコンサルタントになる場合に国家資格のようなものが必要というわけではありません。ただし、会計士や税理士、弁護士や司法書士が行うべきM&A業務の場合は、もちろん国家資格が必要です。

また、M&Aに関する民間資格も存在します。例えば、M&Aエキスパート認定制度、M&Aスペシャリスト、JMAA認定M&Aアドバイザーなどです。それらは、業務を行う際の信頼度という点でメリットがあります。以下に、それら資格について掲示します。

⑴国家資格

文部科学省により公表されている国家資格の説明では、「国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格」となっています。いずれも高い専門性を有する資格であることは言うまでもありません。

公認会計士

公認会計士は企業の財務情報の監査などが主な仕事ですが、財務アドバイザー(FA)としてM&A戦略、デューデリジェンス、価値評価、PMI(Post Merger Integration=M&A成立後の統合プロセス)支援など、M&A業務の総合的なサポートも行います。

税理士

M&Aにおける会計・税務面でのアドバイス、税務申告書の作成などを行います。特に中小企業やベンチャー企業では、会計士より税理士の方が相談しやすいと感じる方もいます。

弁護士

M&A専門の弁護士は、会社法や税法をはじめ、M&Aに関する法律全般に精通しています。M&Aの実行にあたり、法的な観点から専門的なアドバイスを行います。

司法書士

司法書士は登記業務が主な仕事となります。M&Aは登記手続きが多いため、M&A業務に特化した司法書士事務所や法人も多く見られます。

⑵民間資格

民間の企業や団体が独自に審査の基準等を策定し、合格者に資格認定を行っているのが民間資格です。民間資格の中には、国家資格並みに一般に浸透し、認知と信用を受けているものも多数あります。

M&Aエキスパート認定制度

日本M&Aセンターと金融財政事情研究会が共同で運営し、「事業承継・M&Aエキスパート試験」「事業承継シニアエキスパート養成スクール・試験」「M&Aシニアエキスパート養成スクール・試験」があります。M&Aの民間資格としては最高峰と言えるでしょう。

特に、中小・零細企業のM&Aに精通していることの証明として、効果的な資格です。

M&Aスペシャリスト

日本経営管理協会による、M&Aに関する経営コンサルタントの資格となります。試験合格後に資格認定を申請し、M&Aスペシャリスト資格審査委員会の厳格な審査で承認されることにより、資格取得ができるという仕組みになっています。

JMAA認定M&Aアドバイザー

日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)による、M&Aアドバイザーの資格となります。M&Aアドバイザー養成講座を受講して修了試験を受け、合格後にJMAA正会員として入会し、JMAA認定M&Aアドバイザーの資格が付与されるという仕組みです。

※関連記事
M&Aにおける公認会計士の役割
PMIとは?M&A・買収におけるPMIの重要性

M&Aコンサルに特化したM&A専門会社3選

日本国内にあるM&Aアドバイザリーの数はとても多く、枚挙にいとまがありません。ここでは、その数多いM&Aアドバイザリーの中から厳選したM&A専門会社3社を紹介します。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所は、M&Aを専門とする経験豊富な公認会計士が幅広いサービスを提供しています。全国の会計士事務所・税理士事務所と連携し、専門性の高いネットワークにも強みがあります。また、大型案件から中小企業の案件まで、規模の大小を問わずにM&Aに対応しています。

着手金や月額報酬はかからず、成果報酬のみの報酬体系にも特徴があります。また、成果報酬の手数料は業界最安値です。

②日本M&Aセンター

中小企業を中心としたM&A支援27年目、成約実績累計4500件、年間成約支援数649件といった実績があり、中堅・中小企業に向けたM&A支援サービスを行っています。

1案件ごとに法務担当者(弁護士・司法書士)と会計・税務担当者(公認会計士・税理士)がサポートするという体制にも特徴があります。

③M&Aキャピタルパートナーズ

主に中堅・中小企業のM&Aに特化し、それぞれの企業が抱える経営課題の解決に強みがあります。専門のコンサルタントが一貫してサポートを行う専任担当制となり、安心感のあるサービスを提供しています。

日本におけるM&A助言会社の老舗となるレコフと連携し、それぞれの顧客基盤やネットワークを活かし、企業に対する高い提案力に特徴があります。また、報酬体系は成功報酬と中間報酬のみで、着手金は無料です。

※関連記事
M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します
オススメのM&Aマッチングサイト・売買サービス

M&Aコンサルに特化した3社の比較

前項で紹介したM&A専門会社3社の比較をしてみましょう。まず、委託契約時の着手金ですが、M&A総合研究所とM&Aキャピタルパートナーズは無料です。一方、日本M&Aセンターでは着手金が発生します。

企業に対する提案力では、顧客基盤や幅広いネットワークに強みがあるM&Aキャピタルパートナーズが強いと言えます。一方で、専門性の高さでは、公認会計士が主体となるM&A総合研究所が大きな強みを持っています。

また、中小企業に特化したM&Aの支援としては、日本M&Aセンターに多くの実績があります。

※関連記事
M&Aアドバイザーのランキング【必見】
東京のM&A仲介会社オススメ10選をランキング形式でご紹介

M&Aコンサル会社66選一覧

上述したM&A専門会社3社以外のM&Aコンサル会社について、会社の系統別にその社名を紹介します。全部で66社になります。

⑴証券会社・銀行などの金融系

外資系投資銀行なども含め21社を紹介します。

  • 野村證券
  • SMBC日興証券
  • 大和証券グループ
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券
  • ゴールドマン・サックス証券
  • UBS証券
  • メリルリンチ日本証券
  • JPモルガン証券
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJフィナンシャルグループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • 新生銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • クレディスイス
  • HSBC
  • ドイツ銀行
  • 福岡銀行
  • 京都銀行
  • 広島銀行
  • 静岡銀行
  • シティ銀行

⑵コンサル系M&A会社

こちらは全部で19社の紹介です。

  • 山田ビジネスコンサルティング
  • フロンティア・マネジメント
  • PwCアドバイザリー
  • KPMGFAS
  • デロイトトーマツFAS
  • EYトランザクション・アドバイザリー・サービス
  • みそうパートナーズ
  • 経営共創基盤(IGPI)
  • AGSコンサルティング
  • 辻・本郷税理士法人
  • ジェネックスパートナーズ
  • 船井総合研究所
  • アリックスパートナーズ
  • プルータス・マネジメントアドバイザリー
  • ピナクル
  • みらいコンサルティング
  • グローウィン・パートナーズ
  • プライスウォーターハウスクーパーズ
  • マクサス・コーポレートアドバイサリー

⑶仲介系M&A会社

仲介系M&A会社は26社の紹介になります。

  • ストライク
  • GCA
  • レコフ
  • かえでファイナンシャルアドバイザリー
  • バトンズ
  • FUNDBOOK
  • TRANBI
  • インテグループ
  • ブティックス
  • 経営承継支援
  • CBパートナーズ
  • KSG
  • エムレイス
  • ABNアドバイザーズ
  • インターリンク
  • 名南M&A
  • オンデック
  • クラリスキャピタル
  • ビズリーチ
  • 東京MAパートナーズ
  • 中小企業M&Aサポート
  • 日本M&Aマネジメント
  • コーポレート・アドバイザーズM&A
  • パーソルキャリア
  • M&Aコンサルティング
  • アイアールアイ M&Aコンサルティング
※関連記事
M&A仲介会社一覧
M&Aの契約

M&Aコンサルの選び方のコツ

M&Aコンサル選びで困った時は、以下の2点に絞って決断しましょう。

  1. M&Aの過去の実績
  2. 担当予定者との相性

⑴M&Aの過去の実績

M&Aの場合でも、やはり実績は重要な要素です。この時、注意したいのは会社の実績を確認するだけでなく、正規に契約した場合の担当予定者個人のM&Aの実績についても確認しましょう。場合によっては、担当者を変えてもらうことも選択肢です。

⑵担当予定者との相性

担当予定者に求めたいのは、業務の実績だけではありません。依頼側である自分たちとの人間的な相性も良くなければ、M&Aの成約もおぼつかないでしょう。M&Aが成約するには大体、数ヶ月を要するのが一般的です。長丁場のプロジェクトですから、チームメンバーの相性は最重要とも言えます。

合わないと感じたら、この場合も担当者の交代を求めてしかるべきです。

※関連記事
M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説
M&Aの法律相談先ランキングTOP5!費用や手続き方法も解説【口コミ・評判あり】

まとめ

頭の片隅でもM&Aのことがよぎった場合には、迷わずに専門家であるM&Aコンサルタントに相談してみましょう。最終的に、その時はM&Aを実施しないとしても、M&Aに関して知識を身につけておくのは、経営者にとって有益なことです。

M&Aコンサルタントの中には無料相談を受け付けている会社もありますから、遠慮せずに話をしてみましょう。躊躇して無駄に時間を費やしてしまうと、チャンスロスしてしまうかもしれません。まずは、専門家の話を聞いてみましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)