M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
M&A勉強方法とは?勉強方法の種類や注意点、メリット・デメリットをご紹介

M&A勉強方法とは?勉強方法の種類や注意点、メリット・デメリットをご紹介

M&Aとは?

昨今、M&Aがより一般化したこともあり、M&Aに関するニュースを見聞きする機会も増加していると言えます。 買収や合併など、それぞれの企業にとってM&Aが身近な手法になりつつある現在、M&Aについて一度しっかり学習したいと考える方も多いのではないでしょうか。 M&Aを学習する場合、書籍やWebサイト、セミナーなどを活用するケースが多く、身近な環境で効率的に学習を進めることができます。 また、動画によって好きな時間に学習を進めるケースや、専門家へ相談してより専門的な情報・知識を入手するケースなど、勉強方法は様々です。 さて、こうしたM&Aの勉強方法について整理するにあたり、まずはM&Aとは何か、どのような種類や特徴があるのか、その概要を見ていきましょう。

M&Aの種類

M&Aというのは、Mergers and Acquisitions(合併と買収)の略称となります。 これは、2つ以上の会社が1つの会社になる合併(Mergers)と、ある会社が他の会社を買い取る買収(Acquisitions)を意味しています。 一方で、M&Aは必ずしも合併と買収だけに限らず、会社分割や資本業務提携などもM&Aに含める場合が一般的です。 また、買収には株式取得(株式譲渡、新株引受、株式交換、株式移転)と事業譲渡(全部譲渡、一部譲渡)の2つがあり、その手法は様々です。 これらの手法をすべて合わせると、M&Aといってもその選択肢はかなり多いということがわかります。 こうしたM&Aの主な手法について、以下で整理しておきます。

株式取得

株式取得は、買収の手法の一つになります。 株式取得というのは、字の意味だけを見ると「株式の取得」となります。 一方で、実際には、株式を取得することで経営権の取得を図るための手法となります。 株式には原則として株主総会の議決権があり、この株主総会は会社の経営に関する決議を行う場となります。 そのため、株式を取得することで議決権を保有すれば、会社の経営に関わる権利を得ることになるわけです。 また、どの程度経営に関わることができるかは、株式の取得割合によって決まります。 例えば、ある会社の株式を100%取得すれば、その会社の経営権を全て得ることになるわけです。 こうした仕組みがあるため、経営権を取得するための手法として株式の取得がしばしば行われます。 また、株式取得には、保有する株式を第三者に譲渡する「株式譲渡」、新株の割り当てを受ける権利を第三者に与える「新株引受(第三者割当増資)」、ある会社が発行する株式の全部を他の会社(株式会社または合同会社)に取得させる「株式交換」、1または2以上の株式会社が発行する株式の全部を新たに設立する株式会社に取得させる「株式移転」という手法に分けられます。 一般的には株式譲渡が多く使用されており、特に中小企業のM&Aでは、株式の100%を譲渡して経営権を全て移すという手法がしばしば見られます。

事業譲渡

事業譲渡も買収の一つの手法です。 事業譲渡は、ある会社の事業の全部または一部を譲渡することを表します。 事業の全てを譲渡する場合を全部譲渡、事業の一部を譲渡する場合を一部譲渡といいます。 事業譲渡においては、残したい事業は残しておき、その他の事業だけを譲渡するという方法も可能です。 そのため、採算事業を残し、不採算事業を譲渡するといったケースも見られます。 また、事業を譲渡しても、株式取得のように株式が移転するわけではなく、移転するのはあくまで事業となります。

合併

合併というのは、2つ以上の会社が1つになることを表します。 また、合併には吸収合併と新設合併の2つがあります。 吸収合併は、合併により消滅する会社の権利義務の全てを、合併後存続する会社に承継させるという手法です。 また、新設合併は、2つ以上の会社が合併し、新たに設立する会社に全ての権利義務を承継させることをいいます。 新設合併の場合、新しく設立された会社に権利義務が承継されるという点が大きな特徴ですが、吸収合併の場合は、既存の会社に合併されるという仕組みに特徴があります。

会社分割

会社分割とは、会社がある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、他の会社に承継させることをいいます。 会社分割も、吸収分割と新設分割の2つの種類があります。 吸収分割は、会社(株式会社または合同会社)がある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、分割後の他の会社に承継させることをいいます。 また、新設分割とは、1または2以上の会社(株式会社または合同会社)がある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、新たに設立する会社に承継させる手法になります。 新設分割の場合、新たな会社が設立され、その会社が権利義務を承継するという点が特徴的です。 一方で、吸収分割の場合、既存の会社に権利義務を承継させることに特徴があります。

M&Aの勉強方法の種類

ここまでご紹介したように、M&Aには多様なスキームがあり、それぞれで必要となる手続きや流れにも違いがあります。 これらのスキームを学習できれば、M&Aの全体像がさらに詳しくわかるようなります。 さて、このようなM&Aを勉強するには具体的にどのような方法があるのでしょうか。 以下、主な勉強方法についてご紹介します。

本による学習は最も一般的な勉強方法と言えるでしょう。 M&Aに関する書籍は多く、初歩的なポイントから説明している本、実務にも触れている本、さらには専門的な手続きなどの実践的な内容が書かれてある本など、それぞれのレベルに沿って学習を進めることができます。

Webサイト

WebサイトでM&Aに関する情報を集め、学習を進めることもできます。 特にM&Aの情報を発信しているサイトは、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門会社が運営しているケースも多いです。 こうしたサイトは専門家の監修による記事となっているので、無料で見ることができる記事だとしても、その内容の質は確かです。

動画

動画を利用して勉強するという方法もあります。 特に近年は動画による学習がより一般化しており、好きな時間で気軽に勉強しやすいという特徴があります。

セミナー

セミナーによる勉強の機会も増えています。 講義形式のほか、ディスカッション形式のセミナーもあり、受講スタイルも多様化しています。 直接講師から講義を聴くことは、独学で勉強するより疑問点が解消される場合もあります。

専門家へ相談

実務的な部分も含め、とにかく専門的な知識を得たいという場合には、専門家に相談するという方法もあります。 M&Aを行うかどうかが決まっていなくても、無料で相談できるM&A仲介会社・M&Aアドバイザリーもあります。 こうした会社を利用し、より実務的で専門的な情報を入手することも、M&Aの勉強方法の一つです。

M&Aの勉強方法の注意点

上記でご紹介したように、M&Aの勉強方法には様々なものがありますが、いくつか注意点もあります。
まず、本で勉強を進める場合、一度その本を最後まで読むようにしましょう。 最後まで読まないうちにほかの本を読み始めてしまったり、Webサイトの記事を見始めたりすると、かえって知識が混乱します。 もちろん気になる点をWebサイトなどで確認することは好ましいですが、本で勉強を始めたら、なるべく本による勉強のペースを守り、順を追って学習を進めた方が効果的です。 また、Webサイトを利用して勉強する場合、比較的柔軟な利用方法ができますが、本よりは詳しい情報が載っていない場合もあります。 何か疑問点が発生し、その疑問がWebサイト上ではわからないのであれば、なるべく早い段階で本などで確認することが好ましいです。 疑問点を疑問のままにしておくと、学習が思うように進まない要因にもなります。 さらに、M&Aの勉強方法は幅広いですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。 それらのポイントも踏まえ、自分に合った勉強方法で効率的に学習を進めることが大切です。

M&A勉強方法のメリット・デメリット

先ほども少し触れましたが、M&Aに関する本は、初心者向けから実務向けまで様々なレベルのものがあります。 そのため、自分の知識に合った、最適な本を見つけやすいです。 また、初心者向けの本から始め、徐々にレベルアップするという方法も可能です。 このように、活用できる書籍の選択肢が広いという点が大きなメリットです。 一方で、M&Aに関する本の多さは、かえって選びにくいというデメリットもあります。 また、初心者向けの本といっても、かなり分厚い書籍もあるので、学習に抵抗を感じてしまうケースもあります。 さらに、必要な情報をすぐに知りたい場合には、Webサイトと比べるとどうしても効率は悪くなってしまいます。 ただ、本の選択肢自体は広いので、じっくりと自分に合う本を見つけて学習したいという方など、本の利用がおすすめです。

Webサイト

Webサイトの場合、自分が知りたい情報をすぐに検索し、学習できるという点にメリットがあります。 本の場合も索引などを利用して情報をすぐに入手できますが、やはりWebサイトの方がスピード性はあります。 知りたいキーワードを検索すれば、様々なサイトを照らし合わせる形で効率的に学習を進めることも可能です。 ただし、Webサイトの場合、個々の知識をバラバラに知ってしまうケースも多いです。 そのため、体系的な学習としては効率が悪くなり、結局本質的な部分がわからないといった状態になりやすいです。 先ほども述べたように、M&Aに関するWebサイトは専門家の監修による記事が多いですが、かなり専門的な内容の記事もあるため、基礎から順番に学習したいという方にはやや不向きです。 一から順番にじっくり学習したいという方には、本の方がおすすめできます。

動画

動画による勉強は、活字を読むよりも比較的楽な気持ちで学習を進めやすいというメリットがあります。 特に法律や会計などの難しい分野の話になると、活字だけを読む勉強はどうしても負担がかかりやすいですが、動画での勉強は難しい内容も視覚的に頭に入りやすいです。 一方で、動画は一つ一つのコンテンツが少ない場合もあり、深い部分まで学習しにくい傾向があります。 特に実務的な点まで詳しく学習したい場合には、やはり本やWebサイトの専門的な記事で学習した方が効果的です。

セミナー

セミナーの大きなメリットは、講師から直接講義を聴くことができるという点です。 直接講義を聴くことは、独学で学習するよりも勉強内容が頭に入りやすい場合があります。 また、わからない点を質問することもできるので、疑問点を早い段階で解決し、学習を効率的に進めることも可能です。 一方で、セミナーの会場まで足を運ぶことになるので、ある程度の時間の確保は必要です。 また、セミナーの申し込み期間などにも注意しなくてはならず、全体的に時間と手間がかかりやすいです。 ある程度時間に余裕を持たせ、じっくり学習したいという方には向いていますが、忙しい方や遠方に住んでいる方にとっては、やはり負担は大きくなります。

専門家へ相談

M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなど、実務として日々M&Aに携わっている専門家への相談は、実務的で専門的な情報・知識を得るという点では大きなメリットがあります。 無料で相談できる会社もあるので、M&Aを行うかどうかの相談も含め、気軽に活用することができます。 また、M&Aは、当事者となる企業によって目的が異なるため、企業ごとに最適なスキーム・M&A戦略も変わってきます。 専門家なら、このような企業ごとの立場を理解しているので、各企業に合ったスキーム・ビジョンについて、実務的なアドバイスもしてくれます。 これは、M&Aというものを深く知るうえで大きなメリットとなります。

まとめ

M&Aの勉強方法は、本やWebサイトのほか、動画やセミナー、さらには専門家へ相談する場合など、様々な方法があります。
近年M&Aがより身近な存在となったこともあり、M&Aを学習できる環境も身近にそろいつつあります。
一方で、勉強方法にはそれぞれメリット・デメリット、注意点もあります。 これらの点も踏まえたうえで、自分に合った勉強方法により、効率的にM&Aの学習を進めることが大切です。 今回ご紹介したポイントも踏まえ、ぜひ最適な勉強方法でM&Aに対する理解を深めてみてください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら