2021年1月26日公開会社・事業を売る

M&A・買収後の社員モチベーションを保つには【注意点/対策方法】

M&Aの際に社員は大きな不安を感じることが多く、モチベーションの低下につながることがあります。そのため、M&A後円滑に統合プロセスを進めていくには、適切な対策が必要です。本記事では、M&A後に社員のモチベーションを保つための注意点や対策方法を解説します。

目次
  1. M&A・買収後に社員のモチベーションを保つには 
  2. M&A・買収後、社員のモチベーションに対する注意点
  3. M&A・買収後に社員もモチベーションを保つ対策方法
  4. M&A・買収後は人事制度の統合が必須
  5. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&A・買収後に社員のモチベーションを保つには 

M&A・買収後に社員のモチベーションを保つには

M&Aによる買収は社員にとって大きな変化であるため、適切に対処しなければ社員のモチベーションが下がり、さまざまな弊害が生まれる可能性があります。

M&Aを実施する前は、その後起こりうる変化にはどのようなものがあるのかを、よく検討しておく必要があります。

M&A・買収後に起こる社員のモチベーションの変化

M&A後の統合がうまくいけば、社員同士の一体感が生まれる、統合作業がスムーズに進む、社内ルールが違和感なく浸透する、システム統合がスムーズに進むなど、社員のモチベーションアップにつながる変化が起こります。

しかし、M&A後の統合がうまくいかなければ、意見が食い違って話が進まない、統合のための無駄な作業が増える、社内ルールの策定やシステム統合が進まない、などによって社員のモチベーションが下がってしまいます。

M&A後、社員のモチベーションが上がるかそれとも下がってしまうかは、社員個人個人の問題ではなく、経営陣が社員のモチベーションを上げるような環境を適切に作り出せるかどうかにかかっています。

もしM&A後に社員のモチベーションアップに失敗してしまうと、さまざまな弊害が生まれる可能性があります。

M&A・買収後に社員のモチベーション低下により起こること

M&A後に適切な環境作りができず、社員のモチベーションが下がってしまうと、以下のような弊害が生まれる可能性があります。

【M&A・買収後に社員のモチベーション低下により起こること】
  • 優秀な社員の離職が続く
  • 業務の非効率化
  • 社員同士の対立
  • 経営陣と社員の対立
  • 慣れたやり方を変えられない
  • 諦めの気持ちが出てくる
 
M&A後社員のモチベーションが下がることによって、優秀な社員の離職が続いてしまう可能性があり、もしキーマンとなる社員が抜けてしまうと想定していたシナジーが得られないなどの状況も考えられます。

また、社員のモチベーション低下によって、業務が非効率化する可能性もあります。そうなってしまうと、いくら業務効率を上げるための仕組みを作っても、機能しない組織になってしまいます。

そのほか、社員同士や経営陣と社員との対立が生まれる可能性もあります。一度対立が生まれてしまうと、修復には時間がかかり、事業運営にも影響が及びかねません。


なかなか統合が進まない様子をみて、経営陣が強引に統合を進めようとすれば、さらにモチベーションを低下させる可能性もあります。

M&Aによる社員のモチベーション低下を防ぐためには、戦略的に統合を進めていくことが大切です。

M&A・買収後に社員のモチベーションを保つことが最重要

M&A後に社員のモチベーションを保つためには、戦略的に施策を打つ必要があります。そのためには、以下のような手順で統合を進めていくとよいでしょう。

【M&A後に社員のモチベーションを保つためにすべき手順】

  1. 人材交流・面識・理解
  2. 業務プロセスの結合
  3. システム統合・ITシステム・人事・給与各種・体制の統合
  4. 文化融合・一体感を感じさせる

M&A後に社員のモチベーションを保つには、まず人材交流を通じて社員同士が面識と理解を深める必要があります。

M&A後の統合作業では人材交流が重要なカギともなります。人材交流がしっかりとできていれば、社員のモチベーションを下げることなく、業務プロセスやシステムを統合していくことができます。

人材交流や業務プロセス、システム統合を順番に実施することができたら、最後は文化融合を行います。

文化融合は目には見えにくいものであるため、統合が難しい要素です。だからこそ、他の統合要素をしっかりと終えた後に行う必要があります。

【関連】M&Aで従業員に迷惑をかけない説明方法!M&Aを公表するタイミングは?

M&A・買収後、社員のモチベーションに対する注意点

M&A・買収後、社員のモチベーションに対する注意点

M&A後に社員のモチベーションを保つには、どのような点を押さえておけばよいのでしょうか。この章では、M&A・買収後、社員のモチベーションに対する3つの注意点を解説します。

【M&A・買収後、社員のモチベーションに対する注意点】

  1. M&A・買収されたことに対してストレスを与えない
  2. 新しい経営者はきちんと説明をする
  3. 部署や待遇面に対して慎重に決める

1.M&A・買収されたことに対してストレスを与えない

M&Aによる変化は社員にとって大きなストレスともなり、それがモチベーションの低下につながります。

変化によるストレスを抑えながら統合を進めていくためには、急がず少しずつ変えていくことが大切です。

経営陣はなるべく早くM&Aの効果を得たいと考えるため、統合作業を急ぎがちになってしまいます。M&Aによって会社が混乱している様子をみれば、なおさら統合を焦って進めようと考えてしまうことでしょう。

しかし、焦って統合を進めてしまうと余計に混乱が大きくなる可能性もあります。統合作業には順番があり、すべての土台となる人材交流をしっかりと固めておかなければ、業務プロセスやシステムの統合などもうまくいかない可能性がでてきます。

まずは社員にストレスを与えないよう、人材交流ができる環境を作ってから確実に進めていくと効果的です。

2.新しい経営者はきちんと説明をする

M&Aに対して、社員は大きな不安を抱えています。頭ではM&Aの必要性やM&A後の変化を理解していたとしても、感情がついていかない社員も少なくありません。

そのため、経営陣はM&Aによる変化の魅力を丁寧に繰り返し伝えることが、社員のモチベーション低下を防ぐことにつながります。具体的には、以下の魅力をしっかり伝えるとよいでしょう。

【経営陣から社員に対して伝える内容】

  1. 待遇や諸条件の魅力
  2. 組織風土・人材の魅力
  3. 事業・仕事内容の魅力

多くの社員は、M&Aによって待遇や諸条件が悪くなるのではないかと不安を感じるため、経営陣はM&A後の待遇や諸条件の説明を丁寧に行う必要があります。

また、社員のモチベーションを保つ要素は待遇だけではありません。いくら待遇がよくても、組織の風土や仕事内容に納得がいかなければ、モチベーションは少しずつ下がってしまいます。

3.部署や待遇面に対して慎重に決める

社員の部署や待遇を決める際は効率を重視しがちですが、効率重視で半強制的に部署や待遇の決定を進めようとすると、さまざまな悪循環を生みかねません。

人事や待遇の決定に関しては、効率とモチベーションのバランスが重要です。効率とモチベーションのバランスを保ちながら決定していくには、社員をよく観察したうえで対話する必要があります。

どのようなことに興味があるのか、どのようなことに不安を感じているのかなどを、繰り返し丁寧にヒアリングすることが大切です。

【関連】M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&A・買収後に社員もモチベーションを保つ対策方法

M&A・買収後に社員もモチベーションを保つ対策方法

M&A後に社員のモチベーションを保つ対策方法にはどのようなものがあるのでしょうか。この章では、M&A・買収後に社員もモチベーションを保つ方法を5つ紹介します。

【M&A・買収後に社員もモチベーションを保つ対策方法】

  1. M&A・買収後、経営方針を伝える
  2. オフィスの移転や備品の交換など気分を変える 
  3. 新しい名刺やメールアドレスなどを与える 
  4. 新しい経営者との面談を行う
  5. 待遇の改善などを行う

1.M&A・買収後、経営方針を伝える

社員に経営者のビジョンを伝えることは、最初に行うべき重要なプロセスです。ビジョンを伝えなければ社員の共感を得ることはできず、一体感を生み出すことはできません。

ビジョンを伝える際は、わかりやすく魅力的に伝えることがポイントです。また、そのビジョンを達成するために、それぞれの社員が持つ役割がどれだけ重要かを感じてもらう必要があります。

社員が当事者意識を持てるようにビジョンを伝えることができれば、その後の統合プロセスもスムーズに進めやすくなります。

2.オフィスの移転や備品の交換など気分を変える 

精神的な面からモチベーションのアップを図る以外に、オフィスを移転したり備品の新調などによって、物理的に社員のモチベーションを上げること方法もあります。

精神論だけでなく、環境などの仕組みも整えていくことも効果的な方法です。ただし、何でもやればよいというわけではありません。

物理的な環境に手をつけ始める前にまず現場の状況をよくみて、社員の話をしっかり聞いたうえで変えていく必要があります。

3.新しい名刺やメールアドレスなどを与える 

社員に新しい名刺やメールアドレスを渡すことも、モチベーションを変えたり保ことにつながります。M&A後に名刺やメールアドレスがバラバラでは、意識の面での統一が難しい部分もあります。

物や環境を統一することで、社員同士の意識も統一されやすくなります。最近では、社員同士の交流を促すために、職場をフリーアドレスにするケースもみられます。

フリーアドレスにする場合はうまくいけば社員同士の交流が進みますが、交流する社員が偏ることで逆効果になることも考えられます。

新しい仕組みを取り入れる場合は、社員の意見も聞きながら慎重に検討していく必要があります。

4.新しい経営者との面談を行う

M&A後社員のモチベーションを保つために、経営者と面談の機会を設けることも効果的です。面談の機会は1回だけではなく、何度も繰り返すことでより効果が得られます。

最初のうちは社員の反応が悪く、思っていることを話してくれない可能性もありますが、こまめに面談の機会を設けることで、徐々に本音がみえるようになってきます。

社員から声をかけてくるのを待つのではなく、経営者から踏み込んでいくことが重要なポイントといえるでしょう。

面談という堅苦しい場だけでなく、普段からちょっとしたコミュニケーションのチャンスを作ることも大切です。

社員のなかには、経営者に考えを伝えるチャンスがあるというだけで安心する人も少なくありません。時間がかかる可能性はありますが、こまめに続けていくことで確実に効果がでてくる方法です。 

5.待遇の改善などを行う

待遇改善は、社員のモチベーションアップを考えた場合に1つのポイントになりますが、ただ待遇を改善すれば必ずモチベーションが上がるかといえば、そういうわけでもありません。

例えば、昇格がモチベーションにならない人もいれば、給与のアップよりも昇格がモチベーションになる人もいます。

モチベーションの源泉は人によって違い、ある人にとってはモチベーションアップにつながっても、ある人にとってはストレスの素になる可能性もあります。

また、給与と売上を連動させてモチベーションに繋げる方法もありますが、成果主義は会社が右肩上がりの時は効果がでやすいものの、会社が不調の時は逆に社員のストレスが大きくなりがちです。待遇を改善する際は、タイミングも重要です。

【関連】会社売却のその後「社員(従業員)・社長」はどうなる?

M&A・買収後は人事制度の統合が必須

M&A・買収後は人事制度の統合が必須

M&A後に社員のモチベーションを高めていくには適切な仕組み作りが重要であり、そのひとつに人事制度の統合があります。

人事制度の統合がうまくいかなければ社員のモチベーションを下げてしまうことになりかねないため、なるべくわかりやすくシンプルな人事制度にすることがポイントです。

また、M&A後に人事制度を構築していくのではなく、M&Aの初期段階からM&A後を考えて準備しておくことも必要であり、M&Aの専門家のサポート下で進めると効率的に行うことができます。

M&A総合研究所には豊富な経験を持つアドバイザーが在籍しており、さまざまな業種・規模のM&Aを迅速かつ丁寧にサポートいたします。

また、M&A総合研究所では完全成功報酬制の手数料体系となっているので、M&Aが成立するまで安心してお手続きを進めていただくことができます。

無料相談は随時受け付けておりますので、M&Aでお悩みの際は、M&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ 

まとめ

M&Aの際、社員は大きな不安を感じるため、M&A後にモチベーションが下がらないよう対策をしっかり立てておくことが大切です。

また、M&A後に社員のモチベーションを保つには、焦って統合を進めていくことはせず、時間をかけることも必要です。
 

【M&A・買収後に社員のモチベーション低下により起こること】
  • 優秀な社員の離職が続く
  • 業務の非効率化
  • 社員同士の対立
  • 経営陣と社員の対立
  • 慣れたやり方を変えられない
  • 諦めの気持ちが出てくる

【M&A・買収後に社員のモチベーションを保つためにすべきこと】
  1. 人材交流・面識・理解
  2. 業務プロセスの結合
  3. システム統合・ITシステム・人事・給与各種・体制の統合
  4. 文化融合・一体感を感じさせる

【M&A・買収後、社員のモチベーションに対する注意点】
  1. M&A・買収されたことに対してストレスを与えない
  2. 新しい経営者はきちんと説明をする
  3. 部署や待遇面に対して慎重に決める

【M&A・買収後に社員もモチベーションを保つ対策方法】
  1. M&A・買収後、経営方針を伝える
  2. オフィスの移転や備品の交換など気分を変える 
  3. 新しい名刺やメールアドレスなどを与える 
  4. 新しい経営者との面談を行う
  5. 待遇の改善などを行う

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

M&Aの公表タイミングはいつがベスト?社員を不安にさせない方法を紹介

M&Aの公表タイミングはいつがベスト?社員を不安にさせない方法を紹介

M&Aの事実を社員や取引先にいつ公表するかは、経営者を悩ませる問題です。公表タイミングを間違えると不安や反発が起こり、M&Aの失敗の要因となってしまいます。本記事ではM&Aのベストな公表タイミン...

M&A・買収後の社員モチベーションを保つには【注意点/対策方法】

M&A・買収後の社員モチベーションを保つには【注意点/対策方法】

M&Aの際に社員は大きな不安を感じることが多く、モチベーションの低下につながることがあります。そのため、M&A後円滑に統合プロセスを進めていくには、適切な対策が必要です。本記事では、M&A後に社...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)