新株予約権

新株予約権

新株予約権とは、将来的にあらかじめ定められていた価格(権利行使価格)で新株を取得できる権利を指します。 あらかじめ定められた価格よりも株式時価が高い場合、権利行使して売却すれば利益を得られる仕組みです。 第三者割当増資によるM&Aの際に、新株予約権が用いられるのが一般的です。 新株予約権を用いれば、段階的に相手企業の持ち株比率を高める事が可能です。 リスクを回避しながら相手企業を買収できる点が、新株予約権を用いたM&Aのメリットです。 M&Aを成功させる為には、権利行使価格を綿密に調整するのがポイントです。

関連記事

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続では、株価の変動や会社経営に影響を与える可能性がある点に注意すべきです。また、中小企業に見られる非上場株式の相続は、上場株式と比べて手続きが大変です。本記事では株式相続の流れをおさらいし...

株式交換の手続き

株式交換の手続き

株式交換の手続きでは、株式交換の契約や情報開示、株主総会などがあり、ケースによっては債権者保護手続きも必要です。さらに、反対株主や各種法律への対応もあります。また、手続きの際には新株式の割り当て...

ストックオプションでかかる税金

ストックオプションでかかる税金

ストックオプションとは、あらかじめ定められた価格で会社の株式を取得する権利であり、適格税制か非適格税制かによって、課税される税金が異なるなど、きちんとした知識を持つことが大切です。この記事では、...

会社合併の手続き

会社合併の手続き

会社合併の手続きには、合併契約の締結、各機関の承認、株主や債権者の利益保護、権利や義務の承継などがあります。また、新設合併ではそれに加えて、新しい会社の設立や登記申請なども必要となります。

事業再生ファンド

事業再生ファンド

事業再生ファンドとは、中小企業再生ファンドとも呼ばれる投資事業有限責任組合です。官民ファンドである事業再生ファンドは、経営が悪化している中小企業を再生させる名目で投資を含めた経営支援を行います。...

優先株

優先株

優先株とは種類株式の1つで、配当を優先的に受け取れるなど、ある特定の優先権が付いている株式です。今回は優先株の必要性やメリット・デメリット、配当の受取と分配方法、普通株に転換する際の注意点などを...

資本参加

資本参加

資本参加する企業は相手企業への出資によって関係を深め、自社の経営に何らかの寄与をもたらす効果を期待します。資本参加を受ける企業は、出資によって得た資金を事業に有効活用できます。しかし親子関係では...

自社株の売却

自社株の売却

自社株売却には大きく分けて2つの側面があります。1つには会社の運営を円滑に進める手立てとして、もう一方は会社の経営手法や体制を刷新する手段としてです。そこで自社株売却の方法とそれに伴うメリット、...

敵対的買収の防衛策

敵対的買収の防衛策

敵対的買収に対抗するには、あらかじめ買収防衛策を講じておくことが大切です。ただし実際に敵対的買収の防衛策を導入する場合には、株主から反発を受けるおそれがあるため注意が必要です。この記事では、敵対...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)