株式の持ち合い

株式の持ち合い

株式の持ち合いとは、複数の会社が互いに相手の発行済み株式を取得する手続きです。株式の持ち合いで所有している株式は、相互保有株式と呼ばれます。株式の持ち合いには、特別な契約は必要ありません。通常通りの株式と同様に、自由に売買が可能です。つまり、株式の持ち合いとは会社同士が任意でお互いの株式の購入している状態です。

関連記事

敵対的買収

敵対的買収

敵対的買収とは、相手方の企業の合意を得ないまま実行する買収を指します。不安定な株主構成、コア・コンピタンスを有する、株価が割安等の条件に当てはまる会社は、敵対的買収のターゲットとなりやすい傾向に...

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは、会社同士が双方の株式を保有している状態のことです。株式の持ち合いには、経営の安定・会社間の結束力強化・敵対的買収への対抗などの目的・メリットがあります。本記事では、株式の持ち...

M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

M&A手法は、資本の移動の有無・譲渡の範囲によってさまざまな種類に分けられます。M&A手法によって、特徴・活用場面・メリットやデメリットは異なるのです。M&Aをスムーズに...

資本業務提携とは?資本業務提携のメリット・デメリットをわかりやすく解説

資本業務提携とは?資本業務提携のメリット・デメリットをわかりやすく解説

資本業務提携は、業務提携よりも強力な関係が構築でき、経営資源の補填も叶えられる手法です。しかし、経営の自由度が低下するなどのデメリットもあるため注意が必要です。この記事では、資本業務提携のメリッ...

TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

TOBとは買収を目的に実施されるM&A手法の1種であり、友好的TOB・敵対的TOBの2種類があります。TOBは大規模な買収案件で用いるケースがほとんどですが、周囲に与える影響が大きいため...

株式の持ち合いとは?メリットやデメリット、解消方法や事例をわかりやすくご紹介

株式の持ち合いとは?メリットやデメリット、解消方法や事例をわかりやすくご紹介

株式の持ち合いは、複数の会社がお互いに相手の発行済み株式を取得する手続きです。持ち合いになっている株式のことは、相互保有株式・持ち合い株式などと呼ばれます。この記事では株式の持ち合いの定義・目的...

タクシー会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介

タクシー会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介

近年の法規制や最新技術に特に影響を受けているのがタクシー業界です。今後の不透明さに対し、M&Aや事業譲渡で再編を図るタクシー会社は増えております。この記事では、タクシー業界に焦点を当てた...

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aが活発に行われている中で、他社を子会社化したり、逆に規模の大きな会社の子会社になることは、会社経営の選択肢のひとつになっています。本記事では、M&Aで子会社化するメリット・...

M&Aとトラスト(企業合同)の違いを解説!合併やコングロマリットは?

M&Aとトラスト(企業合同)の違いを解説!合併やコングロマリットは?

M&Aとトラスト(企業合同)は会社経営という面で共通点がありますが、使い方や意味することは全く異なります。本記事では、M&Aとトラスト(企業合同)の違いを解説します。また、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)