種類株式

種類株式

種類株式とは、ある事項について異なる二種類の扱いを定めた株式のことです。 会社が種類株式を発行する為には、会社法に則ってその旨を定款に定める必要があります。 その為、種類株式の発行には特別決議を経なくてはいけません。 具体的には、議決権制限や譲渡制限、取得条項、剰余金の配当、残余財産の分配などについての種類株式を発行可能です。 ちなみに、複数の事項が組み合わさった種類株式を発行することも可能です。 種類株式の発行により、株主の多種多様なニーズに応じるのが可能となります。

関連記事

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは、他の種類株の基準となる株式のことです。普通株を所持していると、配当金の受け取り、残余財産の分配、議決権の獲得などの基本的な権利を行使できます。また、普通株の所持割合が高いほど経営の内...

優先株

優先株

優先株とは種類株式の1つで、配当を優先的に受け取れるなど、ある特定の優先権が付いている株式です。今回は優先株の必要性やメリット・デメリット、配当の受取と分配方法、普通株に転換する際の注意点などを...

敵対的買収の防衛策

敵対的買収の防衛策

敵対的買収に対抗するには、あらかじめ買収防衛策を講じておくことが大切です。ただし実際に敵対的買収の防衛策を導入する場合には、株主から反発を受けるおそれがあるため注意が必要です。この記事では、敵対...

株主間協定

株主間協定

株主間協定は、M&A実施時などに株主の間で結ばれる協定です。対象となる会社の今後の方針・取締役や監査の選任や解任などが事前に取り決められます。株主総会を開く手間や時間を削減できますが、基本的に法...

買収防衛策

買収防衛策

買収防衛策とは、敵対的買収に対して、経営陣の支配権を防衛する目的で実施する対策です。買収防衛策は強い効力を持ちますが、株主の利益が損なわれるおそれがあるため、廃止を進める傾向も見られます。導入す...

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議では、株主総会の中でも、比較的に重要な事項を決定します。特別決議では、会社の基盤要素の変更、新株発行、株主の地位変更、株主の損得事項、経営陣の変更などに関して決定します。

買収が株価に与える影響

買収が株価に与える影響

上場企業が買収を行う時、あるいは上場企業が買収を受ける時、どちらの場合も株式市場での株価に影響が出ます。買収にまつわる様々な事象によって株価が変動する可能性があることから、事象ごとに株価変動の傾...

合併の手続きについて解説します

合併の手続きについて解説します

合併の手続きは、吸収合併・新設合併など合併の種類により異なっています。また簡易合併のように、手続きを簡略化できる方法も存在します。合併の手続きを実施するときは、予期せぬトラブルを引き継いでしまっ...

会社清算とは?費用や流れ、会社清算の種類をわかりやすく解説

会社清算とは?費用や流れ、会社清算の種類をわかりやすく解説

会社の清算とは、会社の解散後に会社の財産を換金する手続きです。会社の清算には、通常・特別・任意の計3種類があります。会社の清算時には、清算人としての義務を全うすることや、清算形式が変化する可能性...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)