2020年5月8日公開会社・事業を売る

M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所のM&Aサポートの特徴の1つに「超高速M&A」があります。この特徴はフォーブスでも大きく取り上げられ、M&A業界でも注目を集めています。本記事では、フォーブスで語ったM&A総合研究所が掲げるM&Aのスピード化について紹介します。

目次
  1. M&A総合研究所とは
  2. M&A総合研究所の代表略歴
  3. フォーブスで語られたM&A総合研究所が掲げるM&Aのスピード化とは
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所とは

出典:https://pixabay.com/ja/

M&A総合研究所は、2018年設立の勢いのあるスタートアップM&A仲介会社です。M&A経験の豊富なメンバーで構成されており、独自のネットワークや経験を活用したM&Aフルサポートが特徴となっています。

M&Aサポートについてはいくつかの特徴がありますが、今回フォーブスの記事で取り上げられたのは、「M&Aのスピード化」です。

必要な工程が多岐に渡るM&Aにおいて、時間短縮を実現したら依頼者に対してどれほどのメリットをもたらすことができるのか、という内容をフォーブスの記事で語っています。フォーブス記事の詳細は後半で取り上げています。

この章ではまず、M&A仲介会社の定義やM&A総合研究所が相談先に選ばれる理由を解説します。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、M&Aの売り手と買い手の仲介に入り、成約までのサポートを行う専門家のことを指します。

基本的に、客観的な立場から友好的M&Aの実現を目指す「仲介型」が大半を占めています。双方が求める条件のすり合わせを行い、M&Aの関係者が納得できる内容へと落ち着かせます。

一方の「アドバイザリー型」は、主観的な立場から依頼者の利益の最大化を図るタイプとなります。M&Aの目的や条件を達成しやすい反面、手数料の負担が大きくなってしまう特徴があります。

このように、M&A仲介会社は2つのタイプに分けられますが、M&A総合研究所は「仲介型」のM&Aサポートを提供しています。

【関連】M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

M&A仲介会社の役割

M&A仲介会社の役割は、M&A仲介全般のサポートです。M&Aの取引先の選定・交渉を始め、事務手続きや契約書の作成まで、包括的なサポートを行います。

この包括的なサポートを可能とするのは、各分野の専門家です。幅広い分野の専門家が在籍していることで、ワンストップでM&Aを完結させ、依頼者の手間と費用を最小限まで抑えています。

また、必要に応じて提携先の士業事務所へ協力依頼を出すこともあります。案件の状況に応じて柔軟な対応を見せることができる点もM&A仲介会社の大きな強みの1つです。

M&A総合研究所が選ばれる理由

M&A総合研究所は、「M&A仲介会社のブランド認知度に関する調査」における「月間相談数」「仲介手数料」「相談したい会社」の全ての実績で1位を獲得しています。

2019年の相談件数は1,600件を超えており、数多くの経営者の方から相談先に選ばれています。このようにM&A総合研究所が選ばれ続ける理由は以下のものが挙げられます。

【M&A総合研究所が選ばれる理由】

  1. M&A業界最安値水準の料金体系
  2. 要望に沿ったM&A・事業承継の実現
  3. 成約までのスピード
  4. 経験豊富な専門家による徹底サポート

1.M&A業界最安値水準の料金体系

M&A総合研究所の料金体系は完全成功報酬制を採用しています。成約まで手数料が発生しないため、金銭的負担を大幅に抑えられる料金体系です。

成功報酬の算出には、一般的なレーマン方式を採用しており、その際の基準価格は「譲渡価格」です。あらゆる要素において最安値水準をキープしています。

【関連】M&Aにおける仲介手数料とは?相場やランキング、仲介手数料の種類を解説

2.要望に沿ったM&A・事業承継の実現

M&A総合研究所は、強引に成約させることはしていません。あくまで客観的な立場を貫いており、売り手と買い手の双方が納得できるまで交渉を続けます。

会社や事業の魅力を伝えやすくする資料作成や経験を活かした交渉術によって、目的・条件を満たした友好的M&Aを実現させています。

3.成約までのスピード

通常のM&Aの成約速度は平均11ヶ月と言われています。必要な工程は多岐に渡るため、やむを得ないことですが、成約まで時間がかかりすぎると会社の状況や業界動向が変化してしまい、M&Aに悪影響が出てしまう恐れがあります。

こうしたリスクを回避するために、M&A総合研究所は独自のネットワークとマッチングシステムを活用した迅速なマッチングを提供しています。

取引先を最短1週間で見つけることも可能としており、平均3ヶ月~6ヶ月の成約を実現しています。

4.経験豊富な専門家による徹底サポート

M&Aの成否は担当の能力に大きく依存します。M&A経験がない新人だったり、M&Aに関する知識が欠如していたりするアドバイザーが担当についてしまうと満足な結果が得られなくなる可能性が高くなります。

M&A総合研究所では、経験豊富なM&Aアドバイザー・公認会計士・弁護士の3名のフルサポート体制を用意しています。

幅広い分野を網羅している専門家による相談から成約まで責任を持ったサポートを受けられます。

M&A総合研究所の代表略歴

M&A総合研究所の代表略歴

M&A総合研究所の代表略歴

出典:https://pixabay.com/ja/

M&A総合研究所のM&Aサポートは、代表のM&Aに対する想いが大きく反映されています。この章では、代表の略歴を見ていくことでM&Aとの出会いを見ていきましょう。

代表者の略歴

神戸大学卒業後、国内大手のIT企業でプロダクト開発を担当します。

約2年半勤めた頃、独立を考えているところに、同じく起業を考えている学生時代の友人との再会を果たしたことをきっかけに、IT(通販メディア)企業を設立します。

業績を順調に伸ばし、わずか1年あまりで上場企業からM&Aを持ちかけられます。71%の株式を売却して上場企業のグループ傘下入りを果たすことになります。

その後、グループの経営資源を活用した経営戦略によって営業利益は拡大していきます。1年ほど経った頃、残りの株を売却して代表を退任、これまでの経験を活かしてM&A総合研究所の創業へと至ります。

M&Aとの出会い

M&A総合研究所の代表のM&Aとの出会いは、自身が創業したIT企業の譲渡です。

創業から順調に業績を伸ばしており、さらなる成長を求めて上場企業への譲渡を決断しますが、当時はM&Aに関する知識もなく、M&A仲介会社にサポートを依頼することになります。

結果的にM&Aは成約となりましたが、M&A業界が抱えるM&A速度や料金体系等の課題と直面することとなり、その経験はM&A総合研究所のM&Aサポートにも強く反映されることになります。

フォーブスで語られたM&A総合研究所が掲げるM&Aのスピード化とは

フォーブスで語られたM&A総合研究所が掲げるM&Aのスピード化とは

フォーブスで語られたM&A総合研究所が掲げるM&Aのスピード化とは

出典:https://pixabay.com/ja/

フォーブスにてM&A総合研究所の記事が掲載されました。フォーブスは日本版を含めて32の国際版を有する世界的な経済誌です。

記事では、M&A総合研究所の代表が自身の経験を通してM&Aに対して抱いた想いや企業を救うM&Aの在り方を語っています。

この章では、フォーブスで語られた「M&Aのスピード化」や「ハイブリッドマッチング」について見ていきましょう。

M&Aは早いほどいいと感じた実体験

M&A総合研究所の代表がM&Aのスピードにこだわる理由は、実体験からきていることをフォーブスの記事で語っています。

大学卒業後、2年のシステム開発を経て、24歳で独立を果たします。創業したIT企業は業績が順調で上場企業よりM&Aを持ちかけられ、譲渡を決意します。

この時、依頼したM&A仲介会社の進行に遅れが生じたことで、設備投資等の経営上の判断ができずに多大なストレスを抱えたことを語っています。

この実体験から「M&Aのスピードは早ければ早い方がいい」という考えが定着したことで、M&A総合研究所のM&Aサポートにおいても速度を重視しています。

M&A総合研究所が提供するハイブリッドマッチングとは

フォーブスで語ったハイブリッドマッチングとは、AIと経験のハイブリッドのことを指します。

M&A経験の豊富なアドバイザーのサポートはM&Aを進行する上で欠かせないものですが、担当のアドバイザーによってサポートの質にばらつきが生じる問題も抱えています。

優秀なアドバイザーとそうでないアドバイザーによって安定したM&Aサポートを提供できないという問題です。

これを解決するのがAIによる案件管理です。M&A関連の膨大な情報をデータベース化して効率的に管理することで、条件に合わせた案件の自動的な抽出を可能とします。

日々のM&A業務をこなす度にデータベースの精度は上がっていくため、同時にマッチング精度も向上するという仕組みです。

【関連】M&Aに欠かせないマッチング

まとめ

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

フォーブスに取り上げられたM&A総合研究所の記事内容や代表の略歴について見てきました。

M&A総合研究所のM&Aサポートは代表の経験に基づいて構成されており、代表のM&Aに対する想いが節々に散りばめられていました。

特にM&Aのスピードに対する想いは人一倍強く、フォーブスの記事掲載後も日々M&A業務に取り組みを見せています。

【M&A総合研究所が選ばれる理由】

  1. M&A業界最安値水準の料金体系
  2. 要望に沿ったM&A・事業承継の実現
  3. 成約までのスピード
  4. 経験豊富な専門家による徹底サポート
M&A総合研究所のM&Aサポートは、代表自身が辛い経験をしてきたからこそ成り立っています。

会社の経営に悩みを抱えている方やM&Aを検討されている方はぜひ、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所は、代表と志を同じくするM&A経験が豊富なメンバーが充実しています。経営者の視点に立った親身なM&AサポートによってM&Aの成功率向上に大きく貢献します。

無料相談は24時間お受けしています。ご連絡をお待ちしています。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

株式・事業を譲り渡して売却益をえるのが会社売却です。当記事は会社売却の簡単な解説をはじめ、会社売却にかかる税金の内訳や、税金を払う時機、節税策、節税につなげられるスキームの特徴のほか、お薦めする...

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

M&Aにおける営業権とは、M&A価格と対象企業の純資産の差額のことです。一般的にはのれんと同じ意味で使用されていますが、実際には考え方に違いがあります。本記事では、営業権の定義やのれんとの違い、...

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

「TMK(特定目的会社)」や「SPC(特別目的会社)」という言葉を聞くことがありますが、これらは分かりにくい部分がある用語です。この記事では、TMK(特定目的会社)とは何か、SPC(特別目的会社...

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)