2020年6月30日更新会社・事業を売る

M&A総合研究所の設立は2018年!主な事業および事業内容を紹介

M&A総合研究所は平成30年に設立されたM&A仲介会社で、経営者目線の親身なサポートが特徴です。事業内容もM&A仲介以外に、M&AプラットフォームやM&Aメディアなど幅広く展開しています。この記事では、M&A総合研究所が設立された経緯や事業内容を紹介します。

目次
  1. M&A総合研究所とは
  2. M&A総合研究所の設立は2018年
  3. M&A総合研究所の主な事業と事業内容
  4. M&A総合研究所が展開するサービス
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所は、会社を売買する「M&A」の仲介などを事業内容とするM&A仲介会社で、2018年の設立以来、顧客満足度の高いサービスを提供しています

数あるM&A仲介会社の中でも独自の強みを多く持っており、設立からまだ2年ほどですが順調に業績を伸ばしています。M&A総合研究所が設立以来掲げている理念や、主な事業内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずこの章では、M&A総合研究所が設立以来採用している完全成功報酬制の手数料体系、および事業内容における4つの特徴について解説します。

完全成功報酬制のM&A仲介会社

M&A総合研究所は、設立以来一貫して完全成功報酬制を採用しています。完全成功報酬制とは、成功報酬以外の手数料が全て無料の料金体系のことです。

成功報酬以外は無料ということは、成約しなければ料金が一切かからないので、成約しなかったのに手数料だけとられる心配がありません。

M&A総合研究所の成功報酬は、レーマン方式というシステムを採用しています。レーマン方式とは、取引金額が大きくなるほど手数料率が下がるシステムで、成功報酬の料金体系として最も一般的なものです。

下の表は、M&A仲介会社の主な手数料と、M&A総合研究所が採用している標準的なレーマン方式の手数料率です。

レーマン方式の計算方法はやや特殊ですが、例えば取引金額が8億円の場合は、5億円×5%+3億円×4%=2,500万円+1,200万円=3,700万円となります。

【M&A仲介会社の主な手数料】

手数料の種類 発生するタイミング 一般的な手数料 M&A総合研究所の手数料
相談料 初期相談時 数万円程度 無料
着手金 アドバイザリー契約締結時 数十万円から100万円程度 無料
中間報酬 基本合意時 成功報酬の10%程度 無料
月額報酬 毎月 数十万円程度 無料
成功報酬 最終契約締結時 レーマン方式 レーマン方式

【レーマン方式の手数料率】
取引金額 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超から10億円以下の部分 4%
10億円超から50億円以下の部分 3%
50億円超から100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

【関連】M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&A総合研究所の特徴

M&A総合研究所は、M&Aのスピード成約・会計士専任のフルサポート・業界最安水準のM&A仲介手数料・独自AIシステムによる優れたマッチング制度といった特徴を、設立以来の強みとしています。

この章では、M&A総合研究所が設立以来の強みとしている、これらの特徴について解説します。

【M&A総合研究所の特徴】

  1. M&Aのスピード成約
  2. 会計士専任のフルサポート
  3. 業界最安水準のM&A仲介手数料
  4. 独自AIシステムによる優れたマッチング制度

1.M&Aのスピード成約

M&A総合研究所は、成約までのスピードの早さを設立以来の強みとしています。

一般的なM&A仲介会社では成約までに平均10か月から11か月ほどかかりますが、M&A総合研究所では手続きの進め方の無駄を省き、成約まで平均3か月から6か月というスピードを実現しています

M&A総合研究所が設立以来、成約までのスピードにこだわっているのには理由があります。

M&Aというのは業界動向の把握が重要で、動向を読んだうえで最適な時期に売却する必要がありますが、仲介業務に手間がかかると、その間に業界動向が変化してM&Aに悪影響が出る恐れがあります。

スピードを重視して事業を行うM&A仲介会社に対して、サービスが雑になる印象を持つ方もいるかもしれませんが、最適なM&Aを行うためにこそスピードを重視する必要があるといえます

【関連】M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

2.会計士専任のフルサポート

M&A総合研究所では専任の公認会計士が在籍しており、一つ一つの案件に対してクロージングまで親身になってフルサポートするのが特徴となっています。

M&A仲介業務では売買する会社の経営状態を正しく把握する必要があり、そのためには財務諸表の理解を始めとする、会計の専門知識と経験が必須です。

そのためM&A総合研究所では、各案件に対して専任の公認会計士がつき、会計や財務に対して質の高いサービスを提供する体制を整えています

3.業界最安水準のM&A仲介手数料

M&A仲介会社を選ぶ基準は人それぞれですが、手数料は誰もが重要視するポイントです。M&A総合研究所では設立以来、一貫して相談料・着手金・中間報酬・月額報酬無料の完全成功報酬制を採用しています

成功報酬の料率はレーマン方式を採用していますが、同じレーマン方式でも、取引価格に負債を含めるかどうかで手数料が変わってきます。M&A総合研究所では、譲渡企業の手数料は負債を除いて算定することで、業界最安値水準の手数料を実現しています。

4.独自AIシステムによる優れたマッチング制度

M&A総合研究所では、独自AIを使ったマッチングシステムを、主要な事業内容の一つとしています。M&Aではいかにニーズの合う売買相手を見つけられるかが勝負なので、マッチングシステムのクオリティはサービスの質を大きく左右します。

M&A総合研究所のマッチングシステムは、各業種から常に豊富な案件情報を取り入れ、早ければお問い合わせした当日から交渉に入れるケースもあります。案件情報はネット上で公開しており、自由に検索してどのような案件があるか調べられるようになっています。

M&A総合研究所の設立は2018年

M&A総合研究所の設立は2018年

M&A総合研究所の設立は2018年

出典:https://pixabay.com/ja/

M&A総合研究所の設立は2018年で、M&A仲介会社の中では新しい部類に入ります。この章では、M&A総合研究所が設立されるまでの流れや、M&A総合研究所の代表が考える理想のM&Aについて解説します。

M&A総合研究所が設立されるまでの流れ

M&A総合研究所の代表は、かつて自身が設立した会社をM&Aで売却した経験があります。その際にM&A仲介会社を利用したのですが、そこで予定通りに手続きが進まない不安や焦りを経験し、M&Aはスピードが大切であることを実感します

また、その時にサポートを受けたM&A仲介会社のサービスに様々な不満や疑問を感じたことから、経営者の気持ちに寄り添うM&A仲介サービスを提供すべく、自らM&A仲介会社を立ち上げるに至りました。

M&A総合研究所の代表が考える理想のM&Aとは

M&A総合研究所の代表やコンサルタントの多くは、過去に自ら会社を設立して売却した経験を持っています。そのため、会社を手放す不安や辛さは身に染みて分かっており、売り主の気持ちに寄り添うことを理想のM&Aとして掲げています。

また、成約していないのに料金がかかる手数料体系、担当者による提案内容のばらつきといった、仲介事業内容の問題を是正し、真のメリットを享受できることも理想としています。

【関連】M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所の主な事業と事業内容

主な事業と事業内容

M&A総合研究所の主な事業と事業内容

出典:https://unsplash.com/

M&A総合研究所は2018年の設立以来、M&Aプラットフォーム事業・M&A仲介事業・M&Aメディア事業の3つを主な事業内容としています。この章では、設立から最も力を入れている、これら3つの事業内容について解説していきます。

【M&A総合研究所の主な事業と事業内容】

  1. M&Aプラットフォーム事業
  2. M&A仲介事業
  3. M&Aメディア事業

M&Aプラットフォーム事業

M&A総合研究所では、独自のM&Aマッチングプラットフォームを、設立以来主要な事業内容と位置付けています。マッチングプラットフォームは、ネット上で誰でもアクセスして案件を検索できるのが特徴です。

地域・売上・業種による絞り込み検索機能キーワード検索機能などを搭載しており、誰でも簡単に自分のニーズに合った売買先を探すことができます。買収ニーズの登録もネット上から可能で、登録後約1週間から2週間で約5,6件の売り案件を紹介することができます。

M&A・事業承継案件一覧 | M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所

M&A仲介事業

M&A仲介事業は、M&A総合研究所の最も主要な事業内容となっています。M&A仲介事業とは、売り手と買い手の中間的な立場に立ち、両者の意見を聞きながらお互いが納得できる成約をサポートすることです。

似た事業内容に「M&Aアドバイザリー」というものがありますが、こちらはアドバイザーが売り手・買い手どちらか一方の立場に立ってサポートする事業で、中間的な立場に立つM&A仲介とは事業内容が異なっています。

M&Aメディア事業

M&A総合研究所ではM&Aについての知識を広めるために、M&Aに関するメディア展開も行っており、設立以来重要な事業内容と位置付けています。

【M&A総合研究所のM&AメディアURL】

  1. M&A総合研究所ポータル:https://masouken.com/posts
  2. M&A総合研究所マガジン:https://mastory.jp/
  3. 事業承継総研:https://shokei-souken.com/
  4. M&A比較ナビ:https://ma-navi.info/

M&A総合研究所が展開するサービス

M&A総合研究所が展開するサービス

M&A総合研究所が展開するサービス

出典:https://unsplash.com/

M&A総合研究所が設立以来展開するサービスには、企業価値算定・セカンドオピニオンサービスがあります。この章ではこれらの事業内容について解説していきます。

【M&A総合研究所が展開するサービス】

  1. 企業価値算定
  2. セカンドオピニオンサービス

企業価値算定

市場株価から時価総額を求めることができない非上場企業では、企業価値算定をうまく行うことが重要になります。M&Aでは、企業価値算定で適切な売却価格帯を見積もったうえで、具体的な価格を買い手・売り手の交渉により詰めていきます。

M&A総合研究所でも、企業価値算定は重要な事業内容の一つとしており、設立以来力を入れて運営しています。実際の仲介事業ではスタッフによる詳細な事業価値算定を行いますが、それに加えて、ネット上で簡単に算定ができるサービスも提供しています

ネット上の簡易算定では、業種や売上高などいくつかの項目を入力することで、大まかな企業価値算定を行うことができます。

【関連】企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう
企業価値算定 | M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所

セカンドオピニオンサービス

M&A仲介の業務内容は仲介会社によってばらつきがあり、どの仲介会社を選ぶかによって提案内容が変わってくることもあります。

中にはM&Aの知識がない経営者を騙す悪徳な仲介会社もあるといわれており、経営者側としても適切な防衛策をとっておく必要があります。また、決して悪徳な仲介会社ではなくても、こちらの要望をきちんと聞いてもらえない仲介会社を選んでしまう可能性もあります。

こういったリスクに対する防衛策としては、セカンドオピニオンを立てるのが非常に有効です。2つのM&A仲介会社から意見を聞くことで、より客観的な判断が可能となります。

M&A総合研究所では、セカンドオピニオンサービスを無料で行っており、妥当な企業価値や評判のいい仲介会社など、M&Aを検討する経営者様に有益な情報を提供しています。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

出典:https://unsplash.com/

M&A総合研究所は多くの強みと特徴を持ち、代表自ら経営者としてM&Aを行った経験から、経営者目線でのサービスを提供できる仲介会社です。業界最安値水準の手数料で、スピード感のあるM&Aを実行できるのも強みです。

【M&A仲介会社の主な手数料】

手数料の種類 発生するタイミング 一般的な手数料 M&A総合研究所の手数料
相談料 初期相談時 数万円程度 無料
着手金 アドバイザリー契約締結時 数十万円から100万円程度 無料
中間報酬 基本合意時 成功報酬の10%程度 無料
月額報酬 毎月 数十万円程度 無料
成功報酬 最終契約締結時 レーマン方式 レーマン方式

【レーマン方式の手数料率】
取引金額 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超から10億円以下の部分 4%
10億円超から50億円以下の部分 3%
50億円超から100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

【M&A総合研究所の特徴】
  1. M&Aのスピード成約
  2. 会計士専任のフルサポート
  3. 業界最安水準のM&A仲介手数料
  4. 独自AIシステムによる優れたマッチング制度
【M&A総合研究所の主な事業と事業内容】
  1. M&Aプラットフォーム事業
  2. M&A仲介事業
  3. M&Aメディア事業
【M&A総合研究所のM&AメディアURL】
  1. M&A総合研究所ポータル:https://masouken.com/posts
  2. M&A総合研究所マガジン:https://mastory.jp/
  3. 事業承継総研:https://shokei-souken.com/
  4. M&A比較ナビ:https://ma-navi.info/
【M&A総合研究所が展開するサービス】
  1. 企業価値算定
  2. セカンドオピニオンサービス

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)