2020年5月8日公開会社・事業を売る

M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所は、M&A仲介会社として様々なメディアに取り上げられています。日経記事にも取り上げられ、事業内容について語っています。本記事では、日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容を始め、代表の略歴やM&A実績を紹介します。

目次
  1. M&A総合研究所とは
  2. M&A総合研究所【代表者の経歴】
  3. 日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容
  4. M&A総合研究所の実績紹介
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所とは

M&A総合研究所とは

出典:https://pixabay.com/ja/

M&A総合研究所は、完全成功報酬制のM&A仲介会社です。公認会計士や大手金融機関の出身メンバーで構成されており、2018年の創業から現在までに数多くのM&Aを成約へと導いています。

スタートアップとして急成長を遂げる中、様々なメディアにも取り上げられています。日経記事にも取り上げられており、M&A業界でも注目を集めているM&A仲介会社です。

この章では、M&A仲介会社の定義やM&A総合研究所の特徴について解説します。日経記事の内容については記事後半で取り上げています。

M&A仲介会社とは

M&A仲介とは、M&Aの売り手と買い手の仲介に入り、成約へと導くサポートのことを言います。M&A仲介は各プロセスで専門性の高い知識・スキルを求められるため、M&Aの専門家でなければ務まりません。

このような専門家が複数在籍している企業がM&A仲介会社です。各分野の専門家が各プロセスを担当することで相談から成約までの一貫したサポート体制を築いているM&Aの専門家となっています。

【関連】中小企業のM&A仲介会社、案件の探し方とは?成功・失敗事例や注意点を解説

M&A仲介会社の役割

M&A仲介会社の役割は、M&Aの売り手と買い手の仲介です。最大の特徴は「客観的」なサポートにあります。

仮にM&Aを当事者間で進めようとすると、様々なトラブルが想定されます。双方の主張が主観的になることで意見がぶつかり合ったり、専門性が足りないことで契約書に不備があったりと、スムーズな進行は極めて困難です。

そこで、専門性の高いM&A仲介会社が客観的な立場から仲介に入ることで、条件のすり合わせを行い、双方が納得できる交渉内容へと着地させます。他にも事務手続きや契約書作成の代行も委任できるので安心して進行を任せられます。

M&A総合研究所が掲げる3つの軸とは

M&A総合研究所は、ある3つの軸を中心に事業に取り組んでいます。M&A総合研究所の高成約率を裏付けるものでもありますので、順番に見ていきましょう。

【M&A総合研究所が掲げる3つの軸】

  1. 完全成功報酬制
  2. 最新技術を活用した高精度マッチング
  3. 経験豊富なアドバイザーのサポート

1.完全成功報酬制

完全成功報酬制とは、成約まで一切の手数料が発生しない料金体系のことです。

通常のM&A仲介では、着手金・中間金等の手数料が発生して依頼者の金銭的負担が大きくなってしまう問題があります。

M&A総合研究所では、M&Aを気軽に相談することができない実状をM&A業界全体の課題と捉え、完全成功報酬制を導入しています。

【関連】会社売却の手数料の相場やかかる費用を徹底解説!

2.最新技術を活用した高精度マッチング

M&A総合研究所は、M&Aマッチングプラットフォームを運営しています。そちらの業務で蓄積される膨大なM&A関連のデータをビッグデータやAI技術を活用して効率的に管理しています。

管理されたデータはM&Aのマッチングに活用され、理想的な取引相手の選定とスピーディー成約を実現させています。

3.経験豊富なアドバイザーのサポート

M&A総合研究所のM&Aサポートで直接携わるアドバイザーは、M&Aの経験が豊富な専門家で構成されています。

実際にM&Aによる会社売却を経験しているメンバーや30件以上のM&A仲介経験を持つメンバー等、M&Aを熟知しているメンバーによる徹底支援が特徴的です。

M&A総合研究所【代表者の経歴】

M&A総合研究所【代表者の経歴】

M&A総合研究所【代表者の経歴】

出典:https://pixabay.com/ja/

M&A総合研究所は代表を中心に日々のM&A業務に取り組んでいます。この章では、日経記事で取り上げられているM&A総合研究所の代表者・佐上峻作の略歴について紹介します。

代表者の略歴

神戸大学卒業後、国内大手のIT会社のシステム開発を担当します。

16年4月、20代~30代の女性を対象にした通販メディア会社を創業します。業績を順調に伸ばし、17年3月に上場企業に株の71%を売却、上場企業子会社の代表を努めます。

M&Aに関する経験もしており、2社の株式買収や6事業の買収の実績も持っています。これらの経験を活かして、18年末に株式会社M&A総合研究所の創業へと至ります。

M&Aに携わったきっかけは

M&A総合研究所の代表者が初めてM&Aに携わったのは、自身が立ち上げた通販メディア「Pinky」の譲渡であることを日経記事で明かしています。

本件の譲渡先であるベクトルの知り合いと食事に行った際、ふとしたことでPinkyの話に発展し、ベクトルの経営陣がPinkyの事業に興味があることを伝えられます。

現在の事業がIPOできるほど成長するとは考えていなかったこともあり、次のチャレンジに向けて譲渡を決意しました。

71%の株を6億7600万円で譲渡し、ベクトルの子会社として信用力を獲得して事業規模の拡大にも成功します。初のM&Aは大成功に終わります。

M&A総合研究所立ち上げの理由

M&A総合研究所立ち上げの理由は、自身の会社の譲渡の際にM&A仲介会社との接点を持つ中で浮き彫りになった問題点にあります。

M&A仲介会社に支払う高額の手数料や担当するアドバイザーへの依存度が非常に大きい点など、M&A業界全体が抱えている課題を是正するべく、M&A総合研究所の創業へと至りました。

日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容

日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容

日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容

出典:https://pixabay.com/ja/

M&A総合研究所の日経記事は、代表者の略歴を中心にM&A総合研究所の設立までの起業経験やM&A経験について掲載されており、経営者としての知見を広げていることが伺えます。

起業に際して資金調達に努めていたころの経験も語っており、VCから「お前に投資するわけない」という厳しい言葉を浴びせられたことも明かしています。

こうした辛い経験は経営者としての視座を高めることにも繋がり、同じような悩みを抱える経営者や起業家に対する支援に役立てていきたいと日経記事を締めくくっています。

M&A総合研究所の実績紹介

M&A総合研究所の実績紹介

M&A総合研究所の実績紹介

出典:https://pixabay.com/ja/

日経記事に取り上げられているM&A総合研究所は創業以来、数々のM&Aを成約へと導いています。この章では、その実績の一部をピックアップして紹介します。

1.飲食業の事業承継

売上20億円と順調に業績を伸ばしており、まだまだ現役と考えていたところ、体調を崩して入院したことをきっかけに状況が一変します。

後継者は不在だったため、M&Aによる事業承継の検討を始めます。M&A総合研究所のネットワークを活用したスピーディーな進行によってわずか4ヶ月で成約となり、希望の売却益の獲得と事業の存続を両立しました。
 

業種 飲食業
売上 20億円
代表者の年齢 68歳
譲渡理由 後継者不在

2.IT企業の株式譲渡

創業から3年のIT企業の株式譲渡実績です。株式譲渡の目的は、事業シナジーの創出による事業規模の拡大としています。

こちらの経営者は、他のM&A仲介会社にM&Aサポートを依頼していましたが、一向に進展が見られないことに悩みを抱えていました。

その中でM&A総合研究所が依頼を受け、M&A経験やネットワークを活かして1週間で買い手の選定を完了し、その後スムーズな進行によって成約へと導きました。
 

業種 IT
売上 非公開
代表者の年齢 29歳
譲渡理由 事業シナジー

3.ベンチャー企業の株式譲渡

こちらの事例は、ベンチャー企業の経営者が事業展開に際して資金調達とM&Aで悩んでいたところ、VC経由でM&A総合研究所を知ったことが発端です。

ベンチャー系のコネクションを活用した選定によって、シナジー効果の高い同業種の買い手を見つけ出し、適切な交渉で成約へと導きました。売却額も希望額以上となり、大成功に終わった株式譲渡事例です。
 

業種 フィンテックITベンチャー
売上 非公開
代表者の年齢 28歳
譲渡理由 傘下に入ることでの事業拡大

【関連】M&A実績の豊富な仲介会社

まとめ

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで、M&A総合研究所の日経記事内容や代表の略歴、M&A実績を見てきました。

日経記事は代表者の略歴が分かる内容となっており、M&A総合研究所やM&Aに対する想いが込められている内容となっています。

日経に掲載されてからもM&A業務に真摯な取り組みを見せています。自身の会社の譲渡経験もあることで、経営者の視点に立ったM&Aサポートも実現しており、数多くのM&Aを成約へと導いています。

【M&A総合研究所が掲げる3つの軸】

  1. 完全成功報酬制
  2. 最新技術を活用した高精度マッチング
  3. 経験豊富なアドバイザーのサポート
近年はM&Aが経営戦略として活用されることが多くなっており、いつ会社や自分がM&Aに関わることになるか分かりません。

その際はぜひ、M&A総合研究所にご相談ください。

代表を始めとしたM&Aの経験豊富なメンバーが、相談から成約まで一貫したサポートを行います。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。依頼者にとって負担になりやすい着手金や中間金は一切かかりませんので安心してご相談いただけます。

無料相談は24時間お受けしていますので、M&A総合研究所までお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)