2020年3月13日公開会社・事業を売る

MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aが得意?

MAC(マック)アドバイザリーは、調剤薬局に特化したM&A仲介会社です。医薬業界における強固なネットワークを確立し、調剤薬局のM&Aをサポートしています。本記事では、MAC(マック)アドバイザリーの特徴や業務内容を解説します。

目次
  1. MAC(マック)アドバイザリーとは
  2. MAC(マック)アドバイザリーが調剤薬局のM&Aを得意とする理由
  3. MAC(マック)アドバイザリーの業務内容
  4. MAC(マック)アドバイザリーの料金体系
  5. MAC(マック)アドバイザリー実績・利用者の声
  6. MAC(マック)アドバイザリーを利用するメリット
  7. 調剤薬局のM&Aは仲介会社がおすすめ
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

MAC(マック)アドバイザリーとは

MAC(マック)アドバイザリーとは

出典:https://pixabay.com/ja/

本記事では、MAC(マック)アドバイザリーのサービスの特徴や業務内容を紹介します。本格的な内容に入る前に、まずはMAC(マック)アドバイザリーとM&A仲介会社について簡単に説明します。

MAC(マック)アドバイザリーとは

MAC(マック)アドバイザリーは、調剤薬局のM&Aに特化したM&A仲介会社です。直営薬局も手掛けている経験から、ドクターや従業員の方へのメンタルケアまで行き届いたサポートが特徴です。

過去10年の実績は成約100社超、面談1000件超で、大手企業からも指名されるほどの信頼を医薬業界で勝ち取っています。

M&Aアドバイザーとは

M&Aアドバイザーとは、M&Aの進行をサポートする専門家のことです。M&Aアドバイザリー事業を手掛ける専門家のことを指す総称であり、M&A仲介会社もM&Aアドバイザーに含まれます。

【関連】M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

M&A仲介会社との違い

M&AアドバイザーはM&A仲介事業を手掛ける専門家の総称であり、その1つにM&A仲介会社があります。

M&A仲介会社は、売り手と買い手の仲介に入ってM&Aを成約までサポートする会社です。M&Aに関する豊富な知識をもった専門家が在籍しており、相談から成約まで一貫したサポートを提供する特徴があります。

MAC(マック)アドバイザリーが調剤薬局のM&Aを得意とする理由

MAC(マック)アドバイザリーが調剤薬局のM&Aを得意とする理由

出典:https://pixabay.com/ja/

MAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局に特化しているM&A仲介会社ですが、ここまで浸透しているのはなぜでしょうか。

ここでは、MAC(マック)アドバイザリーが調剤薬局のM&Aを得意とする理由をみていきましょう。

【MAC(マック)アドバイザリーが調剤薬局のM&Aを得意とする理由】

  1. 調剤薬局のM&Aに特化した仲介会社
  2. 独自の報酬体系
  3. グループで薬局運営も行っている

1.調剤薬局のM&Aに特化した仲介会社

第一の理由は、調剤薬局のM&Aに特化していることです。医薬業界に精通している専門家が在籍していることで、調剤薬局が抱える経営課題に敏感である特徴があります。

特化しているからこそ経営課題を解決するための最善策を模索しやすく、調剤薬局の経営者から頼りにされている仲介会社です。

2.独自の報酬体系

MAC(マック)アドバイザリーの報酬体系は、完全成功報酬制です。通常のM&A仲介会社では、数十万円から数百万円の着手金や中間金を取るところも珍しくありません。

M&Aにかかる手間や時間を考えれば無理のないことですが、MAC(マック)アドバイザリーは成約するまで手数料が一切発生しない報酬体系を採用しています。医薬業界に特化したサポートが無駄な手数料を省ける要因であると考えられます。

3.グループで薬局運営も行っている

MAC(マック)アドバイザリーは、M&A支援以外に薬局運営も行っています。直営薬局があるからこそ、医薬業界の事情に精通し、経営者の悩みにも真摯に向き合うことができるといえるでしょう。

【関連】調剤薬局の株式譲渡・会社譲渡!手法の違いを解説!どのスキームが得?

MAC(マック)アドバイザリーの業務内容

MAC(マック)アドバイザリーの業務内容

出典:https://pixabay.com/ja/

MAC(マック)アドバイザリーは、M&A支援以外にもさまざまな業務を行っています。幅広く手掛けているように見えますが、いずれも調剤薬局に関連した内容です。この章では、MAC(マック)アドバイザリーの業務内容について解説します。

【MAC(マック)アドバイザリーの業務内容】

  1. 調剤薬局のM&A・事業承継支援
  2. 薬剤師の独立サポート
  3. 薬局業務
  4. M&Aアドバイザリーによる企業価値評価

1.調剤薬局のM&A・事業承継支援

MAC(マック)アドバイザリーの業務内容1つ目は、調剤薬局のM&A・事業承継支援です。MAC(マック)アドバイザリーの主たる業務でもあり、調剤薬局に特化したM&A支援実績は直近10年で100社を超えています。

医薬業界に精通していることで、取引相手の選定や交渉という点でも大きな影響力をみせます。

2.薬剤師の独立サポート

MAC(マック)アドバイザリーの業務内容2つ目は、薬剤師の独立サポートです。独立を目指している薬剤師に向けて、独立までのワンストップのトータルサポートを提供しています。

今すぐ独立したい方に向けた「一般独立コース」と、資金不足や経験不足などの理由から今すぐは無理だけど将来的に独立したいと考えている方に向けた「独立準備コース」の2つがあります。

3.薬局業務

MAC(マック)アドバイザリーの業務内容3つ目は、薬局業務です。長野県にて長野中央病院から徒歩1分のところに直営のれんげ薬局を構えています。在宅訪問にも対応しており、地元住民からの信頼も厚い薬局です。

4.MAC(マック)アドバイザリーによる企業価値評価

MAC(マック)アドバイザリーの業務内容4つ目は、MAC(マック)アドバイザリーによる企業価値評価です。医薬業界に精通した専門家による企業価値評価を無料で行っています。

医薬業界の相場を把握しているからこそ正確な企業価値評価を可能としています。また、企業価値評価に基づく分析データの提供も受けられます。

【関連】調剤薬局の事業承継マニュアル!相談先や成功事例を解説!

MAC(マック)アドバイザリーの料金体系

MAC(マック)アドバイザリーの料金体系

出典:https://pixabay.com/ja/

MAC(マック)アドバイザリーの料金体系は完全成功報酬制です。着手金や中間金に加え、企業価値評価の費用や月間報酬も無料となっており、成約後に支払う成功報酬はレーマン方式で決定します。

着手金 無料
企業評価 無料
中間報酬 無料
月額報酬 無料
成功報酬 レーマン方式

レーマン方式とは

レーマン方式とは、取引価格に応じて手数料が決まる計算方法のことです。一般的に、M&A規模が大きくなるほど手間や費用が高くなるため、手数料も比例して高くなります。

レーマン方式においてもその点は変わりありませんが、最大の特徴は徐々に逓減されていくことです。取引価格が高くなるほど、その部分にかかる割合は下がっていく仕組みになっています。

5億円以下 5%
5億円超、10億円以下 4%
10億円超、50億円以下 3%
50億円超、100億円以下 2%
100億円超 1%

MAC(マック)アドバイザリー実績・利用者の声

MAC(マック)アドバイザリー実績・利用者の声

出典:https://pixabay.com/ja/

調剤薬局のM&Aに特化したMAC(マック)アドバイザリーは、ここ10年で100社以上の成約実績があります。

MAC(マック)アドバイザリーの公式サイトより実績を確認できますので、ここではその一部を紹介します。

【MAC(マック)アドバイザリーの実績】

  1. 薬剤師不足による株式譲渡
  2. 不採算薬局の事業譲渡
  3. 後継者難による事業譲渡

1.薬剤師不足による株式譲渡

薬剤師不足による経営難に陥ってしまった調剤薬局のM&A事例です。70歳を超えるオーナーは、ご子息と一緒に運営されていて後継者にも恵まれていましたが、薬剤師不足という死活問題により株式譲渡を決意します。

経営難の薬局よりもお金として残したほうがご子息のためになると考え、大手企業へと引き継ぎを行いました。

M&Aスキーム 株式譲渡
地域 関西
譲渡理由 将来的な不安
譲渡先 大手企業

2.不採算薬局の事業譲渡

不採算薬局1店舗のM&A事例です。複数の薬局を運営するもマネジメントが追いつかずに不採算店舗を1つ手放すことを決意しました。

譲渡先は独立を希望する薬剤師となっており、売り手の不採算店舗の清算と買い手の独立というニーズが噛み合った案件となりました。

M&Aスキーム 事業譲渡
地域 関西
譲渡理由 事業の効率化
譲渡先 独立希望薬剤師

3.後継者難による事業譲渡

後継者不足によるM&A事例です。個人事業主であるオーナーは50歳代とまだ若いものの、後継者不足ということもあり、将来的を鑑みて事業譲渡を決意します。

事業譲渡の全体の流れはもちろん、譲渡時の課税も含めた一貫したサポートにより無事に成約となりました。

M&Aスキーム 事業譲渡
地域 関西
譲渡理由 後継者不足
譲渡先 中堅中小企業

【関連】調剤薬局業界M&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

MAC(マック)アドバイザリーの利用者の声

MAC(マック)アドバイザリーの公式サイトには、利用者の声も掲載されています。ここでは、その一部を抜粋して紹介します。

【譲渡後のオーナーの声】

  • 「薬局運営に精通していて、細部まで気を配ってくれた」
  • 「条件・金額交渉共に期待以上の仕事だった」
  • 「こちらの要望に対して柔軟に対応してくれた」

【譲渡後の譲受企業の声】

  • 「紹介だけではなく成約までしっかりサポートしてもらえた」
  • 「ドクターとの揉め事をMAC(マック)アドバイザリーのアドバイスで解決した」
  • 「譲渡後のサポートも満足している」

売り手・買い手の双方がMAC(マック)アドバイザリーのM&A支援に満足している旨の声が掲載されていました。

全ての声を掲載しているわけではありませんので、必ず満足できる結果が得られるとは言い難いですが、質のよいサポートを提供していることが伺える内容でした。

MAC(マック)アドバイザリーを利用するメリット

MAC(マック)アドバイザリーを利用するメリット

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまでMAC(マック)アドバイザリーの特徴や業務内容をみてきましたが、利用時に実際に得られるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

【MAC(マック)アドバイザリーを利用するメリット】

  1. 調剤薬局のM&Aや事業承継に豊富な実績
  2. ドラッグストアのM&Aも行える

1.調剤薬局のM&Aや事業承継に豊富な実績

MAC(マック)アドバイザリーを利用するメリット1つ目は、調剤薬局のM&Aや事業承継に豊富な実績を持つことです。

圧倒的な成約・相談実績により培われたノウハウやネットワークは、MAC(マック)アドバイザリーのサポートの質を常に進化させ続けています。医薬業界に精通している専門家だからこそ、安心して相談できる点は他の仲介会社にはないメリットです。

2.ドラッグストアのM&Aも行える

MAC(マック)アドバイザリーを利用するメリット2つ目は、ドラッグストアのM&Aも行えることです。

ドラッグストアは、薬剤師が常駐していなくても運営することができるため、M&Aの需要も高くなっています。

MAC(マック)アドバイザリーは医薬業界全般に精通しており、その経験やノウハウをドラッグストアのM&Aにも活用しています。

【関連】調剤薬局の売却の相場は?高値で売る方法も解説【案件事例あり】

調剤薬局のM&Aは仲介会社がおすすめ

調剤薬局のM&Aは仲介会社がおすすめ

出典:https://pixabay.com/ja/

調剤薬局のM&Aは医薬の専門的な知識やドクター・薬剤師間のネットワークが必要不可欠です。満足の行く結果を得るためにも、医薬業界に明るい専門家が在籍している仲介会社に相談することをおすすめします。

今回紹介したMAC(マック)アドバイザリーは調剤薬局のM&Aに特化している仲介会社です。調剤薬局のM&Aの際の相談先として有力であるといえるでしょう。

調剤薬局のM&Aを得意とする仲介会社はいくつかあるので、1社に絞らず複数の仲介会社に相談すると自社にとって最適な仲介会社がみつかりやすくなります。

調剤薬局のM&Aのご相談はM&A総合研究所へ

M&A総合研究所では、調剤薬局の専門チームを設立しています。現役の薬剤師を含めた専門家が調剤薬局のM&A支援を行います。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。成約まで手数料が発生しませんので安心してご相談いただけます。

無料相談は24時間お受けしています。調剤薬局のM&Aの際は、M&A総合研究所にご相談ください。

調剤薬局のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

MAC(マック)アドバイザリーは、調剤薬局に特化したM&A仲介会社あり、実績も豊富で大手・中小問わず経営者からの信頼も厚く、強固なネットワークを持っていることも見受けられました。

【MAC(マック)アドバイザリーが調剤薬局のM&Aを得意とする理由】

  1. 調剤薬局のM&Aに特化した仲介会社
  2. 独自の報酬体系
  3. グループで薬局運営も行っている

【MAC(マック)アドバイザリーの業務内容】

  1. 調剤薬局のM&A・事業承継支援
  2. 薬剤師の独立サポート
  3. 薬局業務
  4. M&Aアドバイザリーによる企業価値評価

【MAC(マック)アドバイザリーを利用するメリット】

  1. 調剤薬局のM&Aや事業承継に豊富な実績
  2. ドラッグストアのM&Aも行える

調剤薬局のM&Aの際は、医薬業界に精通している専門家が在籍している仲介会社に相談することをおすすめします。

M&A総合研究所は薬剤師を含めた専門のチームが調剤薬局のM&A支援を行います。現役の薬剤師だからこそ調剤薬局の抱える経営課題を理解し、経営者の方の不安な気持ちに誠実に応えることができます。調剤薬局のM&Aなら、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)