M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
M&Aにおける公認会計士の役割

M&Aにおける公認会計士の役割

目次

    M&Aにおける公認会計士の役割

    M&Aのプロセスには、様々な専門家が携わります。

    M&Aに携わる専門家に、公認会計士がいます。

    税理士や弁護士と同様に、公認会計士がM&Aにおいて担う役割は重要です。

    この記事では、M&Aにおける公認会計士について解説します。

    M&Aと公認会計士

    まず初めにM&Aと公認会計士について、それぞれ基本的な知識をお伝えします。

    ⑴M&Aとは

    会社や事業を売買したり、複数の企業を一つに統合する事をM&A(Mergers and Acquisitions)と呼びます。

    企業を取り巻く環境の変化が激しい昨今、M&Aを経営戦略の一環として活用する企業は増加しています。

    大企業がスピーディーに事業規模や範囲を拡大する為に用いる一方で、中小企業は異なる形相を見せています。

    近年経営者の高齢化に伴い、事業承継のニーズが高まっている一方で、後継者に関して課題を抱える中小企業が増えつつあります。

    後継者難を理由に、M&Aを用いて第三者に事業承継を図る事例が見受けられます。

    M&Aを利用すれば事業承継問題を解決出来るだけでなく、様々なメリットを期待できます。

    売り手側には創業者利潤の獲得や主力事業への集中、買い手側にはシナジー効果やコスト削減等のメリットがもたらされます。

    M&Aの遂行には、企業価値の算定や契約書作成、デューデリジェンス、高度な知識を要する業務が数多く存在します。

    当事会社間でM&Aのプロセスを完了させる事は困難であり、それぞれの分野に精通した専門家に業務を委託します。

    M&Aの専門業務を行う人はM&Aアドバイサリーと呼ばれ、弁護士や税理士が該当し、公認会計士もM&Aアドバイザリーの役割を果たし、M&Aの成功に大きく貢献します。

    ⑵公認会計士とは

    弁護士と並び最難関資格との呼び声もある公認会計士ですが、どの様な職業であるか知らない方もいるかと思います。

    公認会計士は会社の財務状況を監査し、その正確性を保証する会計のスペシャリストです。

    株式会社を初めとした法人の財務状況を監査し、その情報が正しい事を証明します。

    税理士登録している公認会計士であれば、税理士と同様に税務代理の業務も行います。

    会計や税務のみならず、経営戦略の立案、コンサルティング業務も遂行します。

    単なる会計業務のみならず、高い専門性を生かして幅広い業務を遂行する点が、公認会計士の強みです。

    難関資格であるが故に全国に公認会計士は約3万人程度しかおらず、様々な会社から貴重な存在であると認識されています。

    M&Aの現場においても、公認会計士は重宝される存在です。

    ※関連記事

    M&Aとは?M&Aをわかりやすく解説します

    M&Aにおける公認会計士の役割

    この項では、M&Aにおいて公認会計士が果たす具体的な役割を解説します。

    ⑴M&A戦略・スケジュール策定

    M&Aを実行する目的には、多種多様なものがあります。

    M&Aの効果を最大限に高める為に、目的に応じて戦略的にプロセスを進行する事が重要です。

    公認会計士は、M&Aの戦略策定のアドバイスを実施する場合もあります。

    会計や税務の立場から、合理的なM&A戦略を構築します。

    M&A業務の経験に長けていたり、自身で事務所を経営している公認会計士であれば、経営的な観点からもM&Aに対してアドバイスできます。

    他の士業と比べても、公認会計士はM&Aプロセス全般に携わるケースが多い為、スケジュール策定でも重要な役割を果たします。

    M&Aプロセス全般に携わるアドバイサリーは、FA(ファイナンシャル・アドバイザー)と呼ばれます。

    M&A仲介会社は、FAとして公認会計士を起用することで、多面的なサポートを受ける事が出来ます。

    ⑵バリュエーション

    M&Aプロセスの中でも、バリュエーションは最も重要な業務です。

    M&Aにおけるバリュエーションとは、企業価値を算出する業務です。

    M&Aのバリュエーションには様々な方法があり、高度な会計知識を要する方法は多いです。

    会計のスペシャリストである公認会計士は、バリュエーション業務に対して果たす役割が大きいです。

    状況に応じて様々なバリュエーション方法を用い、公正かつ両者の利益が最大化する企業価値を算定する事が求められます。

    ⑶財務デューデリジェンス

    M&Aにおいて、相手企業の実態を詳細調査するデューデリジェンスは、非常に大切なプロセスです。

    デューデリジェンスでは、財務や税務、法務、ビジネス、様々な分野を、それぞれのM&Aアドバイザリーが調査します。

    公認会計士は会計のプロである為、財務デューデリジェンスで大きな役割を果たします。

    財務デューデリジェンスでは、貸借対照表や損益計算書等の財務諸表を調査し、売り手企業の財務状況を確認します。

    収益性を確認する事は勿論ですが、特に簿外債務や偶発債務といったリスクを洗い出す事が大切です。

    簿外債務は貸借対照表に載っていない債務、偶発債務は後々債務となり得る要素を指します。

    こうした債務は、M&A後に買い手の経営に大きな損害を与える可能性があります。

    M&Aを失敗させない為に、事前に簿外債務や偶発債務の存在を把握し、買収価格にリスクを反映させる必要があります。

    バリュエーションとデューデリジェンスを双方遂行する公認会計士には、M&Aの成否がかかっていると言っても過言ではありません。

    ※関連記事

    M&Aにおけるバリュエーション

    M&A実務を公認会計士に依頼するメリット

    M&A実務を公認会計士に依頼すると、どの様なメリットがあるのでしょうか?

    この項では、M&A実務を依頼するメリットを3つお伝えします。

    ⑴公正な買収価格を算定可能

    売り手と買い手にとって、買収価格の決定は利益相反の問題があります。

    買い手側は極力安い価格でM&Aを完了させたい一方で、売り手側は高値で会社を売却したいと考える事が一般的です。

    両者の利益が異なる為、片方が買収価格を決めると、もう片方にとって不利なM&A取引となる可能性があります。

    M&Aの買収価格には、財務諸表では分からない定性的な価値も含まれます。

    会計のプロとして公認会計士が介入すれば、公正な立場でM&Aの取引価格を算定できます。

    ⑵M&A専門家とのネットワーク

    M&Aに携わるアドバイザリーは、他の士業の方とのネットワークを持っています。

    公認会計士にM&A業務を依頼すれば、弁護士含め他士業のM&Aアドバイザリーを紹介してもらえる可能性があります。

    士業同士で連携してM&Aに取り組む事例も多く、M&Aを効率的かつ困難なく実行できます。

    ⑶専門的な見地からのアドバイス

    公認会計士はその道の専門家である為、当事会社では気づかない様な見地からアドバイスを貰えます。

    M&Aに行き詰まった際、公認会計士から有益なM&Aのアドバイスを貰えるケースは少なくありません。

    税理士登録している公認会計士の場合には、M&Aの節税対策もアドバイスして貰える可能性があります。

    起用する費用はかかるものの、専門的な知見でサポートしてくれる為、M&Aの成功確率が高くなります。

    ※関連記事

    M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

    M&A実務に携わる公認会計士以外の専門家

    最後に、M&A実務に携わる公認会計士以外の専門家を紹介します。

    ⑴弁護士

    公認会計士と同じく最難関資格と呼ばれる弁護士も、M&Aでは不可欠な役割を果たしています。

    公認会計士とは全く異なり、弁護士は主にM&Aの法務全般に関する業務を遂行します。

    法務デューデリジェンスや基本合意契約書等の契約書作成は、弁護士の専門領域です。

    数々の契約書を締結するM&Aにおいて、弁護士の存在は欠かせない存在です。

    ⑵税理士

    公認会計士と業務内容が類似する税理士は、M&Aプロセスの中でも税務に関する業務を行います。

    M&Aにおいて税理士は、税務デューデリジェンスをメインに活動します。

    税務の専門家ですので、M&Aの節税対策等のアドバイスも期待できます。

    中小企業のM&Aであれば、節税対策は特に重要である事から、税理士の存在は中小企業のM&Aにとって心強い存在です。

    税理士も状況に応じて、M&Aの戦略策定等のコンサル業務を実施します。

    費用面や取っ付きやすさを考えると、中小企業M&Aでは公認会計士よりも税理士の方が起用しやすいです。

    普段から関係がある税理士であれば、M&Aの効率的なサポートを実施してくれる可能性が高いです。

    ※関連記事

    M&Aにおける弁護士の役割

    まとめ

    今回は、M&Aにおける公認会計士を解説しました。

    M&Aプロセスの中でも、公認会計士はM&A戦略策定やバリュエーション、デューデリジェンス、重要な役割を担っています。

    会計の高度な知識を持ち合わせているため、M&Aでは頼りになる存在です。

    M&Aの際に公認会計士をM&Aアドバイザリーとして起用するメリットは大きく、是非活用しましょう。

    要点をまとめると下記になります。

    • M&Aとは

    →事業(会社)を売買したり一つに統合させる経営戦略の手法

    • 公認会計士とは

    →高度な会計知識を持った専門家

    • M&Aにおける公認会計士の役割

    →M&A戦略・スケジュール策定、バリュエーション、財務デューデリジェンス

    • M&A実務を公認会計士に依頼するメリット

    →公正な買収価格を算定可能、他のM&A専門家とのネットワーク、専門的な見地からのアドバイス

    • M&A実務に携わる公認会計士以外の専門家
    1. 弁護士→法務デューデリジェンスや契約書の作成
    2. 税理士→税務デューデリジェンスや税務アドバイス

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    お電話でのご相談
    03-6427-8841
    WEBから無料相談