M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月28日更新
この記事は、約2分で読めます。

M&A成功企業の戦略と事例

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&A成功企業の事例を見ることで、M&Aを成功させるヒントを得ることが出来ます。M&Aを実施する際には、実際にM&Aを成功させた企業の戦略や考え方を参考にすると良いでしょう。M&Aの成功企業として、「楽天」「ソフトバンク」「日本電産」「ガーデングループ」「JT」の5社を取り上げ解説します。

目次
  1. M&A成功企業
  2. M&Aの成功とは
  3. M&A成功企業であるソフトバンクの事例
  4. M&A成功企業である楽天の事例
  5. M&A成功企業である日本電産の事例
  6. M&A成功企業であるガーデングループの事例
  7. M&A成功企業であるJTの事例
  8. まとめ

M&A成功企業

多くの企業がM&Aを実施していますが、全ての企業がM&Aを成功させている訳ではありません。

M&Aの成功企業が存在する一方、失敗する企業も存在します。

この記事では、国内企業の中からM&A戦略を活用している起業を中小にM&Aの成功企業をご紹介します。

M&Aの成功とは

そもそも、M&Aの成功とはどの様に判断するのでしょうか?

M&Aの成功に確固たる正解はありません。

この項では、M&Aの成功を測る尺度を2つ紹介します。

⑴目的・目標の達成

どんな企業であれ、様々な目標を持ってM&Aを実施します。

売り手側は主力事業への集中、従業員の雇用維持を目的にしているケースが多いです。

買い手側は事業規模の拡大、多角化を目的にM&Aを実施します。

その目的達成を測る尺度として、売上高や販売数の目標も同時に設定します。

M&Aの実施後にあらかじめ設定した目的・目標を達成出来れば、M&Aは成功したと言えるでしょう。

ただ、M&Aは成功率が3~5割程度だといわれており、そもそもM&Aに失敗してしまうというケースも少なくありません。
M&Aを成功させたいのであれば、M&A仲介会社の協力を得るようにしましょう。 その際におすすめなのがM&A総合研究所です。
M&A総合研究所は業界・業種を問わず様々な会社のM&Aを成約に導いた実績があり、腕利きのアドバイザーが在籍しています。
さらに業界最安値の水準で報酬を設定しているため、サポートを依頼しやすいのも魅力です。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

⑵シナジー効果の獲得

M&Aの成功を測る尺度としては、シナジー効果も重要な指標の一つです。

相乗効果とも呼ばれるシナジー効果とは、ある事業をそれぞれ別個に実施している時の合計よりも、一つの事業者が運営した場合にその効果が大きくなる効果です。

例えば、A社とB社がそれぞれ1億円ずつ売上を上げていたとします。

M&A後に2億円以上の売上高を獲得する様になった場合、シナジー効果が生じたと考えられ、M&Aは成功したと言えます。

M&Aのシナジー効果には、売上シナジーのみならず研究開発や財務、コスト面でのシナジー効果もあります。

自社の既存事業と関連性が高い企業(事業)がM&Aの相手であるほど、シナジー効果を得られる可能性は高くなります。

その意味では、買い手はシナジー効果を最大限引き上げるためにもいかに条件がマッチした売り手を探せるかが重要になります。
そこでおすすめなのがM&A総合研究所のM&Aプラットフォームです。
M&A総合研究所のM&Aプラットフォームは独自のAIが搭載されており、豊富なM&A案件の中から最適な売り手を見つけ出してくれます。
そのため、買収ニーズを登録するだけで理想的な売り手と巡り会えるようになるでしょう。
>>買収ニーズ登録はこちら

※関連記事

M&Aによるシナジー効果とは?

M&A成功企業であるソフトバンクの事例

通信業界最大手のソフトバンクも、国内有数のM&A成功企業と言えるでしょう。

株式公開当初ソフトバンクはソフトウェア流通事業を運営していましたが、2001年に通信事業へと参入しました。

2004年には通信事業を軌道に乗せる為に、日本テレコムとM&Aを実施しました。

このM&Aにより国内での通信事業の規模拡大を実現すると同時に、組織能率の向上やインフラ統合による費用節減を達成しました。

その後イギリスのボーダフォンを一兆円以上をかけ買収するなど、M&Aにより通信事業の規模を急速に拡大しました。

他にもイーアクセスやスプリント社といったM&Aを実施し、圧倒的なシナジー効果を生み出しました。

M&Aによる徹底的な規模拡大により、株式公開から20年で約86倍も売上高を拡大させました。

売上高の成長度合いだけ見ると、日本国内では近年稀に見る成功企業です。

M&Aには巨額な出資が必要である為、大企業一社買収することはハイリスクです。

莫大なリスクを背負ってでも確実に目標を達成させたソフトバンクは、国内でM&Aを活用して最も成功した企業と言えます。

経営者の卓越したリーダーシップと将来のトレンドを見極める力がなければ、ここまでの成功企業にはなれません。

※関連記事

https://mastory.jp/maの成功事例

M&Aの定義について再度確認したい場合は「M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!」の記事をご参照ください。

M&A成功企業である楽天の事例

これ以降は、M&Aの成功企業を実際に取り上げます。

まずは成功企業として楽天を取り上げます。

楽天といえば旅行や銀行、ショップあらゆるサービスをインターネット上で提供している企業ですが、その土台はM&Aによって作られました。

インターネットがまだまだ発展途上であった2000年代初頭から、楽天は他社に先駆けて自社に必要なサービスを取得する目的で、M&Aを積極的に活用しました。

まず最初にIT分野の企業とのM&Aを進めて、「楽天経済圏」の基盤を確立しました。

IT分野の土台を確立して以降は、金融や旅行等異業種企業とのM&Aに着手します。

2003年には、楽天トラベルの前身「マイトリップネット」を日立造船株式会社より、楽天証券の前身「DLJディレクトSFG証券」をそれぞれ買収しました。

上記以外にもアパレル系ECサイトなども買収するなど、国内でも稀に見るほどのM&Aを実施しました。

最初に確立したインターネットの基盤と証券やアパレル等の各分野が結びつくことで、売り上げやコスト面で大きなシナジーを生み出すことに成功しました。

その結果当初の目的であった「楽天経済圏」の確立に成功し、楽天は名実共にM&Aの成功企業となりました。

2000年代半ばからはクロスボーダーM&Aにも着手しており、海外市場へも販路を拡大し続けています。

シナジー効果と目標達成のいずれも達成させており、教科書通りのM&A成功企業と言えるでしょう。

※関連記事

M&A投資と投資ファンドの役割

M&A成功企業である日本電産の事例

「世界No.1の総合モーターメーカー」というキャッチフレーズを抱える日本電産も、M&Aの成功企業の代表例です。

「お金で時間を買う」M&Aの性質を活かして、自社事業(モーター)に関連する事業(企業)を集中的に買収することで、スピーディーに事業規模を拡大しています。

国内外問わず560社以上ものモーターメーカをM&Aにより買収することで、迅速な事業規模拡大を達成しています。

同業種をM&Aのターゲットとして、研究開発・売り上げ・コスト、あらゆる面でのシナジー効果を高いレベルで生み出しています。

成功企業として名高い日本電産ですが、そのM&A戦略にも成功企業たる所以が見受けられます。

通常M&Aを実施した後は、買収した側が経営権を掌握し、自社の考え方や戦略に基づいて事業を運営します。

一方で日本電産は、M&A後も売り手企業に配慮した経営を実施する傾向があります。

M&A後も経営陣や従業員を引き続き起用する上に、相手企業のブランドを残します。

この独自のM&A戦略により、売り手企業のモチベーションや安心感の向上に繋がる為、M&Aの効果が最大限に発揮されます。

従業員のモチベーション低下や離職は、M&Aが失敗する最たる要因と言われています。

失敗要因を打ち消すM&A戦略は、日本電産を成功企業に押し上げた根幹を担っています。

※関連記事

M&A戦略の目的とは?M&A戦略の事例や策定方法、注意点をご紹介

M&A成功企業であるガーデングループの事例

これまでは楽天やソフトバンク、名の知れた大企業の中からM&A成功企業を取り上げましたが、比較的規模が小さくてもM&Aの成功企業は存在します。

今回はその中から、カラオケ店「サウンドジョイ」などを運営するガーデングループを取り上げます。

ガーデングループはカラオケ以外にも、家系ラーメンの系列店「壱角家」やステーキの系列店「鉄板王国」も運営しています。

ガーデングループの特徴は、業種関係なく業績不振に陥っている企業をM&Aにより買収し、事業を再生させる形で事業規模を拡大させる戦略を取っている点です。

従業員教育など現場面からの事業再生を図る戦略を取り、数々の再生型M&Aを成功させています。

業績不振の企業を割安な価格で買収して、自社の事業再生ノウハウにより業績拡大を図る為、難易度としては非常に高いです。

経営戦略やノウハウに強さがあるからこそ、ガーデングループはM&Aの成功企業となれました。

※関連記事

経営改善について

M&A成功企業であるJTの事例

最後にご紹介するのは、日本のタバコ産業を担うJTです。

意外と知られていませんが、JTもM&A成功企業の一つです。

JTは1999年にRJRナビスコ社から米国外たばこ事業を買収し、M&Aと比べてタバコの販売本数を約10倍まで拡大させました。

クロスボーダーM&AでJTほど売上シナジーを生み出した企業は少なく、クロスボーダーM&Aでは国内トップクラスの成功企業です。

1999年のM&Aが成功した背景には、マーケティングの強化より世界的な知名度を向上させることが出来たことがあります。

この買収により自他共に認めるM&A成功企業となったJTは、培ったノウハウを以後のM&Aで最大限に発揮しています。

2007年にGallaher社とM&Aを実施した際には、僅か100日程度で統合作業(PMI)を完了させて、M&A後に素早く事業を軌道に乗せることが出来ました。

数々のクロスボーダーM&Aにより、JTはグローバル規模でタバコの主要メーカとしての地位を確立しました。

※関連記事

クロスボーダーM&Aを成功させるには

まとめ

今回はM&Aの成功企業を5つ取り上げました。

M&Aはシナジー効果を生み出したり、当初の目標を達成した場合に成功と呼べます。

今回はM&Aの成功企業として、「ソフトバンク」「楽天」「日本電産」「ガーデングループ」「JT」の5社を取り上げました。

M&Aの成功企業という点は共通していますが、成功した理由や戦略はそれぞれ異なります。

M&A成功企業の事例を見ることで、M&Aを成功させるヒントを得ることが出来ます。

M&Aを実施する際には、実際にM&Aを成功させた企業の戦略や考え方を参考にすると良いでしょう。

要点をまとめると下記になります。

  • M&Aの成功とは

→目的・目標の達成やシナジー効果の獲得

  • M&A成功企業の事例(楽天)

→「楽天経済圏」の構築をM&Aにより達成

  • M&A成功企業の事例(ソフトバンク)

→M&Aを用いた圧倒的な規模拡大を図ることで成功

  • M&A成功企業の事例(日本電産)

→自社事業との関連性の高いM&A、売り手企業に配慮したM&A戦略により成功

  • M&A成功企業の事例(ガーデングループ)

→事業再生型M&Aにより成功

  • M&A成功企業の事例(JT)

→クロスボーダーM&Aにより、世界的なたばこメーカーとしての地位を確立

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)