2021年4月29日更新会社・事業を売る

ストックオプションの確定申告

新株予約権の一つであるストックオプションは現在では浸透しており、所持する人も多く見られます。ただし、ストックオプションは複数種類が存在しており、種類ごとに確定申告の対応が異なる点には注意が必要です。本記事では、ストックオプションについて幅広く紹介します。

目次
  1. ストックオプションとは?
  2. ストックオプションの種類と税金
  3. ストックオプション権利行使時の確定申告の留意点
  4. ストックオプション権利行使後の株式売却時の確定申告の留意点
  5. 各所得の計算方法
  6. ストックオプションの確定申告方法
  7. ストックオプションのまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

ストックオプションとは?

ストックオプションとは?

ストックオプションとは、自社の株式を事前に定められた価格(権利行使価格)で買える権利のことです。会社から自社の役員や従業員に対して、特別報酬やモチベーションの向上などを目的に付与されます。新株予約権の中でも代表的な存在です。

そもそも新株予約権にはさまざまな種類があり、ストックオプションはその中の1種です。日本では1997(平成9)年の解禁後、数多くの企業がストックオプションを導入しています。ストックオプションを付与された人は、権利行使価格よりも株価が高い時点で行使・売却すれば、差額分を利益として獲得可能です。

株価が権利行使価格を下回っている間は、権利行使しなければ損失は発生しません。ストックオプションは通常の株取引と大きく異なり、リスクなく利益を獲得できる可能性があります。

そのため、ストックオプションの導入は、役員や従業員の業務に対するモチベーションを高める効果が期待できます。

ただし、ストックオプションの権利行使に伴い収入(利益)が発生した場合、納税を行う必要があります。また、ストックオプションには複数種類があり、種類により確定申告と納税のタイミングに違いがあるため注意しなければなりません。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

ストックオプションの種類と税金

ストックオプションの種類と税金

ストックオプションは、内容・付帯する条件などの違いにより、以下の3種類に分けられます。

  1. 税制適格ストックオプション
  2. 税制非適格ストックオプション
  3. 有償ストックオプション

この種別分けは、そのまま課税制度上での違いにも通じます。まずは、3種のストックオプションの定義から把握しておきましょう。

①税制適格ストックオプション

税制適格ストックオプションとは、租税特別措置法に定められた要件を満たすことで課税に関する優遇措置を受けられるストックオプションのことです。

総合的な課税額が抑えられる可能性があるうえに、納税や確定申告の手間が軽減されます。主な税制適格要件は、以下のとおりです。

  • 自社の従業員・取締役・執行役である(監査役は除く)
  • ストックオプションの権利行使期間がストックオプションの付与が決議された日の2年後から10年後の間の期間である
  • ストックオプションの権利行使価格がストックオプションの付与契約時点での株価以上に設定されている
  • 権利行使の場合の年間合計額が1,200万円を超えない

(租税特別措置法第29条の2並びに施行令第19条の3より)

②税制非適格ストックオプション

上記に対して、税制適格要件を満たしていないストックオプションは、税制非適格ストックオプションと呼ばれます。税制適格ストックオプションと税制非適格ストックオプションにある最大の違いは、権利行使後の確定申告回数です。

税制非適格ストックオプションでは、税制適格ストックオプションよりも確定申告・納税しなければならない回数が多く、多くの手間がかかります。

また、最終的に納税額が割高になる可能性がある点と、現金収入として利益が出ていない段階で納付金を用意する必要がある点にも注意しましょう。

③有償ストックオプション

税制適格ストックオプションであれ税制非適格ストックオプションであれ、いずれも無償ストックオプションの分類に含まれます。これとは対照的な存在に位置するのが、有償ストックオプションです。

簡単にいうと、有償ストックオプションでは、従業員や取締役が自社の新株予約権を購入します。いうなれば新株予約権への投資と同等の行為であり、無償ストックオプションでは無償で新株予約権が付与されるため、付与された当人は新株予約権の権利行使時に出金します。

その一方で、有償ストックオプションでは新株予約権自体を購入することから、税務上でも異なる対応が必要です。

【関連】税制適格ストックオプションとは?メリットや有償・非適格との違い
【関連】ストックオプションのメリット

ストックオプション権利行使時の確定申告の留意点

ストックオプション権利行使時の確定申告の留意点

ここからは、各ストックオプションにおいて課税される時期(確定申告を行い納税しなければいけないタイミング)の違いを比較します。まずは、ストックオプションの権利行使時について把握しておきましょう。

①税制適格ストックオプション

税制適格ストックオプションは租税特別措置法の優遇措置を受けるため、ストックオプションの権利行使時点では課税は発生せずに確定申告は不要です。

②税制非適格ストックオプション

税制非適格ストックオプションでは、権利行使時において株式の時価と権利行使価格の差額分に対して課税が発生します。また、「付与対象者の身分が現職者か退職者か」などの条件により、課税される所得区分も変動する仕組みです。必ずしも確定申告が求められないケースもあるため、それぞれ個別に解説します。

さらに、自社の従業員・役員以外の第三者に対して割り当てられるケースもあることから、この点も合わせて把握しておきましょう。

従業員・役員

自社の従業員や役員が在職中にストックオプションの権利行使を行った場合、給与所得とみなされるため課税が発生します。このケースでは給与所得であり会社側が源泉徴収処置を講じてくれるため、本人が確定申告を行う必要はありません。

ただし、実際の給与のように現金が支給されるわけではないため、天引きの措置を行えません。そこで、本人が会社に対して源泉徴収の税額分を渡す手続きが求められます。なお、この段階では、ストックオプションの権利を行使して時価よりも安く自社株式を購入できただけの状態です。

つまり、現金収入として利益が出ていないにもかかわらず、源泉徴収分の税額を用意する必要があります。次に、従業員や役員の退職・退任後にストックオプションの権利行使を行った場合の取り扱いについてです。この場合、退職・退任からどれほど日数が経過しているかにより、所得の種類の判定が変動します。

具体的には、退職後・退任後10日以内にストックオプションの権利行使を行った場合、退職所得とみなれて課税されるため確定申告が必要です。

これに対して、退職後・退任後10日以上経過後にストックオプションの権利行使を行った場合、雑所得として課税されるため同様に確定申告が求められます。

退職所得と雑所得への課税額を比較すると、退職所得の税額が安く抑えられる傾向にあります。また、ストックオプションの権利行使が退職後の場合であっても、職務に関連してストックオプションが付与されたと認められるケースでは、給与所得とみなされるのが一般的です。

業務に関する目的で取得した第三者

業務に関連する第三者がストックオプションを取得し権利行使した場合は、事業所得または雑所得として課税されるため、他の所得と合算して確定申告しなければなりません。

業務に関連しない第三者

業務に関連のない第三者がストックオプションを取得し権利行使した場合は、雑所得とみなされて課税されるため、他の所得と合わせて確定申告が必要です。

③有償ストックオプション

有償ストックオプションの場合、取得した新株予約権を行使しても課税されないため確定申告は不要です。この時点では、有償で入手した新株予約権を実際の株式に変えただけに過ぎないと解釈されます。

【関連】ストックオプションでかかる税金
【関連】新株予約権とは?新株予約権の仕組みをわかりやすく解説

ストックオプション権利行使後の株式売却時の確定申告の留意点

ストックオプション権利行使後の株式売却時の確定申告の留意点

ストックオプションの権利行使により入手した株式を売却する場合、いかなる種類のストックオプションであっても同様に譲渡所得として課税されるため確定申告が必要です。ただし、基本的には同様に取り扱われるものの、実態には差異があるため個別に紹介します。

①税制適格ストックオプション

税制適格ストックオプションの株式売却時に譲渡所得とみなされるのは、以下の計算式で求められる金額です。

  • 売却価格ー権利行使価格

税率については通常の株式売却での譲渡所得と同様に一律で20.315%であり、内訳は所得税15%・復興特別所得税0.315%・住民税5%です。

②税制非適格ストックオプション

税制非適格ストックオプションの株式売却時に譲渡所得とみなされるのは、以下の計算式で求められる金額です。譲渡所得の税率は20.315%であり、税制適格ストックオプションと変わりません。

  • 売却価格ー権利行使時の時価

ここからは、税制適格ストックオプションとの違いについて改めてまとめました。税制非適格ストックオプションでは、権利行使時に以下の金額が給与所得として課税されています。

  • 権利行使時の時価ー権利行使価格

給与所得であることから、一般の所得税として累進税率が適用されるため、最大税率は45%にも上ります。そのほか、住民税(10%)と復興特別所得税(所得税の2.1%)も加わり、この点が税制適格ストックオプションと税制非適格ストックオプションの課税優遇の違いです。

③有償ストックオプション

有償ストックオプションは新株予約権購入時に課税を受けていないため、税的優遇差については税制適格ストックオプションと同等だといえます。有償ストックオプションの株式売却時に譲渡所得とみなされるのは、以下の計算式で求められる金額です。

  • 売却価格ー購入価格

【関連】ストックオプション制度とは?導入の手続きとメリット・デメリット
【関連】株式譲渡と確定申告

各所得の計算方法

各所得の計算方法

ストックオプションの行使時および行使後の株式売却時にはさまざまな種類の所得が発生します。そこで本章では、それぞれの所得の計算方法についてまとめました。

総合課税と分離課税

そもそもストックオプションに関する所得における課税の方式としては、総合課税と分離課税の2つに分類されるため注意しなければなりません。総合課税とは1年間の所得の合計金額に対して課税する方式であり、ストックオプションに関する取得のうち給与所得・事業所得・雑所得が該当します。

次に分離課税とは所得の種類別に個別的に課税する方式であり、譲渡所得・退職所得が該当します。このように、ストックオプションに関する所得がいかなる課税方式に該当するのか押さえたうえで、次項で実際に課せられる税額の計算方法を把握しておきましょう。

税額の計算方法

総合課税の具体的な税額は、所得の合計金額に以下の表の税率を掛け合わせると求められます。

課税対象額 税率(住民税含む)
195万円以下の部分 15%
195万円超〜330万円以下の部分 20%
330万円超〜695万円以下の部分 30%
695万円超〜900万円以下の部分 33%
900万円超〜1,800万円以下の部分 43%
1,800万円超〜4,000万円以下の部分 50%
4,000万円超の部分 55%

分離課税における譲渡所得税率は、所得税15.315%(復興特別所得税含む)と住民税5%の合計で20.315%です。なお、退職所得は、以下の計算式で課税対象額が求められます。

  • 課税対象額:((行使時の株価ー行使価額))✕SO付与数ー退職所得控除額)✕0.5

上記のうち退職所得控除額は、以下の計算式のとおり変動します。

  • 勤続年数20年以下:40万円✕勤続年数(80万円に満たない場合は80万円)
  • 勤続年数20年超 :70万円✕(勤続年数ー20年)+800万円

【関連】株式取得による税金

ストックオプションの確定申告方法

ストックオプションの確定申告方法

最後に、ストックオプションの権利行使後における確定申告の方法・手順について把握しておきましょう。必要な提出書類を除いて、いかなるストックオプションであっても手順は基本的に変わりません。

①ストックオプションの種類を調べる

まず肝心なポイントは、ストックオプションの種類を確認する点です。ストックオプションには種類があり、その種類に応じて課税のタイミングや課税される所得の種別などが異なります。最も簡単な確認方法は、会社に尋ねることです。

②提出資料を準備する

ストックオプションの種類が確認できたら、確定申告時に必要な提出資料を準備します。いかなる種類のストックオプションでも、確定申告書以外に通常の株式売却時と同じく以下の種類が必要です。

  • 申告書第三表(分離課税用)
  • 株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書
  • 特定口座年間取引報告書
  • 上場株式等の配当に係る支払通知書
  • 特定口座年間取引報告書
  • 特定口座以外で取引した場合、その株式譲渡収入や取得費などの計算資料
  • 源泉徴収票

また、税制適格ストックオプションの場合は、上記に加えて以下の資料も必要です。

  • 特定権利行使株式分がある場合の計算明細書
  • ストックオプション付与契約書の写し

③確定申告の有無を確認

これは、税制非適格ストックオプションのみで必要な手順です。原則的に確定申告が必要であっても、給与所得として源泉徴収されていれば確定申告の必要はないため、源泉徴収を確認しましょう。

なお、ほとんど見られないケースですが、理論上はストックオプションを権利行使したとしても売却利益が発生していない場合もあります。もしも利益が出ていなければ、確定申告は必要ありません。

④確定申告と納税

これまでの準備が済んで確定申告書の作成・記入が終われば、提出し納税を行います。初めて手続きを行う際は不明点も多く発生するため、十分に確認しながら行うほか税理士などの専門家に相談しましょう。

【関連】ストックオプション税制とは?税制適格/非適格ストックオプションも解説

なお、M&Aにおいても、ストックオプションの有無が買い手(売り手)選びに影響するケースがあります。

ストックオプションの導入を踏まえてM&Aをご検討されている場合は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを活かしてM&Aをフルサポートいたします

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)相談料は無料となっておりますので、M&Aの実施に不安がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

ストックオプションのまとめ

ストックオプションのまとめ

本記事で取り上げた以外にも、ストックオプションの種類や新株予約権関連の制度などは存在します。一般的にストックオプションというと、一元的な制度であるとのイメージを抱きがちですが、実態は異なるのです。

例えば、税制適格ストックオプション・税制非適格ストックオプションの違いだけでも課税内容や確定申告の有無などが異なるほか、有償ストックオプションは制度自体が無償ストックオプションと大きく異なります。

もしも自身がストックオプションの権利を付与されていて種類を把握していないなら、早期に確認しましょう。不明点があれば、税理士などの専門家にサポートを求めることをおすすめします。本記事の要点は、以下のとおりです。

・ストックオプションとは
→株式を事前に定められた価格(権利行使価格)で買える権利

・ストックオプションの種類
→税制適格ストックオプション、税制非適格ストックオプション、有償ストックオプション

・ストックオプション権利行使時の確定申告の留意点
→税制適格ストックオプション:課税は生じない(確定申告は不要)、税制非適格ストックオプション:給与所得、事業所得、雑所得として確定申告する(退職していなければ確定申告は不要)、有償ストックオプション:課税は生じない(確定申告は不要)

・ストックオプション売却時の確定申告の留意点
→ストックオプションの種類に関係なく譲渡所得に課税が生じる(確定申告は必須)

・ストックオプション確定申告方法
→ストックオプションの種類を調べる、提出資料を準備する、確定申告の有無を確認

・ストックオプションの確定申告における提出書類
→税制非適格ストックオプション:通常の株式取引と同一の書類、税制適格ストックオプション:計算明細書やストックオプション付与契約書の写しなど

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)