2021年1月18日公開資金調達

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。中間報酬以外にも相談料・着手金・月額報酬を無料としており、業界最安値水準の料金体系が強みです。本記事ではM&A総合研究所の料金体系、主要仲介会社の中間報酬の違いなどを紹介します。

目次
  1. M&Aと中間報酬とは
  2. 中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説
  3. 中間報酬はM&A仲介会社により変わる?
  4. M&A・事業承継の相談はM&A総合研究所がおすすめ
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aと中間報酬とは

M&Aと中間報酬とは

M&Aといえばかつては大企業が行うものでしたが、近年は経営者の高齢化による事業承継の需要増加などにより、中小企業がM&Aを行うケースも増えています。

しかし、多くの中小企業経営者にとってM&Aはなじみが薄く、M&A仲介会社の料金体系の分かりにくさも相まって、M&Aの実行に躊躇してしまうこともあるでしょう。

M&A仲介会社の手数料には、着手金・月額報酬・成功報酬などがありますが、手続きの途中で請求される中間報酬は特に分かりにくい部分があるので、正しく理解しておくことが大切です。

M&Aとは

M&Aとは、会社または事業を売買する取引や複数の法人格を1つにする合併の総称です。「M&A」という言葉は、英語で合併を「Merger」、買収を「Acquisition」というため、その頭文字をとったものです。

会社の売買とは、要するに株式を取得して経営権を得ることです。株式には議決権があるので、大部分を取得すれば経営の意思決定ができます。株式の取得といっても、その手法にはさまざまなものがあり、M&A手法は下の図のように分類されます。

【関連】M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

中間報酬とは

中間報酬とはM&Aの手続きが半分ほど進んだところで支払う報酬で、一般的には基本合意書を締結した時点で請求されます。

基本合意書とは、買い手と売り手の経営者同士が面談をして条件交渉を行い、ある程度の合意が得られた時点で合意内容を締結するものです。

その後はデューデリジェンスという企業調査を行い、問題がなければ最終契約を締結してM&A成約となります。

中間報酬は成功報酬の一部を前払いする形が多く、その場合、例えば中間報酬として成功報酬の10%を支払い、その後最終契約締結時に残りの90%を支払うことになります。

中間報酬は、もし最終契約に至らず破談となっても返金はされません。また、中間報酬の有無はM&A仲介会社によって異なり、有料の場合は買い手・売り手双方から請求する場合と、買い手のみから請求する場合があります。

【関連】M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。売り手は成功報酬のみの完全成功報酬制、買い手は中間報酬と成功報酬のみとなっており、相談料・着手金・月額報酬は完全無料となっています。

【M&A総合研究所の料金体系】

相談料 無料
着手金 無料
月額報酬 無料
中間報酬 売り手のみ無料
成功報酬 レーマン方式(譲渡価格ベース)

相談料

相談料とは、M&A仲介会社と業務委託契約を結ぶ前の段階で、初期相談する際に発生する料金です。

例えば、M&Aをすべきかどうか判断できない時にアドバイスを得たり、M&Aについてよく分からない部分を質問したりできます。

M&A仲介会社の相談料は無料であることが多いですが、数千円から一万円程度の相談料を設定している仲介会社もあります。なお、M&A総合研究所では、相談料は無料となっています。

着手金

初期相談でM&Aを実行することを決めたら、M&A仲介会社と業務委託契約を結び、本格的なM&A手続きが始まります。業務委託契約を結ぶ際に発生するのが着手金です。

着手金はM&A仲介会社によって有料と無料のところがあり、M&A総合研究所では買い手・売り手ともに無料となっています。

着手金が無料であればM&Aが成約しなかった場合でも金銭面での損がないので、経営者としては安心して任せられるメリットがあります。

しかしながら、その一方で着手金が無料の場合は仲介会社が無理に成約を目指そうとすることがあるともいわれています。

M&A総合研究所では無理な成約を目指さず、本当の譲渡可能性を正直に話すことをモットーとしています。

【関連】M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

月額報酬

月額報酬とは、M&A仲介業務を委託した後に、成約するまで毎月支払う手数料のことです。M&A仲介会社は月額報酬を無料としているところが多く、M&A総合研究所でも完全無料となっています

月額報酬が有料の場合、相場は月数十万円程度~、大規模なM&Aなら月数百万円程度になることもあります。

M&Aが成約するまでの期間は、早ければ3か月程度、長ければ1年以上と非常に幅があります。月額報酬は、成約までの期間が長引くほど負担が大きくなるのが注意点です。

月額報酬が有料のM&A仲介会社に依頼する際は、費用の見積もりをしっかり立てておくことが重要です。

【関連】リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

中間報酬

中間報酬とは、基本合意書を締結した時点で発生する手数料です。M&A仲介会社によって中間報酬が有料と無料の場合があり、M&A総合研究所では売り手のみ中間報酬無料となっています

中間報酬の額は、成功報酬の5%~20%程度となるのが一般的です。これは成功報酬の一部の前払いとして扱われることがほとんどであり、成約時には残りの95%~80%を成功報酬として支払う形になります。

もしM&Aが成約しなかった場合、中間報酬は返金されないのが注意点です。M&A総合研究所では売り手の中間報酬を無料とすることで、成約できなかったのに中間報酬だけとられて損をすることがないように配慮しています。

成功報酬

基本合意書を締結して中間報酬を支払ったら、デューデリジェンスと最終交渉を行い、最終契約書を締結してM&Aが成約します。

M&A成約時に支払うのが成功報酬であり、一般には「レーマン方式」という方法で料金を算定します。M&A総合研究所でも、買い手・売り手ともにレーマン方式の成功報酬が発生します。

レーマン方式とは、譲渡価格や移動総資産に一定料率を掛けて成功報酬の額を決めるもので、料率は下表のように決められます。

M&A総合研究所は、負債を含まない譲渡価格ベースのレーマン方式を採用することにより、業界最安値水準の手数料を実現しています。

【一般的なレーマン方式の手数料率】

譲渡価格・移動総資産 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超から10億円以下の部分 4%
10億円超から50億円以下の部分 3%
50億円超から100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

その他の費用

ここまで紹介した手数料に加えて、M&Aではデューデリジェンス費用や交通費などの実費、そして株式の売却益にかかる税金などの費用がかかります。

M&Aを行う際は、中間報酬や成功報酬だけでなく、このような諸費用も計算に入れておくことが大切です。

【M&Aでかかるその他の費用】

  1. デューデリジェンス費用
  2. 交通費などの実費
  3. 税金

1.デューデリジェンス費用

デューデリジェンスとは、基本合意書を締結した後に、買い手が売り手企業の財務や税務などを詳細に調査することです。

デューデリジェンス費用はどれくらい詳しく調査するかによって変わり、数十万円から数百万円程度かかるのが一般的です。デューデリジェンスの費用は買い手側が負担することになります。

2.交通費などの実費

仲介会社のスタッフが移動に要した交通費や宿泊費といった実費は、場合によっては経営者側が負担することもあります。

実費を仲介会社がどこまで負担してくれるかについては、初期相談の段階で確認しておくとよいでしょう。

3.税金

株式の売却益にかかる税金も、M&Aで必要となる大きな費用です。具体的に税金がいくらになるかは、どのような手法でM&Aを行ったかによって変わってきます。

例えば、経営者が個人で保有している株式を売却した場合は分離課税で約20%の税率になるのに対して、法人の場合は総合課税で法人税が課されます。

中間報酬はM&A仲介会社により変わる?

中間報酬はM&A仲介会社により変わる?

M&A仲介会社には中間報酬が無料と有料のところがあり、有料の場合でも料金設定がそれぞれ違います。M&A仲介会社を選ぶ時は、中間報酬の違いも踏まえて選択することが大切です。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、M&Aを希望する買い手・売り手に合う売買相手を探し、両者と交渉を進めてM&Aを成約させる仲介業務を担う企業です。

近年はM&A需要の増加から仲介会社の数が増えているのに加えて、利益率の高さから従業員の年収が高く、不況が続く日本において活況な業界のひとつとなっています。

M&A仲介会社の役割

M&A仲介会社は買い手と売り手の中間的な立場に立ち、両者が納得できる条件での成約を目指すのが役割です。

仲介サポートを行う形式にはM&Aアドバイザリー型というものもあり、M&Aアドバイザリーは依頼された側の立場で最大限の利益あるいは条件での成立を目指すという違いがあります。

M&A仲介会社を活用するメリット

M&A仲介会社を活用するメリットは、主に以下の3つが考えられます。

【M&A仲介会社を活用するメリット】

  1. 幅広い保有案件から売買先を選べる
  2. 戦略立案からクロージングまでトータルなサポートを得られる
  3. 本業への支障を最小限に抑えられる

1.幅広い保有案件から売買先を選べる

M&Aは売買相手を探すところから始めるので、多くの売買先候補から適した相手を選ぶことが重要になりますが、M&Aを行う経営者が自力で売買先をみつけるのは困難です。

M&A仲介会社は独自のネットワークで多くの案件を保有しているので、そのなかから条件に合った売買先候補を提案できます。

2.戦略立案からクロージングまでトータルなサポートを得られる

M&Aは会計士や弁護士に依頼することもできますが、士業は職務の範囲が決まっているのでM&Aをトータルにサポートすることはできません。

M&A仲介会社はM&A全般のサポートを手がけているので、戦略立案からクロージングまでトータルなサポートを提供できるメリットがあります。

3.本業への支障を最小限に抑えられる

M&Aを行う経営者は、時間の面でも精神面でも大きな負担がかかります。M&Aの手続きは数か月から一年程度かかるので、その間は本業に支障がでるのも問題点です。

しかし、M&A仲介会社に依頼して業務を任せれば、本業への支障を最小限に抑えることができます。支障を抑えて企業価値を維持することは、M&Aの成功率を高めることにもつながります。

中間報酬はM&A仲介会社により違う

下の表は、主なM&A仲介会社4社の中間報酬を示したものです。この表からも分かるように、中間報酬はM&A仲介会社によって違いがあります

M&A仲介会社に依頼する時は、初期相談の段階で中間報酬についてきちんと確認しておくことが大切です。中間報酬についてあやふやなまま手続きを進めると、予定外の料金を請求されてトラブルになる恐れもあります。

【主なM&A仲介会社の中間報酬】

会社名 中間報酬
M&A総合研究所 売り手のみ無料
M&Aキャピタルパートナーズ 成功報酬の10%
日本M&Aセンター 無料
インテグループ 無料

M&A・事業承継の相談はM&A総合研究所がおすすめ

M&A・事業承継の相談はM&A総合研究所がおすすめ

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。相談料・着手金・月額報酬も無料で、売り手は成功報酬のみの完全成功報酬制となっています。

さまざまな業種で50件以上のM&A実績があるアドバイザーのフルサポートにより、納得できるM&A・事業承継が行えるようにお手伝いいたします。成約まで最短で3か月というスピードにより、本業への支障を最小限に抑えられるのも強みです。

相談は何度でも無料でお受けしておりますので、M&A・事業承継をお考えの経営者様はお電話またはメールより、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

M&A総合研究所は売り手の中間報酬が無料なので、成約しなかった場合の金銭的なロスがなく、安心してM&Aを行うことができます。成功報酬は譲渡価格ベースのレーマン方式で、業界最安値水準となっているのも強みです。

【M&A総合研究所の料金体系】

相談料 無料
着手金 無料
月額報酬 無料
中間報酬 売り手のみ無料
成功報酬 レーマン方式(譲渡価格ベース)

【M&Aでかかるその他の費用】
  1. デューデリジェンス費用
  2. 交通費などの実費
  3. 税金
【M&A仲介会社を活用するメリット】
  1. 幅広い保有案件から売買先を選べる
  2. 戦略立案からクロージングまでトータルなサポートを得られる
  3. 本業への支障を最小限に抑えられる
【主なM&A仲介会社の中間報酬】
会社名 中間報酬
M&A総合研究所 売り手のみ無料
M&Aキャピタルパートナーズ 成功報酬の10%
日本M&Aセンター 無料
インテグループ 無料

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

 事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

債務超過に陥った企業が事業再生を行うためには、適切な事業再生スキームの選択が重要です。金融機関や日本公庫が、中小企業の資金繰りや事業再生をサポートしています。本記事では、事業再生スキームの種類や...

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

事業承継が必要でありながら資金の用意が難しく、なかなか踏み出せない事業者もいます。そのような場合に活用したいのが経営資源引継ぎ補助金という制度です。この記事では、経営資源引継ぎ補助金について補助...

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは、対象の信用力や資産を担保にして金融機関から買収資金を調達する買収方法です。名称の由来は、比較的少額の自己資金を梃子(レバレッジ)にすることからきています。本記事では、LB...

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。中間報酬以外にも相談料・着手金・月額報酬を無料としており、業界最安値水準の料金体系が強みです。本記事ではM&A総合研究所の料金体系...

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資とは、特定の第三者に新株引受権を付与して増資する方法です。必要な手続きは比較的簡便なため、企業の資金調達の手段として重宝されています。本記事では、第三者割当増資のメリットやデメリッ...

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)