M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月28日更新
この記事は、約2分で読めます。

事業展開を成功させるには?事例やM&Aを活用した事業展開のメリットをご紹介

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

会社の成長を図る上で、事業展開は不可欠です。多角化や海外市場への進出等の事業展開は、十分な利益を得続ける上で不可欠な戦略といえます。今回は、事業展開の意味・考え方・方法・成功事例や失敗事例・M&Aを活用して事業展開するメリットなどを幅広く紹介します。

目次
  1. 事業を展開すること
  2. 事業展開とは?事業展開の意味
  3. 事業展開の考え方と戦略
  4. 事業を展開する方法・手順
  5. 事業展開の手法
  6. 事業展開の成功事例と失敗事例
  7. 事業展開におけるフレームワーク
  8. 事業展開を図る上での注意点
  9. M&Aを活用して事業を展開するメリット
  10. まとめ

事業を展開すること

経営者や個人事業主は、常に事業展開に関して新たな一手を考えることが重要です。多角化戦略、事業規模の拡大や海外市場への進出も含まれます。

経営環境が複雑化している現在、従来とは異なる事業展開が必要となっています。この記事では、事業展開について分かりやすく解説します。


※関連記事

事業の多角化

事業展開とは?事業展開の意味

まず初めに、事業展開の意味をお伝えします。

事業展開とは、事業で扱う領域を拡大することです。一般的に既存事業とは、異なる領域へ多角化を図る行為を意味しますが、狭義の意味では事業規模の拡大や海外市場への進出も含まれます。

もしくは「〜の分野で事業展開しています」という風に、現時点で実施している事業内容を示すケースもあります。日本では人口の減少やグローバル化の影響により、事業を変化なしに続けることは難しくなりつつあります。

事業を継続もしくは拡大する為には、事業展開により何かしらの変化を生み出す必要があります。多角化や海外市場への進出等の事業展開は、十分な利益を得続ける上で不可欠な戦略です。

そして昨今は事業展開をM&Aで行うケースが増えています。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つ専門家がフルサポートいたします。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

事業展開の考え方と戦略

ここでは、事業展開の考え方と戦略について解説します。

事業展開を実施する際には、展開する市場の状況によって戦略を切り替える事が大切です。市場の過程別に、事業展開の考え方・戦略をそれぞれ以下の項目に分けて紹介します。
 

  1. 市場の導入期
  2. 市場の成長初期
  3. 市場の成長後期
  4. 市場の成熟期

これら4つの市場過程で事業展開の戦略を押さえておけば、いかなる段階でもスムーズに事業展開の準備を実施できます。それでは、それぞれの市場過程を順番に見ていきましょう。

①市場の導入期

市場の導入期とは、アイデアやコンセプトのみが存在し、具体的な製品やサービスが存在しない状況です。

サービスや製品が存在しない為、イノベーションにより新しい価値を創造する考え方が必要です。この段階から事業展開を図る場合には、顧客と一緒に新しい価値を創造する戦略を図ります。

市場に過去の成功体験がなく、正解となる戦略はありません。そのため、いかにして多くの顧客を巻き込めるかが、この段階の事業展開におけるポイントです。

②市場の成長初期

市場の成長初期とは、事業に対して価値を見出す顧客が増え始めた段階です。

未だ市場自体は発展途上であるものの、一定数の顧客ニーズが存在する為、市場導入期よりは事業展開のリスクは小さいです。

事業展開に際しては、個別対応により限られた顧客に商品やサービスを提供する戦略をとります。着実にノウハウを積み上げて、さらなる成長に向けて対策する考え方が大切です。

③市場の成長後期

市場の成長後期とは、商品やサービスが標準化され、市場が急速に成長している段階です。

成長後期の市場で事業展開を成功させる為には、競合他社との激しい競争に勝つ為の戦略が必須です。大規模な広告やマーケティングを行い、市場で生き残る考え方が必要です。

④市場の成熟期

市場の成熟期とは、商品やサービスの完成度が十分に高まっている段階です。

この段階では、コストダウンを重視した事業展開の戦略が効果的です。

製品やサービスは十分に差別化されている為、低コストでの利益獲得を目指した考え方が重要となります。

市場が衰退している際には、新たな市場で事業展開を図る戦略も求められます。


※関連記事

シナジー効果の意味とは?M&A成功事例や多角化戦略、使い方をわかりやすく解説

事業を展開する方法・手順

ここでは、実際に事業を展開していくための方法として、以下4つの手順を紹介します。
 

  1. 事業展開の計画
  2. 事業展開の実施チーム結成
  3. 事業展開における戦略会議
  4. 経営計画の策定・実行

これら4つの手順を押さえておけば、計画から実施までスムーズに事業展開を遂行できます。それでは、それぞれの手順を順番に見ていきましょう。

①事業展開の計画

事業を展開する手順1つ目は、事業展開の計画を練ることです。

事業展開の計画を立てる際には、目標(ビジョン)をはっきりさせることが大切といえます。あらかじめしっかりと目標を立てておくことで、計画の段階でアイディアが出やすくなるためです。

また、目標を立てておけば、思わぬトラブルが発生した際にも、スムーズに事業の軌道を修正できます。計画どおりに進まないことも想定して目標を立てることが大切です。


※関連記事

事業戦略とは?事業戦略策定方法やフレームワーク、事業戦略事例、おすすめの本をご紹介

②事業展開の実施チーム結成

事業を展開する手順2つ目は、事業展開の実施チームを結成することです。

チームに所属させる人材を選ぶときには、仕事ができる優秀な人材だけでなく、進出を狙う分野に詳しい人材も含めるようにしましょう。これにより、事業展開の実施時に発生するトラブルを事前に回避できることがあります。

さらに、第三者目線から意見を述べられるメンバーを所属させれば、事業展開の失敗リスクを抑えることが可能です。

可能であれば、社外の有識者を交え、ある程度は風通しの良いチームを作ることをおすすめします。なおリーダーには、チームのことを俯瞰できる人材を据えると良いです。

③事業展開における戦略会議

事業を展開する手順3つ目は、事業展開における戦略会議です。

チームメンバーで、新事業展開の目標(ビジョン)やコンセプトなどを改めて共有してください。将来像を示していくことで、大枠の事業戦略に対する考え方をチーム内に行き渡らせることが可能です。

大枠の合意が取れたところで、競争優位に立てる見込みのある事業領域を検討の上、設定していきます。

④経営計画の策定・実行

事業を展開する手順4つ目は、経営計画の策定・実行することです。

経営計画では、まずはじめに現状の問題点を明らかにした上で、解決策を模索しましょう。打ち出した数値目標(ビジョン)に基づいて、達成までに何をすべきなのかを行動計画として練り、メンバーや経営資源の活用方法を決定します。

そして計画が承認されれば、メンバーに経営計画を共有し、メンバーの専門分野も考慮した上で役割を決め、タスクとスケジュールを決定し、実行に移してください。

事業展開の手法

ここでは、事業展開をどのようにアプローチしていくのか、以下の7つの手法を紹介します。
 

  1. 物販
  2. 小売
  3. 広告
  4. ライセンス
  5. サブスクリプション
  6. マッチング
  7. フリーミアム


これら7つの手法を押さえておけば、自社の事業展開において最適な手法が確認できます。それでは、それぞれの手法を順番に見ていきましょう。


※関連記事

事業拡大とは?施策や戦略、成功事例・失敗事例を解説

①物販

事業展開の手法1つ目は、物販です。

物販とは、製品・サービスの企画・開発・製造を行った上で、消費者・企業に製品の提供して対価を得る手法を指します。

物販による事業展開を成功させるには、製品・サービスにおいて、他社に対する優位性がなければなりません。具体的には、品質がよかったり、独自性が見られたりというところで、優位性が付きやすいです。

競合他社が有していない自社独自の強みがあれば、事業展開で大きな成功を収めることができるでしょう。

②小売

事業展開の手法2つ目は、小売です。

小売とは、製品を仕入れた上で、売ることを指します。コンビニやスーパーなどが採用する業態というと、想像しやすいはずです。

物販と違い、製品の独自性は見られず、競合他社と同じ製品を販売することが必然的に多くなります。そのため、製品の独自性以外の分野で、競合他社に対する優位性を勝ち取らなければなりません。

具体的には、ポイントカードの導入や、メンテナンスなどのアフターケアサービスを提供することが挙げられます。

③広告

事業展開の手法3つ目は、広告です。

広告とは、テレビ新聞・WEBサイトなどのメディアにコマーシャルを掲載し、掲載料を得る手法を指します。

最近では、WEBサイトでの広告事業が盛り上がっており、ユーザーの特定化が進み、より直接的な事業の展開が期待されています。

④ライセンス

事業展開の手法4つ目は、ライセンスです。

ライセンスとは、既に開発されている製品の使用権利を取引し、収益を得る手法です。

独自性の高い製品をつくり高いシェアを得ることができれば、ライセンス化させて多くの収益の獲得が見込まれます。WEB上のシステムのほか、キャラクターなどの事業展開で広く活用される手法です。

⑤サブスクリプション

事業展開の手法5つ目は、サブスクリプションです。

サブスクリプションとは、定期購買を意味する手法で、ユーザーから継続して収益を回収できます。ユーザー1人1人の好みにあわせてサブスクリプションのコースを変更できる柔軟性が強みで、高い収益性が期待できる手法です。

⑥マッチング

事業展開の手法6つ目は、マッチングです。

マッチングとは、製品やサービスを提供する個人や企業と、ユーザーを繋ぐ手法を指します。ユーザー同士をつなぐ手法も増加中です。

潜在的な需要を探し出すことができれば、高い収益性が望める手法といえます。

⑦フリーミアム

事業展開の手法7つ目は、フリーミアムです。

フリーミアムとは、製品・サービスの一部機能を無料提供した上で、十分な機能を使用するために購入・有料プランへの移行を促して収益を得る手法です。

高い収益性が期待できるものの、無料提供の部分と有料部分の線引が難しく、難易度高い手法として知られています。

事業展開の成功事例と失敗事例

ここでは、事業展開の成功事例と失敗事例をそれぞれお伝えします。

①富士フィルムによる事業展開の成功事例

成功事例として、富士フィルム株式会社の事業展開をお伝えします。

従来富士フィルムはもともと写真フィルム事業を手掛けていましたが、デジタルカメラやスマートフォンの登場により、事業規模が縮小しました。

状況を打破する為に富士フィルムは、デジタルカメラや化粧品、液晶フィルム等の分野に事業展開を進めました。

この事業展開により、富士フィルムは業績の悪化に歯止めをかけることに成功しました。市場の状況に応じて戦略を変化させた点で、事業展開の良い成功事例と言えます。

富士フィルムの成功事例から分かる通り、企業は時代の流れに応じて、事業展開の戦略を適宜組み直す必要があります。

②丸紅株式会社による事業展開の失敗事例

海外への事業展開として、丸紅株式会社の失敗事例をご紹介します。

総合商社である丸紅は、自社の穀物部門とのシナジー効果を期待して、アメリカの大手穀物会社を買収し、海外への事業展開を図りました。

期待に反してシナジー効果は発揮されず、500億円の減損損失を計上しました。丸紅の海外事業展開の失敗には、市場調査やブランディングの不足等が背景にあります。

海外への事業展開は難易度が高い為、市場調査やマーケティングを十分に実行する必要があります。


※関連記事

M&A成功企業の戦略と事例

事業展開におけるフレームワーク

事業展開に際しては、有用なフレームワーク(大枠となる考え方)がいくつか存在します。ここでは、事業展開で有用なフレームワークとして、以下の3つを紹介します。
 

  1. アンゾフの成長マトリックス
  2. PEST分析
  3. 3C分析

これら3つのフレームワークを押さえておけば、自社の事業展開を検討する際に役立ちます。それでは、それぞれのフレームワークを順番に見ていきましょう。

①アンゾフの成長マトリックス

アンゾフの成長マトリックスとは、市場・製品・既存・新規の4つの観点から、事業展開を考えるフレームワークです。

組み合わせ毎に、採るべき事業展開の戦略が異なります。既存市場で既存製品を提供する場合には、市場浸透戦略が有用です。

市場浸透戦略では、製品のバージョンアップやバンドル販売により、既存顧客に訴求します。新規市場で既存製品を提供する場合には、新市場の開拓戦略を行います。

これまで国内で販売していた商品を、海外市場向けに販売する戦略を実施します。既存市場で新しい製品を提供する場合には、新製品開発戦略を採ります。

製菓メーカーが新商品を発売するケースは、新製品開発戦略の最たる例です。新市場で新しい製品を提供する事業展開の戦略は、多角化と呼ばれます。

最も難しい戦略でありリスクは高いですが、成功した場合には大きなリターンが期待できます。

②PEST分析

事業展開の成否は、企業外部の要因によっても左右されます。

企業外部の要因を分析するときには、PEST分析と呼ばれるフレームワークを用います。PはPolitics(政治)、EはEconomy(経済)、SはSociety(社会)、TはTechnology(技術)をそれぞれ表します。

この4点から分析する事で、事業展開で生じ得るリスクやチャンスを整理できます。

③3C分析

3C分析は、事業展開の実務で最も多用されているフレームワークです。

Customer(顧客)、Company(自社)、Competitor(競合他社)の三点から、事業展開における課題を整理し、計画を構築します。顧客に関しては、顧客のニーズや属性(性別や年齢等)を洗い出します。

自社については、強みや弱み、周囲からの評判等を分析します。競合他社に関しては、市場シェアや強み・弱みを分析します。

以上が事業展開で役立つフレームワークです。特定のフレームワークが最適ということはなく、それぞれ用いる場面や分析対象が異なります。様々なフレームワークを併用し、多面的な観点から事業展開を検討する事が大切です。


※関連記事

新規事業立ち上げとは?フレームワークや手順を徹底解説!

事業展開を図る上での注意点

事業展開を図る際には、いくつかの注意点を踏まえる必要があります。ここでは、事業展開において抑えるべき注意点として、以下の3つを紹介します。
 

  1. 既存事業との関連性
  2. 経営資源の確保
  3. 経営理念との整合性

これら3つの注意点を押さえておけば、自社の事業展開を慎重に検討できます。それでは、それぞれの注意点を順番に見ていきましょう。
​​​

①既存事業との関連性

既存事業との関連性が高い方が、事業展開の成功可能性は高まります。

全く無関連の事業分野に展開すると、ノウハウや設備を構築する必要がある、時間がかかる上に失敗リスクが高まるのです。

既存事業の関連性が高ければ、既に存在する経営資源を活用できる為、事業展開が成功する可能性は高いでしょう。

②経営資源の確保

事業展開に際しては、人やカネ等の経営資源が不可欠です。

経営資源が不十分だと、どれ程アイデアが良くても事業を継続できません。経営資源が十分に存在して初めて、事業展開の成功が見えてきます。

事業展開を実行する際には、「何が」「どの程度」「どこに」必要かを洗い出し、事前に確保しておく事が理想です。

③経営理念との整合性

利益が得られそうな事業であっても、自社の経営理念との整合性が無ければ、成功する確率は下がります。

やりたくない事や性に合わない事業を始めても、利益が出るまでに挫折してしまいます。事業展開の際には、利益だけでなく経営理念との整合性にも留意する必要があります。


※関連記事

新規事業開発の成功と失敗

M&Aを活用して事業を展開するメリット

最後にM&Aを活用した事業展開ついて解説します。

近年は大企業のみならず中小企業、スタートアップでも、M&Aを用いて事業展開を図るケースが増えています。M&Aを活用した事業展開には、主に下記3つのメリットがあります。
 

  1. スピーディーに事業展開を図れる
  2. 低リスクでの事業展開の実現
  3. 既存事業とのシナジー効果

これら3つのメリットを押さえておけば、自社の事業展開戦略としてM&Aを活用する利点が確認できます。それでは、それぞれのメリットを順番に見ていきましょう。

①スピーディーに事業展開を図れる

既存事業の拡大にしろ多角化にしろ、事業展開にはある程度の時間がかかります。

市場の変化が早い現代においては、スピーディーな経営戦略の遂行が求められており、一から自社で事業展開をしては時代遅れとなる可能性があります。

M&Aを活用すれば、既に完成している事業(会社)を購入するため、事業展開に要する時間を大幅に節約できます。

スピーディーに事業展開を図ることで、他社に先駆けて市場シェアを獲得したり、ブランドイメージを構築できます。単なる時間の節約だけでなく、長期的な競争優位につながる訳です。

「お金で時間を買う」とも称されるM&Aは、事業展開の手法として非常に役立ちます。

②低リスクでの事業展開の実現

M&Aによる事業展開は、自社のみで事業展開を実行する場合と比べて低リスクです。

自社で一から事業展開を図る際には、経営資源の構築に多大な労力や費用を要します。不確実性が高い上に、失敗した際の損失も非常に大きいです。

M&Aにより、十分な経営資源や市場シェアを持つ会社を買収すれば、失敗リスクを大幅にカットできます。ただ、M&Aの際にこのことを意識すると、いかにニーズとマッチしている売り手を見つけられるかが重要になってきます

ニーズとマッチしている売り手を見つけたければ、M&A総合研究所のM&Aプラットフォームの活用がおすすめです。ここでは独自のAIを使い、買収ニーズを登録するだけで条件の合う売り手をマッチング致します。

>>買収ニーズ登録はこちら

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

③既存事業とのシナジー効果

M&Aによる事業展開の実行により、既存事業とのシナジー効果も期待できます。

シナジー効果とは、それぞれの事業を別に行う場合の合計よりも、より大きな利益や効果を得られる事です。例えば技術力が秀でている会社が、営業力の優れている会社を買収すれば、売上高が一気に増加する可能性があります。

M&Aでは、自社のみでは成し遂げることが出来ない目標(ビジョン)を達成できます。M&Aによる事業展開を図る際は、シナジー効果も考慮して相手を選びましょう。


※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

まとめ

事業の継続や拡大には、事業展開により何かしらの変化を生み出す必要があります。

スピーディーな事業展開を実現するためにも、M&Aを活用した経営戦略が有効的です。既存事業との関連性や経営資源の確保といった注意点を踏まえながら事業展開していきましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)