2020年12月23日更新事業承継

事業承継計画の作成方法とメリット

事業承継を円滑に実行し成功させるためには、綿密な計画を立てることが重要です。今回は、事業承継の計画を作成する目的をはじめ、事業承継計画の準備方法など、事業承継計画の内容と基本事項について解説します。

目次
  1. 事業承継計画の重要性
  2. 事業承継計画を作成するメリット
  3. 事業承継計画の準備方法
  4. 事業承継計画の作成時期
  5. 事業承継計画の内容
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

事業承継計画の重要性

近年、多くの中小企業では、経営者の高齢化が顕著になっており、後継者不足の企業が増加しています。そのため、事業承継できずに廃業してしまう企業が後を絶ちません。しかし「創業から苦労して経営してきた会社を消滅させたくない」と考える経営者の方は多いのではないでしょうか?

このような残念な結果にならないためにも、経営者の方は事業承継の成就に注力し、計画を立てて事前に備えることをオススメします。なぜなら、事業承継の成功において綿密な計画策定は非常に重要であるからです。計画を作成することで、事業承継を円滑にすることができます。そこで今回は、事業承継計画について詳しく解説します。

また、近年では後継者不足に悩む中小企業の間で、M&Aによる事業承継が増加しています。M&A仲介業者を介したM&A事業承継であれば、理想の相手に事業を承継できる上に、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーのサポートを受けながら、M&Aをよりスムーズに進めることができます。

ぜひ一度M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では事前相談を無料で承っており、着手金などもかかりません。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業承継の方法

会社を継ぐとは?息子・娘が引き継ぐポイントやリスク、M&Aの活用を解説

事業承継計画を作成するメリット

はじめに、事業承継計画を作成することで得られるメリットをご紹介します。事業承継計画を作成するメリットは以下の通りです。

  1. 進捗状況を把握することができる
  2. 会社や事業の現状を確認することができる
  3. 関係者間で認識をすり合わせることができる
  4. 関係者からの理解や協力を得やすくなる

①進捗状況を把握することができる

事業承継計画には、事業承継の詳細なスケジュールや実行する事項を記載します。そのため、事業承継計画書を見れば、一目で事業承継でやらなければならないことや進捗状況を把握することができます。

何も計画を立てずに闇雲に進めると、途中で事業承継が頓挫する恐れがあります。しかし、計画を立てることで、着実に事業承継を進行することができるのです。

②会社や事業の現状を確認することができる

事業承継計画を作成する大きな目的は、会社や事業の現状を確認することにあります。事業の将来性や財務状況などのさまざまな項目を再確認することで、計画策定の過程で自社の状況を冷静に見つめ直すことができるのです。

環境変化の激しい現代においては、同じ成功パターンが常に通用するとは限りません。市場で生き残るためには、経営戦略を環境に合わせて変化させる必要があります。事業承継計画の作成をすることは、自社を顧みる大きなチャンスであると言えるでしょう。

③関係者間で認識をすり合わせることができる

事業承継計画には、後継者に関する事項や将来的な事業の展望も記載します。そのため、後継者と共に事業承継計画を策定する必要があります。

時折、現経営者と後継者とでは、経営ビジョンや戦略が異なるケースがあります。しかし、事業承継計画を策定することで、あらかじめ考えをすり合わせ、後々両者および従業員との間で生じ得るトラブルを回避することができるのです。

➃関係者からの理解や協力を得やすくなる

円滑な事業承継には、金融機関や従業員など、外部関係者の理解が必要になります。事業承継は、独力で成功できるものではありません。綿密な計画を提示し、関係者からの理解や協力を得てはじめて成功するのです。

このように、事業承継計画を作成することで多くのメリットが得られます。また、事前に計画することで、事業承継の方法や税金、助成金などの判断にも冷静に対応することができます。事業承継を考えている場合は、必ず事業承継計画を策定した上で準備を進めましょう。

また、M&Aを活用した事業承継を実施する場合は、M&A総合研究所にご相談ください。事業承継計画をはじめ、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートします。

加えて、M&A総合研究所では事前相談を無料で承っております。完全成功報酬制をとっており、着手金などもかかりません。成功報酬も業界最安値の水準で設定しているため、よりリーズナブルにご利用いただけます。M&Aをご検討される際には気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継計画の準備方法

事業承継計画は、思い立ってすぐ策定できるものではありません。事前に準備してから策定しなければ、中身の薄いものになってしまい、事業承継計画のメリットを最大限活用することができないのです。ここでは、事業承継計画の準備方法についてご紹介します。

  1. 自社の現状を把握し整理する
  2. M&A・事業承継を念頭にした会社の磨き上げ
  3. 株式や資産の資本政策の決定

①自社の現状を把握し整理する

まずはじめに、自社の現状を把握することから始めましょう。自社の現状を理解していなければ、事業承継計画は作成できません。具体的には、自社の経営資源や事業の収益性、経営者個人の資産に関して把握する必要があります。

また「誰に事業承継をするのか」についても、この時点で決めておく必要があります。なぜなら、後継者の対象によって必要な対策や期間が異なるからです。とりわけ子供を後継者とする場合は、後継者教育に時間をかけなくてはなりません。

②M&A・事業承継を念頭にした会社の磨き上げ

次に実施することは「会社の磨き上げ」です。会社の磨き上げとは、後継者が引き継ぎたいと思うような会社作りに努めることをさします。利益は少ないが負債は多いという企業の事業承継を快く引き受ける後継者はほとんどいないでしょう。後継者のことを考えるならば、会社の磨き上げは必要不可欠なのです。

具体的には、無形資産(ブランド力や独自の技術など)の価値を高める、無駄な在庫や負債を減らすなどの磨き上げが効果的です。しかし、会社の磨き上げには数年単位の時間を要します。事業承継計画を策定してから始めては手遅れになる恐れがあるため、極力早い時期から取り組むことをオススメします。

また、M&Aによる事業承継においては、特に会社の磨き上げが重要です。会社の磨き上げを実施しなければ買い手がいつまでも現れない恐れがあります。会社の磨き上げなど、M&Aに関することで不安に思ったら、専門家にアドバイスしてもらうことが一番です。

まずは一度M&A総合研究所にご相談ください。M&A仲介会社であるM&A総合研究所は、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしM&Aをサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

③株式や資産の資本政策の決定

資本政策とは、株式や資産を「誰に・どの程度」引き継ぐかを決定することです。事業承継以後も問題なく事業を運営するためには、株式を後継者に集中させる必要があります。

しかし、資本政策については対策をしなければ相続時にトラブルとなる恐れがあります。結果的に事業運営に欠かせない株式が分散してしまうことにもなりかねません。そのリスクを避けるためにも、資本政策については事前に考えておくことをオススメします。

事業承継の際には、最低でも3分の2以上の株式を後継者に集中させなくてはいけません。持ち株比率が3分の2に及ばない場合は、後継者の経営権が弱くなります。確実に株式を引き継ぐために、経営承継法の特例活用や遺言書の利用を検討しましょう。

※関連記事

事業承継ガイドラインとは?活用方法や中小企業庁が策定した背景を解説

事業承継計画の作成時期

事業承継計画は、適切なタイミングで作成することが重要です。具体的には、「経営者の年齢」と「現状を正確に把握し得る時期」の2つの観点から、最適な時期を検討しましょう。

①事業承継ガイドラインに沿う

中小企業庁では、円滑な事業承継の指針となる「事業承継ガイドライン」を策定しています。事業承継ガイドラインでは、現経営者が60歳になった段階が最適なタイミングであると設定しています。その理由として、60歳以降は経営者の生存率が著しく低下することが挙げられます。

また、事業承継計画は、経営者が健康な内に作成することがベストです。計画作成後は、10年間のスパンで事業承継の手続きを進めることをオススメします。

②自社株の株価算定後

事業承継計画を作成する上で、自社株の株価算定は必須事項です。したがって、計画策定のタイミングとしては株価算定の実施直後が適しています。このように、実際に計画策定を行う際は、タイミングを意識して実施する必要があるでしょう。

※関連記事

次期社長の教育と選出方法

事業承継計画の内容

最後に、事業承継計画に記載する具体的な内容をご紹介します。事業承継計画に盛り込む内容は、4つの項目に大別できます。

  1. 事業承継に関する基本事項
  2. 事業承継の進行方法
  3. 具体的な実施内容
  4. 事業承継後の展望

①事業承継に関する基本事項

事業承継を行う上で、最も基本的な事項を記します。具体的には、下記内容を計画に盛り込みます。

  • 経営者の氏名や年齢
  • 後継者の氏名や年齢、続柄
  • 事業承継の時期
  • 事業承継の方法

②事業承継の進行方法

事業承継に欠かせない以下の実施事項について「いつまで・どのように」進めるかを記載します。

  • 後継者教育
  • 自社株式や会社財産の譲渡
  • 関係者からの理解と協力の獲得

これらの実施事項は事業承継の成功を左右する重要な部分です。計画策定の際には慎重に検討しましょう。

③具体的な実施内容

次に、毎年ごとに実行すべき内容を記載します。ここでは「会社」「経営者」「後継者」にわけた上で、計画を策定することが重要です。一般的な事業承継では、10年間の計画を策定します。

「会社」について

事業承継の進行過程で、自社が何を達成すべきかを盛り込みます。具体的には、利益目標や事業の展開などを記載します。事業の展開に関しては、後継者が会社を引き継いだ後のことも考えた上で記載しましょう。後継者の意向を反映した内容に決定することが望ましいです。

「経営者」について

ここでは、現経営者が達成すべき内容を記載します。具体的には、経営者の退職後の持ち株比率や、関係者への公表時期などが該当します。

「後継者」について

ここでは、後継者教育のスケジュールを主に記載します。また、後継者の持ち株比率や、事業承継実行までの役職なども決定します。後継者教育は、事業承継の成功にとって欠かせないプロセスです。いつまでに何を実施するのかをしっかりと記載する必要があります。

➃事業承継後の展望

事業承継で引き継ぐものは、株式や資産など目に見えるものだけではありません。ノウハウや技術力、経営理念なども含まれます。経営理念とは、会社が「どのように事業を行うか」を抽象的にしたものです。現経営者の意向を反映させるためには、経営理念についても明記する必要があります。

また、事業承継後の将来的な展望も計画に盛り込む必要があります。事業承継はその手続きが完了したらゴールとなるわけではありません。事業承継後、経営を維持もしくは拡大して初めて、事業承継が成功となります。したがって、事業承継後の展望も計画の中に盛り込む必要があるのです。

※関連記事

事業承継対策のポイント

まとめ

今回は「事業承継計画」について解説しました。スムーズに事業承継を遂行するためには、綿密な計画策定が必要不可欠です。事業承継計画の策定を行うことで、さまざまなメリットが得られます。しかし、計画を実際に作るためには事前の準備が欠かせません。

また、計画した事項をすべて完了するためには、非常に長い月日を要します。そのため、事業承継計画は早い段階から作成する必要があります。

さらに、計画策定に当たっては中小企業庁が作成した「事業承継ガイドライン」を参照することをオススメします。ガイドラインには、事業承継に役立つ知識が豊富に記載されています。

加えて、事業承継では専門家の助力も欠かせません。多くの関係者の助力があって初めて、事業承継は成功します。

要点をまとめると下記になります。

・事業承継計画を作成するメリット

 →進捗状況の把握ができる、現状の確認ができる、関係者間で認識のすり合わせができる、理解や協力を得やすくなる

・事業承継計画の準備方法

 →自社の現状把握と整理、会社の磨き上げ、資本政策の決定

・事業承継計画の作成時期とタイミング

 →事業承継ガイドラインに沿う、自社株の株価算定後

・事業承継計画の内容

 →事業承継に関する基本事項、事業承継の進行方法、具体的な実施内容、事業承継後の展望

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題とは、日本が超高齢社会に至ることで生じるさまざまな問題でを指し、中小企業の事業承継にとって深刻な影響を及ぼす可能性もあります。本記事では、2025年問題をM&A・事業承継で解決する...

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは、大株主が大量の株式を売却する際、少数株主も同等の条件で当該株式を売却することができる権利です。この記事では、タグアロングとはどのようなものか、条項を盛り込む際のメリット・デメリ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)