M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
会社を継ぐとは?息子・娘が引き継ぐポイントやリスク、M&Aの活用を解説

会社を継ぐとは?息子・娘が引き継ぐポイントやリスク、M&Aの活用を解説

目次

    会社を継ぐ

    会社員、個人事業主として独立、起業、様々な選択肢があります。

    親の会社を継ぐ事も選択肢の一つであり事業承継という言葉で表現されます。

    この記事では、「会社を継ぐ」上で意識したいポイント、方法、メリット・デメリットを解説します。

    親戚の会社を継ぐ事を検討中の方や、実家が会社を経営している方は必見です。

    会社を継ぐとは?「会社を継ぐ」の意味

    まず初めに、会社を継ぐとはどういうことかを解説します。

    ⑴「会社を継ぐ」とは

    「会社を継ぐ」とは、親や親族が経営している会社を引き継ぐ事を意味します。

    「家業を継ぐ」とも呼ばれています。

    類似する用語に「事業承継」があります。

    事業承継とは、自身の経営する会社を後継者に引き継がせる行為を意味します。

    現経営者からの視点で考える場合は「事業承継」、後継者の視点で考える場合は「会社を継ぐ」をそれぞれ使用します。

    「経営権の移転」という意味では、両者に違いはありません。

    ⑵「会社を継ぐ」際に受け継ぐ資産

    一口に「会社を継ぐ」と言っても、受け継ぐ資産は多岐に渡ります。

    事業用の機械設備や不動産等の有形資産は勿論、自社株式や債権債務、従業員との雇用契約等も引き継ぎます。

    上記の資産に加えて、経営ノウハウや理念等も現経営者から引き継ぐ重要な資産となります。

    「会社を継ぐ」と言った場合には、有形・無形を問わずあらゆる資産承継を伴います。

    ⑶「会社を継ぐ」に関する現状

    国全体で進行している高齢化は、経営者にも当てはまります。

    現在全国の中小企業は、経営者の高齢化進行に伴い、事業承継のタイミングを迎えています。

    事業承継のタイミングを迎えている一方で、従来とは違い「会社を継ぐ」選択肢は一般的ではなくなりました。

    親が経営者であっても会社を継がずに、好きな仕事をするケースが主流となっています。

    会社を継ぐ後継者不足は、多くの中小企業で深刻な課題となっています。

    自身の子供に会社を継いでもらう代わりに、従業員や第三者に事業承継するケースが近年は増加しています。

    ※関連記事

    事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

    会社を継ぐ方法とタイミング

    次に、会社を継ぐ方法とタイミングについて解説します。

    会社を継ぐ方法をタイミングにより分類すると、「相続」と「贈与」の二種類あります。

    この項では、会社を継ぐ方法をタイミング別に2種類、加えて「M&A」によって「会社を継ぐ」方法も解説します。

    ⑴相続により会社を継ぐ方法

    相続により会社を継ぐ方法とは、経営者が亡くなったタイミングで会社を継ぐ方法です。

    先代が亡くなったタイミングで、自社株式や事業用資産等を相続します。

    この会社を継ぐ方法では、資産を引き継ぐ際に相続税が課税されます。

    会社の規模が大きいほど、相続税の負担が重くのしかかります。

    「事業承継税制」を活用すると、相続税負担を軽減できます。

    相続のタイミングで会社を継ぐ場合、相続人の分散にも注意する必要があります。

    対策なしで相続に臨むと、会社経営に不可欠な自社株式が相続人の間で分散する恐れがあります。

    会社を継いだ後の経営を円滑に進める為にも、先代経営者に遺言書で自身へ株式を相続させる様に頼みましょう。

    ⑵贈与により会社を継ぐ方法

    贈与より会社を継ぐ方法とは、経営者が存命のうちに後継者が自社株式の承継を完了する方法です。

    経営者や後継者の好きなタイミングで、事業承継できる点がメリットです。

    この会社を継ぐ方法では、相続税ではなく「贈与税」が課税されます。

    年間110万円以内の贈与であれば、非課税で自社株式を承継できます。

    この制度を上手く活用すれば、税負担を抑えた上で会社を継ぐことが可能です。

    ⑶M&Aにより会社を継ぐ方法

    M&Aにより会社を継ぐ方法とは、第三者から買収する形で会社を継ぐ方法です。

    相続や贈与と異なり、会社を継ぐ際に多額の買収費用がかかります。

    買収費用はかかるものの、「贈与税」や「相続税」は原則発生しません。

    近年の後継者不足に伴い、M&Aによる事業承継のニーズが高まっています。

    M&Aを検討する企業の中には、黒字の優良企業も存在します。

    M&Aを活用すれば、黒字の優良企業を後継者として引き継ぐことが出来ます。

    ※関連記事

    事業承継の方法

    会社を継ぐメリット・デメリット

    この項では、会社を継ぐメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

    今回は、親の会社を継ぐケースを想定します。

    ⑴会社を継ぐメリット

    親の会社を継ぐメリットは、主に下記3つあります。

    ①自由に経営できる(裁量権が大きい)

    親の会社を継ぐ最大のメリットは、仕事に対する自由度や裁量権が拡大する点です。

    会社員は上司の仕事を言われるがままこなす日々が続きますが、自身が経営者となれば基本的には自由に経営できます。

    自身がやりたい仕事を遂行できますし、仕事に対する裁量権も拡大します。

    ②休日を設定できる

    休日を自分で設定できる点も、会社を継ぐ大きなメリットです。

    自身が経営者となる為、旅行や趣味に時間を使いたいタイミングで、自由に仕事を休むことが可能です。

    自由に仕事を休める点は、人によっては会社を継ぐ魅力的なメリットとなるでしょう。

    ③通勤や転勤がない

    会社を継ぐ三つ目のメリットは、通勤や転勤が無い点です。

    会社勤めの場合、自宅から会社まで電車やバスで通勤しなくてはいけません。

    人口の多い都心では、毎日満員電車に乗って通勤しなくてはいけません。

    加えてある日突然転勤を言い渡され、見知らぬ土地に引っ越す状況になる恐れもあります。

    一方で会社を継げば、基本的には「自宅=会社」となる為、通勤時間がなくなります。

    自身で会社を経営するので、当然転勤を言い渡される心配も不要です。

    ⑵会社を継ぐデメリット

    一方で会社を継ぐと、下記のデメリットも生じます。

    ①安定さに欠ける

    良くも悪くも、会社経営は実力主義の世界であり、全てが自己責任となります。

    業績が良い時は会社員以上に稼げる一方で、収入がゼロとなるリスクもあります。

    安定さが欠ける点は、会社を継ぐ最大のデメリットでしょう。

    ②退職や転職が困難

    会社を継ぐことには、退職や転職が困難というデメリットもあります。

    従業員の生活がかかっている為、仕事が嫌になっても簡単に経営者の職を退く事は無理です。

    加えて会社が倒産した際、転職しようにも上手くいきません。

    経営者という経歴は、相手会社に「プライドが高そう」といった印象を抱かせる可能性があります。

    ※関連記事

    家業を継ぐ

    会社を継ぐリスクと注意点

    この項では、会社を継ぐリスクと注意点について解説します。

    ⑴会社を継ぐリスク

    会社を継ぐ際、後継者には「連帯保証」を引き継ぐリスクがあります。

    連帯保証とは、会社の資金借り入れの際に経営者自身も保証人となる事です。

    先代経営者が連帯保証人である場合、会社を継ぐことで自身も連帯保証を負うリスクがあります。

    連帯保証を負うと、会社が万が一倒産した際に自身が借金返済の義務を負います。

    会社の借金は個人と比べて多額にのぼるため、大きなリスクとなります。

    連帯保証の有無を必ず確認した上で、会社を継ぐかどうか決定しましょう。

    ⑵会社を継ぐ注意点

    会社を継ぐに際しては、必ず意識すべき注意点があります。

    一般的にある事業の寿命(十分な収益を得られる期間)は、30年程度と言われています。

    一方で先代経営者が創業から事業承継するまでの期間は、約20〜30年程度です。

    単一の事業のみ持つ会社である場合、後継者は寿命間近の会社を継ぐこととなります。

    会社を継いだ後、現状維持で十分な収益を得続ける事は困難です。

    単一事業のみを営む会社を継ぐ場合、ターゲット変更や商品改良等、事業に何かしらの手を加えなくてはいけません。

    場合によっては、新規事業の立ち上げも考える必要があります。

    会社を継ぐ際は、現状維持では難しい点に注意しましょう。

    ※関連記事

    MBOを活用した事業承継

    息子・娘が会社を継ぐ際のポイント

    息子や娘が会社を継ぐ際には、幾つか踏まえるべきポイントがあります。

    まず初めに、経営者と後継者の双方が、会社を継ぐタイミングを擦り合わせておく必要があります。

    両者の間で考えているタイミングは、異なっているケースが多いです。

    円滑に会社を継ぐ上では、タイミングに関する認識のすり合わせがポイントとなります。

    息子や娘は、会社を継ぐと決めた時点で早く入社して、仕事を覚えることもポイントです。

    後継者教育には、早くても10年程度かかると言われています。

    早く入社する事で、会社を継いだ後の成功可能性が高まります。

    後継者教育に際しては、先代経営者側が注意すべきポイントもあります。

    技術や財務等のみならず、理念やノウハウ等に関しても後継者に伝えなくてはいけません。

    伝える過程では、事業承継後の方向性について共有し合う必要があります。

    ※関連記事

    事業承継を成功させるための後継者選び

    会社を継ぐ年齢や覚悟

    最後に、会社を継ぐ年齢や覚悟について解説します。

    ⑴会社を継ぐ年齢

    中小企業庁の公表するデータ(中小企業白書2013)によると、後継者が会社を継いだ平均年齢は50.9歳となっています。

    平均では50歳と遅いですが、会社を継ぐ年齢は早い方が良いでしょう。

    経営とは試行錯誤の連続であり、すぐに成功するとは限りません。

    情熱や体力がある若い年齢で会社を継ぐ事で、成功に向かう可能性が高くなります。

    若い年齢の経営者であれば、小さな失敗をしても周りは許してくれますし、困った時には助けてくれます。

    「年齢が若い」事自体が有利に働くので、なるべく早い時期に会社を継ぐことをオススメします。

    ⑵会社を継ぐ覚悟

    「会社を継ぐ」とは安定的な雇用環境を捨てて、全てが自己責任の世界に飛び込む事を意味する為、大きな覚悟が必要です。

    自身の人生に加えて、会社で働く従業員の人生も担う事となります。

    自身の経営次第では、従業員が路頭を迷うリスクもあります。

    上記の通り会社を継ぐとあらゆるものを背負う為、それ相応の覚悟が必要です。

    ※関連記事

    事業承継の株価算定

    まとめ

    会社を継ぐ後継者不足は、多くの中小企業で深刻な課題となっています。

    同時に後継者不足に伴い、M&Aによる事業承継のニーズも高まっています。

    会社を継ぐタイミング、リスクや注意点を理解しながら承継を進めていきましょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    お電話でのご相談
    03-6427-8841
    WEBから無料相談