2020年5月9日公開会社を売る

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

債務(負債)・赤字を抱える会社でも、会社を他社へ譲り渡すことは可能です。当記事では、債務(負債)・赤字を抱える会社の会社売却に関して、売却の際の債務(負債)・赤字の引き継ぎや、引き継ぎ不可のケース、引き継ぎの際の注意・成功ポイントなどを取り上げています。

目次
  1. 会社売却とは
  2. 会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?
  3. 会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎが行われない場合がある
  4. 会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎの注意点
  5. 債務(負債)・赤字がある会社を売却する際の成功ポイント
  6. 債務(負債)・赤字がある会社は売却以外の方法はある?
  7. 債務(負債)・赤字がある会社の売却の相談先
  8. まとめ
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

会社売却とは

会社売却とは

会社売却とは

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%94%B7-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E6%...

会社の株式や事業のすべてを他の会社に譲り渡すのが会社売却です。株式を譲るなら会社を経営する権利を委譲させ、自社が営む全事業を譲るなら事業を営む主体を他社へ移して、会社の経営・事業の運営から手を引きます。

株式と事業を譲るほかにも、分割と合併も会社売却の方法に加えられています。事業にまつわる権利義務を別の会社に移すのが分割で、2つを超える会社が1つの会社になるのが合併です。

このように、会社売却が完了すると、会社を経営する権利か事業の主体が他の会社に移されます。ちなみに、合併に関しては他の会社売却とは違って当事会社の解散が伴うので、会社売却によって会社そのものがなくなってしまいます。

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなるのか

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA-%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E7%...

赤字・債務・負債を抱える企業が会社売却に取り掛かると、他社に劣ると判断される赤字・債務・負債の取り扱いに疑問を抱く方もいるでしょう。会社が抱える赤字・債務・負債は、下記のように取り扱われます。

  • 株式譲渡を行った場合
  • 事業譲渡を行った場合
  • 会社分割や合併を行った場合

株式譲渡を行った場合

会社の株式を譲ることで会社を経営する権利を譲る株式譲渡では、会社をそっくり他の会社に移す方法のため、売り手の赤字・債務・負債も丸ごと引き継がれます。

しかし、買い手は売り手のマイナスな要素を抱えても、自社事業との親和性や求める人材、特殊な技術、事業エリア、取引先などを得られるため、赤字・債務・負債のある会社も株式を譲り渡すことで、会社売却を済ませられる可能性があります。

事業譲渡を行った場合

事業に関する経営の主体を他の会社に譲る事業譲渡は、譲り渡す対象を選べるため、会社売却を済ませても自動的に赤字・債務・負債は承継されません。

つまり、赤字が出ている事業や、抱えている債務・負債の移譲は、買い手との交渉に委ねられます。交渉により買い手が赤字を出す事業と債務(負債)を受け入れることを同意してくれれば、事業譲渡でも債務(負債)・赤字を抱える事業を譲り渡せます。

とはいえ、買い手へリスクを背負わせてまで事業譲渡を受け入れてもらうには、売り手事業が買い手にとって利益となる長所を備えている必要があります。どの会社の事業であっても、赤字の事業や、事業の債務・負債をほかの会社に移せるとはいえません。

会社分割や合併を行った場合

分割・合併で会社売却に取り掛かる際には、赤字・債務・負債は下記のように取り扱われます。

  • 会社分割のケース
  • 合併のケース

会社分割のケース

かつては会社を分割する際に、債務の履行を行えるなら、分割をしてよいとされていましたが、会社法による規定では債務の履行を行える可能性が明記されていないため、債務超過の会社でも分割は可能です。

分割を進める際は、株主に債務の履行が行えるかどうかを知らせたり、債権者保護の手続きをとったりする必要があります。

【関連】会社分割と債務超過

合併のケース

合併の場合には、吸収合併の方法を選ぶと、吸収される売り手の繰越欠損金を、買い手に引き継いでもらえます。

ただし、合併前に買い手と吸収される売り手の株式について、50%を超える割合を保有し、その割合が5年の間続いていないと、繰越欠損金を用いた節税は行えません。

それでも、5年を過ぎるまでに合併し、みなし共同事業要件という基準に達していれば、繰越欠損金の引き継ぎは可能です。

【関連】繰越欠損金とは?税効果や期限、控除限度額をわかりやすく解説

会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎが行われない場合がある

会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎが行われない場合

会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎが行われない場合がある

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%AA%E3%81%97-%E5%8...

債務・赤字が会社売却で買い手に引き継がれないことはあるのかと疑問に思う方もいるでしょう。債務・赤字が引き継がれない例には、下記のような場合が挙げられます。

  • 株式譲渡の場合
  • 事業譲渡の場合
  • 会社分割の場合
  • 合併の場合

株式譲渡の場合

株式の所有者を変えて経営する権利を他の会社へ移す株式譲渡でも、譲渡契約に債務(負債)の引き継ぎが明記されていないと、買い手には引き継がれません。契約書の内容を見落としてしまうと、譲渡契約を結んでも、債務(負債)は残されます。

また、株式譲渡を済ませても、オーナー経営者が抱える連帯保証の債務は、自動で買い手に引き継がれません。

個人の連帯保証を引き継いでもらうには、譲渡契約に引き継いでもらう点を盛り込み、買い手による借入金の融資の肩代わりか、借入金の保証の肩代わりが必須といえるので、株式譲渡でも、債務(負債)が引き継がれない点に留意しましょう。

事業譲渡の場合

会社売却における事業譲渡は、すべての事業を譲渡の対象としています。しかし、赤字を出す事業が含まれていれば、買い手は対象事業から得られる利益とリスクを考量し、赤字を出す事業を譲り受けず、優良な事業のみを引き継ぐのが大半です。

債務(負債)でも、事業譲渡では承継する対象を選べるため、自社に不利益となる債務(負債)は承継の対象とせず、大半は債務(負債)を除いた対象のみを承継します。

会社分割の場合

自社が営む事業を他の会社に移す会社分割では、不採算事業を自社に残し、優良事業は他の会社へ移す例が見られます。買い手に譲り渡す対象は、優良事業を承継した会社のため、赤字・債務(負債)は自社に残されるので、赤字・債務(負債)の引き継ぎを果たせません。

また、繰越欠損金についても、会社分割では引き継げません。他の会社に移す事業に関係する繰越欠損金を正確に導き出せない点が理由とされています。

しかし、下記の条件に当てはまると、会社分割でも繰越欠損金は引き継がれます。

  • 分割会社の主要事業が、承継会社で引き続き運営されることが予想される
  • 分割の直前に保有している分割会社の全資産・負債が、承継会社に移される
  • 分割してすぐに分割会社が解散する旨を、分割日までに株主総会か社員総会で決議している

合併の場合

買い手が売り手の株式を取得し、吸収合併により売り手を自社に取り込もうとする場合、下記のような条件に達していなければ、繰越欠損金は引き継げません。
 

  • 合併から5年の期間を超えて、売り手に対する50%超えの支配関係が続く

上記では5年を超える期間が条件でしたが、5年に達していない状態でも、繰越欠損金の引き継ぎは可能です。ただし、下記に挙げる要件の①~③か、①と④を満たしていないと、繰越欠損金は引き継げません。

【みなし共同事業要件】
  1. 合併する両社が営む事業に関連性がある(吸収される会社の事業は主要な事業とする)
  2. 両社の売上・社員数・資本金などの割合が5倍を上回らない
  3. 両社の運営事業が合併前まで営業を続けていることと、合併直前における事業の規模が2倍を上回らないこと
  4. 両社の経営に関わる特定役員が、合併した会社の特定役員に就任することが予想される

会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎの注意点

会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎの注意点

会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎの注意点

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%81%9C%E6%AD%A2-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E4%BA%A4%E...

会社売却で赤字・債務(負債)を他の会社に承継させるのなら、下記の点に注意を払います。

  1. 会社売却後に借入が残る場合がある
  2. 希望通りの売却先が見つからない可能性がある

1.会社売却後に借入が残る場合がある

会社売却で得られた対価を抱える赤字・債務(負債)の解消に充てる場合、対価の額が赤字・債務(負債)の額を下回ると、自社・個人に借入金が残されます。

また、譲渡契約を済ませてから債務が発覚した場合、契約内容によっては売り手が債務者となるため、会社売却を終えても、債務を果たす責任が自社に残されます。

【関連】簿外債務

2.希望通りの売却先が見つからない可能性がある

赤字・債務(負債)を抱える会社・事業は、財務状況の良い会社・事業よりも低く評価されます。

買い手は主にリスクの少ない会社・事業を買収の対象に据えるので、売り手の会社・事業が自社の価値を高めるに値する資産などを保有していないと、求める買い手は見つからないといえます。

売り手は当初の条件を下げたり、会社売却の方法を変えたりしないと、売却先を探せない可能性がある点を留意しましょう。

債務(負債)・赤字がある会社を売却する際の成功ポイント

債務(負債)・赤字がある会社を売却する際の成功ポイント

債務(負債)・赤字がある会社を売却する際の成功ポイント

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E6%89%8B-%E8%A1%A8%E7%A4%BA-%E9%81%B8%E6...

赤字や債務(負債)を抱える会社が、求める条件で会社売却を終えるには、下記のポイントを押さえましょう。

  1. 人材や技術、資産など自社の強みを持つ
  2. 権利や特許など独自の価値がある
  3. 安定した取引先を持っている
  4. 売却前までに業績を少しでもよくしておく
  5. 売却のタイミングを間違えない
  6. 自社事業の収益性を理解し、アピールする

1.人材や技術、資産など自社の強みを持つ

買い手は自社事業とのシナジーや、事業・業容の拡大などを目的に、会社売却に応じます。そのため、事業を行う上で必要となる人材を一定数確保でき、自社にはない技術・システムを備えていれば、会社売却は可能です。

そのほか、工場などの建物や、事業所を構えるための土地、事業に用いられる設備などの資産を保有している点も、会社売却を果たすための必要な要素といえます。

2.権利や特許など独自の価値がある

事業運営に必要な権利の取得や特許における技術の開発を一から始めると、多くの費用・労力、長い期間を費やす必要があります。

しかし、売り手が事業を行うための許可を有していたり、特殊技術を使用する権利を備えていたりすると、買い手は対価の支払いと交換に、価値のある権利・特許を取得できます。

つまり、売り手が赤字を出していたり、債務(負債)を抱えていたりしても、価値のある権利・特許を有していれば、買い手を見つけられるので、会社・事業を売却できる可能性が高いといえます。

3.安定した取引先を持っている

特定の相手と取引をしたいと考えていても、既に他の会社と取引関係にあれば、自社が介入する余地はありません。しかし、売り手が対象の取引先との関係を築いていれば、買収により求める取引先を確保できます。

売り手が行ってきた取引はもちろん、買い手事業に関連した取引を新たに始められる可能性があるので、赤字・債務(負債)のある会社でも、深い関係にある取引先を確保していれば、会社売却を終えられるといえます。

4.売却前までに業績を少しでもよくしておく

会社売却に取り組む前に、自社の弱点を補って利益率を高めたり、短期間に修正した経営計画を進めたりすると、業績の改善が買い手に評価されます。

また、新たに特許を取得したり、不良な資産を処分して現金に換えたりなど、自社の長所を活かした取り組みや、会社のスリム化を図るなどの方法で業績をアップさせると、買い手の関心を高められ、会社売却の成功を呼び込みます。

【関連】企業価値とは?企業価値向上施策、計算方法をわかりやすく解説

5.売却のタイミングを間違えない

赤字・債務(負債)のある会社は、優良な会社と比べて、買い手の数が少ないといえます。

限られた買い手のうちの1社が興味を示してくれたにもかかわらず、交渉に応じるかどうかを決めかねているうちに、買い手が交渉から手を引いてしまえば、次の買い手がいつ現れるかはわかりません。

条件を下げてでも交渉に応じるか、別の買い手が現れるのを待つかを決めるのは売り手次第ですが、業績の良い会社よりも買い手が少ない現状を考慮すれば、条件を下げた交渉で買い手を逃さないのも1つの方法です。

ただし、売り手市場の時期なら、通常の時期よりも買い手が集まりやすいといえるので、売り手の希望に沿った買い手の探索に時間をかけられます。

6.自社事業の収益性を理解し、アピールする

いくつかの事業を運営していても、すべての事業で赤字を出しているとは限りません。赤字を出している事業が1つなら、他の事業についての収益性をアピールしましょう。

株式譲渡・合併での売却は難しくても、事業譲渡と分割なら、収益性の良い事業だけを切り離せるので、赤字会社でも会社売却は可能といえます。

債務(負債)・赤字がある会社は売却以外の方法はある?

債務(負債)・赤字がある会社の売却以外の方法

債務(負債)・赤字がある会社は売却以外の方法はある?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%81%93%E6%A8%99-%E9%81%93%E8%B7%AF%E6%A8%99%E8%AD%98-%E8%...

債務(負債)・赤字を抱える会社には、売却を除いた手段に下記のような方法が用意されています。

  • 企業再生
  • 解散・清算

企業再生は、企業監査により財務状況を改めて確認し、立てた再生計画に基づいて、債務の免除や、減資、第三者割当増資、投資ファンドからの投資などを活用しながら、赤字・超過債務からの脱却を図ります。

解散・清算は、会社の事業活動を中止し、資産の売却と債権の回収により、抱える借金を返す方法です。解散・清算を選ぶと、会社の運営を続けられず、会社そのものがなくなってしまうので、会社を残すなら企業再生による取り組みを選ぶようにしましょう。

とはいえ、企業再生を図るには、株主・取引先などの関係者の理解を得て、企業監査・再生計画の立案・計画に見合ったスキームの実行などに取り掛かるため、完了するまでには数年を要します。

また、専門性が高い方法のため、士業・コンサルタントなどの専門家の協力が必須といえるため、支払う費用も嵩んでしまうので、短い期間・少ない負担で赤字・債務(負債)を解消するには、会社売却をお薦めします。

【関連】企業再生ファンドとは?仕組み、事例、一覧や業務内容を解説

債務(負債)・赤字がある会社の売却の相談先

債務(負債)・赤字がある会社の売却の相談先

債務(負債)・赤字がある会社の売却の相談先

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3-%E...

債務(負債)・赤字を抱える会社を売る際は、中堅・中小企業向けの案件を取り扱うM&A総合研究所への相談をお薦めします。M&A総合研究所は、赤字会社の売却を仲介した実績を持つM&A仲介会社です。

平均3カ月での成約をはじめ、希望額を上回る取引額の提示や、完全成功報酬の料金システム(レーマン方式)、専門家3名を就けた成約までのサポートなどの支援により、75%の高い成約率を誇っています。

債務(負債)・赤字のある会社の売却なら、M&A総合研究所へお問い合わせください。無料による相談は、24時間年中休まずに、電話とメールフォームで受け付けております。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%B2%A0%E5%82%B5-%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%...

債務(負債)・赤字を抱える会社の会社売却について、会社・事業を譲り渡す際の債務(負債)・赤字の取り扱いや、債務(負債)・赤字が引き継がれない場合などを取り上げました。

会社売却は、方法ごとに債務(負債)・赤字の引き継ぎ方が異なり、譲渡契約の内容や譲渡の対象資産、定められた条件によって債務(負債)・赤字は引き継がれません。

そのため、取り上げた注意・成功のポイントを踏まえて、自社にふさわしい会社売却の方法を選びましょう。

【会社売却の際に債務(負債)・赤字引き継ぎの注意点】

  1. 会社売却後に借入が残る場合がある
  2. 希望通りの売却先が見つからない可能性がある

【債務(負債)・赤字がある会社を売却する際の成功ポイント】
  1. 人材や技術、資産など自社の強みを持つ
  2. 権利や特許など独自の価値がある
  3. 安定した取引先を持っている
  4. 売却前までに業績を少しでもよくしておく
  5. 売却のタイミングを間違えない
  6. 自社事業の収益性を理解し、アピールする

また、債務(負債)・赤字を抱えている会社を売るとなれば、優良な会社よりも、買い手を見つけるのが難しいといえるので、過去に債務(負債)・赤字のある会社を仲介した実績のある専門家に協力を仰ぐようにしましょう。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所は、M&Aに関するご相談を受け付けているM&A仲介会社です。お問い合わせは、メールアドレス・電話番号・会社へ直接アクセスするなど、様々な方法があります。本記事では、M&A総合研究...

M&A
M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所のM&Aサポートの特徴の1つに「超高速M&A」があります。この特徴はフォーブスでも大きく取り上げられ、M&A業界でも注目を集めています。本記事では、フォーブスで語ったM&A総合研...

M&A
会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

債務(負債)・赤字を抱える会社でも、会社を他社へ譲り渡すことは可能です。当記事では、債務(負債)・赤字を抱える会社の会社売却に関して、売却の際の債務(負債)・赤字の引き継ぎや、引き継ぎ不可のケー...

M&A
M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所は、M&A仲介会社として様々なメディアに取り上げられています。日経記事にも取り上げられ、事業内容について語っています。本記事では、日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容を始め...

M&A
M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

近年、500万円以下の少額のM&A案件が目立つようになりました。個人・サラリーマンによる独立を目指したスモールM&Aも多く見受けられ、注目を集めつつあります。本記事では、300万~500万円で買...

M&A
M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬は成約まで手数料がかからない料金体系です。その魅力的なメリットから採用する仲介会社が増えていますが、デメリットについても把握しておく必要があります。支払う手数料を試算するため...

M&A
事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却はM&A手法として広く利用されている手法の1つです。事業譲渡・事業売却の際は費用や手数料、税金が発生するので、正しく把握することが大切です。計画的にM&Aするためにも、費用や手...

事業譲渡
事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

自社の事業を他の会社へ譲り渡すのが事業譲渡・事業売却です。当記事では、事業譲渡・事業売却の相場をはじめ、相場よりも高い企業価値を算出する方法や、取引価格を上げる方法、事業譲渡・事業売却の長所と短...

事業譲渡
地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

M&Aは大都市圏で最も盛んに行われていますが、地方のM&Aも徐々に普及しつつあります。特に地方の中小企業がM&Aを活用することは、地域創生の観点からも重要です。本記事では、地方の中小企業M&Aに...

中小企業M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)