2021年4月21日更新事業承継

優先株

優先株とは種類株式の1つで、配当を優先的に受け取れるなど、ある特定の優先権が付いている株式です。今回は優先株の必要性やメリット・デメリット、配当の受取と分配方法、普通株に転換する際の注意点などを紹介します。

目次
  1. 優先株とは
  2. 優先株が必要な理由とは
  3. 優先株に付与する優先権とは
  4. 優先株のメリット・デメリット
  5. 優先株の発行時における注意点
  6. 優先株から普通株に転換する際の注意点
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

優先株とは

優先株とは

会社にとって株式は非常に重要で、株主がいなければ、会社を経営していくための資金調達を実施できません。株主は会社に投資し、株式を取得するかわりに配当や議決権を得ます。

しかし、すべての投資家が経営に参加したいと思っているわけではなく、議決権よりも確実な分配を望むことが多いです。

そのような株主のために用意されているのが優先株です。優先株は優先配当など、ある特定の事項について優先権が付いた株式です。どのような優先権があるのかは後述します。

※関連記事
優先株式とは?優先株式のメリット・デメリット、種類やM&Aでの活用法を解説

優先株が必要な理由とは

優先株が必要な理由とは

優先株が必要とされる主な理由は以下のとおりです。

  1. 投資回収に対する株主の優先権の確保
  2. ストックオプションの実効性の確保
  3. 持ち株比率の希釈化の防止

①投資回収に対する株主の優先権の確保

万が一、事業が失敗して投資を回収できなくなると、株主はそのリスクを恐れるあまり、投資を躊躇するおそれがあります。

そこで、事業が失敗しても残った資産のうち投資した額を優先的に回収できる権利を付与した優先株の発行により、上記の投資リスクを下げることが可能となります。

なお、最近では、M&Aで活用される例も多く、M&Aによる売却対価を株主に優先的に分配するようにしているケースがあります。

②ストックオプションの実効性の確保

ストックオプションとは、役員や従業員に対するインセンティブ支給の目的で、主に無償で付与する新株予約権のことです。この場合、従業員は行使価格を支払って普通株を取得し、その株式を売却して利益を得ることが可能です。

特に、スタートアップの企業で活用されることが多く、創業時は資金不足で現金でのインセンティブの支給が難しい中で、従業員のモチベーションアップを図るといった目的で利用されることが多く見られます。

ただし、ストックオプションには、税制適格という要件があるため注意しましょう。この要件に合わないと重い税金を課せられます。
 
ストックオプションの付与の際に普通株を発行していると、従業員は行使価格として、その株主と同額以上の金額を支払う必要があり、その支払額が大きくなると、インセンティブの意味がなくなるおそれがあります。

このリスクを避けるには、株主に普通株式より高い金額で優先株式を発行し、普通株式の価格を下げます。つまり、税制適格の要件に沿った優先株式を発行して新株予約権の行使価格を下げ、インセンティブとしてのストックオプションの効果を維持できます。

③持ち株比率の希釈化の防止

資金調達により株主が増えると、会社の持ち株比率が下がる場合があります。そこで、議決権に基づく経営への株主の関与を最低限に抑え、持ち株比率を最大限維持する方法として、優先株の発行が活用されています。

優先株の発行価格を最大限高くし、発行株式数を最大限少なくして、持ち株比率の低下を抑えることができます。

ただし、優先株の発行価格は企業価値(バリュエーション)に比例して高くなることから、企業価値に基づいて決定する必要があります。

※関連記事
ストックオプションと株価の関係性
企業価値とは?企業価値向上施策、計算方法をわかりやすく解説

優先株に付与する優先権とは

優先株に付与する優先権とは

優先株によって優先権が付与できる主な項目は以下のとおりです。

  1. 剰余金の配当
  2. 残余財産の分配
  3. 取得請求権・取得条項
  4. 役員選任権
  5. 拒否権
上記のどの項目にするかは、株主との合意で自由に決定できます。

①剰余金の配当

株主が受ける剰余金の配当に優先権を付与すると、普通株の株主よりも多くの配当金を受け取れる可能性があります。

なお、起業したばかりのベンチャー企業のように、配当する余裕がないような場合には、配当自体に優先権を付与しない場合もあります。

②残余財産の分配

残余財産の分配とは、会社が倒産や破綻した場合に残った資産を株主などに分配することをいいます。残余財産の分配に優先権が付与された優先株を持っていると、優先して残余財産の分配を受けられます。

しかし、このような場合には会社が多くの負債を抱えていることが多いため、株主に分配できないことが多く、必ずしも予定額が全額戻ってくるとは限らないため、注意が必要です。

③取得請求権・取得条項

取得請求権とは、株主が自分の株式の買い取りを会社に請求できる権利をいいます。買い取りの対価の支払いは、株主との合意があれば現金に限らず社債や普通株の付与でも可能です。また、取得条項とは、一定の場合に会社が株主から強制的に株式を取得できる権利をいいます。

日本では、上場目的や配当コストを下げる目的などで、これらの方法が活用されています。

④役員選任権

役員選任権とは、役員の選任を一般の株主総会ではなく種類株主総会で決議する会社において、この種類株主総会に参加できる権利をいいます。

しかし、役員選任権に優先権を付与すると、種類株主総会で決議しなければならず、一般の株主総会に加えて実務上の負担がかかるといった理由から、あまり活用されていません。

⑤拒否権

拒否権とは、株主総会や取締役会の決議事項について、種類株主総会での決議を求めることができる権利をいいます。

しかし、この権利によって、役員の選任やM&Aの決定など株主総会や取締役会の承認を得た事項でも、種類株主総会の決議がなければ実施できなくなるため、スピーディな会社経営の大きな障害となるおそれがあります。そのため、拒否権の付与は慎重に検討しましょう。

優先株のメリット・デメリット

優先株のメリット・デメリット

優先株には、会社と株主それぞれにメリット・デメリットがあるため、活用する際には事前に注意しておきましょう。主なメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 比較的短時間で効率的に資金調達ができる
  • 株主の議決権を制限することでスピーディな意思決定による経営ができる
  • 株主は優先的な配当を受けられる

デメリット

  • 日本では資金繰りが悪い会社が発行するというネガティブなイメージが強い
  • 種類株主総会の開催など会社にとって発行時・発行後の運用上の負担が大きい
  • 株主は議決権がもらえない
  • 株主は自由に売却できない
※関連記事
種類株式とは?意味や一覧、活用事例をわかりやすく解説
株主総会における決議事項の種類と決議方法

優先株の発行時における注意点

優先株の発行時における注意点

優先株は一見すると、あまりリスクなく資金調達できるように思われます。しかし、優先株の発行時に配当に関するルールを会社と株主との間で取り決めておかないと、結果として配当コストがかさみ、資金調達した意味がなくなってしまうおそれもあります。

そのため、優先株を発行する前に、特に以下の点について会社にとってベストな条件を決定したうえで、優先株を付与する株主と話し合う必要があります。

  1. 年間の配当率
  2. 配当の受取方法
  3. 配当の分配方法
  4. 種類株主総会の決議事項の範囲(議決権の範囲)

①年間の配当率

優先株は普通株よりも優先的に配当が得られますが、この配当率は事前に会社と株主との間で取り決めておく必要があります。配当率を決めておかないと、後になって株主とトラブルになるおそれがあります。

一般的には、普通株の3〜10%程度の上乗せが優先株には設定されることが多いです。なお、年間の配当率であるため、1年ごとに設定する必要があります。 

②配当の受取方法

優先配当の受取方法には、以下の2つがあります。

  • 累積型
  • 非累積型

累積型とは、配当金を分配するだけの利益が会社にない場合に、一定額に達するまでは配当金を受け取らずに累積しておく配当の受け取り方です。例えば、株主が8%の利回りになるまで配当を累積しておくと設定すると、8%の利回りになるまでは配当金が受け取れません。

また、累積型の場合には配当コストが高くなりやすいです。これに対して、非累積型は、定期的に配当を受け取ることが可能です。なお、非累積型は配当コストを抑えやすいです。

どちらの配当方法を選択するかは株主によりますが、会社にとっては累積型を選択されると、利益が出た時に一気にまとめて配当金を支払う必要が生じます。

③配当の分配方法

配当の分配方法には、以下の3つがあります。

  • 参加型
  • 非参加型
  • 制限参加型

参加型は、優先的に配当を受けた後に、さらにプラスで普通株と同じ配当を受けとれる方法です。これに対して、非参加型は優先株の配当以外の配当が受けられない方法です。

また、制限参加型は、優先的に配当を受けた後に、普通株の配当の一部に制限して追加で配当を受ける方法です。

優先株を選択する投資家のほとんどが配当を目的としているため、優先株を付与する株主との間で事前に決めておかないと後々トラブルになる可能性がありますので、注意しましょう。

④種類株主総会の決議事項の範囲(議決権の範囲)

優先株を有する株主が議決権を持つ種類株主総会の決議事項を広くしてしまうと、議決権を制限してスピーディな意思決定により経営を行うはずが、かえってできなくなるおそれがあります。

そのため、あらかじめ種類株主総会の決議事項を制限し、優先株を持つ株主の議決権の範囲を必要最低限にしておくことが必要です。

※関連記事
普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

優先株から普通株に転換する際の注意点

優先株から普通株に転換する際の注意点

優先株の取得請求権や取得条項には、優先株から普通株に転換を請求できる権利も含まれますが、転換する際に注意するポイントは主に以下のとおりです。

  1. 転換の条件
  2. 配当コスト
  3. 転換のタイミング
上記の各ポイントについて説明します。

①転換の条件

優先株から普通株に転換すると配当金額が減少します。普通株への転換を請求するほとんどの株主は、会社の議決権の獲得を狙っています。なぜなら、優先株よりも議決権のある普通株の方が、市場では高額で取引されるからです。

普通株の議決権をコントロールしてスピーディな経営を維持するためには、どのような場合に優先株から普通株の転換を認めてよいのかをあらかじめ十分に検討したうえで、転換の条件を設定する必要があります。

また、普通株への転換により普通株の議決権が増えると、優先株による種類株主総会の議決権が減り、種類株主総会の存在意義が薄くなりますが、種類株主総会の運用の手間は依然として残ってしまう点にも注意しましょう。

②配当コスト

会社から、優先株を普通株に一斉に転換する場合もあります。なぜなら優先株があると、会社は配当金を最優先しなければならず、配当コストの負担が増すためです。優先株の株主が多ければ多いほど、配当金が利益を圧迫するおそれが高くなります。

それでは本末転倒となってしまうため、普通株の議決権の付与よりも配当コストを重視して、普通株に変更する会社も多くあります。

優先株による資金調達と将来の配当コストのバランスをあらかじめよく精査しておく必要があります。

③転換のタイミング

会社が優先株を普通株に転換するタイミングは、業績が好調のときが一番良いでしょう。業績が不安定な時期は株価が低迷しているため、その時に普通株を増やすと、他の株式の価格も下がります。

ほかにも、優先株自体を消却するという方法もあります。会社が自ら優先株を取得してから消却することで、株価の下落を避けることができます。

※関連記事
自社株買いと株価の関係
経営に求められる判断

まとめ

まとめ

優先株は、会社と株主双方にメリットがある一方で、デメリットもあります。目先の資金調達だけではなく今後の配当コストなど将来的に発生する事項についても踏まえたうえで、ベストな条件を設定しましょう。今回の要点をまとめると以下のとおりです。

・優先株とは 
→ある特定の事柄について優先権が付された株式

・優先株が必要な理由
→会社側と投資家側の双方にメリットを生むため

・優先株に付与される優先権
→剰余金の配当、残余財産の分配など

・優先株のメリット
→迅速で効率的な資金調達ができる、株主は優先配当を受けられるなど

・優先株のデメリット
→種類株主総会の負担がある、株主は議決権をもらえないなど

・優先株の発行時における注意点
→配当率、配当の受取・分配方法などを事前に決めておく

・優先株を普通株に転換する際の注意点
→転換の条件、配当コスト、転換のタイミング

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?事業承継に活用するメリットを解説!

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?事業承継に活用するメリットを解説!

中小企業が経営者保証なしで融資を受けるための経営者保証ガイドラインには、事業承継のに関する特則があります。本記事では、経営者保証ガイドラインとその特則がどのようなものか、事業承継に活用するメリッ...

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では、合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再...

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生とは、企業が財務状況の悪化などで倒産危機にある時、その原因を排除しながら再生を目指すことです。新型コロナによる不況の影響もあり、企業再生に注目が集まっています。今回は、企業再生と事業再生...

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)